DTI dream.jp 安心のインターネットプロバイダー

DTI Tips Station

ADSLを解約する方法とは? 乗り換え先についても解説

ADSLを解約する方法とは? 乗り換え先についても解説

ADSLのサービス終了の時期が近づいています。ADSLの解約をするにはどうすればいいのでしょうか。解約金やレンタル機器の返却など解約するにあたって注意したいこと、注意をしないと損をしてしまうこともあるので、それらについても解約方法とあわせて説明します。また、引き続きインターネットを利用するための乗り換え先についても解説していきましょう。(2021年7月現在の情報です。)

  1. ADSLは終了予定! ADSL解約は必要?
  2. ADSL解約の方法
  3. ADSL解約料
  4. ADSL解約料が気になる方は更新月に解約しよう
  5. キャッシュバックキャンペーンを利用する方法もある
  6. ADSL解約をする際の注意点
  7. ADSLのおもな乗り換え先
  8. ADSL解約後はDTI光への乗り換えがおすすめ!
  9. 工事不要&月額費用を抑えたいなら、モバイル回線「DTI WiMAX 2+」!

ADSLは終了予定! ADSL解約は必要?

ADSLは以下のスケジュールで終了となることが予定されています。ADSLがサービスを終了すると、他のインターネット回線と契約しない限り、インターネットを利用できなくなるので注意が必要です。

・NTT東日本・西日本のフレッツ・ADSL
2023年1月31日(火)をもってサービス提供を終了。

・Yahoo! BB ADSL
2024年3月末をもってサービス提供を終了。

NTTフレッツADSLの場合、ADSLと同時に契約しているはずのプロバイダーとの契約はそのまま続くことになり、プロバイダー料金のみ請求が継続して発生してしまう可能性があります。

また、サービス終了まで余裕があるからとギリギリまで次の乗り換え先を決めないでいると、終了時期が近づくにつれ乗り換え希望者の申し込みが殺到して手続きに時間がかかってしまうかもしれません。できれば早めの対応をしておいたほうが賢明です。

ADSL解約の方法

では、ADSLの解約の方法と流れを説明します。

電話でADSLを提供している会社に解約を申請する

ADSLの解約手続きの申請は電話で行います。申請窓口の電話番号は、各公式サイトの「各種お手続き」や「お客様サポート」などに掲載されています。NTTフレッツADSLもYahoo! BB ADSLも、公式サイトや営業所からは解約手続きができないので注意してください。

なお、Yahoo! BB ADSLの解約手続きは、「Yahoo! BB ADSLを契約した時の電話番号」もしくは「連絡先として登録している電話番号」から電話をかけないと解約手続きが行えません。さらに「186」をつけて電話番号を通知して電話をかけるよう指示されています。本人確認のために「カスタマーID」も必要なので手元に用意しておきましょう。

電話・ネットでプロバイダーに解約を申請する

続いて、NTTフレッツADSLの場合はプロバイダーの解約申請を行いましょう。プロバイダーはネットで解約手続きができるところが多くなっていますが、それぞれの公式サイトで確認して手続きを行うようにしてください。

モデムなどのレンタル機器を返却する

さらにモデムなどのレンタル機器(ケーブル類を含む)を返却することになります。レンタルではなく買い取っている場合は返却の必要はありませんが、ADSLの解約連絡のときに念のためモデムの返却について聞いておいたほうがいいでしょう。解約したのにレンタル機器を返却しないでいると機器代金を請求されることがあります。

返却の手順は下記のとおりです。

・NTTフレッツADSLの返却

モデムなどの返却については解約連絡の際に案内がありますので、指示に従ってください。通常はフレッツADSLの解約手続きを行うとモデムの回収用キットが自宅に送られてくるので、そこに機器を入れ、指定のコンビニか郵便局から荷物を送ることになります。

・Yahoo! BB ADSLの返却

解約日に合わせてモデムを取り外して返却するよう指示があります。モデムをレンタルしていた場合は機器受け取り時のダンボールか、ない場合はダンボールを用意し、緩衝材を使って梱包、元払いで下記の住所に荷物を送ります(配送業者の指定はありません)。利用停止付きの翌月20日までに返却しないと違約金が発生するので要注意です。

ADSL解約料

ADSLを解約するときに解約料はかかるのでしょうか。それぞれ説明します。

NTTフレッツADSLの解約料

NTTフレッツADSLの場合は、2年などの契約期間の縛りがないため回線自体の解約料はかかりません。

ただし、同時に契約しているプロバイダーの解約に際しては解約料(解約金・違約金)が発生する可能性があります。NTTフレッツADSLを解約してもプロバイダーは自動的に解約とはなりません。

契約しているプロバイダーで解約金が適用されるかどうか、金額はいくらなのかはプロバイダーによって異なります。マイページなどから確認できる場合もありますが、確実に知りたい場合はプロバイダーのサポートに問い合わせてみましょう。

Yahoo! BB ADSLの解約料

Yahoo! BB ADSLの場合、「Yahoo! BB バリュープラン」などで契約していて契約満了月以外に解約すると「解除料」がかかります。「Yahoo! BB バリュープラン」の場合の解除料は10,450円(税込)です。

なお、Yahoo! BB ADSLの場合は回線とプロバイダーの契約は一体になっているので、プロバイダーのみの解約手続きは必要ありません。

ADSL解約料が気になる方は更新月に解約しよう

Yahoo! BB ADSLの解約がそうであるように、NTTフレッツADSLと共に契約しているプロバイダーの解約も、契約満了月や契約更新月に解約すると解約料が0円になることがあります。

プロバイダーの場合、契約満了月の翌月が契約更新月となっていて、その契約更新月(1カ月間など)以外に解約やコース変更をすると解約料や手数料がかかる、というケースが多いでしょう。したがって、解約をするならその更新月のタイミングに合わせるのがベストです。

キャッシュバックキャンペーンを利用する方法もある

もうひとつ、解約料を支払ったとしても、乗り換え先のキャッシュバックキャンペーンを利用して解約料による出費を軽減するという方法もあります。

光コラボ事業者の中には、ADSL回線からの乗り換えユーザーを対象に、1万~1万5,000円程度のキャッシュバック、さらに工事費無料などのキャンペーンを行っているケースがあります。今このタイミングで乗り換えをすれば、解約料を支払ってもお釣りが来るというケースもあるので調べてみるといいでしょう。

ADSL解約をする際の注意点

ADSLを解約する際は、レンタル機器の返却や解約料以外にも次のような点に注意する必要があります。

NTTの電話加入権を所有していないと固定電話が使えなくなる

ADSLはそもそもアナログの電話回線を利用したインターネット回線です。しかし、ADSLには、

・電話共用タイプ(タイプ1)
・ADSL専用タイプ(タイプ2)

という2種類があります。タイプ1はもともと利用していた電話回線を使って音声通話とADSL通信を共用しています。そのためすでに「NTTの電話加入権」を所有しているはずです。

一方、タイプ2はADSL専用のアナログ回線を新規で導入して使っています。こちらは電話加入権不要タイプとも呼ばれるADSL専用型なので、電話加入権は所有せず、電話を使っている場合はBBフォンなどのIP電話(インターネット回線を利用した電話)を使っているはずです。

したがって、タイプ2で電話を使っていた方は、ADSLを解約すると電話が使えなくなり、電話番号もなくなります。タイプ1の場合、電話はそのまま使えて、電話番号が変わることもありません。これはNTTフレッツADSLもYahoo! BB ADSLも同じです。

タイプ2で同じ電話番号で電話を使い続けたい場合は、電話加入権を購入すれば可能です。もしも固定電話は使いたいけれど電話番号を変えても構わないのであれば、次に光回線に乗り換える場合は光電話を利用したほうが価格的にお得です。

Yahoo! プレミアムに加入している場合は自動的に解約にならない

Yahoo! BB ADSLには、Yahoo! BB「プレミアム」プランというプランがあります。これは「Yahoo! BB」と「Yahoo!プレミアム」がセットになったプロバイダープランです。

Yahoo!プレミアムはYahoo!ショッピングやLOHACO、ヤフオク!などを利用する際にさまざまな特典が付く月額508円(税込)の有料サービスです。

注意したいのは、このYahoo!プレミアムは、Yahoo! BB ADSLを解約しても自動解約されないことです。Yahoo!プレミアムを継続して使いたい場合はそのままでもいいのですが、必要ないと判断した場合は別途、解除の手続きをしてください。

解約月の料金は日割りにしてもらえないことが多い

NTTフレッツADSLの場合、解約月の料金は日割り計算をして請求されますが、Yahoo! BB ADSLの場合は日割りでの請求は行っておらず、ひと月分の料金が請求されます。

プロバイダーの解約も日割りが可能な場合と月割りになる場合があります。日割りにしてもらえない場合が多いのでこの点も確認しておきましょう。

乗り換え先を決めていないとインターネットが利用できない期間がある

ADSLの解約をし、その後も引き続きインターネットを利用するのであれば、手続きの順番にも気をつけてください。ADSLの解約日(サービス停止日)と乗り換え先の回線の開通日のスケジュールを合わせておかないと、インターネットができない期間ができてしまうためです。

特に光回線やCATVなどの固定回線を選ぶ場合は、先に乗り換え先を決めて契約し、その開通日に合わせてADSLの解約をしましょう。

ADSLのおもな乗り換え先

最後に、ADSLのおもな乗り換え先の候補と、それぞれの特徴について説明します。

光回線

最も有力な候補は光回線です。光ファイバーケーブルを使ったインターネット回線で、ADSLよりも高速かつ安定した通信ができます。高画質の動画視聴やオンラインゲーム、Web会議などもストレスなくできるでしょう。

デメリットはADSLよりも月額料金が高くなりやすいことです。ただ、現在は光コラボと呼ばれる、NTTのフレッツ光と同じ光回線を使った、プロバイダーなどの事業者が提供しているサービスを選択できます。この光コラボの中には月額料金が抑えめで、乗り換えの際のキャッシュバックなど特典を用意している業者があるので、比較検討してみることをおすすめします。

モバイルルーター

自宅だけではなく外出先でもインターネット回線をよく使うという方なら、モバイルルーターも有力な乗り換え候補になります。モバイルルーターは携帯電話と同様にモバイル回線(無線電波)を使ってインターネットと接続できる通信機器(端末)です。パソコンやスマートフォンとはWi-Fiで接続できます。WiMAX 2+というモバイル回線を使うWiMAXのモバイルルーターなら、通信環境によりますが実測値で30Mbpsくらいの速さです。

モバイルルーターの便利なところは、一般的なスマートフォンよりコンパクトなので気軽に持ち歩けることと、自宅でも工事不要で使えることです。機種を選び、申し込みをしてモバイルルーターが届いたら、Wi-Fiの接続設定をすればその日のうちに使えるようになります。自宅ではWi-Fiではなく有線LANを使いたいという場合は、クレードルが用意されている機種を選ぶと(クレードル代は別にかかります)LANケーブルでも接続できます。月額料金はプランにもよりますが、3,000~4,000円程度です。

ホームルーター

ホームルーターはモバイルルーターを建物内だけで使えるようにした製品です。据え置き型で、充電式ではなくコンセントから電源供給します。パソコンやスマートフォンとはWi-Fiの他に、最初から有線LANでも接続できます。

外に持ち歩くことはできませんが、自宅内で固定回線の代わりに使いたいのであれば、ホームルーターも選択肢に入るでしょう。

CATV

CATVはケーブルテレビのことで、テレビ用のケーブルをインターネット回線としても利用できます。速度は業者によってバラツキがありますが、光回線よりは遅く、モバイルルーターと同程度です。

インターネット専用として利用する場合には、CATVは速度のわりにやや割高に感じることが多いでしょう。しかし、有料テレビ番組が見られることを考えれば便利です。都心のアパートやマンションでは、最初からCATVが使えるようになっている物件も意外に多いようです。

これまでADSLを利用していて特に不満もなかったという方も、そろそろ乗り換え先を決めて乗り換えを実行するタイミングです。解約の手続きには若干面倒な部分もありますが、この記事を参考に、スムーズな解約・乗り換えをしてください。

ADSL解約後はDTI光への乗り換えがおすすめ!

ADSLを解約した後もインターネットを使用するのであれば、光コラボへの乗り換えをご検討ください。

DTIでは、auセット割などの割引が利用でき、しかも最低利用期間の縛りや解約時の違約金が無い※安心・おトクな光コラボ「DTI 光」をご提供しています。DTI 光の主なメリットは次の4点です。
※開通月は解約手続きができません。開通月翌月での解約をご希望の場合、当月の利用料金が発生いたします。

auユーザー、DTI SIMユーザーだけの割引あり

DTI 光なら、ほかサービスとのセットで各種割引が受けられます。DTI光とauのスマートフォンなどを同時利用する場合は毎月最大で1,320円(税込)の割引(auセット割)、DTI光と格安SIMカードサービス「DTI SIM」をまとめて契約して同時利用する場合は毎月165円(税込)割引(SIMセット割)となります。

もちろんIPv6(IPoE)接続サービス対応

DTI光ではIPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続方式による「IPv6(IPoE)接続サービス」を利用可能です。従来の接続方式の光回線を使っていて、速度が遅い、繋がりにくい時間帯があると感じている方でも、DTI光に切り替えることで安定性と速度が向上することが期待できます。

最低利用期間なし&違約金なし

また、DTI光には「2年以上利用すること」などといった契約期間の制限はありません。そのため、いわゆる「2年縛り」と呼ばれるような、特定の期間中に契約解除しないと違約金がかかるといったこともありませんし、自動更新されることもありません。いつでも違約金なしで解約できます。
※開通月は解約手続きができません。開通月翌月での解約をご希望の場合、当月の利用料金が発生いたします。

キャッシュバック特典、工事費無料特典、DTI 会員様限定特典など特典も満載

さらには、特典として最大19,000円のキャッシュバックが受けられます。また、現在ADSL回線をご利用中の方なら工事費&開通月の月額料金無料、さらにDTI会員限定の国内のホテル・旅館の宿泊代、レジャー施設、飲食店、映画チケットなどが割引になるサービスも受けられます。

DTI 光

工事不要&月額費用を抑えたいなら、モバイル回線「DTI WiMAX 2+」!

ADSLの解約後もインターネットを利用したいけれど、月額費用は抑えたい…という方は、光回線よりもお安く利用できるDTI WiMAX 2+がおすすめです。光回線とは違い、工事不要で利用可能なのも嬉しいポイント。DTI WiMAX 2+の魅力は大きくわけると5つあります。

・DTI WiMAX 2+の魅力1 動画をサクサク鑑賞できる

DTI WiMAX 2+の通信速度は下り最大440Mbpsなので、動画をサクサク鑑賞することができます。また、重いデータも高速でダウンロード可能です。
※混雑回避のための速度制限(3日間で10GB利用時)があります。

・DTI WiMAX 2+の魅力2 面倒な設置作業は必要なし

配達時間が選べ、自宅で利用する場合も工事や配線作業は必要ありません。届いたその日から、自宅でも外出先でも、すぐにインターネットを利用できます。

・DTI WiMAX 2+の魅力3 通信費の節約につながる

本来、回線利用料とWi-Fi機器の使用料は別々に発生しますが、DTI WiMAX 2+であれば、お支払いはDTI WiMAX 2+の月額基本料金のみなので、費用を抑えることができます。また、毎月固定の月額基本料金のためお支払いもわかりやすいです。

・DTI WiMAX 2+の魅力4 キャッシュバックキャンペーン中

NTTグループカードに新規入会し、DTIご利用料金をお支払いいただくと、毎月500円×12カ月間、最大6,000円がクレジットカードご利用代金よりキャッシュバックされます。
※本特典は、予告なく変更または終了する場合があります

・DTI WiMAX 2+の魅力5 お得な特典が満載

DTI WiMAX 2+ に申し込みDTI会員になると、全国の宿泊施設やレジャー施設やスポーツクラブ、インテリアの購入、レストランや居酒屋の飲食などが特別優待価格で利用できます。

wimax2+

※ DTI光、DTI WiMAX 2+の各種特典内容は予告なく終了または内容を変更させていただく場合がございます
※「Wi-Fi」は、Wi-Fi Allianceの登録商標です
※「NTT」は、日本電信電話株式会社の登録商標です
※「フレッツ」およびその他「フレッツ」関連の名称はNTT東日本およびNTT西日本の登録商標です
※「WiMAX」は、WiMAXフォーラムの商標または登録商標です
※その他、記載されている会社名、製品名、サービス名およびロゴは、各社の商標または登録商標です

最新記事

おすすめ記事

おすすめサービス