DTI dream.jp 安心のインターネットプロバイダー

DTI Tips Station

MAP-E方式のIPv6をプロバイダーを変えずに3カ月無料でお試し!

MAP-E方式のIPv6をプロバイダーを変えずに3カ月無料でお試し!

DTIでは、次世代接続方式のインターネット接続サービスである「IPv6(IPoE)接続サービス」を提供しています。IPv6(IPoE)接続サービスが従来の接続方式である「IPv4 PPPoE」よりも快適なのはなぜなのか、そこには「MAP-E」という技術が深く関わっています。

そして、そのMAP-Eという技術を利用したIPv6(IPoE)接続サービスが実際にどれくらい速く、安定しているのかを、最大3カ月無料でお試しいただける「DTIトライアル光」というサービスがあります。

今回はこのMAP-E方式のIPv6(IPoE)接続サービスがどういった技術なのかについてと、実際にその快適さを無料体験して確かめられるサービス「DTI トライアル光」についてご紹介します。

  1. MAP-Eとは?
  2. MAP-Eを活用したIPv6(IPoE)接続サービスならネットやゲームがより快適に!
  3. プロバイダーを変えずにIPv6(IPoE)接続サービスを試せるトライアル光とは?
  4. トライアル光はリスクも面倒もありません!
  5. 無料期間終了後はどうなるの?
  6. DTIの光回線サービスならDTI光がおすすめ!
  7. ドコモのスマホを使っている方には「DTI with ドコモ光」がおすすめ!

MAP-Eとは?

MAP-EとはIPv6とIPv4の共存技術の一つです。MAPは「Mapping of Address and Port」の略、Eは「Encapsulation(カプセル化)」を意味します。

IPv4はインターネットプロトコル(通信方式/通信規格)のバージョン4、IPv6はバージョン6のことです。現在はまだIPv4が主流ですが、まもなく次世代のプロトコルであるIPv6へと切り替わっていくと言われています。

インターネットへの接続方式も、今のところはIPv4による「IPv4 PPPoE」という方式が主流となっています。しかし「IPv4 PPPoE」という接続方式は、アクセス数が増加すると速度が低下しやすくなるという弱点を持っています。

一方、IPv6を使った「IPv6 PPPoE」という接続方式もあるのですが、こちらも「IPv4 PPPoE」と同じく「トンネル方式」と呼ばれる仕組みで成り立っています。そのせいで速度自体はさほど速くありません。

トンネル方式はPCなどを使っていてインターネットに接続する際、まずトンネルを通ってから高速道路に出ていくというイメージの仕様です。トンネルを経由すると、その出口にあるNGN(次世代ネットワーク)とプロバイダーのネットワークの接点となる「網終端装置」でアクセスが混み合うため、速度が低下しやすくなります。

これに対し、より高速な通信が可能になるのが「IPv6 IPoE」という接続方式です。こちらは「ネイティブ方式」とも呼ばれ、プロバイダーではなくネイティブ接続事業者(VNE)を経由するため、トンネルを経由することなくいきなり高速道路に出ることができます。

しかし、IPv6による通信には、接続先がIPv6対応サイトでないと速度が向上しないという困った問題があります。IPv4にしか対応していないサイトを利用するときは、相変わらず「Pv4 PPPoE」が使われるので、結局はトンネルを経由することになります。

そこで登場したのが、MAP-Eを使った「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6」という新しい接続方式です。

MAP-Eは、IPv4パケットをIPv6パケットの中にカプセル化するという手法を使って、「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続方式」を実現します。このことにより、基本的にIPv6環境で通信を行いながらも、トンネルを経由することなく、従来のIPv4アドレスでの通信もできるようになります。

MAP-Eを活用したIPv6(IPoE)接続サービスならネットやゲームがより快適に!

MAP-Eによって実現する「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続方式」を用いれば、接続先がIPv6対応サイトであろうとIPv4対応サイトであろうと、安定して高速な通信が可能になります。

DTIが提供している「IPv6(IPoE)接続サービス」は、この「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続方式」を採用しています。MAP-Eを活用した接続方式なので、速度が低下する原因となる「トンネル方式」を回避でき、Webサイトを次々と閲覧することも、YouTubeなどで動画を見ることも、ゲームを快適に楽しむことも可能になります。

プロバイダーを変えずにIPv6(IPoE)接続サービスを試せるトライアル光とは?

ここまでいろいろと技術的なことを述べてきましたが、「IPv6(IPoE)接続サービス」の通信速度を知るには、実際に使用してみるのが一番です。そこでDTIでは「DTIトライアル光」というお試し用のサービスを用意しています。

トライアル光は、現在利用しているプロバイダーとの契約はそのままで、DTIの「IPv6(IPoE)接続サービス」を使用できるサービスです。トライアル光の利用期間中に従来の「PPPoE」でインターネットへ接続する場合は現在契約中のプロバイダーを経由しますが、「IPoE」で接続をする場合のみ、DTIの「IPv6(IPoE)接続サービス」を使ってインターネットに接続されます。

このことにより、従来のプロバイダーと、DTIのIPv6(IPoE)接続サービスでどのような違いがあるのかを実際に体験しながら比較することができます。

トライアル光はリスクも面倒もありません!

トライアル光は無料で試すことができます。工事は不要で利用開始することができ、クレジットカードの登録も不要です。また最低契約期間の縛りや解約時の違約金も発生しません。さらに以下の2つの大きな特長があります。

IPv6(IPoE)接続サービスが最大3カ月無料で制限なく使用可能

IPv6(IPoE)接続サービスを無料で使用できる期間は最大3カ月です。最大3カ月というのは、トライアル光のサービス開始日が属する月を1カ月目として、3カ月目の末日まで無料で利用できるということです。時間やデータ量の制限はありません。

接続機器も最大3カ月無料貸し出し

トライアル光でIPv6(IPoE)接続サービスを利用するには、対応したルーターが必要です。現在、使っているルーターが対応していない場合は、トライアル光の無料期間中に限り、対応ルーターの無料貸し出しサービスを利用できます。

DTIトライアル光

無料期間終了後はどうなるの?

無料期間が終了したあとは、以下の3つの選択肢があります。

DTIトライアル光をそのまま使う

無料期間が終わってもそのままトライアル光を続けることができます。その場合は無料ではなくなり、4カ月目から24カ月目が月額450円(税抜)、25か月目から月額951円(税抜)がかかります。

また対応ルーターも継続しての利用を希望する場合、2,980円(税抜)で購入できます。

DTIトライアル光を解約する

もちろん、トライアル光を解約することもできます。解約の申し出は25日までの手続きを当月の受け付けとし、その月の末日をもって解約となります。

DTIの光回線サービスに乗り換える

現在のプロバイダーから、全面的にDTIの光回線サービスに乗り換えることもできます。その場合は、すでにトライアル光を申し込みの際の情報があるため、簡単な手続きで乗り換えが可能です。

DTIの光回線サービスならDTI光がおすすめ!

DTIが提供している光コラボレーションサービス「DTI 光」に乗り換えればさまざまな特典を受けることができます。
キャッシュバック特典や、auセット割なども利用できるDTI光の主なメリットは次の4点です。

auユーザー、DTI SIMユーザー、東京ガスユーザーだけの割引あり

DTI 光なら、ほかサービスとのセットで各種割引が受けられます。DTI光とauのスマートフォンなどを同時利用する場合は毎月最大で1,200円の割引(auセット割)、DTI光と格安SIMカードサービス「DTI SIM」をまとめて契約して同時利用する場合は毎月150円割引(SIMセット割)、DTI光と東京ガスのガス・電気セット割を同時利用する場合は毎月最大250円割引(東京ガストリプル割)となります。

もちろんIPv6(IPoE)接続サービス対応

DTI光ではIPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続方式による「IPv6(IPoE)接続サービス」を利用可能です。従来の接続方式の光回線を使っていて、速度が遅い、繋がりにくい時間帯があると感じている方でも、DTI光に切り替えることで安定性と速度が向上することが期待できます。

最低利用期間なし&違約金なし

また、DTI光には「2年以上利用すること」などといった契約期間の制限はありません。そのため、いわゆる「2年縛り」と呼ばれるような、特定の期間中に契約解除しないと違約金がかかるといったこともありませんし、自動更新されることもありません。いつでも違約金なしで解約できます。

キャッシュバック特典、工事費無料特典、DTI 会員様限定特典など特典も満載

さらには、特典として、工事費実質無料となる最大19,000円のキャッシュバックが受けられます。また、現在ADSL回線をご利用中の方なら工事費&開通月の月額料金無料、さらにDTI会員限定の国内のホテル・旅館の宿泊代、レジャー施設、飲食店、映画チケットなどが割引になるサービスも受けられます。

DTI 光

ドコモのスマホを使っている方には「DTI with ドコモ光」がおすすめ!

ドコモのスマホを使っている方はDTI の光コラボレーションサービスとなるDTI withドコモ光を利用すれば、下記のようなさまざまなメリット・特典があります。

IPv6(IPoE)接続対応の高性能ルーターがずっと無料

通常の光回線サービスですとルーターが付属していない、もしくは付いていたとしても光回線が開通した後に送られてきます。しかし、DTI with ドコモ光であれば光回線の開通前にIPv6(IPoE)接続対応高性能のルーターが用意されます。そしてこのDTIが提供する高性能のルーターは、もちろんIPv6(IPoE)接続対応です。また、IPv4にしか対応していないWebサイトにも接続できます。

ドコモユーザーなら毎月最大2,251円も通信費がお得に

また、ドコモのスマホ回線を契約している方は毎月最大2,251円も通信費用を抑えることが可能です。

最大20,000円のキャッシュバック特典+新規お申し込みでdポイントを10,000pt贈呈

さらに、最大20,000円のキャッシュバック特典があり、新規でお申し込みの方には10,000pt、転用、他社光コラボから乗り換えでお申し込みの方には5,000ptのdポイント(期間・用途限定)を進呈いたします。

新規工事料も無料

そして、新規工事料が無料になる特典もあります。これは引っ越しの際にお得な特典といえるでしょう。

DTI ドコモ光

※ DTI with ドコモ光、DTI光の各種特典内容は予告なく終了または内容を変更させていただく場合がございます
※「ドコモ」は、日本電信電話株式会社の登録商標です

最新記事

おすすめ記事

おすすめサービス