DTI Tips Station

IPv6でオンラインゲームができなくなるって本当?

IPv6でオンラインゲームができなくなるって本当?

PCやゲーム機を使ったオンラインゲームを楽しむには、インターネットの回線速度は速いほど望ましいはずです。そこでおすすめしたいのがIPv6、そしてIPv6と関係の深い「IPv6 IPoE」という通信方式の利用です。しかし、IPv6では一部のオンラインゲームがプレイできなくなるというのもよく聞く話です。IPv6 IPoEはオンラインゲームを快適にするのにどの程度有効なのか、なぜ一部のオンラインゲームができないのか、解決法はあるのかといった気になることについて解説します。

IPv6とは?

IPv6はIPv4に代わる新しいバージョンのIPです。1990年代後半から広く普及してきたIPv4に代わり、今後主流になっていく次世代のプロトコルと言われています。

IP(インターネットプロトコル)とは、インターネットに接続されたコンピュータ同士がデータをやりとりするためにデータ通信の方法を定めた規約のことです。よく耳にする「IPアドレス」はインターネットに接続されたコンピュータを識別するための固有の番号で、IPを使って通信を行うために必要な「住所」のことだと考えればわかりやすいでしょう。

IPv6ではIPアドレスを128ビットのデータとして表現します。そのためアドレス総数は3.4×10の38乗個、つまり約340澗(かん)個となります。これは事実上無限と言える数です。IPv6によって、IPv4だけでは枯渇することが明白だったIPアドレスの数が確保できることになり、今後主流のIPとなることが確実視されています。

現在、IPv6を利用する方法はいくつかありますが、どんな方法であれ必ずIPv6に対応した機器が必要です。ブロードバンドルーターやホームゲートウェイ(HGW)が該当します。ブロードバンドルーターは、プロバイダーのレンタルプランを利用したり、街の電気量販店で5,000円から15,000円で買うことができます。

IPv6 IPoEでゲームの回線が速くなる可能性がある

IPv6 IPoEという接続方式を利用すると、PCなどでプレイするオンラインゲームの回線が速くなる可能性があります。それはなぜなのでしょうか。

まず、IPoEは光ファイバー回線を通じてNTT東西のNGN(次世代通信)網など事業者側のネットワークへ直接接続してIP通信を行う通信方式です。企業内のLANなどと同じ仕組みで、イーサネットを使ってIPパケットを直接、伝送します。

また、IPoEでは、PPPoEとは異なる次世代ネットワークと通信設備を経由してインターネットに接続します。そのため混雑しがちなPPPoEネットワークを避けられ、安定した速度を確保できます。いわば渋滞しがちな道路ではない、高速道路のような別の道路を使って通信ができるようなものです。それにより速度の改善が期待できます。

なお、IPoEはIPv6でしか使用できません。IPv4通信が前提のサービスもまだまだ多い現状からすると、IPv6だけしか使えないとなると不便になりますよね。そのため、「IPv6 IPoE」で、IPv4通信も実現したいところですね。このIPv4/IPv6の共存のために、トンネル技術、変換技術、組み合わせによる運用によりIPv4通信も実現が可能となり、安定した高速通信をIPv6でもIPv4でも利用できるようになります。このIPv4/IPv6共存可能なサービスにはv6プラスやOCNバーチャルコネクトと呼ばれるものがあります。

これらを利用するには、ご利用のプロバイダーがv6プラスやOCNバーチャルコネクトに対応している必要があります。

IPv6、IPoEについての詳しい説明はこちら

IPv6でオンラインゲームができなくなるって本当?

本当です。まず、オンラインゲームの配信サーバーやマッチングサーバーがIPv6に対応していれば問題なくゲームはできます。ですが、一部のオンラインゲームではIPv6に対応しておらず、IPv4のみに対応している場合があります。IPv4/IPv6共存可能な、v6プラスやOCNバーチャルコネクトに対応したプロバイダーであれば、IPv4通信が可能になりますのでオンラインゲームはできることになります。ただし、中には特定のIPアドレスと特定のポートを使うものがあると、IPv6ではゲームができないことがあります。たとえばv6プラスという変換技術では、1つのグローバルIPv4アドレスを複数ユーザーで共有する形となり、ユーザーごとに使えるポートが制限されています。このことがネックとなり、ゲームによっては正常にゲームができないという現象が報告されています。

なお、PCゲームだけではなく、オンラインでプレイするゲーム機でも問題が起きることがあります。

Nintendo Switchは公式にIPv6に対応していませんが、ほとんどのゲームが問題なく遊べるようです。PlayStation4ではIPv6はサポート対象外です。ただし、DS-Liteというサービスを使うとIPv6と同等の通信速度を得られます。Xbox OneはIPv6に完全対応しています。

IPv4 PPPoEで接続するためにルーターをもう1台用意

IPv6でも、ルーターをもう1台用意して「2重ルーター」を構成にすると、IPv6 IPoEによるインターネット接続と、従来のIPv4インターネット接続(PPPoE)を、両方同時に使えるようになります。さきほどIPv4/IPv6共存の方法で紹介しました、組み合わせによる運用ですね。

やり方は、IPv6対応ルーターと、従来の一般的なPPPoE対応ルーターを用意して、2台を接続するだけです。ONUからのLANケーブルはIPv6対応ルーターのWANにつなぎ、同機のLANからのLANケーブルはPPPoE対応ルーターのWANにつなぎます。あとはIPv6対応ルーターの設定で「PPPoEパススルー」を使用するようにすればOKです。

これで追加したPPPoE対応ルーターに接続したゲーム機器やパソコンは、従来のIPv4(PPPoE)インターネット接続で利用できます。

こちらで紹介しました、IPv6 IPoEとIPv4(PPPoE)の組み合わせ運用ですが、プロバイダーによっては、追加料金が発生する場合があるので注意が必要です。

オンラインゲームの回線速度を改善したいのであればIPv6 IPoEが役立つかもしれません。サービスの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

IPv6 IpoEの活用を検討している方に朗報!

ドコモ光というサービスをご存知でしょうか?国内で500万回線を突破している光ファイバー回線対応インターネット接続サービス・ドコモ光の特徴は、安定したドコモ光の回線スピードとそれを活かす最新鋭のルーターがずっと無料で使えることです。通常の光回線サービスですとルーターが付属していない、もしくは付いていたとしても光回線が開通した後にルーターが送られてきます。光回線の開通前に最新鋭のルーターを用意してくれるのは、現在※全国でDTI with ドコモ光だけです。そしてこのIPoE方式での接続をサポートしているプロバイダー・DTIが提供する最新鋭のルーターの接続方式は、もちろんIPv6 IPoEで、v6プラスも利用可能! 光回線が持つ本来の回線速度を引き出しやすくなります。そして、IPv4にしか対応していないWebサイトにも接続可能なルーターです。このため、よりオンラインゲームの通信が安定する可能性があります。

さらに、ドコモのスマホ回線を契約している方は毎月最大2,251円も通信費用を抑えることが可能です。また、ドコモ光では、15,000円のキャッシュバック特典や、工事費最大18,000円が無料になる特典もございます。この機会に是非一度、特典内容をご確認ください。


DTI ドコモ光

※2019年3月15日段階の情報です

最新記事

おすすめ記事

おすすめサービス

close
このエントリーをはてなブックマークに追加