DTI dream.jp 安心のインターネットプロバイダー

DTI Tips Station

ダウンロードとストリーミング……通信料を抑えるならどちらがよい?

ダウンロードとストリーミング……通信料を抑えるならどちらがよい?

動画や音楽をスマートフォンで楽しむときに気になるのが、ダウンロードとストリーミングでは何が違うのか、どちらの方がお得に使えるのか、ということではないでしょうか。その答えはダウンロードとストリーミング、それぞれの仕組みとメリット・デメリットを知ればわかるでしょう。通信料を抑えるために、どちらをどんな方法で利用するのがよいのか、詳しくお伝えします。

ダウンロードとは?

まず、ダウンロードとはどのようなことを指すのでしょうか。スマートフォンで動画を観る場合を想定して説明します。

ダウンロードの仕組み

ダウンロードとは、動画配信サービス会社が提供している動画のデータを、インターネットを通じて自分のスマートフォンに保存することです。動画を観るときには、スマートフォンの内部ストレージ(記憶領域)に保存してある動画データを再生します。

アプリによっては、再生したら動画データが自動削除される設定が選べることもありますが、基本的には自分で削除しない限り、再生後もダウンロードしたデータはスマートフォンのストレージ内に残ったままです。

ダウンロードで動画を視聴することを「ダウンロード再生」と呼ぶ場合もあります。ダウンロード再生には次のようなメリットとデメリットがあります。

ダウンロードのメリット

一番のメリットは、一旦データをダウンロードしてしまえば、オフラインの状態(インターネットに接続していない状態)でも動画が観られることです。モバイル回線を使って通信する必要がないので、データ通信量を気にせずに再生できます。ただし、アプリによっては再生する際にアカウント認証のための通信(認証通信)が行われることもあります。

ダウンロードのデメリット

デメリットは、スマートフォンの内部ストレージの空き容量を消費することです。特に動画はデータ量が多く、フルHDの映画などを何本分も端末に保存しておこうとすると容量が不足しがちです。
ダウンロード時にはデータ通信が必要となり、通信環境にもよりますがダウンロード完了までに時間がかかるので、シリーズ物の作品などですぐに続きを観たいときなどは、もどかしいかもしれません。

ストリーミングとは?

では、ストリーミングとはどんなことを言うのでしょう。こちらもスマートフォンで動画を観る場合で説明します。

ストリーミングの仕組み

ストリーミングとはスマートフォンでインターネットに接続しながら動画を再生することを指します。動画は動画配信サービス会社のサーバー上で再生され、それをスマートフォンで視聴するという形になります。従ってスマートフォンの内部ストレージに動画データが残ることはありません。また、再生している間ずっとインターネットを介した通信が行われます。

ストリーミングで動画を視聴することを「ストリーミング再生」と呼びます。ストリーミング再生のメリットとデメリットは次のとおりです。

ストリーミングのメリット

ダウンロードとは逆に、スマートフォンのストレージ容量を使用しないのがメリットです。インターネットにつながっていれば、すぐに再生して動画を視聴できる便利さがあります。

また動画配信サービスが提供している映画などの作品は、ほとんどがストリーミング再生に対応していますが、ダウンロードには対応していないことがあります。ストリーミング再生であれば、提供されている作品をほぼすべて視聴できます。

ストリーミングのデメリット

ストリーミング再生はインターネットに接続していなければ利用できません。移動中の電車など、通信状態が不安定なときは映像や音が途切れることがあります。また、視聴開始後しばらくは設定画質以下の低画質で再生されてしまったり、早送りをすると再生されるまでに時間がかかったりすることがあります。

また、LTEや4Gといった通常のモバイル回線での再生時にはデータ通信量を著しく消費します。そのため再生を続けているといつの間にか携帯キャリアとの契約で設定しているデータ通信量の上限を超えてしまい、速度制限などがかかる、あるいは速度制限を解除するために追加料金を支払わなければならなくなる場合があります。

スマートフォンの通信料を抑えたいならダウンロード

動画視聴も音楽視聴も、スマートフォンの通信料を抑えたい場合は、自宅のWi-Fiで動画データや音楽データをダウンロードして楽しむ方法がおすすめです。

自宅にインターネット回線を引いてWi-Fi環境を構築しているのなら、インターネットの利用代金だけでスマートフォンに動画をダウンロードすることができます。モバイル回線のデータ通信量を気にする必要もなく、ストレージ容量が許す限り、好きなだけデータをダウンロードできます。

スマートフォンの通信料がかからないのは、Wi-Fiを使ってストリーミング再生するときも同じです。ただ、事前に動画や音楽をダウンロードしておけば、外出時などにWi-Fiが使えない場所でも再生できるのがダウンロードのいいところです。例えば気になる動画や音楽をWi-Fiでダウンロードしておいて、通勤・通学中に電車の中で再生するといった楽しみ方ができます。

スマートフォンのストレージの容量オーバーが気になるならストリーミング

一方、スマートフォンのストレージ容量の消費が気になるなら、ストリーミングでの再生が適しています。一般的に動画をダウンロードすると最高画質の映画120分程度で1.8GB前後、音楽をダウンロードすると通常の音質で1曲5~10MB程度の容量を消費します。

動画であればダウンロードして視聴したら削除するという使い方もできますが、音楽の場合は繰り返し聴きたいというニーズも多いので、ストレージの容量に余裕がないとダウンロードは利用しづらいでしょう。設定しているデータ通信量との兼ね合いもありますが、ストレージ容量の節約を優先してストリーミングをメインに楽しんでいるという方もいます。

ダウンロードとストリーミングは、スマートフォンの通信料とストレージ容量のバランスを考えながら、両者をうまく使い分けるようにしたいところです。
ただ、WiMAX 2+を使えば、通信料を気にすることなくストリーミングオンリーで動画と音楽を楽しめます。スマートフォンで動画や音楽を視聴することが多いという方は、WiMAX 2+の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

【番外編】モバイルWi-Fiルーター・WiMAX 2+なら、通信料もストレージの容量も気にならない!

スマートフォンの通信料をほとんど気にせずに、ストリーミングで手軽に動画を楽しみたい方におすすめなのが、月額費用が安く特典も多い「DTI WiMAX 2+」です。

DTI WiMAX 2+の魅力は大きく分けると5つあります。

・DTI WiMAX 2+の魅力1 動画をサクサク鑑賞できる

DTI WiMAX 2+の通信速度は下り最大440Mbpsなので、動画をサクサク鑑賞することができます。また、重いデータも高速でダウンロード可能です。

※ 混雑回避のための速度制限(3日間で10GB利用時)があります。

・DTI WiMAX 2+の魅力2 面倒な設置作業は必要なし

配達時間が選べ、自宅で利用する場合も工事や配線作業は必要ありません。届いたその日から、自宅でも外出先でも、すぐにインターネットを利用できます。

・DTI WiMAX 2+の魅力3 通信費の節約につながる

本来、回線利用料とWi-Fi機器の使用料は別々に発生しますが、DTI WiMAX 2+であれば、お支払いはDTI WiMAX 2+の月額基本料金のみなので、費用を抑えることができます。また、毎月固定の月額基本料金のためお支払いもわかりやすいです。

・DTI WiMAX 2+の魅力4 キャッシュバックキャンペーン中

NTTグループカードに新規入会し、DTIご利用料金をお支払いいただくと、毎月500円×12カ月間、最大6,000円がクレジットカードご利用代金よりキャッシュバックされます。
※本特典は、予告なく変更または終了する場合があります

・DTI WiMAX 2+の魅力5 お得な特典が満載

DTI WiMAX 2+ に申し込みDTI会員になると、全国の宿泊施設やレジャー施設やスポーツクラブ、インテリアの購入、レストランや居酒屋の飲食などが特別優待価格で利用できます。


wimax2+

※2019年2月14日段階の情報です

最新記事

おすすめ記事

おすすめサービス

close
このエントリーをはてなブックマークに追加