DTI dream.jp 安心のインターネットプロバイダー

DTI Tips Station

フレッツ光の解約に必要な解約金・違約金はいくら?

フレッツ光の解約に必要な解約金・違約金はいくら?

フレッツ光を使ってきたけれど何らかの理由があって解約したい……というときにはどのような手続きをすればよいのでしょうか。解約にあたって解約金や違約金が発生するのかも気になるところです。

今回はフレッツ光を解約するための方法や手順、条件によって発生する解約金・違約金などについて詳しく解説していきます。(※2020年12月現在の情報です)

  1. フレッツ光とは?
  2. フレッツ光を解約する手順
  3. フレッツ光の解約金
  4. フレッツ光の解約に伴ってかかるそのほかの費用
  5. フレッツ光を解約する際のそのほかの注意事項
  6. フレッツ光の解約金を無料にする方法
  7. キャッシュバックあり&最低利用期間なしの光コラボならDTI光!
  8. モバイル回線に切り替えるなら通信性能が高い「DTI WiMAX 2+」がおすすめ

フレッツ光とは?

フレッツ光とは、NTT東日本、NTT西日本が提供している光回線のことです。NTTの光回線網は北海道から沖縄まで張り巡らされており、全国の95%をカバーしているとされています。

フレッツ光の回線速度は下り最大1Gbps(理論値)と高速で、全国に多くのユーザーがいます。また、インターネットサービスのほかにひかり電話という電話サービス、フレッツテレビやひかりTVなどのテレビサービスも提供しています。

フレッツ光を解約する手順

さて、ここからは何らかの理由でフレッツ光を解約する場合の手順を説明していきます。解約の流れは以下のとおりです。

1.プロバイダーを解約する

現在、フレッツ光を利用している方は、同時にプロバイダーとも契約をしているはずです。そのプロバイダーに連絡して解約(退会)手続きを行いましょう。

プロバイダーのWebサイトを見るか、サポートセンターに連絡をすれば解約の方法がわかります。プロバイダーによって、サイトで行う、電話やメールで行う、書面に記入して郵送するなど、さまざまな解約方法が用意されています。

注意したいのは、フレッツ光の解約よりも先にプロバイダーを解約すると、その日からインターネットが使えなくなってしまうことです。解約日は合わせるようにしましょう。

もし、フレッツ光は解約するものの、回線業者を変えるだけでプロバイダーは同じところを利用したいという場合はプロバイダーの解約をする必要はありません。

2.NTT東日本・西日本に電話をする(NTT東日本はネットでも解約を申し込める)

NTT東日本・NTT西日本共通で、以下の電話番号が解約についての申し込み・問い合わせ先となっています。

0120-116116
受付時間:午前9時~午後5時(土日・祝日も営業、年末年始を除く)

ダイヤル後、ガイダンスに従って進み、オペレーターに解約を申し出ます。その際、本人確認のため「お客さまID」が必要です。

また、土日・祝日も電話を受け付けていますが、電話が混み合ってなかなかオペレーターにつながらないこともあります。平日の午前中に電話をすると、スムーズにオペレーターと通話できる可能性が高くなるでしょう。

また、NTT東日本では、個人契約の場合、インターネットで解約の申し込みを受け付けています。フレッツ光解約お申し込みページにアクセスし、「お客さまID」や住所、氏名などの必要事項を記入して、手続きを行います。

解約手続きに必要な「お客さまID」は「開通のご案内」や「請求書」を見れば掲載されていますので、事前に確認しておきましょう。

3.レンタル機器を返却する

解約の申し込みが受け付けられると、次にNTTからレンタルしているONUやホームゲートウェイ、無線LANカードなどの機器を返却することになります。

NTTから機器の返却キットが送られてくるので、返却物をその中に入れて指定の配送会社へ集積依頼をするか、コンビニから返却手続きをしてください。着払いになっているので、返却にあたって代金がかかることはありません。

なお、機器につながっている光ケーブルをカットする際は、返却キットに入っている光ケーブルCUTツールを使います。

4.撤去工事をしてもらう

物件によっては光回線設備の撤去工事が必要なことがあり、その場合はオペレーターから指示があります。ですが、一戸建て・集合住宅どちらにおいても、撤去工事の必要がないケースがほとんどです。

フレッツ光の解約金

フレッツ光を解約すると解約金が発生する場合があります。具体的な金額とその算出方法を説明します。

「にねん割」の解約違約金(更新月以外で解約する場合)

NTT東日本のフレッツ光には、2年間契約を結ぶ代わりに戸建ては毎月の料金が770円(税込)割引き、マンションなど集合住宅は110円(税込)割引きになる「にねん割」という割引サービスが用意されています。

これを利用している方は、申し込んだ日の翌月から数えて24カ月間が契約期間となっており(実質25カ月間)、自動更新されます。

申し込んだ日の翌月から25カ月目と26カ月目は「更新月」となり、この間に解約をすれば解約金は発生しません。

更新月以外の契約期間内に解約すると、一戸建ての場合は10,450円(税込)、マンションの場合は1,650円(税込)の解約金が発生します。

「光はじめ割」の解約違約金(更新月以外で解約する場合)

一方、NTT西日本のフレッツ光には、フレッツ光ネクストの利用開始日の料金月を1カ月目として24カ月目の末日まで契約することを約束し、かつ以降2年ごとの自動更新を約束した方を対象に、割引契約期間に応じた割引がされる「光はじめ割」があります。

この場合も申し込んだ日の翌月から数えて24カ月間が契約期間となり(実質25カ月間)、自動更新されます。申し込んだ日の翌月から数えて25カ月目と26カ月目のみが解約金が発生しない「更新月」となりますが、その他の契約期間内に解約をすると一律11,000円(税込)の解約金が発生します。

初期工事費の残額

フレッツ光の初期工事費は一括払いと分割払いのどちらかを選べます。そして分割払いを選んでその支払いが完済していないタイミングでフレッツ光の解約をすると、その残額を一括支払いすることになります。

NTT東日本の場合、戸建て向けの屋内工事ありの分割払い額は初回3,300円(税込)+2回目以降550円(税込)×30回払い、屋内工事なしの分割払い額は初回3,300円(税込)+2回目以降168円(税込)×29回払い+最終回188円(税込)です。

また、集合住宅向け屋内工事ありの分割払い額は初回3,300円(税込)+2回目以降440円(税込)×30回払い、屋内工事なしの分割払い額は初回3,300円(税込)+2回目以降168円(税込)×29回払い+最終回188円(税込)です。

また、戸建て、集合住宅のいずれの場合も、工事を土日祝日に行う際には、追加料金3,300(税込)円が必要で、分割払いでは初回に支払わなければなりません。

分割払いを選択していて契約から30カ月以内に解約する場合は、工事費残額が請求されます。たとえば戸建て向けの屋内工事ありの分割払いが550円(税込)×3回分残っていれば、1,650円(税込)が一括請求されます。初期工事費については忘れがちなので注意しましょう。

解約した月の月額利用料金

NTT西日本では、日割り計算した金額(月額利用料金×利用日数÷暦日数)のみが請求されます。

NTT東日本では日割り計算はされず、解約月の月額利用料金がそのまま発生します。

フレッツ光の解約に伴ってかかるそのほかの費用

フレッツ光の解約金や工事費の残額のほかに、フレッツ光の解約に伴って以下の費用がかかることもあります。

プロバイダーの契約解除料

プロバイダーを解約した場合にかかる解約金です。プロバイダーと契約した際、最低利用期間が決められている場合や更新月が設定されている場合には、解約のタイミングによって所定の解約金が発生する可能性があります。

解約金の金額は3,000円程度から数万円までさまざまです。これらの条件や金額はプロバイダーによって異なります。

最近の光コラボレーションなどは最低利用期間を設けず、いつでも解約できて解約金も発生しないという会社も増えつつあります。

フレッツ光を解約する際のそのほかの注意事項

フレッツ光を解約するときは、ほかにも次のような注意事項があります。

ひかり電話の電話番号を利用できなくなる可能性がある

ひかり電話はフレッツ光と組み合わせて利用できる、光回線を使った電話サービスです。月額基本料金、通話料とも通常の固定電話よりも安く設定されています。

フレッツ光の契約をした際、通常のアナログ電話から移行してこのひかり電話を使っているという家庭も多くあります。その場合、フレッツ光を解約するとひかり電話も利用できなくなります。

また、フレッツ光以外の光回線(NURO光など)を提供している回線業者に乗り換えた場合、その業者でも光電話サービスを提供していることがあります。

しかし、もともとフレッツ光で使っていたひかり電話の番号を引き継げるかどうかは条件により異なります。以下の場合は、電話番号を引き継げません。

  • NTT加入電話ではなくひかり電話で取得した電話番号
  • 引っ越しなどで市区町村が変わる場合の電話番号

フレッツ光メンバーズクラブのポイント交換申込みができなくなる

フレッツ光メンバーズクラブは、フレッツ光を利用する個人客向けにインターネット上で提供している会員プログラムです。フレッツ光を契約して会員になると毎月ポイントが貯まり、そのポイントをいろいろな商品や便利なサービスと交換できるというプログラムです。

フレッツ光を解約すれば、当然、それまで貯めていたポイントは使えなくなります。貯まっているポイントは解約前に使い切ってしまいたいところです。

フレッツ光の解約金を無料にする方法

では、フレッツ光の解約金を支払わなくてもすむようにするにはどうすればよいのでしょうか。その方法を2つご紹介します。

にねん割・光はじめ割は更新月に解約

にねん割と光はじめ割は、解約金が発生しない「更新月」を確認しておき、そのタイミングで解約するようにしましょう。

いずれの場合も、利用開始日から25カ月目と26カ月目(満了月の翌2カ月間)が「更新月」となります。

いつがその更新月に該当するのかよくわからないときは、NTT東日本の場合は「フレッツ光メンバーズクラブ」の「ご契約・ご利用情報」で、NTT西日本の場合は「CLUB NTT-West」の「ご契約内容の確認・お手続き」で確認できます。

もしくは、前出のコールセンター(0120-116116)に直接、電話して問い合わせることも可能です。

光コラボレーションに転用する

もう一つの方法は、フレッツ光を解約して光コラボレーション(光コラボ)に乗り換える、「フレッツ光の光コラボへの転用」を行うというものです。

光コラボとは、NTT東日本・西日本が所有する光回線である「フレッツ光」を、プロバイダーをはじめとするさまざまな業種の事業者が借り受けて、回線サービスとプロバイダーサービスを一本化して提供する販売モデルのことです。

そして、「フレッツ光の光コラボへの転用」は、形としては現在のフレッツ光を解約し、契約先を光コラボ事業者に変更することを意味します。この転用を行う場合、フレッツ光を途中解約したとしても解約金が発生しません。しかも、現在のフレッツ光の光回線をそのまま転用(流用)できるので、ほとんどの場合、新たな工事は不要です。

転用について詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。
フレッツ光の転用とは? メリットとデメリットについて解説

ほかにも、光コラボ事業者によって接続方式が異なるので、回線速度や安定性が向上する可能性がある、月額料金が安くなる可能性が高い、といったメリットもあります。

また、光コラボは回線サービスとプロバイダーサービスがセットになっているので窓口が一つになり、料金の支払いも一本化されてわかりやすくなるというのもうれしいポイントです。

フレッツ光の工事費を分割払いしている場合は、工事費の残額を乗り換え先の光コラボ事業者に分割払いすることが一般的で、条件によっては残額免除や減額される可能性もあります。

ただし、残額を一括返済しなければならなくなるケースもありますので、乗り換え先の光コラボ事業者に問い合わせてみることをおすすめします。

一方、転用のためにプロバイダーを解約した際に解約金が発生した場合、これを無料にすることはできません。ただ、それでも光コラボへの転用にあたり、キャッシュバックキャンペーンが利用できるようなケースは少なくありません。キャッシュバックを上手に活用すれば解約金と相殺できる可能性はあります。まずはお得なキャンペーンを行っている光コラボを探してみるとよいでしょう。

キャッシュバックあり&最低利用期間なしの光コラボならDTI光!

キャッシュバック特典ありで、最低利用期間もない光コラボをお探しならDTI光がおすすめです。

DTIでは、auセット割などの割引が利用でき、しかも最低利用期間の縛りや解約時の違約金が無い安心・おトクな光コラボ「DTI 光」をご提供しています。DTI 光の主なメリットは次の4点です。

auユーザー、DTI SIMユーザー、東京ガスユーザーだけの割引あり

DTI 光なら、ほかサービスとのセットで各種割引が受けられます。DTI光とauのスマートフォンなどを同時利用する場合は毎月最大で1,200円の割引(auセット割)、DTI光と格安SIMカードサービス「DTI SIM」をまとめて契約して同時利用する場合は毎月150円割引(SIMセット割)、DTI光と東京ガスのガス・電気セット割を同時利用する場合は毎月最大250円割引(東京ガストリプル割)となります。

もちろんIPv6(IPoE)接続サービス対応

DTI光ではIPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続方式による「IPv6(IPoE)接続サービス」を利用可能です。従来の接続方式の光回線を使っていて、速度が遅い、繋がりにくい時間帯があると感じている方でも、DTI光に切り替えることで安定性と速度が向上することが期待できます。

最低利用期間なし&違約金なし

また、DTI光には「2年以上利用すること」などといった契約期間の制限はありません。そのため、いわゆる「2年縛り」と呼ばれるような、特定の期間中に契約解除しないと違約金がかかるといったこともありませんし、自動更新されることもありません。いつでも違約金なしで解約できます。

キャッシュバック特典、工事費無料特典、DTI 会員様限定特典など特典も満載

さらには、特典として、工事費実質無料となる最大19,000円のキャッシュバックが受けられます。また、現在ADSL回線をご利用中の方なら工事費&開通月の月額料金無料、さらにDTI会員限定の国内のホテル・旅館の宿泊代、レジャー施設、飲食店、映画チケットなどが割引になるサービスも受けられます。

DTI 光

モバイル回線に切り替えるなら通信性能が高い「DTI WiMAX 2+」がおすすめ

フレッツ光の解約を機に、光回線からモバイル回線に切り替えることを検討している方には、通信性能が高く月額費用も安い、DTI WiMAX 2+がおすすめです。DTI WiMAX 2+の魅力は大きくわけると5つあります。

・DTI WiMAX 2+の魅力1 動画をサクサク鑑賞できる

DTI WiMAX 2+の通信速度は下り最大440Mbpsなので、動画をサクサク鑑賞することができます。また、重いデータも高速でダウンロード可能です。
※混雑回避のための速度制限(3日間で10GB利用時)があります。

・DTI WiMAX 2+の魅力2 面倒な設置作業は必要なし

配達時間が選べ、自宅で利用する場合も工事や配線作業は必要ありません。届いたその日から、自宅でも外出先でも、すぐにインターネットを利用できます。

・DTI WiMAX 2+の魅力3 通信費の節約につながる

本来、回線利用料とWi-Fi機器の使用料は別々に発生しますが、DTI WiMAX 2+であれば、お支払いはDTI WiMAX 2+の月額基本料金のみなので、費用を抑えることができます。また、毎月固定の月額基本料金のためお支払いもわかりやすいです。

・DTI WiMAX 2+の魅力4 キャッシュバックキャンペーン中

NTTグループカードに新規入会し、DTIご利用料金をお支払いいただくと、毎月500円×12カ月間、最大6,000円がクレジットカードご利用代金よりキャッシュバックされます。
※本特典は、予告なく変更または終了する場合があります

・DTI WiMAX 2+の魅力5 お得な特典が満載

DTI WiMAX 2+ に申し込みDTI会員になると、全国の宿泊施設やレジャー施設やスポーツクラブ、インテリアの購入、レストランや居酒屋の飲食などが特別優待価格で利用できます。

wimax2+

※ DTI光、DTI WiMAX 2+の各種特典内容は予告なく終了または内容を変更させていただく場合がございます
※「NTT」は、日本電信電話株式会社の登録商標です
※「フレッツ」およびその他「フレッツ」関連の名称はNTT東日本およびNTT西日本の登録商標です
※「Wi-Fi」は、Wi-Fi Allianceの登録商標です
※「WiMAX」は、WiMAXフォーラムの商標または登録商標です
※「NURO」は、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社の登録商標です
※その他、記載されている会社名、製品名およびロゴは、各社の商標または登録商標です

最新記事

おすすめ記事

おすすめサービス