DTI dream.jp 安心のインターネットプロバイダー

DTI Tips Station

光回線の平均通信速度はどれくらい? 下り回線の快適な速度をケース別に解説

光回線の平均通信速度はどれくらい? 下り回線の快適な速度をケース別に解説

同じ光回線でもその通信速度は回線事業者やプロバイダーによって異なります。では目安となる平均通信速度はどれくらいなのでしょうか。今回はとくに光回線における下り回線について、快適にインターネットが利用できるスピードの目安をケース別にご紹介していきます。

光回線における上り、下りとは?

光回線の速度について説明するには、まず上りと下りの違いについて理解しておいてもらわなくてはなりません。上りと下りの違いは以下のとおりです。

上り

インターネット回線における上りとはデータをアップロード(送信)することを意味します。上り速度と表現するときは、アップロード時の速度のことを言っています。

例えばメールの送信、SNSなどへの書き込み、Webサイトの更新、YouTubeなどへの動画の投稿などがアップロードです。

下り

これに対し、下りはデータをダウンロード(受信)することを意味します。下り速度とはダウンロード時の速度のことです。

例えばYouTubeやNetflixなどの動画を見る、メールを受信する、あるいは普通にブラウザでWebサイトを閲覧するのもダウンロードという行為です。

ここまで説明すればおわかりのように、多くのユーザーにとって重要なのは上り速度よりも下り速度です。下り速度が速いほど、快適に動画を見たり、Webページを次々に素早く開いたりできます。FPSやMMORPGなどのオンラインゲームも、やはり上り速度よりも下り速度の方が重要です(プレイ動画の配信をするなら上り速度も重要になります)。

光回線の通信速度の単位「bps」とは?

インターネット回線の通信速度を示す単位として使われるのが「bps」という単位です。bpsは1秒間に転送できるデータが何ビットかを表します。「1kbps(キロビーピーエス)」なら毎秒1,000ビット、「1Mbps(メガビーピーエス)」なら毎秒100万ビット、「1Gbps(ギガビーピーエス)」なら毎秒10億ビットのデータを転送できます。

光回線の最大通信速度は1Gbpsが基本ですが、実測値はMbpsの単位になります。

光回線の下りの回線速度の平均

光回線の下りの回線速度は回線事業者やプロバイダー、光回線1本あたりのユーザー収容数や、機器の通信規格によって実測値にはかなりバラツキがあります。また、最近の光回線は休日や夜になると速度が遅くなるケースが増えています。そのため平均速度を求めることは非常に難しいといえるでしょう。

快適な下りの回線速度をケース別に解説

インターネットをどのような目的で利用するかによって、快適な回線速度は異なるといえます。以下、ケース別に、目安となる速度を見てみましょう。

サイト閲覧

ブラウザでWebサイトを閲覧するだけなら、10~30Mbpsの下り速度があれば快適です。表示に時間のかかる大きいサイズの画像が多数使用されている場合などは遅く感じるかもしれませんが、通常は問題なくサクサクとページを開いて閲覧できるはずです。

動画視聴

YouTubeやNetflixなどで動画を見る場合は、SD(標準画質)であれば10Mbps程度でも十分だと言えるでしょう。ただ、HD(高画質)やさらに上の画質であるUHDや4Kの動画を視聴する場合は、30Mbps以上が目安となるでしょう。速度が遅いと途中で動画が止まることが多くなります。

オンラインゲーム

オンラインゲームの場合は、ゲームデータのダウンロードやメンテナンス後の更新データのダウンロードにかかる時間を考えると、下り速度は速ければ速いほど快適にプレイできます。目安は100Mbps以上で、これくらいの速度が出ていればゲームに限らずどんな用途であってもインターネットを快適に楽しめます。

ただし、ゲームの場合は速度だけではなく、PING値も重要です。PING値とはインターネット回線の応答速度を表すもので、単位は「ms(ミリ秒=1/1000秒)」です。数値が小さいほどラグが抑えられ、レスポンス性能が高いということになります。通常、PING値が30ms以内ならオンラインゲームに適していると言えますが、FPSやTPS、格闘などの応答速度の速さがキモとなるゲームでは15ms以下が目安とも言われています。

快適にネットを楽しむためには下り回線の安定性も重要

インターネットを快適に使うためには、下りの回線速度が安定していなければなりません。
回線が安定しないと、時間帯によって著しく速度が落ちたり、サイトに繋がりにくくなることがあります。

回線速度の速さと安定性が重要となるオンラインゲームなどは、休日や夜の8時以降などゲームをプレイしたいと思う時間帯に限って速度が遅くなるといったケースがあり、快適にプレイができず、悩まれている方もいるようです。また、4Kなどの高画質動画を視聴する際にも、同様のケースで、動画がスムーズに再生されないなどのトラブルが生じることがあります。

そこでインターネット回線の速度と安定性の両方を求めるなら、現在は接続方式がIPoEの「光回線」がおすすめです。新しい接続方式である「IPv6(IPoE)接続サービス」を利用すれば、快適さを享受できるでしょう。

IPv6、IPoEについての詳しい説明はこちら

IPoEで快適にネットを楽しむならIPoE接続対応のDTI with ドコモ光

快適にネットを楽しめるIPv6(IPoE)接続サービスの利用を検討されている方に朗報です。ドコモ光というサービスをご存知でしょうか? 国内で550万回線を突破している光ファイバー回線対応のインターネット接続サービスで、以下のようにさまざまなメリットがあります。

IPoE接続対応の高性能ルーターがずっと無料

ドコモ光の回線スピードとそれを活かすIPoE接続対応の高性能ルーターがずっと無料で使えます。また、通常の光回線サービスですとルーターが付属していない、もしくは付いていたとしても光回線が開通した後に送られてきます。しかし、光回線の開通前にIPoE接続対応の高性能ルーターが用意されます。もちろん、IPv4にしか対応していないWebサイトにも接続できます。

ドコモユーザーなら毎月最大2,251円も通信費がお得に

また、ドコモのスマホ回線を契約している方は毎月最大2,251円も通信費用を抑えることが可能です。

最大15,000円のキャッシュバック特典+新規お申し込みでdポイントを10,000pt贈呈

さらに、最大15,000円のキャッシュバック特典があり、新規でお申し込みの方には10,000pt、転用でお申し込みの方には5,000ptのdポイント(期間・用途限定)を進呈いたします。

新規工事料も無料

そして、新規工事料が無料になる特典もあります。この機会にぜひ一度、特典内容をご確認ください。

DTI ドコモ光

ドコモユーザーではない方はauセット割があるDTI光もおすすめです

ドコモユーザーではない方には、auセット割も利用できる DTI光 もおすすめです。ルーターは有料レンタルとなりますが、さまざまな特典があります。

auユーザー、DTI SIMユーザー、東京ガスユーザーだけの割引あり

ほかサービスとのセットで、各種割引が受けられます。DTI光とauのスマートフォンなどを同時利用する場合は毎月最大で1,200円の割引(auセット割)、DTI光と格安SIMカードサービス「DTI SIM」をまとめて契約して同時利用する場合は毎月150円割引(SIMセット割)、DTI光と東京ガスのガス・電気セット割を同時利用する場合は毎月最大250円割引(東京ガストリプル割)となります。

もちろんIPv6(IPoE)接続サービス対応

DTI光ではIPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続方式による「IPv6(IPoE)接続サービス」を利用可能です。従来の接続方式による光回線を使っていて、速度が遅い、繋がりにくい時間帯があると感じている人でも、DTI光に切り替えることで安定性と速度が向上することが期待できます。

最低利用期間なし&違約金なし

また、DTI光には「2年以上利用すること」などといった契約期間の制限はありません。そのため、いわゆる「2年縛り」と呼ばれるような、特定の期間中に契約解除しないと違約金がかかるといったこともありませんし、自動更新されることもありません。いつでも違約金なしで解約できます。

キャッシュバック特典、工事費無料特典、DTI 会員様限定特典など特典も満載

さらには、特典として、工事費実質無料となる最大19,000円のキャッシュバックが受けられます。また、現在ADSL回線をご利用中の方なら工事費&開通月の月額料金無料、さらにDTI会員限定の国内のホテル・旅館の宿泊代、レジャー施設、飲食店、映画チケットなどが割引になるサービスも受けられます。

DTI 光

※ DTI with ドコモ光、DTI光の各種特典内容は予告なく終了または内容を変更させていただく場合がございます
※「フレッツ」およびその他「フレッツ」関連の名称はNTT東日本およびNTT西日本の登録商標です
※「YouTube」、「YouTube」ロゴ、Google LLCの商標または登録商標です
※ Netflixは、Netflix, Inc.の登録商標です
※「Wi-Fi」は、Wi-Fi Allianceの登録商標です
※「ドコモ」は、日本電信電話株式会社の登録商標です

最新記事

おすすめ記事

おすすめサービス