DTI dream.jp 安心のインターネットプロバイダー

DTI Tips Station

設定を変えるだけ! IPv6が遅いときの対処法

設定を変えるだけ! IPv6が遅いときの対処法

IPv6を利用しているはずなのにインターネットの回線が遅いと感じてはいないでしょうか。ここでは単にIPv6にしただけでは回線速度の改善が図れないケースをいくつか取り上げて、回線が遅くなる原因について解説しています。また、回線が遅い場合の対処法についてもご紹介します。

IPv6とは?

IPv6はIPv4に代わる新しいバージョンのIPです。1990年代後半から広く普及してきたIPv4に代わり、今後主流になっていく次世代のプロトコルと言われています。

IPv6ではIPアドレスを128ビットのデータとして表現します。そのためアドレス総数は3.4×10の38乗個、つまり約340澗(かん)個となります。これは事実上無限と言える数であり、IPv6によって現状のIPv4におけるIPアドレス枯渇の問題が解消できるとされています。

また、IPv6を使用できるIPoEという通信方式を利用すると、インターネット回線が速くなる可能性があります。これはIPv6だから速くなる、というお話ではありません。

IPoEでは、PPPoEとは異なる次世代ネットワークと通信設備を経由してインターネットに接続します。そのため混雑しがちなPPPoEネットワークを避けられ、安定した速度を確保できます。いわば渋滞しがちな道路ではない、高速道路のような別の道路を使って通信ができるようなものです。

IPv6、IPoEについての詳しい説明はこちら

IPv6にしたのに回線が遅くなる原因

IPv6にすればインターネット回線が速くなるという話を聞いてひとまずIPv6の契約をしたのに、いっこうに通信速度が速くならないという場合があります。その原因としてまず考えられるのは次の2つです。

プロバイダーがPPPoE方式

上でも説明していますが、IPv6はもともとIPv4における「IPアドレスの枯渇」という問題を解決すべく開発された新しいIPです。通信速度を速くするために作られたものではありません。

IPv6にすると通信速度が改善すると言われているのは、あくまでIPoEと組み合わせた場合です。プロバイダーによって、IPoE方式ではなくPPPoE方式で接続されていると通信速度は以前と変わりません。

IPoE方式とPPPoE方式のどちらで接続されているかは、ご利用のプロバイダーに問い合わせ、契約状況を確認すればわかると思います。

IPv6が遅いときの対処法

IPv6が遅いときには、次のような対応が必要になります。

ルーターやパソコンの設定を確認する

まず、ルーターがIPv6に対応している必要があります。次に、ルーターの設定を変更しなければならない場合があります。詳しくはルーターの説明書を確認してください。

パソコンの設定も必要です。Windows10の場合は次の手順で設定をします。

(1)コントロールパネルを開く
(2)「ネットワークの状態とタスクの表示 」に進む
(3)「ネットワークと共有センター」を表示
(4)左の「アダプターの設定の変更」をクリック
(5)IPv6を利用するネットワークデバイスを選択して右クリックし、「プロパティ」をクリック
(6)「インターネット プロトコル バージョン6(TCP/IPv6」をクリックして「プロパティ」をクリック
(7)インターネット プロトコル バージョン6(TCP/IPv6)のプロパティを表示
(8)「IPv6アドレスを自動的に取得する」と「DNSサーバーのアドレスを自動的に取得する」をクリックして「詳細設定」をクリック
(9)「IP設定」タブでIPアドレスが「自動構成のみ」となっていることを確認
(10)「DSN」タブで「プライマリおよび接続専用のDNSサフィックスを追加する」をクリックし、「プライマリDNSサフィックスの親サフィックスを追加する」にチェックを付ける
(11)最後に「OK」ボタンをクリックして終了

IPoE方式のプロバイダーに変更

利用しているプロバイダーがIPoE方式での接続をサポートしていないなら、プロバイダーを変更する必要があります。IPoE方式で接続できるはずなのにPPPoE方式で接続されているなら、プロバイダーへのオプションサービスの申し込みなどが必要かもしれません。サポートデスクに問い合わせてみましょう。

DTIのIPv6(IPoE)接続サービスについてはこちら

IPv4 over IPv6を活用

IPv4 over IPv6は、IPv4通信でもIPv6(IPoE)の経路を通れるようにする技術です。 これを活用すればIPv4通信でも高速通信が可能になります。IPv4 over IPv6接続が可能なプロバイダーのサービスを利用してみましょう。

IPv6は回線速度を改善できる可能性があります。しかし、利用を始めても遅いと感じたときは上記を参考に対処しましょう。

IPv6 IPoEの活用を検討している方に朗報!

ドコモ光というサービスをご存知でしょうか?国内で500万回線を突破している光ファイバー回線対応インターネット接続サービス・ドコモ光の特徴は、安定したドコモ光の回線スピードとそれを活かす最新鋭のルーターがずっと無料で使えることです。通常の光回線サービスですとルーターが付属していない、もしくは付いていたとしても光回線が開通した後にルーターが送られてきます。光回線の開通前に最新鋭のルーターを用意してくれるのは、現在※全国でDTI with ドコモ光だけです。そしてこのIPoE方式での接続をサポートしているプロバイダー・DTIが提供する最新鋭のルーターは、もちろんIPv4 over IPv6で接続可能! 光回線が持つ本来の回線速度を引き出しやすくなります。そして、IPv4にしか対応していないWebサイトにも接続可能です。

さらに、ドコモのスマホ回線を契約している方は毎月最大2,251円も通信費用を抑えることが可能です。また、ドコモ光では、15,000円のキャッシュバック特典や、工事費最大18,000円が無料になる特典もございます。この機会に是非一度、特典内容をご確認ください。


DTI ドコモ光

※2019年3月15日段階の情報です

最新記事

おすすめ記事

おすすめサービス

close
このエントリーをはてなブックマークに追加