DTI Tips Station

光回線の工事内容と期間について解説

光回線の工事内容と期間について解説

インターネットを光回線にしたいと思ったとき気になるのが、どんな工事が必要で、どれくらいの期間がかかるのかという点です。
今回は戸建て住宅で初めて光回線を利用する場合を中心に、光回線を導入するための工事について解説します。

光回線の工事内容:戸建て住宅の場合

そもそも光回線の工事とは具体的に何をするのでしょうか。戸建て住宅の場合を例に、工事の流れを説明します。

1.電柱から家に光回線を引き込む

まず最寄りの電柱から光回線(光ファイバーケーブル)を家屋へ引き込みます。多くの場合は電話線などと同じように空中を通して家の外壁まで架け渡します。その際、外壁にケーブルを固定するための引き止め金具などを取り付けることがあります。

2.その回線をさらに室内に引き込む

さらに、光回線を室内へと引き込みます。引き込む方法は、すでに電話線の配管がある場合はそれを利用するか、配管に空きがない場合はエアコン用のダクトを利用します。引き込みたい部屋の外壁にそのどちらもない場合は、壁に直径1cm程度の穴を開けて引き込むこともあります。

通常はすでにある配管を通すので、賃貸の戸建てでも問題ないはずです。状況を見て穴を開けるしか方法がない場合は担当者から説明があり、その時点で工事を断ることもできます。

3.光コンセントとONU、ルーターをケーブルで接続

室内に回線を引き込んだら、室内の壁面に光コンセントを設置します。光コンセントは光回線とONU(光回線終端装置)などの機器を接続するための差込口です。ONUは光信号と電気信号を相互変換する装置です。

ここから先は基本的に工事業者ではなく、ユーザーが作業を行います。光回線をパソコンに接続し、スマートフォンなどをWi-Fiで使うには、ONUとWi-FiルーターをLANケーブルで接続するのが一般的です。ルーターはパソコンやスマートフォンなど複数の端末をネットにつなぐための装置です。光コンセントとルーターは直接、接続することはできません。

ONUは基本的に無料でレンタルされますが、ルーターはユーザーが購入して用意します。または、ONUの機能に加えてひかり電話に対応するルーター機能が付いたホームゲートウェイという装置を設置することもあります(有料レンタル)。なお、DTI with ドコモ光へお申し込みの方は、Wi-Fiルーターも無料レンタル(お申込み時期により内容が異なります)によって提供されます。

4.ルーターとパソコンや電話を接続

最後に、ルーターとパソコンを接続して初期設定をし、ひかり電話(光IP電話)を使うときには電話との接続も行います。
この作業もユーザーが行いますが、DTI with ドコモ光の場合は「初期接続設定サポートサービス」を依頼すると、1回目の利用に限り無料でインターネット初期接続設定のサポートを受けられます。

光回線の工事内容:マンションなどの集合住宅の場合

マンションやアパートなどの集合住宅では、すでに共用スペースに光回線が引き込まれていることが多いはずです。各戸への配線工事まで行われているケースもありますが、スプリッタと呼ばれる分配器のみが設置されていて、配線工事は光回線を使いたい各戸の住民が回線事業者に依頼することになります。

配線工事を依頼する場合は、上記「光回線の工事内容:戸建て住宅の場合」の「3」と「4」の作業のみで光回線が使えるようになります。

光回線の工事の費用と期間

光回線工事にかかる費用と期間は次のとおりです。

費用

費用はフレッツ光(NTT東日本・NTT西日本)やドコモ光などの回線事業者、さらに戸建てかマンション(光回線が未導入の場合)か等の条件によって異なります。目安の工事費はおよそ15,000円~25,000円です。また工事費が無料や割引になる新規・乗り換えキャンペーン、キャッシュバック等が用意されていることもあります。

期間

期間は、申し込んでから1~2ヶ月後に工事というのが目安になります。工事自体は0.5~2.5時間程度で終わります。

光回線の工事の注意点

光回線工事を申し込む際は下記に注意してください。

賃貸の戸建て住宅の工事は大家さんや管理会社に許可が必要

賃貸の戸建て住宅では、事前に大家さんもしくは管理会社に問い合わせて許可を得る必要があります。どんな方法で光回線を部屋に引き込むかに関係なく、一度問い合わせて相談してください。その上で、壁に穴を開ける必要がある場合は重ねて許可を取りましょう。

なお、光回線工事に限らず、インターネット工事では設備を撤去する際には新たに撤去費用がかかるのが一般的です。賃貸物件を退去する際は「原状回復」が原則なので、退去時に設備をどうすればいいのかについても確認しましょう。

戸建て住宅の場合、隣人の許可が必要なケースもある

戸建て住宅で最寄りの電柱から光回線を引き込む際には、まれにお隣の敷地上空を回線が通過するというケースが発生します。隣人から苦情が出ることもあるので、工事業者の担当者に確認し、必要ならお隣に許可を得ましょう。

以上、光回線の工事内容、期間・費用、注意点についてご紹介しました。上記を参考に光回線の導入をご検討ください。

【番外編1】光回線ならDTI with ドコモ光がおすすめ

光回線なら「 DTI with ドコモ光」がおすすめです。国内で500万回線を突破しているドコモ光の特徴は、安定したドコモ光の回線スピードと、それを活かす最新鋭のルーターがずっと無料で使えることです。通常の光回線サービスですとルーターが付属していない、もしくは付いていたとしても光回線が開通した後にルーターが送られてきます。光回線の開通前に最新鋭のルーターを用意してくれるのは、現在※全国でDTI with ドコモ光だけです。

スタッフが自宅まで訪問し、機器の設置や設定を行うサポートも提供しています。

さらに、ドコモのスマホ回線を契約している方は毎月最大3,500円も通信費用を抑えることが可能です。また、ドコモ光では、工事費最大18,000円が無料になるキャンペーンもあわせて実施中です。期間限定のキャンペーンですので、この機会に是非一度、キャンペーン内容をご確認ください。

“DTI

※2018年8月21日段階の情報です

【番外編2】工事が面倒な方にはモバイルルーターが最適! おすすめはDTI WiMAX 2+

工事が少し面倒と考える方には、設置作業の必要がないモバイルタイプのWi-Fiルーターが最適です。おすすめは月額費用が安く、特典も多いDTI WiMAX 2+です。

DTI WiMAX 2+の魅力は大きく分けると5つあります。

・DTI WiMAX 2+の魅力1 動画がサクサク鑑賞できる

DTI WiMAX 2+の通信速度は下り最大440Mbpsなので、動画もサクサク鑑賞することができます。また、重いデータも高速でダウンロード可能です。

・DTI WiMAX 2+の魅力2 面倒な設置作業は必要なし

配達時間が選べ、工事や配線作業ももちろん必要ありません。届いたその日から、自宅でも外出先でも、すぐにインターネットを利用できます。

・DTI WiMAX 2+の魅力3 通信費の節約につながる

本来、回線利用料とWi-Fi機器の使用料は別々に発生しますが、DTI WiMAX 2+であれば、お支払いはDTI WiMAX 2+の月額基本料金のみ。毎月固定の月額基本料金のためお支払いもわかりやすく、費用も抑えることができます。

・DTI WiMAX 2+の魅力4 キャッシュバックキャンペーン中

NTTグループカードに新規入会し、DTIご利用料金をお支払いいただくと、毎月500円×12カ月間、最大6,000円がクレジットカードご利用代金よりキャッシュバックされます。

・DTI WiMAX 2+の魅力5 お得な特典が満載

DTI WiMAX 2+ に申し込みDTI会員になると、全国の宿泊施設やレジャー施設やスポーツクラブ、インテリアの購入、レストランや居酒屋の飲食などが特別優待価格で利用できます。

キャッシュバックキャンペーンは期間限定のキャンペーンとなるので、この機会に是非一度、キャンペーン内容をご確認ください。


wimax2+

最新記事

おすすめ記事

おすすめサービス

close
このエントリーをはてなブックマークに追加