DTI dream.jp 安心のインターネットプロバイダー

DTI Tips Station

通勤通学時にスマホで映画を観る方法

通勤通学時にスマホで映画を観る方法

通勤・通学時、電車の中でいつも何となくスマートフォンを眺めていることが多いという方は、その時間を映画鑑賞に使ってみてはどうでしょうか。映画・動画配信サービスと専用アプリを利用すれば、電車内でも手軽に映画鑑賞を楽しめるようになります。今回は通勤・通学時にスマートフォンで映画を観る方法について解説します。

通勤・通学時にスマートフォンで映画を観るメリット

まずは「通勤・通学時にスマートフォンで映画を観るとこんないいことがある」という点を挙げてみます。

時間を有効活用できる

一つ目は通勤時間の有効活用。映画が好きだけどなかなか観る時間がない、帰宅後に用事をすませてから観ようとすると睡眠時間が削られてしまう、といった方には通勤・通学中の映画鑑賞がおすすめです。通勤・通学に1時間前後かかるなら、行き帰りで映画1本程度、もしくは1時間程度のドラマなら2話、20~30分のTV用アニメ作品なら4話のペースで観られます。

電車通勤のストレスが軽減される

電車内で映画鑑賞ができれば、通勤・通学によるストレスも軽減されるかもしれません。いつも通勤電車のラッシュがひどいという場合は、ゆっくり映画を観ることをモチベーションにして時差通勤を実践してもよいでしょう。イヤホンを使えば他の乗客に迷惑をかけることもありません。

ただし、映画に夢中になりすぎて、駅のホームなどで歩きスマートフォンをしてしまうのは危険です。絶対にやめましょう。

通勤・通学時にスマートフォンで映画を観る方法

通勤・通学時、スマートフォンで映画を観るには、映画・動画配信サービスを利用するのが一般的です。サービス利用開始までの流れを説明します。

1.映画・動画配信アプリをインストール

まず利用する映画・動画配信サービスを決めて、専用の映画・動画配信アプリをダウンロード&インストールしましょう。iOS(iPhoneやiPad)ならApp Store、AndroidならGoogle Playでサービス名を検索すればアプリが見つかります。

2.映画・動画配信アプリのサービス契約

次に、インストールした映画・動画配信アプリのサービス契約をします。先に契約をしてからアプリをインストールしてもかまいません。多くの映画・動画サービスでは「1ヶ月無料体験」などを実施しています。ほとんどの場合、その際にクレジットカードなど支払い情報の登録を求められます。

3.映画・動画配信アプリで作品をダウンロードもしくはストリーミングで再生

契約できたら、映画・動画アプリで作品を観ることができます。再生方法には、動画データをダウンロードしてから観るパターンと、そのままストリーミングで観るパターンがあります。違いは次のとおりです。

ダウンロード再生とは

事前にスマートフォンの内部ストレージに動画データを保存してから再生する方式です。一旦ダウンロードしてしまえば、電車内でもオフラインで(インターネットに接続しない状態で)再生できます。自宅のWi-Fiを使ってダウンロードすれば、通信キャリアとの契約で設定したデータ通信量を消費せず、モバイル回線の状態が悪くても視聴できます。内部ストレージの残り容量が少ないとダウンロードができないこともあります。

ストリーミング再生とは

インターネットに接続した状態で、動画データを保存することなく再生する方式です。スマートフォンの内部ストレージはほとんど使用しませんがデータ通信は行われるため、電車内などでモバイル回線を使って再生する場合はデータ通信量を著しく消費するので、注意が必要です。

主な映画・動画配信サービスとその特徴

映画・動画配信サービスは現在では多くの選択肢があります。その中からいくつか代表的なサービスをご紹介します。

Amazonプライムビデオ

月額500円または年会費4,900円(いずれも税込)でAmazonプライム会員になると、Amazonを利用する際に送料無料などの特典が受けられるほか、プライムビデオ対象作品が見放題に。新作映画は少ないものの作品は頻繁に追加されており、1年~数年前に公開されて見逃していた映画や隠れた名作も探せます。日米のオリジナルドラマやバラエティ作品が観られるのも特徴です。ダウンロード本数は地域により異なりますが15本または25本までで、権利関係などの理由でダウンロード不可となっている作品もあります。

Hulu

月額933円(税抜)で国内外の映画やドラマが見放題です。映画のラインナップはもちろん、最新海外ドラマが充実していると言われています。日テレ系など国内のテレビで放送されたドラマや番組が多く観られるのも好きな方にとっては魅力的でしょう。無料体験期間は2週間です。ダウンロード本数は25本までで、ダウンロード不可作品もあります。

Netflix

SD画質の「ベーシック」プランは800円、HD画質の「スタンダード」プランは月額1,200円、UHD 4K画質の「プレミアム」プランは1,800円(いずれも税抜)。国内外の映画、海外ドラマ、国内アニメ、Netflixオリジナル作品などが視聴可能です。とくにオリジナルドラマは質が高いと評判で、ファンが多くいます。ダウンロード本数は100本までで、ダウンロード不可作品もあります。

TSUTAYA TV

レンタルショップでおなじみのTSUTAYAが運営。動画見放題プランもありますが、見放題対象作品は現在ダウンロード未対応。代わりに新作・準作映画などを含む単品動画作品のダウンロード販売を行っています。動画データをレンタルもしくは購入できるサービスで、レンタル価格は作品により異なりますが、新作や話題作がHD画質なら500円(税抜)程度です。

スマートフォンではなくタブレットで観るのもおすすめ

タブレットを持っていれば、スマートフォンよりも大きな画面で作品を視聴できます。スマートフォンの画面では小さくて物足りないという方も、タブレットでの視聴なら不満を感じることは少ないでしょう。

ただし、Wi-Fiモデルの場合は注意が必要です。TSUTAYA TVのレンタル作品などは再生開始時に認証通信が発生するため、一旦Wi-Fiに接続しなければオフラインでの視聴ができないことがあります。

スマートフォンで映画・動画配信サービスを利用できる環境を整えておけば、通勤・通学時はもちろん、昼休みや休日のカフェなど好きなときに好きな場所で映画鑑賞ができます。今までとはちょっと違う映画の楽しみ方を試してみてはいかがでしょうか。

【番外編】WiMAX 2+なら通信料を気にせず通勤通学時に映画を楽しめる!

スマートフォンでストリーミング再生する際に気になるのが通信料です。通信料をほとんど気にせずに映画を楽しみたい方におすすめなのが、月額費用が安く特典も多いモバイルWi-Fiルーター「DTI WiMAX 2+」です。

DTI WiMAX 2+の魅力は大きく分けると5つあります。

・DTI WiMAX 2+の魅力1 動画をサクサク鑑賞できる

DTI WiMAX 2+の通信速度は下り最大440Mbpsなので、映画などの動画もサクサク鑑賞することができます。また、重いデータも高速でダウンロード可能です。

※ 混雑回避のための速度制限(3日間で10GB利用時)があります。

・DTI WiMAX 2+の魅力2 面倒な設置作業は必要なし

配達時間が選べ、自宅で利用する場合も工事や配線作業は必要ありません。届いたその日から、自宅でも外出先でも、すぐにインターネットを利用できます。

・DTI WiMAX 2+の魅力3 通信費の節約につながる

本来、回線利用料とWi-Fi機器の使用料は別々に発生しますが、DTI WiMAX 2+であれば、お支払いはDTI WiMAX 2+の月額基本料金のみなので、費用を抑えることができます。また、毎月固定の月額基本料金のためお支払いもわかりやすいです。

・DTI WiMAX 2+の魅力4 キャッシュバックキャンペーン中

NTTグループカードに新規入会し、DTIご利用料金をお支払いいただくと、毎月500円×12カ月間、最大6,000円がクレジットカードご利用代金よりキャッシュバックされます。
※本特典は、予告なく変更または終了する場合があります

・DTI WiMAX 2+の魅力5 お得な特典が満載

DTI WiMAX 2+ に申し込みDTI会員になると、全国の宿泊施設やレジャー施設やスポーツクラブ、インテリアの購入、レストランや居酒屋の飲食などが特別優待価格で利用できます。


wimax2+

※2019年2月14日段階の情報です

最新記事

おすすめ記事

おすすめサービス

close
このエントリーをはてなブックマークに追加