DTI dream.jp 安心のインターネットプロバイダー

DTI Tips Station

IPv6の設定はどうすればいい? 遅いときの対処法も解説

公開日:2019年3月19日

更新日:2022年4月8日

IPv6の設定はどうすればいい? 遅いときの対処法も解説

IPv6を利用しているはずなのにインターネットの回線が遅いと感じてはいないでしょうか。ここでは単にIPv6にしただけでは回線速度の改善が図れないケースをいくつか取り上げて、回線が遅くなる原因について解説しています。また、回線が遅い場合の対処法についてもご紹介します。

  1. IPv6とは?
  2. IPv6にしたのに回線が遅くなる原因
  3. IPv6用のルーター・パソコンの設定方法
  4. IPv6が遅いときの対処法
  5. IPv6(IPoE)の活用を検討している方に朗報!

IPv6とは?

IPv6はIPv4に代わる新しいバージョンのIPです。1990年代後半から広く普及してきたIPv4に代わり、今後主流になっていく次世代のプロトコルと言われています。IPv6ではIPアドレスを128ビットのデータとして表現します。そのためアドレス総数は3.4×10の38乗個、つまり約340澗(かん)個となります。これは事実上無限と言える数であり、IPv6によって現状のIPv4におけるIPアドレス枯渇の問題が解消できるとされています。

また、IPv6を使用できるIPoEという通信方式を利用すると、インターネット回線が速くなる可能性があります。これはIPv6だから速くなる、というお話ではありません。

IPoEでは、PPPoEとは異なる次世代ネットワークと通信設備を経由してインターネットに接続します。そのため混雑しがちなPPPoEネットワークを避けられ、安定した速度を確保できます。いわば渋滞しがちな道路ではない、高速道路のような別の道路を使って通信ができるようなものです。
IPv6、IPoEについての詳しい説明はこちら

IPv6にしたのに回線が遅くなる原因

IPv6にすればインターネット回線が速くなるという話を聞いてひとまずIPv6の契約をしたのに、いっこうに通信速度が速くならないという場合があります。その原因としてまず考えられるのは次の3つです。

プロバイダーがPPPoE方式

上でも説明していますが、IPv6はもともとIPv4における「IPアドレスの枯渇」という問題を解決すべく開発された新しいIPです。通信速度を速くするために作られたものではありません。

IPv6にすると通信速度が改善すると言われているのは、あくまでIPoEと組み合わせた場合です。プロバイダーによって、IPoE方式ではなくPPPoE方式で接続されていると通信速度は以前と変わりません。

IPoE方式とPPPoE方式のどちらで接続されているかは、ご利用のプロバイダーに問い合わせ、契約状況を確認すればわかると思います。

サイトがIPv6に対応していない

Google、YouTube、Facebook、Instagram、NetflixなどはIPv6に対応済みですが、まだIPv6に対応していないサイトも数多くあります。今後、IPv6対応サイトが増えていくと思われますが、現在ではまだまだ少数派だといえるかもしれません。未対応のサイトが多いのは、ユーザーのIPv6に対する認知度や理解度がまだ低く、まだそれほど需要が高くなっていないからという理由があげられます。

本来、IPv6の通信方式では、IPv6に対応していないサイトには接続できません。しかしそれでは不都合が生じるため、未対応のサイトにも接続できるようにしたのが「IPv4 over IPv6」という通信方式です。この方式でIPv6未対応のサイトに接続すると、技術的な問題から速度が遅くなることがあります。

機器の設定がIPv6用になっていない

プロバイダーがIPv6に対応していても、使用しているルーターとパソコンの設定がIPv6を使用する設定になっていない場合にはIPv6で通信できていません。そのため通信速度が遅くなっている可能性があります。

IPv6でインターネットに接続できているかどうかは、IPv6接続テストができるサイトにアクセスして確認するのが簡単です。「IPv6接続テスト」という言葉で検索するとテストできるサイトがみつかりますので、試してみるとよいでしょう。

Windows (R) 10では、最初からIPv4よりIPv6を優先して使う設定になっています。ただ、パソコンの設定を変えていたり、Windows(R) 7以前のOSを使用していたりする場合は、IPv6を使用しない設定になっていることがあります。

IPv6用のルーター・パソコンの設定方法

ここでは、IPv6を使用する際のルーターやパソコンの設定について詳しくみていきましょう。

まずは、現在使用しているルーターの取扱説明書や型番などをチェックして、IPv6に対応しているかどうかを確認します。もし、対応していないようであれば、ルーターを新しく用意する必要があります。
IPv6に対応しているルーターが用意できたら、以下の手順でルーターとパソコンの設定を行いましょう。

ルーターの設定

ここでは、パソコンを使った一般的な設定手順をご紹介します。詳しくはルーターの説明書をご確認ください。

  1. ブラウザを起動し、アドレスバーに「http://192.168.1.1」などのプライベートIPアドレス(ルーターとパソコン間、パソコンと他の機器をつなぐためのアドレスのこと。このIPアドレスで接続できない場合は他のプライベートIPアドレスを試します)を入力してEnterキーを押す
  2. 「パスワード確認ダイアログ」画面が表示されたら、ユーザー名(「admin」など)とパスワードを入力してOKボタンをクリック
  3. ルーターの設定画面が開いたら、「IPv6ブリッジ設定」「IPv6オプションを使用する」などの項目を探し、有効にする
  4. 「OK」ボタンなどをクリックし、設定を反映させる

また、ハブ(スイッチングハブ)やLANケーブルの通信速度が最高100Mbpsに対応しているなど、適切なものを使っていることも確認してください。

パソコンの設定

続いて、パソコンの設定を行います。Windows(R) 10の場合の手順です。

  1. コントロールパネルを開く
  2. 「ネットワークの状態とタスクの表示 」に進む
  3. 「ネットワークと共有センター」を表示
  4. 左の「アダプターの設定の変更」をクリック
  5. IPv6を利用するネットワークデバイスを選択して右クリックし、「プロパティ」をクリック
  6. 「インターネット プロトコル バージョン6(TCP/IPv6」をクリックして「プロパティ」をクリック
  7. 「IPv6アドレスを自動的に取得する」と「DNSサーバーのアドレスを自動的に取得する」をクリックして「詳細設定」をクリック
  8. 「IP設定」タブでIPアドレスが「自動構成のみ」となっていることを確認
  9. 「DSN」タブで「プライマリおよび接続専用のDNSサフィックスを追加する」をクリックし、「プライマリDNSサフィックスの親サフィックスを追加する」にチェックを付ける
  10. 最後に「OK」ボタンをクリックして終了

IPv6が遅いときの対処法

IPv6が遅いときには、次のような対応が必要になります。

IPoE方式のプロバイダーに変更

利用しているプロバイダーがIPoE方式での接続をサポートしていないなら、プロバイダーを変更する必要があります。IPoE方式で接続できるはずなのにPPPoE方式で接続されているなら、プロバイダーへのオプションサービスの申し込みなどが必要かもしれません。サポートデスクに問い合わせてみましょう。
DTIのIPv6(IPoE)接続サービスについてはこちら

IPv4 over IPv6を活用

IPv4 over IPv6は、IPv4通信でもIPv6(IPoE)の経路を通れるようにする技術です。 これを活用すればIPv4通信でも高速通信が可能になります。IPv4 over IPv6接続が可能なプロバイダーのサービスを利用してみましょう。
IPv6は回線速度を改善できる可能性があります。しかし、利用を始めても遅いと感じたときは上記を参考に対処しましょう。

IPv6(IPoE)の活用を検討している方に朗報!

DTIでは、auセット割などの割引が利用でき、しかも最低利用期間の縛りや解約時の違約金が無い※安心・おトクな光コラボ「DTI 光」をご提供しています。DTI 光の主なメリットは次の4点です。
※開通月は解約手続きができません。開通月翌月での解約をご希望の場合、当月の利用料金が発生いたします。

auユーザー、DTI SIMユーザーだけの割引あり

DTI 光なら、ほかサービスとのセットで各種割引が受けられます。DTI光とauのスマートフォンなどを同時利用する場合は毎月最大で1,320円(税込)の割引(auセット割)、DTI光と格安SIMカードサービス「DTI SIM」をまとめて契約して同時利用する場合は毎月165円(税込)割引(SIMセット割)となります。

もちろんIPv6(IPoE)接続サービス対応

DTI光ではIPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続方式による「IPv6(IPoE)接続サービス」を利用可能です。従来の接続方式の光回線を使っていて、速度が遅い、繋がりにくい時間帯があると感じている方でも、DTI光に切り替えることで安定性と速度が向上することが期待できます。
※IPv6(IPoE)接続方式のご利用には、別途「IPv6(IPoE)接続サービス」へのお申し込み(月額料金無料)、IPoE接続対応機器(ホームゲートウェイ、ブロードバンドルーター)のご用意が必要となります。

最低利用期間なし&違約金なし

また、DTI光には「2年以上利用すること」などといった契約期間の制限はありません。そのため、いわゆる「2年縛り」と呼ばれるような、特定の期間中に契約解除しないと違約金がかかるといったこともありませんし、自動更新されることもありません。いつでも違約金なしで解約できます。
※開通月は解約手続きができません。開通月翌月での解約をご希望の場合、当月の利用料金が発生いたします。

キャッシュバック特典、DTI 会員様限定特典など特典も満載

さらには、特典として最大19,000円のキャッシュバックが受けられます。さらにDTI会員限定の国内のホテル・旅館の宿泊代、レジャー施設、飲食店、映画チケットなどが割引になるサービスも受けられます。

DTI 光

最新記事

おすすめ記事

おすすめサービス