DTI dream.jp 安心のインターネットプロバイダー

DTI Tips Station

MNPとは? キャリア変更を検討中なら知っておきたいお得情報も!

公開日:2018年9月13日

更新日:2022年3月9日

MNPとは? キャリア変更を検討中なら知っておきたいお得情報も!

携帯電話のキャリアの変更を検討したいけれど、電話番号は変えたくない。そんな時にはMNPが便利です。電話番号を変えなくて良いだけではなく、割り引きや特典などが付き、お得になるというメリットもあります。
この記事では、まずMNPとは何か、そしてMNPを利用するとどうお得になるかなどを紹介します。手続きが面倒そうに思われがちなMNPですが、意外と簡単と思われるはずです。これからキャリア変更、MNPを検討している方は参考にしてください。

  1. MNPとは?
  2. MNPでお得になるって本当?
  3. MNPの手順
  4. MNPを利用する際の注意点
  5. auにキャリア変更すれば「DTI光」でさらにおトクに!

MNPとは?

MNPとはMobile Number Portability(モバイル・ナンバー・ポータビリティ。「番号ポータビリティ」とも)の略で、MNPを利用すると、現在の電話番号を変えずにキャリア(携帯電話会社)を変更できます。日本では2006年から開始された制度で、キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)の変更だけでなく、キャリアからMVNO(格安SIM)への変更、MVNO間での変更などでも使えます。

MNPを利用する際は、以前はMNP予約番号の発行に際して転出手数料(基本的に3,000円)が必要でした。しかし、総務省のガイドライン改正によって、2021年4月1日から(ソフトバンクは3月17日から)、この手数料が無料化されています。2021年12月現在、ドコモ、au、ソフトバンクとも、店頭、電話、WebサイトともMNP転出手数料は0円となっています。

また、ドコモでは2021年10月1日より、これまで同社の携帯電話の料金プランを定期契約の途中でやめた際にかかっていた解約金をすべて廃止としました。au(KDDI)も旧プランの解約金を2022年3月までになくす方針を明らかにしています。ソフトバンクも2年契約の旧プラン利用者に課していた解約金(契約解除料)を2022年2月1日から廃止する予定です。楽天モバイルはMNP転出手数料、契約解除料、契約事務手数料などを当初から0円としています。

なお、キャリア変更とは契約する会社の変更であって、キャリアは変えずに端末だけ変更することは機種変更と言います。ただの機種変更であれば、そのまま契約内容や電話番号を引き継ぐため、機種変更で電話番号が変わってしまったりすることは基本ありません(つまりMNPを利用する必要はありません)。

MNPでお得になるって本当?

MNPを利用してキャリア変更をすると、キャリアやショップによってはお得な割り引きや特典を受けることができます。どのようにお得になるのか、いくつか例をご紹介しましょう。

乗り換え割り引きを受けられる可能性がある

MNPで乗り換えすると、月々の利用料金に割り引きを適用してくれる(もしくは機種変更時よりも割り引き幅が大きくなる)可能性があります。割り引きが適用されることによって、以前使用していたキャリアより月額利用料金が安くなることもあるでしょう。ただし、割り引きの期間がいつまでか、その後の料金はどうなるかなどはきちんとチェックしておきましょう。

下取り割り引きが受けられる可能性がある

現在使用している携帯電話の端末を下取りに出すことで、新しい携帯電話端末の代金から割り引きされたり、月々の利用料金から割り引きされたりすることがあります。特に需要の多いiPhoneなどは下取りの金額も大きくなるでしょう。今使っている端末は、もう使わないしと捨ててしまうのではなく、下取りに出せないか確認してみましょう。

そのほか機種代金が安くなるケースがある

MNPを利用した上で新しい携帯電話端末を購入する場合、どのキャリアもその購入代金が安くなるケースが多くあります。新しい機種はどうしても代金が高くなりがちですが、こうした特典を使って上手に購入しましょう。

機種代金や利用料金の割り引きとは別に、キャッシュバックキャンペーンを行っていることもあります。キャッシュバックの内容は様々ですが、現金、ポイント、ギフトカードなどが一般的です。ポイントの場合は付与されるタイミングや使い道について確認し、忘れないように使うようにしましょう。

なお、MNP、キャリア変更に伴うキャンペーンは、各携帯電話取扱店、キャリアショップ、時期などによって異なります。

MNPの手順

MNPを利用するには、「MNP転出の手続き」と「MNP転入の手続き」という2つの手続きを行います。それぞれについて説明します。

MNP転出の手続き

MNP転出の手続きとは、現在契約している通信事業者からMNP予約番号を取得することをいいます。

MNP予約番号は、キャリアの場合は店頭か電話、Webサイト(各社の会員ページ)で取得することができます。MVNO場合は、Webサイトから手続きして予約番号を取得する形が一般的です。

MNP予約番号の取得はごく簡単な手続きでできます。手軽なのはWebサイトで申し込む方法ですが、電話や店頭でならオペレーターや店員に確認しながら申し込めるので安心感があります。ただし、とくに店頭の場合は混雑していると時間がかかることもあります。

MNP転入の手続き

MNP予約番号を取得したら、乗り換え先の通信事業者に対し、予約番号の有効期限内にMNP転入の手続きを行います。

転入手続きは、キャリアの場合は店頭での対応、またはオンラインショップでの手続きも可能です。MVNOの場合はWebサイトから手続きをするのが一般的です。転入手続きをするときは、通信事業者によっても異なりますが、MNP予約番号と免許証などの本人確認書類、月々の支払いに必要なクレジットカードなどが必要になります。詳しくは、各社に問い合わせてください。

なお、MNP予約番号発行日から15日以内にMNPによる他社へ乗り換えが完了しなかった場合、MNP予約番号は無効となり、MNP転出は自動的にキャンセルされます。転入の手続きは早めにすませてしまいましょう。

MNPを利用する際の注意点

MNP予約番号は、取得したからといって解約を意味するものではありません。MNP転出・転入の手続きを進めて乗り換えをすれば、自動的に解約となります。もしもMNP転入の手続きが遅れてMNP予約番号の15日間の有効期限が切れ、自動キャンセルされたとしても、再度申し込んでMNP予約番号を取得することができます。

ただし、解約のタイミングによっては手数料が多めに発生することもありますので、変更前のキャリアの解約タイミングについては、契約書を見たり、キャリア側に確認をとってみたりしましょう。

また、MNPを利用してもキャリアメールのメールアドレスまで引き継がれるわけではありません(MNPとは別に、利用料を支払うことで引き続き使用できるサービスはあります)。現在使用しているアプリの引き継ぎも必要になるかもしれませんが、やり方はアプリによって異なるのでよく確認してください。

端末(使っているスマートフォン)がそのまま使えない可能性がある点も要注意です。キャリアから購入した端末を使っていて、SIMロックがかかっている場合、SIMロック解除の手続きをしなければなりません。SIMフリーの端末を使っていればほとんどの場合、そのまま使用できますが、念のため通信事業者に確認しておきましょう。

auにキャリア変更すれば「DTI光」でさらにおトクに!

MNPでキャリアを変更し、さらに自宅のインターネット回線の契約も統一すれば、もっとメリットが受けられるようになるケースもあります。
auひかり、ドコモ光など、携帯電話のキャリアが光回線の提供会社となることが近年増えており、各キャリアの契約者がそれらの光回線サービスを利用するとお得になるというパターンです。

DTIでは、auセット割などの割引が利用でき、しかも最低利用期間の縛りや解約時の違約金が無い※安心・おトクな光コラボ「DTI 光」をご提供しています。DTI 光の主なメリットは次の4点です。
※開通月は解約手続きができません。開通月翌月での解約をご希望の場合、当月の利用料金が発生いたします。

auユーザー、DTI SIMユーザーだけの割引あり

DTI 光なら、ほかサービスとのセットで各種割引が受けられます。DTI光とauのスマートフォンなどを同時利用する場合は毎月最大で1,320円(税込)の割引(auセット割)、DTI光と格安SIMカードサービス「DTI SIM」をまとめて契約して同時利用する場合は毎月165円(税込)割引(SIMセット割)となります。

もちろんIPv6(IPoE)接続サービス対応

DTI光ではIPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続方式による「IPv6(IPoE)接続サービス」を利用可能です。従来の接続方式の光回線を使っていて、速度が遅い、繋がりにくい時間帯があると感じている方でも、DTI光に切り替えることで安定性と速度が向上することが期待できます。
※IPv6(IPoE)接続方式のご利用には、別途「IPv6(IPoE)接続サービス」へのお申し込み(月額料金無料)、IPoE接続対応機器(ホームゲートウェイ、ブロードバンドルーター)のご用意が必要となります。

最低利用期間なし&違約金なし

また、DTI光には「2年以上利用すること」などといった契約期間の制限はありません。そのため、いわゆる「2年縛り」と呼ばれるような、特定の期間中に契約解除しないと違約金がかかるといったこともありませんし、自動更新されることもありません。いつでも違約金なしで解約できます。
※開通月は解約手続きができません。開通月翌月での解約をご希望の場合、当月の利用料金が発生いたします。

キャッシュバック特典、DTI 会員様限定特典など特典も満載

さらには、特典として最大19,000円のキャッシュバックが受けられます。さらにDTI会員限定の国内のホテル・旅館の宿泊代、レジャー施設、飲食店、映画チケットなどが割引になるサービスも受けられます。

DTI 光
※ DTI光の各種特典内容は予告なく終了または内容を変更させていただく場合がございます

これまでに説明した通りMNPはキャリアによって、端末や月々の利用料の割り引き、キャッシュバックが適用される場合があります。手続きも簡単ですので、よりお得に利用できるよう、ぜひ検討してみてください。
また、キャリア変更の際には、光回線のセット割が適用される可能性もありますので、同時にインターネット回線契約の見直しを行ってみることをおすすめします。

最新記事

おすすめ記事

おすすめサービス