DTI dream.jp 安心のインターネットプロバイダー

DTI Tips Station

動画や画像のダウンロードが遅い! 原因と解決する方法とは

動画や画像のダウンロードが遅い! 原因と解決する方法とは

動画を閲覧するための方法には、インターネット上で動画を再生するストリーミングと、自分の端末にデータをダウンロードして再生する方法があります。ダウンロードによる再生は、一度ダウンロードしてしまえばデータ通信料がかからないというメリットがありますが、データをダウンロードする際に速度が遅くてイライラしてしまうことも。
今回は、一体なぜダウンロードが遅くなってしまうのか、そしてどうすればその速度は上がるのか。原因と解決する方法をご紹介していきましょう。

  1. 動画や画像のダウンロードが遅い原因
  2. 動画や画像のダウンロードが遅い問題を解決する方法
  3. プロバイダーを変えずにDTIのIPv6(IPoE)接続が使えるDTIトライアル光
  4. DTI withドコモ光にすればIPv6(IPoE)対応ルーター無料以外の特典も満載
  5. ドコモユーザーではない方はauセット割があるDTI光もおすすめです

動画や画像のダウンロードが遅い原因

なぜダウンロードが遅いのか、その理由がわかれば解決策も見えてきます。動画や画像のダウンロードが遅いときに考えられる原因を見てみましょう。

速度制限

スマートフォンの場合は、契約しているサービスによる速度制限が行われていると極端にダウンロードが遅くなります。速度制限が行われるのは、契約で定められた「月間で利用可能なデータ通信量」を超過した場合です。速度が制限されると下り速度が200kbpsや128kbpsへと一気に低下し、画像1枚表示するのに、数十秒~数分を要してしまう場合もあります。

動画や画像の容量が大きい

ダウンロードしようとしている動画や画像の容量(ファイルサイズ)が大きすぎてダウンロードに時間がかかっている場合もあります。ダウンロードが遅いときは、対象ファイルのサイズを確認してみましょう。

スマートフォン・PCに問題がある

スマートフォンやPCに何らかの問題があってダウンロードが遅いケースもあります。使っているスマートフォンやPCが古くてスペックが低い、搭載しているメモリが少ない、ハードディスクにトラブルが起きて読み書きが遅くなっている、OSがアップデートされていないなどの原因が考えられます。

ゲーム機に問題がある

ゲーム機によっては、動画や画像をダウンロードしてハードディスクやUSBメモリに保存できる機能が備わっています。これを利用しているときだけダウンロード速度が遅い場合は、ゲーム機に何らかの問題が起きている可能性が高いと考えられます。

ルーターなど周辺機器に問題がある

インターネット接続のために使用しているルーターやONUに問題がある場合もダウンロード速度に影響します。スマートフォンでWi-Fiを使用しているときにのみ速度が落ちる場合は、Wi-Fiルーターにトラブルが起きている可能性があります。

ブラウザ・アプリに問題がある

ブラウザやアプリのバージョンが古いときや、ブラウザのキャッシュが溜まっているときもダウンロードが遅くなることがあります。またブラウザの拡張機能のどれかがダウンロード速度に影響していることも考えられます。

プロバイダーに問題がある

プロバイダーに障害が起きている、あるいはプロバイダーによって回線速度が低下しているときもダウンロードは遅くなります。回線速度の低下が急激かつ一時的であれば障害だと考えられます。常に遅い場合や、特定の時間帯になるとよく遅くなる場合は、回線が混み合いやすい接続方式を、プロバイダーが採用しているケースが考えられます。

動画や画像のダウンロードが遅い問題を解決する方法

ダウンロードが遅い問題を解消するには、原因に合わせた解決策を見つける必要があります。思い当たる原因と照らし合わせながら、以下のような方法を試してみましょう。

契約プランを見直す

スマートフォンが毎月のように速度制限を受けてしまっているのなら、キャリアとの契約プランを見直すのが最も簡単な解決策です。利用可能なデータ通信量を多くするとその分、利用料金も高くなりますが、最適な契約プランに変更したほうがスマートフォンを快適に使えるでしょう。

スマートフォン・PCのOSやアプリをアップデート

スマートフォンやPCのOSが最新のバージョンにアップデートされているかどうかを確認してみてください。最新状態にしていないと、ダウンロード速度以外にもサイバー攻撃を受けやすいなどの問題が生じることがあります。また、ダウンロードする際に使用しているアプリがあるならそちらもアップデートしておきましょう。

スマートフォン・PC・アプリを再起動

一時的にダウンロードが遅くなっているときは、まずスマートフォンやPCの再起動を試してみましょう。一時的なメモリの消費などが原因のときは、再起動だけで正常な状態に戻ることが期待できます。ブラウザなどのアプリを一旦終了し、立ち上げ直すだけでも効果があるかもしれません。

スマートフォン・PCを買い替える

数年前のスマートフォンやPCをずっと使っていてスペックが不足している場合は、新しいモデルへの買い替えを検討してみましょう。10年以上前のPCは、現在の標準的なスマートフォンよりスペックが低い場合もあります。

デバイス内のいらないデータを削除する

スマートフォンの内部ストレージやPCのハードディスクの容量が少なくなっていないかもチェックしてみましょう。残り容量がわずかになるとスマートフォンやPCのパフォーマンスが落ちて、ダウンロードの速度にも影響が出ることがあります。容量が少ないときは不要な画像や動画などのいらないデータを削除して、空き容量を増やしてみましょう。

外付けハードディスクやドライブにデータを移す

不要なデータを削除するのにも限界があるものです。内部ストレージやハードディスクの容量が不足していると感じたときは、外付けハードディスクやDVD、Blu-rayなどの光学ドライブにデータを移動させる方法もあります。スマートフォンの場合はPCのハードディスクや、AndroidならSDカードにデータを移動させるのもよいでしょう。

また、iCloud、Google Drive、Dropboxなどのクラウドサービスを活用することでもデバイス内の空き容量を増やせます。

Wi-Fiルーター・ONUを再起動する

自宅でスマートフォンやPCを使っていてダウンロードが遅いと感じるときは、スマートフォンやPCをネットに接続するために使用しているWi-Fiルーター、光回線に接続するために使用しているONUの再起動を試してみてください。これらの機器に一時的な不具合が生じている場合は、再起動で直る可能性があります。リセットボタンなどが見当たらない場合は、一旦電源をオフにして、5分程度待ってから電源を入れ直せばリセットできます。

ルーターを最新の通信規格のものにする

古いルーターを使っている場合は、通信規格も時代遅れのものである可能性があります。光回線などの高速通信を利用しているなら、「IEEE802.11ac」「IEEE802.11ad」「IEEE802.11ax」などに対応したWi-Fiルーターを選びましょう。802.11axは、「Wi-Fi 6」という名称でも呼ばれています。

Wi-Fiルーターの接続帯域を変更する

比較的最近のWi-Fiルーターを使用していれば、Wi-Fiの接続帯域は2.4GHzと5GHzの2つが利用できるようになっているのが一般的です。2.4GHz帯は近くで使用されているほかのWi-Fiルーターやコードレス電話、電子レンジなどが発する電波と干渉して接続が途切れることがあります。

Wi-Fiでネットに接続しているスマートフォンやPCでダウンロードする際、電子レンジなどを使っているときに速度が落ちるようなら、5GHz帯のチャンネルに接続するよう設定を変えてみてください。もともと5GHz帯は高速な通信規格で採用されている接続帯域なので、速さと安定性に定評があります。

ただし、5GHz帯は2.4GHz帯に比べると、電波が遠くまで届かず、壁などの影響を受けやすいという弱点もあります。いつも5GHz帯を使っていてダウンロードが遅いという場合は、逆に2.4GHz帯に変更すると速くなる可能性もあります。

LANケーブル・LANポートを最適な規格に変更する

LANケーブルには「カテゴリー」と呼ばれる規格があります。カテゴリーの数字が大きいほど通信速度は速く、「CAT6」の通信速度は1Gbps、「CAT7」は10Gbpsなどと決まっています。光回線を使っているならCAT6以上のLANケーブルを使うのがおすすめです。カテゴリーの種類は大抵、ケーブルにプリントされています。

またLANポートにも有線LANの規格があります。その中でもわりと一般的な規格は「1000BASE-T」で、1Gbpsをサポートしています。自分の使用しているPCが備えているLAN機器が、どの規格を採用しているのかを確認してみてください。

Windows(R)では、デバイスマネージャーから「ネットワークアダプター」をクリックすると有線LAN規格を確認できます。例えば「Realtek PCle GBE Family Controller」や「Broadcom NetLink(TM) Gigabit Ethernet」という表記があれば、1 Gbps規格に対応したLAN機器が搭載されています。

有線接続にする

PCをいつもWi-Fiでネットに繋げているという場合は、有線LANで接続するだけでも速度がアップする可能性があります。有線のほうが電波干渉や障害物の影響を受けない分、安定もしています。ダウンロード速度に不満がある場合は、有線接続にしてみるのも一つの方法です。

ほかの端末のWi-Fiを切断する

Wi-Fiルーターは同時接続する際の推奨台数が決まっています。推奨台数を超えると通信速度が落ち、ダウンロードも遅くなることがあります。家族で何台ものスマートフォンをWi-Fiに繋げている場合や、PCやゲーム機など複数の端末を接続しているという場合は、ほかの端末の接続を一旦切ってからダウンロードすると速くなる可能性があります。

また、普段からWi-Fiの接続台数が多い家庭では、なるべく接続可能台数の多いWi-Fiルーターを選ぶようにしましょう。

ブラウザを最新バージョンに更新する

Google Chrome、Firefox (R)、Safariなどのブラウザを最新バージョンにしておくことも重要です。Google Chromeならヘルプから「Google Chromeについて」という項目を選ぶと最新版であるかどうかが確認できます。

ブラウザの拡張機能を停止する

ブラウザにプラグインやアドオンと呼ばれる拡張機能をインストールして使用している場合は、拡張機能がブラウザの挙動やダウンロードに影響している可能性がありますので、一度停止してみてください。

ブラウザの閲覧履歴・ダウンロード履歴・キャッシュ・Cookieを削除する

PCのメモリが少ない場合、ブラウザの閲覧履歴やダウンロード履歴、キャッシュ、Cookieなどが原因でダウンロードが遅くなってしまうことがあります。削除してみて、速度が改善された場合は、定期的に削除する習慣をつけるとよいでしょう。

ダウンロードしているブラウザ以外は閉じる

PCで動画や画像をダウンロードする際は、ほかのソフトやタブを閉じて実行すると速度が速くなることがあります。ブラウザはタブをたくさん開いているとそれだけ多くのメモリを消費するので、とくに搭載しているメモリが少ないPCなどでは注意しましょう。

スマートフォンの場合もダウンロードに使用するアプリやブラウザ以外のものはなるべく終了させてから、ダウンロードしてみてください。

いくつものデータを同時にダウンロードしない

大抵のブラウザは4~6個のファイルを同時にダウンロードできますが、遅い場合は1つ1つ順番にダウンロードしてみてください。速度が安定し、ダウンロードが早くなる可能性があります。

アプリを利用している場合はアプリを再起動・再インストール

ダウンロードにアプリを利用していて、アプリ以外のデータ通信に問題がないのであれば、アプリに問題があるのかもしれません。アプリを再起動、または一度削除して再インストールしてみてしてください。

ゲーム機を利用している場合はゲーム機を再起動

ゲーム機でのダウンロードが遅いときはゲーム機の再起動を試してみましょう。PlayStation 3にはセーフモードが用意されており、初期化やファイルシステムの修復、システムアップデートなどを行なえます。シリーズによって操作方法が異なるので、詳しくは取扱説明書をご覧ください。

バックグラウンドで起動しているプログラムを停止する

バックグランドで動いているプログラムがあるとメモリなどが消費されてダウンロードが遅くなることがあります。Windows(R)ではタスクマネージャーを開いて、必要ないプログラムを終了させてみてください。

また、常時ウイルスチェックを行っているセキュリティソフトがメモリやCPU能力を消費してダウンロードの速度に影響していることもあります。一旦、停止すると速度が改善されるかもしれません。ただし、セキュリティソフトを止めるときは信頼できるファイルのみダウンロードし、その後、必ずウイルスチェックを実行してください。

しばらく待ってから再度ダウンロードする

アクセスが集中しているなどの理由でサーバーの応答が悪くなっている場合は、しばらく待ってから再度ダウンロードすれば速度が通常に戻る可能性が高いでしょう。

IPv6(IPoE)接続対応のプロバイダーに変更する

自宅の回線速度そのものが遅い場合は、IPv6(IPoE) 接続対応のプロバイダーへの変更をおすすめします。

IPv6(IPoE)接続は、NTT東日本・西日本の次世代ネットワーク(NGN)を使用した新しい接続方式です。IPv6(IPoE)接続ではこれまで混雑が発生しやすかった「網終端装置」を経由する必要がないため、同じ光回線でも、より安定した高速通信を利用できることが期待できます。とくにこれまで夜間などの特定の時間帯になると通信速度が落ちてダウンロードが遅くなっていたという方にとっては有効な方法となるでしょう。

IPv6、IPoEについての詳しい説明はこちら

IPv6(IPoE) 接続対応のルーターに変更する

IPv6(IPoE)接続を利用するには、対応プロバイダーに変更するだけではなく、対応ルーターも用意する必要があります。現在使用しているルーターがIPv6(IPoE)接続に対応していない場合は、対応ルーターの無料レンタルを行っているプロバイダーもあるのでチェックしてみましょう。

プロバイダーを変えずにDTIのIPv6(IPoE)接続が使えるDTIトライアル光

IPv6(IPoE)接続にするとダウンロードのスピードが本当に速くなるの? 速度は安定するの? とプロバイダーを変更することに抵抗がある方もいらっしゃると思います。そんな方におすすめしたいのが「DTIトライアル光」です。
このサービスは、プロバイダーは今のままでIPv6(IPoE)でのインターネット接続だけDTIの「IPv6(IPoE)接続サービス」を使用するというサービスです。
しかも、ご利用料金は最大3カ月間無料、いわゆる「縛り期間」がないので「解除料(違約金)」不要でいつでも解約できます。また、IPv6(IPoE)接続に必要な機器(ルーター)も無料でレンタルできるので「おためし」にはうってつけのサービスです。

DTIトライアル光

DTI withドコモ光にすればIPv6(IPoE)対応ルーター無料以外の特典も満載

DTI with ドコモ光という光コラボサービスをご存知でしょうか? 国内で600万回線を突破している光ファイバー回線対応のインターネット接続サービスで、安定した速度で動画や画像をダウンロードできるIPv6(IPoE)接続対応の高性能ルーターが無料でレンタルされるなど、さまざまなメリットがあります。

IPv6(IPoE)接続対応の高性能ルーターがずっと無料

通常の光回線サービスですとルーターが付属していない、もしくは付いていたとしても光回線が開通した後に送られてきます。しかし、DTI with ドコモ光であれば光回線の開通前にIPv6(IPoE)接続対応高性能のルーターが用意されます。そしてこのDTIが提供する高性能のルーターは、もちろんIPv6(IPoE)接続対応です。また、IPv4にしか対応していないWebサイトにも接続できます。

ドコモユーザーなら毎月最大2,251円も通信費がお得に

また、ドコモのスマホ回線を契約している方は毎月最大2,251円も通信費用を抑えることが可能です。

最大20,000円のキャッシュバック特典+dポイントを5,000pt贈呈

さらに、最大20,000円のキャッシュバック特典があり、新規でも、転用でも、他社光コラボから乗り換えでもお申し込みの方に5,000ptのdポイント(期間・用途限定)を進呈いたします。

新規工事料も無料

そして、新規工事料が無料になる特典もあります。これは引っ越しの際にお得な特典といえるでしょう。

DTI ドコモ光

ドコモユーザーではない方はauセット割があるDTI光もおすすめです

ドコモユーザーではない方には、auセット割も利用できるDTI光もおすすめです。DTI光の主なメリットは次の4点です。

auユーザー、DTI SIMユーザー、東京ガスユーザーだけの割引あり

DTI 光なら、ほかサービスとのセットで各種割引が受けられます。DTI光とauのスマートフォンなどを同時利用する場合は毎月最大で1,200円の割引(auセット割)、DTI光と格安SIMカードサービス「DTI SIM」をまとめて契約して同時利用する場合は毎月150円割引(SIMセット割)、DTI光と東京ガスのガス・電気セット割を同時利用する場合は毎月最大250円割引(東京ガストリプル割)となります。

もちろんIPv6(IPoE)接続サービス対応

DTI光ではIPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続方式による「IPv6(IPoE)接続サービス」を利用可能です。従来の接続方式の光回線を使っていて、速度が遅い、繋がりにくい時間帯があると感じている方でも、DTI光に切り替えることで安定性と速度が向上することが期待できます。

最低利用期間なし&違約金なし

また、DTI光には「2年以上利用すること」などといった契約期間の制限はありません。そのため、いわゆる「2年縛り」と呼ばれるような、特定の期間中に契約解除しないと違約金がかかるといったこともありませんし、自動更新されることもありません。いつでも違約金なしで解約できます。

キャッシュバック特典、工事費無料特典、DTI 会員様限定特典など特典も満載

さらには、特典として、工事費実質無料となる最大19,000円のキャッシュバックが受けられます。また、現在ADSL回線をご利用中の方なら工事費&開通月の月額料金無料、さらにDTI会員限定の国内のホテル・旅館の宿泊代、レジャー施設、飲食店、映画チケットなどが割引になるサービスも受けられます。

DTI 光

※ DTI with ドコモ光、DTI光の各種特典内容は予告なく終了または内容を変更させていただく場合がございます
※「Wi-Fi」は、Wi-Fi Allianceの登録商標です
※「ドコモ」「NTT」は、日本電信電話株式会社の登録商標です
※「PlayStation 3」は、株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標です
※「Android」「Google Chrome」「Google Drive」は、Google LLCの商標または登録商標です
※「Firefox (R)」は、Mozilla Foundationの米国およびそのほかの国における商標または登録商標です
※「iCloud」、「Safari」は、Apple Inc.の商標です
※「Windows (R)」は、米国Microsoft Corporation.の米国およびその他の国における商標または登録商標です
※「Dropbox」は米国Dropbox, Inc.の商標または登録商標です
※その他、記載されている会社名、製品名およびロゴは、各社の商標または登録商標です

最新記事

おすすめ記事

おすすめサービス