DTI Tips Station

光回線がさらに速くなる接続方式V6プラスとは!?

光回線がさらに速くなる接続方式V6プラスとは!?

高速通信ができることで知られる光回線ですが、最近は一部回線や混雑する時間帯などで速度が遅くなる現象が報告されています。また、十分な速度が出ているという方の場合でも、もっと速くしたいと考える方もいるでしょう。そこで光回線がさらに速くなる接続方式として「V6プラス」をご紹介します。V6プラスとはどのようなサービスなのか、その仕組みやメリットについて解説していきます。

V6プラスとは?

V6プラスとは日本ネットワークイネイブラー株式会社が提供しているインターネットサービスです。V6プラスは、契約しているプロバイダーがサービスを導入して提供していればフレッツ光や光コラボで利用できます。

具体的には、通常のインターネットで使用されているIPアドレスである「IPv4」と、次世代のIPアドレスである「IPv6」を、「IPoE」という接続方式で利用するサービスです。

専門用語が多く出てくるので、順番に説明していきます。

IPv4、IPv6とは?

まず、Pv4とIPv6の違いについてです。

IPv4

インターネットに接続されているコンピュータなどの機器には、「IPアドレス」と呼ばれる番号が割り振られています。このIPアドレスでそれぞれのコンピュータは識別されています。ネットワーク接続機器の説明書で「http://192.168.1.1/」などと表示されている10進数で表された「192.168.1.1」の部分がIPアドレスです。

そしてこのIPアドレスには、これまでは長い間「IPv4」という方式が使われてきました。IPv4とはIP(インターネットプロトコル)のバージョン4という意味です。このIPv4では最大で約43億台のコンピュータを識別できます。

IPv6

現在インターネットに接続されている機器の数は膨大で、しかも確実に増え続けているため、近い将来、IPv4だけでは数字が足りなくなることは容易に予測されます。そこで登場したのが、次世代の方式である「IPv6」です。

IPv6では2の128乗、約340澗(かん)個のIPアドレスが使用できるようになり、今後どれだけIPアドレスを割り当てようとも枯渇することはまずないだろうと考えられています。なお、「IPv6アドレス」はそのまま数字を羅列すると表記が長くなるので、通常はルールに基づいた省略形で表されます。

IPoEとは?

IPoEは次世代インターネット接続環境と言われる新しい回線方式です。企業内LANなどと同じやり方で直接インターネットに接続する方式で、IPv6に対応しています。現在メインとして利用されている「PPPoE」という接続方式のように専用の通信機器を必要とせず、接続事業者(VNE=仮想通信提供事業者)を介して、シンプルにインターネットに接続できます。

V6プラスでは接続方式にIPoEを採用しつつ、IPv6とIPv4のどちらも利用できる仕様となっています(「IPv6 IPoE」と「IPv4 over IPv6」の方式が利用できる)。そのため、IPv6対応サイトとIPv4にのみ対応するサイトの両方で、IPoE方式による快適なブラウジングが可能となっています。

IPv6、IPoEについての詳しい説明はこちらをご覧ください

V6プラスのメリット

V6プラスを利用すると、通常のPPPoEによる接続と比べて、回線速度とインターネットへのつながりやすさが改善する可能性があります。IPoEはPPPoEと違ってプロバイダーを経由しません。そのためプロバイダーのところでネットワークが混雑することなく、いつもは混在する時間帯でも極端に通信速度が低下するようなケースは減るはずです。

そのことにより、Webページの読み込みが速くなったり、動画をサクサクと快適に見られたり、ネットゲームのラグなどが解消されてストレスなく楽しんだりできるようになる可能性があります。

またV6プラスは、導入し提供している多くのプロバイダーで、追加料金なしで利用できるようになっています(プロバイダーによって異なるので確認してください)。

V6プラスの注意点

一方、注意点もあります。まず、V6プラスを利用するには対応するルーターが必要です。複数のメーカーから対応ルーターが発売されているので、それを購入してください。

また、固定IP、特定の通信プロトコル、特定の通信ポートが利用不可というのにも注意が必要です。
このことにより、たとえば自宅サーバーを立てて外部から接続することができなくなる、050系の電話番号が付与されたIP電話機が利用できなくなる、パソコンに接続したWebカメラを外出先から視聴できなくなる、一部のオンライン対戦ゲームがプレイできなくなる……などが報告されています。

これらはケースによっては対応可能なものもありますが、V6プラス環境下の注意点として憶えておきましょう。

V6プラスとはどのようなものか、おわかりになりましたでしょうか。現在、光回線を利用していて速度に不満を持っている、あるいはもっと速くしたいと考えているなら、V6プラスの利用を検討してみてください。注意点もありますが、V6プラスはインターネットが速くなる可能性があり、おすすめできるサービスです。

V6プラスを検討している方に朗報!

ドコモ光というサービスをご存知でしょうか?国内で500万回線を突破しているドコモ光の特徴は、安定したドコモ光の回線スピードとそれを活かす最新鋭のルーターがずっと無料で使えることです。通常の光回線サービスですとルーターが付属していない、もしくは付いていたとしても光回線が開通した後にルーターが送られてきます。光回線の開通前に最新鋭のルーターを用意してくれるのは、現在※全国でDTI with ドコモ光だけです。この最新鋭のルーターの接続方式は、もちろんIPv6 IPoEで、V6プラスも利用可能です! 光回線が持つ本来の回線速度を引き出しやすくなります。そして、IPv4にしか対応していないWebサイトにも接続可能なルーターです。

さらに、ドコモのスマホ回線を契約している方は毎月最大2,251円も通信費用を抑えることが可能です。また、ドコモ光では、15,000円のキャッシュバック特典や、工事費最大18,000円が無料になる特典もございます。この機会に是非一度、特典内容をご確認ください。


DTI ドコモ光

※2019年2月27日段階の情報です

最新記事

おすすめ記事

おすすめサービス

close
このエントリーをはてなブックマークに追加