DTI Tips Station

マンションで光回線の工事はできる?工事後に回線が遅かったらどうする

マンションで光回線の工事はできる?工事後に回線が遅かったらどうする

現在住んでいるマンションで、新しく光回線を利用したい場合にはどうすればいいのでしょうか?
マンションの住民が光回線の工事を依頼する方法や、工事後に回線が遅かったときの対処法などをご案内します。

マンションで光回線の工事は可能?

マンションなどの集合住宅であっても、戸建て住宅の場合と同じように光回線の工事を依頼することは可能です。

ただし、以下で述べるようにいくつか条件があることと、住民である個人が勝手に工事を依頼することは基本的にできないこと、まずは大家さんや管理会社に許可をもらう必要があることを理解しておきましょう。

マンションの光回線の工事内容はケースによって異なる

マンションの光回線工事は、以下のようにケースによって工事内容が変わります。

1.そもそもマンションに光回線がない場合

マンションにインターネット環境がない、あるいはまだADSL回線が使用されているなどで、光回線が導入されていないケース。この場合はまず、大家さんや管理会社を説得して光回線導入の許可を得なければなりません。

マンションの共用スペースに光回線を引き込んで各戸に分配する「共同利用方式」の工事はそれなりに大掛かりなものになります。費用は戸建てタイプの場合とそれほど変わりませんが、建物に光回線ケーブルを引き込む際に外壁に固定用の引き止め金具を取り付けたり、場合によっては壁に穴を開けたりすることもあります。大家さんや管理会社の全面的な協力が必要なのはそのためです。また分譲マンションでは管理組合による承認も必須です。

共同利用方式が無理だった場合は、個人で戸建てタイプのコースを選んで利用する方法もあります。ただし、マンションでこの方式が選べるかどうかはケースバイケースです。また、戸建てコースを選ぶ場合でも、大家さんや管理会社の許可が必要な点は変わりません。

共同利用方式も、戸建てタイプによる導入も難しいとなった場合は、光回線はあきらめて、個人でモバイルWi-Fiルーターを契約するほうが現実的かもしれません。モバイルWi-Fiルーターは速度では光回線よりやや落ちますが、持ち運びができて外出先でも使えるなどのメリットがあります。

2.光回線がマンションに導入されている場合

すでにマンションの共用スペースまで光回線が引き込まれていて、スプリッタと呼ばれる分配器が取り付けられているケース。この場合は、あとは部屋への配線工事を行えば光回線が使えるようになります。

最近のマンションでは最もよくあるケースなので、その場合の契約から回線設置までの流れについては後述します。

3.部屋に光回線が導入されている場合

各戸の部屋への配線工事も行われているケース。こちらは工事の必要はありません。パソコンとの接続を各自で行えば光回線を使用できます。

ちなみに、光回線の共同利用方式には光配線方式とVDSL方式、LAN配線方式の3種類があります。このうち現在、主流で最も回線速度が早いのは光配線方式です。室内の壁面に光回線用の光コンセントが設置されているので、これにONU(光回線終端装置)などの機器を接続してパソコンと接続します。複数の端末やWi-Fiを利用したい場合は、Wi-Fiルーターも必要です。

マンションの光回線契約~設置までの流れ

上記「2」のケースで部屋への配線工事を依頼する場合は、以下の流れで作業を進めます。

プロバイダへの申し込み

インターネットを利用するには回線とプロバイダが必要です。まず利用するプロバイダを決めて、契約をします。また必要に応じてパソコンやWi-Fiルーターを用意しておきます。

なお、DTI with ドコモ光へお申し込みの方は、Wi-Fiルーターは無料レンタル(お申込み時期により内容が異なります)によって提供されます。

工事日調整

フレッツ光などの回線事業者へ、配線工事の申し込みをします。受け付けが完了すると、後日、担当者から連絡があるのでそこで工事日を決めます。

工事、設置作業

工事業者の担当者がやって来て、配線工事が行われます。部屋に光コンセントなどが設置され、ONUなど必要な機器でインターネットに接続されます。

マンションの回線が遅い場合の原因と対処法

光回線が使えるようになってから回線速度が遅いことが気になったら……以下をチェックしてみましょう。

マンションの世帯数が多い

マンションでは建物に引き込んだ光ファイバーケーブルを各戸で共有して使用しています。そのため、世帯数の多いマンションで多くの人が一斉に光回線を使用すると回線が混んで速度が落ちてしまうことがあります。

光回線方式やLAN配線方式ではこうした問題はあまり起こりませんが、VDSL方式はこの問題が起きやすいという特徴があります。その場合は多くの人が利用する夜間などの時間帯を避けて使用することを意識しましょう。

プロバイダ・ルーターの性能不足

プロバイダによっても速度は変化します。同じプロバイダでもエリアによって速度の違いが出ることもあるので、評判を確かめて乗り換えてみるのも一つの方法です。

ルーターの性能不足も考えられます。契約した通信速度に対応したスペックを満たしているかをまず確認しましょう。ルーターを長時間使い続けていると熱による不具合が発生することがあるので、電源を一度切ってしばらく時間を置き、リセットして接続し直すと速度が回復する可能性があります。

ONUなどの不具合

ONU(またはホームゲートウェイという装置のこともある)は業者から貸与されるので。必要なスペックは満たしているはずです。しかし、やはり熱などによって不具合が起きる可能性があるため、電源を切る、リセットする方法を試してみましょう。

以上、マンションにおける光回線工事についてご紹介しました。マンションで光回線を利用したいと考えている人は、ぜひ上記を参考にしてください。

【番外編1】光回線ならDTI with ドコモ光がおすすめ

光回線なら「DTI with ドコモ光」がおすすめです。国内で500万回線を突破しているドコモ光の特徴は、安定したドコモ光の回線スピードと、それを活かす最新鋭のルーターがずっと無料で使えることです。通常の光回線サービスですとルーターが付属していない、もしくは付いていたとしても光回線が開通した後にルーターが送られてきます。光回線の開通前に最新鋭のルーターを用意してくれるのは、現在※全国でDTI with ドコモ光だけです。

スタッフが自宅まで訪問し、機器の設置や設定を行うサポートも提供しています。

さらに、ドコモのスマホ回線を契約している方は毎月最大3,500円も通信費用を抑えることが可能です。また、ドコモ光では、工事費最大18,000円が無料になるキャンペーンもあわせて実施中です。期間限定のキャンペーンですので、この機会に是非一度、キャンペーン内容をご確認ください。

“DTI

※2018年8月21日段階の情報です

【番外編2】工事が面倒な方にはモバイルルーター! おすすめはDTI WiMAX 2+

工事が面倒な方には、設置作業が必要ないモバイルタイプのWi-Fiルーターが最適です。おすすめは月額費用が安く、特典も多いDTI WiMAX 2+です。

DTI WiMAX 2+の魅力は大きく分けると5つあります。

・DTI WiMAX 2+の魅力1 動画がサクサク鑑賞できる

DTI WiMAX 2+の通信速度は下り最大440Mbpsなので、動画もサクサク鑑賞することができます。また、重いデータも高速でダウンロード可能です。

・DTI WiMAX 2+の魅力2 面倒な設置作業は必要なし

配達時間が選べ、工事や配線作業ももちろん必要ありません。届いたその日から、自宅でも外出先でも、すぐにインターネットを利用できます。

・DTI WiMAX 2+の魅力3 通信費の節約につながる

本来、回線利用料とWi-Fi機器の使用料は別々に発生しますが、DTI WiMAX 2+であれば、お支払いはDTI WiMAX 2+の月額基本料金のみ。毎月固定の月額基本料金のためお支払いもわかりやすく、費用も抑えることができます。

・DTI WiMAX 2+の魅力4 キャッシュバックキャンペーン中

NTTグループカードに新規入会し、DTIご利用料金をお支払いいただくと、毎月500円×12カ月間、最大6,000円がクレジットカードご利用代金よりキャッシュバックされます。

・DTI WiMAX 2+の魅力5 お得な特典が満載

DTI WiMAX 2+ に申し込みDTI会員になると、全国の宿泊施設やレジャー施設やスポーツクラブ、インテリアの購入、レストランや居酒屋の飲食などが特別優待価格で利用できます。

キャッシュバックキャンペーンは期間限定のキャンペーンとなるので、この機会に是非一度、キャンペーン内容をご確認ください。


wimax2+

最新記事

おすすめ記事

おすすめサービス

close
このエントリーをはてなブックマークに追加