DTI Tips Station

ネット初心者必見!Wi-Fiの自宅でのつなぎ方とは?

ネット初心者必見!Wi-Fiの自宅でのつなぎ方とは?

Wi-Fiを自宅で使いたいけれど、何を用意してどう活用すれば良いのかわからないと言う方も多いのではないでしょうか。
この記事ではWi-Fiを使ったインターネット接続の方法、スマートフォンでの設定方法など、自宅での基本的なつなぎ方を説明しています。Wi-Fiを自宅で使いたい方はぜひ参考にしてください。

自宅でスマートフォンをWi-Fiにつなぐメリット

スマートフォンはLTE回線で通信する場合が多く、Wi-Fiに接続しない状態でも通信速度への不満はあまりないかもしれません。しかしWi-Fi接続には、通信速度の向上以外にもさまざまなメリットがあります。
それではスマートフォンをWi-Fiに接続するメリットとは何なのか、詳しくご説明していきます。

電波が高速で安定する

元々LTEや3Gの回線は携帯電話を外で使用するための通信回線が進化したものであり、Wi-Fiと言うのは屋内など限られた範囲でインターネットを使用するものです。同じ場所で長時間インターネットを利用するのであれば、固定回線を使ったWi-Fiを利用した方が、より安定した通信が期待できます。一概には言えませんが、Wi-Fiの方が基本的には通信速度も速くなります。

パケット通信料がかからない

スマートフォンをLTE回線で使い、自身の契約しているデータ容量を超えてしまうと、通信速度制限にかかってしまう場合があります。これは回線の混雑を防ぐためにあるものですが、制限がかかった期間内はインターネット接続の速度が、極端に遅くなる状態となってしまい大変不便です。

一方Wi-Fiは、インターネット回線があればデータ通信料が無制限であり、スマートフォンをWi-Fiで接続している間は、スマートフォンの契約上のデータ通信料が減ることやスマートフォンのパケット通信料がかかることはありません。

まずインターネット回線に接続する

Wi-Fiを利用するには、ADSLや光回線などを使ったインターネット回線が必要です。ADSLは局から自宅までを電話線でつなぐ方法です。光回線と比べると少し安いですが、基地局から離れたところに自宅がある場合は通信速度が遅くなるため、自宅と局の距離が大きく関係してきます。
光回線は、光ファイバーという膨大な量の通信を可能にする回線を家につなぐ方法です。局から遠くても通信速度は落ちにくいのが特徴で、現在はこの光回線が主流となっています。

それでは、インターネット回線がある前提で、Wi-Fiのつなぎ方について見てみましょう。

無線LANルーターを用意

Wi-Fiを利用するには、無線LANの電波を飛ばすための、無線LANルーター(Wi-Fiルーター)が必要です。Wi-Fiルーターが親機、スマートフォンやPCなどを子機として使用することになります。

無線LANルーターは家電量販店やインターネットで購入できます。価格は2,000円~10,000円程度と幅広くあり、無線LANルーターのグレードによって通信速度にも影響を与えます。また、回線事業者、プロバイダーからレンタルできるというケースもあります。

モデム/ONUとWi-FiルーターをLANケーブルで接続

モデム/ONUとはインターネット回線を自宅に用意するときに、プロバイダなどから提供される機器です。このONUとWi-FiルーターをLANケーブルで接続します。Wi-Fiルーターには端子がいくつもついているので、どこに挿すのか知らないと迷いますが、「WAN」と書いてある端子につなぎます。LANケーブルはWi-Fiルーターに同梱されていることが多いです。

パソコンで受信してプロバイダ情報(ユーザー名とパスワード)を設定

無線LANを使用するにはWi-Fiルーターの設定が必要となります。まずWi-FiルーターのWPSボタンを長押ししてWi-Fiルーターを設定モードにします。

設定モードにするとWi-Fiルーターが電波を飛ばし始めるので、パソコンで受信して、インターネット回線を契約した会社から送られてくる書類にプロバイダ情報(ユーザー名とパスワード)が記載されていますので、そちらをブラウザで設定して完了となります。

スマートフォンのWi-Fiのつなぎ方

今度はスマートフォンの接続の仕方を説明していきます。無線LANを用意するところまでは同じですが、そこからの設定が少し異なり、スマートフォンを接続する方が簡単になっています。

Wi-FiルーターをAPモードにする

まずONUとWi-FiルーターをLANケーブルで接続します。PCの時は「WAN」と書いてある端子につなぐと説明しましたが、スマートフォンだけの場合は「LAN」の端子に接続します。
次にWi-FiルーターにAPモードにするためのボタンが存在します。名前は「らくらくスタート」や「APモード」などルーターによって異なります。

スマートフォンのWi-Fi機能をオンにする

AndroidかiPhoneかによって、接続方法が異なりますが、基本的にどちらの端末でも「設定」→「Wi-Fi」からWi-Fi機能をオンにすることができます。

設定画面で該当のネットワーク名(SSID)を選択して暗号化キーを入力

SSIDとパスワードに関しては、ルーターの側面や、同梱されているカードにも記載されていますが、ルーターの裏面にも記載があります。ネットワーク名はSSIDの欄に記載があり、パスワードは暗号化キーと表示されているものを入力すれば接続できます。

必要なものを準備したり、インターネット回線の接続設定をしたりするのは少し面倒に感じる方もいらっしゃるかもしれません。DTIでは、スタッフが自宅まで訪問し、機器の設置や設定を行うサポートを提供しています。リモートサポート(スタッフが遠隔操作をします)があるので、インターネットに詳しくない方でも安心です。光回線を使ってWi-Fiをつなぎたい方はご検討ください。

光回線ならDTI with ドコモ光がおすすめ

光回線なら「 DTI with ドコモ光」がおすすめです。国内で500万回線を突破しているドコモ光の特徴は、安定したドコモ光の回線スピードと、それを活かす最新鋭のルーターがずっと無料で使えることです。通常の光回線サービスですとルーターが付属していない、もしくは付いていたとしても光回線が開通した後にルーターが送られてきます。光回線の開通前に最新鋭のルーターを用意してくれるのは、現在※全国でDTI with ドコモ光だけです。

また、先ほどもお伝えした通り、スタッフが自宅まで訪問し、機器の設置や設定を行うサポートも提供しています。

さらに、ドコモのスマホ回線を契約している方は毎月最大3,500円も通信費用を抑えることが可能です。また、ドコモ光では、工事費最大18,000円が無料になるキャンペーンもあわせて実施中です。期間限定のキャンペーンですので、この機会に是非一度、キャンペーン内容をご確認ください。

“DTI

※2018年8月21日段階の情報です

【番外編】外出先でも高速回線で動画などを鑑賞したい方におすすめのモバイルルーター

外出先でもインターネットを利用したい方にはモバイルタイプのWi-Fiルーターが必要です。おすすめは月額費用が安く、特典も多いDTI WiMAX 2+です。

DTI WiMAX 2+の魅力は大きく分けると5つあります。

・DTI WiMAX 2+の魅力1 動画がサクサク鑑賞できる

DTI WiMAX 2+の通信速度は下り最大440Mbpsなので、動画もサクサク鑑賞することができます。また、重いデータも高速でダウンロード可能です。

・DTI WiMAX 2+の魅力2 面倒な設置作業は必要なし

配達時間が選べ、工事や配線作業ももちろん必要ありません。届いたその日から、自宅でも外出先でも、すぐにインターネットを利用できます。

・DTI WiMAX 2+の魅力3 通信費の節約につながる

本来、回線利用料とWi-Fi機器の使用料は別々に発生しますが、DTI WiMAX 2+であれば、お支払いはDTI WiMAX 2+の月額基本料金のみ。毎月固定の月額基本料金のためお支払いもわかりやすく、費用も抑えることができます。

・DTI WiMAX 2+の魅力4 キャッシュバックキャンペーン中

NTTグループカードに新規入会し、DTIご利用料金をお支払いいただくと、毎月500円×12カ月間、最大6,000円がクレジットカードご利用代金よりキャッシュバックされます。

・DTI WiMAX 2+の魅力5 お得な特典が満載

DTI WiMAX 2+ に申し込みDTI会員になると、全国の宿泊施設やレジャー施設やスポーツクラブ、インテリアの購入、レストランや居酒屋の飲食などが特別優待価格で利用できます。

キャッシュバックキャンペーンは期間限定のキャンペーンとなるので、この機会に是非一度、キャンペーン内容をご確認ください。


wimax2+

最新記事

おすすめ記事

おすすめサービス

close
このエントリーをはてなブックマークに追加