DTI dream.jp 安心のインターネットプロバイダー

DTI Tips Station

IPv6でオンラインゲームができなくなるって本当?

IPv6でオンラインゲームができなくなるって本当?

PCやゲーム機を使ったオンラインゲームを楽しむには、インターネットの回線速度は速いほど望ましいはずです。そこでおすすめしたいのがIPv6、そしてIPv6と関係の深い「IPv6 IPoE」という通信方式の利用です。しかし、IPv6では一部のオンラインゲームがプレイできなくなるというのもよく聞く話です。IPv6 IPoEはオンラインゲームを快適にするのにどの程度有効なのか、なぜ一部のオンラインゲームができないのか、解決法はあるのかといった気になることについて解説します。

IPv6とは?

IPv6はIPv4に代わる新しいバージョンのIPです。1990年代後半から広く普及してきたIPv4に代わり、今後主流になっていく次世代のプロトコルと言われています。

IP(インターネットプロトコル)とは、インターネットに接続されたコンピュータ同士がデータをやりとりするためにデータ通信の方法を定めた規約のことです。よく耳にする「IPアドレス」はインターネットに接続されたコンピュータを識別するための固有の番号で、IPを使って通信を行うために必要な「住所」のことだと考えればわかりやすいでしょう。

IPv6ではIPアドレスを128ビットのデータとして表現します。そのためアドレス総数は3.4×10の38乗個、つまり約340澗(かん)個となります。これは事実上無限と言える数です。IPv6によって、IPv4だけでは枯渇することが明白だったIPアドレスの数が確保できることになり、今後主流のIPとなることが確実視されています。

現在、IPv6を利用する方法はいくつかありますが、どんな方法であれ必ずIPv6に対応した機器が必要です。ブロードバンドルーターやホームゲートウェイ(HGW)が該当します。ブロードバンドルーターは、プロバイダーのレンタルプランを利用したり、街の電気量販店で5,000円から15,000円で買うことができます。

IPv6 IPoEでゲームの回線が速くなる可能性がある

IPv6 IPoEという接続方式を利用すると、PCなどでプレイするオンラインゲームの回線が速くなる可能性があります。それはなぜなのでしょうか。

まず、IPoEは光ファイバー回線を通じてNTT東西のNGN(次世代通信)網など事業者側のネットワークへ直接接続してIP通信を行う通信方式です。企業内のLANなどと同じ仕組みで、イーサネットを使ってIPパケットを直接、伝送します。

また、IPoEでは、PPPoEとは異なる次世代ネットワークと通信設備を経由してインターネットに接続します。そのため混雑しがちなPPPoEネットワークを避けられ、安定した速度を確保できます。いわば渋滞しがちな道路ではない、高速道路のような別の道路を使って通信ができるようなものです。それにより速度の改善が期待できます。

なお、IPoEはIPv6でしか使用できません。IPv4通信が前提のサービスもまだまだ多い現状からすると、IPv6だけしか使えないとなると不便になりますよね。そのため、「IPv6 IPoE」で、IPv4通信も実現したいところですね。このIPv4/IPv6の共存のために、トンネル技術、変換技術、組み合わせによる運用によりIPv4通信も実現が可能となり、安定した高速通信をIPv6でもIPv4でも利用できるようになります。このIPv4/IPv6共存可能なサービスにはv6プラスやOCNバーチャルコネクトと呼ばれるものがあります。

これらを利用するには、ご利用のプロバイダーがv6プラスやOCNバーチャルコネクトに対応している必要があります。

IPv6、IPoEについての詳しい説明はこちら

IPv6でオンラインゲームができなくなるって本当?

本当です。まず、オンラインゲームの配信サーバーやマッチングサーバーがIPv6に対応していれば問題なくゲームはできます。ですが、一部のオンラインゲームではIPv6に対応しておらず、IPv4のみに対応している場合があります。IPv4/IPv6共存可能な、v6プラスやOCNバーチャルコネクトに対応したプロバイダーであれば、IPv4通信が可能になりますのでオンラインゲームはできることになります。ただし、中には特定のIPアドレスと特定のポートを使うものがあると、IPv6ではゲームができないことがあります。たとえばv6プラスという変換技術では、1つのグローバルIPv4アドレスを複数ユーザーで共有する形となり、ユーザーごとに使えるポートが制限されています。このことがネックとなり、ゲームによっては正常にゲームができないという現象が報告されています。

なお、PCゲームだけではなく、オンラインでプレイするゲーム機でも問題が起きることがあります。

Nintendo Switchは公式にIPv6に対応していませんが、ほとんどのゲームが問題なく遊べるようです。PlayStation4ではIPv6はサポート対象外です。Xbox OneはIPv6に完全対応しています。

プロバイダーを変えずにDTIのIPoE接続が使えるDTIトライアル光

IPoE方式にすると本当に速くなるの? いつもプレイしているゲームは動くの? とプロバイダーを変更することに抵抗がある方もいらっしゃると思います。そんな方におすすめしたいのが「DTIトライアル光」です。

このサービスはプロバイダーは今のままで、IPoEでのインターネット接続だけDTIの「IPv6(IPoE)接続サービス」を使用するというサービスです。

しかも、ご利用料金は最大3カ月間無料、いわゆる「縛り期間」がないので「解除料(違約金)」不要でいつでも解約できます。また、IPoE接続に必要な機器(ルーター)も無料でレンタルできるので「おためし」にはうってつけのサービスです。

DTIのIPv6(IPoE)接続サービスはOCNバーチャルコネクトを用いたサービスですので、ご自身がプレイされているゲームが動くか、試してみてはいかがでしょうか。


DTIトライアル光

IPv6 IpoEを使うならDTI with ドコモ光もおすすめ

DTIトライアル光でIPv6 IPoEをお試しいただき、ご満足いただけたなら、DTIの光回線サービスに乗り換えた方がお得です。DTIがご提供する、ドコモ光という光コラボサービスをご存知でしょうか? 国内で550万回線を突破している光ファイバー回線対応のインターネット接続サービスで、以下のようにさまざまなメリットがあります。

IPoE接続対応の高性能ルーターがずっと無料

通常の光回線サービスですとルーターが付属していない、もしくは付いていたとしても光回線が開通した後に送られてきます。しかし、DTI with ドコモ光であれば光回線の開通前にIPoE接続対応高性能のルーターが用意されます。そしてこのDTIが提供する高性能のルーターは、もちろんIPv6(IPoE)接続対応です。また、IPv4にしか対応していないWebサイトにも接続できます。

ドコモユーザーなら毎月最大2,251円も通信費がお得に

また、ドコモのスマホ回線を契約している方は毎月最大2,251円も通信費用を抑えることが可能です。

最大15,000円のキャッシュバック特典+新規お申し込みでdポイントを10,000pt贈呈
さらに、最大15,000円のキャッシュバック特典があり、新規でお申し込みの方には10,000pt、転用でお申し込みの方には5,000ptのdポイント(期間・用途限定)を進呈いたします。

新規工事料も無料

そして、新規工事料が無料になる特典もあります。この機会にぜひ一度、特典内容をご確認ください。

とりあえず特典の内容を確認してみる
ドコモのスマホを持っているので、どれくらい料金がお得になるかシミュレーションをしてみる
DTI ドコモ光

ドコモユーザーではない方は「IPv6スタートパック」があるDTI光もおすすめです

ドコモユーザーではない方には、とてもお得な特典があるDTI光もおすすめです。DTI光の主なメリットは次の5点です。

「IPv6スタートパック」で基本料金最大3カ月無料!

DTI光には、これからIPv6 IPoEを始める方向けの特典「IPv6スタートパック」があります。IPv6 IPoEの接続に必要な機器(ブロードバンドルーター)をDTIが指定する方法で購入すれば、基本料金が最大3カ月無料になるというお得な特典です。

  • IPv6スタートパックの内容を確認してみる
  • auユーザー、DTI SIMユーザー、東京ガスユーザーだけの割引あり

    ほかサービスとのセットで、各種割引が受けられます。DTI光とauのスマートフォンなどを同時利用する場合は毎月最大で1,200円の割引(auセット割)、DTI光と格安SIMカードサービス「DTI SIM」をまとめて契約して同時利用する場合は毎月150円割引(SIMセット割)、DTI光と東京ガスのガス・電気セット割を同時利用する場合は毎月最大250円割引(東京ガストリプル割)となります。

    もちろんIPv6(IPoE)接続サービス対応

    DTI光ではIPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続方式による「IPv6(IPoE)接続サービス」を利用可能です。従来の接続方式の光回線を使っていて、速度が遅い、繋がりにくい時間帯があると感じている方でも、DTI光に切り替えることで安定性と速度が向上することが期待できます。

    最低利用期間なし&違約金なし

    また、DTI光には「2年以上利用すること」などといった契約期間の制限はありません。そのため、いわゆる「2年縛り」と呼ばれるような、特定の期間中に契約解除しないと違約金がかかるといったこともありませんし、自動更新されることもありません。いつでも違約金なしで解約できます。

    キャッシュバック特典、工事費無料特典、DTI 会員様限定特典など特典も満載

    さらには、特典として、工事費実質無料となる最大19,000円のキャッシュバックが受けられます。また、現在ADSL回線をご利用中の方なら工事費&開通月の月額料金無料、さらにDTI会員限定の国内のホテル・旅館の宿泊代、レジャー施設、飲食店、映画チケットなどが割引になるサービスも受けられます。

    とりあえず特典の内容を確認してみる
    どれくらい料金がお得になるかシミュレーションをしてみる

    DTI 光

    ※ DTI with ドコモ光、DTI光の各種特典内容は予告なく終了または内容を変更させていただく場合がございます
    ※「ドコモ」「NTT」は、日本電信電話株式会社の登録商標です
    ※「v6プラス」は日本ネットワークイネイブラーの登録商標です。
    ※「OCNバーチャルコネクト」はNTTコミュニケーションズの登録商標です

    最新記事

    おすすめ記事

    おすすめサービス

    close
    このエントリーをはてなブックマークに追加