DTI Tips Station

一人暮らしのインターネット環境を整える際のポイント

一人暮らしのインターネット環境を整える際のポイント

一人暮らしで新しくインターネット環境を整えるには、どのような選択肢があるのでしょうか。ここではモバイルWi-Fiルーターを使う方法と、光回線を利用する方法の2つを取り上げて、それぞれのメリットや注意点について解説していきます。

インターネットの接続方法には、主に2種類あることを理解する

現在、主流とされている個人向けのインターネット接続方法には、モバイルWi-Fiルーターを使う方法と、光回線を使う方法の2種類があります。

これ以外にADSLを利用する方法もありますが、ADSLは光回線などと比べて速度が遅い上に、数年後にサービス提供の終了がアナウンスされているため、選択肢からは外して良いでしょう。

そこで以下は、モバイルWi-Fiルーターか光回線を使うことを前提に話を進めます。2つの方法の概要は次のとおりです。

モバイルWi-Fiルーター

モバイルWi-Fiルーターとは無線LAN(Wi-Fi)によるインターネットへの接続機能を備えた持ち運びができる小型のルーターのことです。モバイルWi-Fiルーターがあれば、自宅でも外出先でもWi-Fiが使えます。必要に応じて持ち運びができ、引っ越しが多い人でもそのたびに契約し直す必要がないため、一人暮らしに向いている接続方法と言えます。

光回線

光ファイバーケーブルを使用してインターネットに接続する方法です。最近のマンションやアパートは、最初から光回線が導入されている物件が増えています。部屋にまで配線がされているか、建物にのみ回線が引き込まれていて各戸への配線工事は個人が依頼して行うかという、主に2つのケースがあります。いずれにしろ光回線が使用できるのであれば、モバイルWi-Fiルーターよりも高速かつ安定した通信が可能です。

モバイルWi-Fiルーターのメリット

モバイルWi-Fiルーターのメリットを項目別にみてみましょう。

導入が簡単

モバイルWi-Fiルーターは、サービス提供業者と契約をしてルーターが届いたら、あとはスマホやパソコンの設定をするだけでWi-Fiが使えるようになります。工事や配線は不要、即日開通で簡単に導入できます。

月額費用が安い

月額の利用料金は3,000円~4,000円程度です。一人暮らしなら光回線などの固定回線費、スマホのパケット代金、タブレットの通信費、有料の公衆Wi-Fi使用料金などをすべてモバイルWi-Fiに一本化することも可能です。総体的な通信費をぐんと安く抑えられます。

外出時に持ち出せる

電波が届く場所であれば、外出先でもどこでもWi-Fiでインターネットが使えます。スマホはもちろん、外でノートパソコンを使って仕事をするときでも、わざわざWi-Fiが使えるお店を探す必要がなくなります。

モバイルWi-Fiルーターの注意点

一方、モバイルWi-Fiルーターを利用する際の注意点も把握しておきましょう。

通信が遅いケースがある

マンションなどで使用する場合は、窓際の高い位置にルーターを置き、Wi-Fiデバイスとの間に障害物がない状態で使うのが理想です。この条件を満たさないと通信速度が遅くなることがあるためです。また、近隣のWi-Fiルーター、コードレス電話や電子レンジ使用時に電波の影響を受けて速度が低下することもあります。

電波が不安定なケースがある

電波状況によって通信が切れやすいなど不安定なケースもみられます。外出先で使う場合なら、壁の厚い建物内、地下のお店、地下鉄内などでは速度低下だけでなく、電波が途切れることもあります。

容量制限がある

原則的にどのモバイルWi-Fiルーターを使う場合でも容量制限があります。1ヶ月7GBまでというのが基本で、これを超えると通信速度が極端に低下します。7GBは動画視聴で約33時間分と言われています。

光回線のメリット

光回線を使うメリットはどうでしょうか。モバイルWi-Fiルーターの場合と比較してみてみます。

接続スピードが速い

接続スピードは文句なく速くなります。モバイルWi-Fiルーターでは下り最大で400~800Mbpsですが、光回線では1Gbps(1,000Mbps)が目安です。

通信が安定する

光回線は自宅でしか使えませんが、代わりに通信状態は安定します。近隣のWi-Fiルーターによる電波干渉がある場合でも、「2.4GHz」と「5GHz」という2種類の周波数帯域の電波を発するルーターなら、「5GHz」を選んで使うようにすれば干渉が避けられます。

容量制限がない

光回線では容量制限もなく使い放題です。

光回線の注意点

同じく、モバイルWi-Fiルーターと比較した場合の注意点も挙げてみます。

月額料金が高め

モバイルWi-Fiルーターに比べると月額の利用料金は高めに設定されています。マンションプランではプロバイダ料金込みで4,000円程度が目安です。

工事が必要な場合がある

マンションでよくあるのは、マンションの共用スペースまで光回線が引き込まれていてスプリッタ(分配器)が設置されており、各戸への配線工事はされていないケースです。

この場合は個人が部屋で光回線を使用するための配線工事を依頼しなければなりません。工事費も別途かかります。他方、すでに配線もされていて、部屋に光コンセントなどが設置されている場合は、Wi-Fiルーターやパソコンを接続して設定するだけで光回線が使えます。

モバイルWi-Fiルーターか光回線か……、一人暮らしのインターネット環境を整える際は、持ち運びできる点を重視するのか、安定性や速度を重視するのかなど、どちらが自分のライフスタイルによりマッチするかを考えて選ぶと良いでしょう。

【番外編1】外出先でも高速回線で動画などを鑑賞したい方におすすめのモバイルルーター

外出先でもインターネットを利用したい方にはモバイルタイプのWi-Fiルーターが必要です。おすすめは月額費用が安く、特典も多いDTI WiMAX 2+です。

DTI WiMAX 2+の魅力は大きく分けると5つあります。

・DTI WiMAX 2+の魅力1 動画がサクサク鑑賞できる

DTI WiMAX 2+の通信速度は下り最大440Mbpsなので、動画もサクサク鑑賞することができます。また、重いデータも高速でダウンロード可能です。

・DTI WiMAX 2+の魅力2 面倒な設置作業は必要なし

配達時間が選べ、工事や配線作業ももちろん必要ありません。届いたその日から、自宅でも外出先でも、すぐにインターネットを利用できます。

・DTI WiMAX 2+の魅力3 通信費の節約につながる

本来、回線利用料とWi-Fi機器の使用料は別々に発生しますが、DTI WiMAX 2+であれば、お支払いはDTI WiMAX 2+の月額基本料金のみ。毎月固定の月額基本料金のためお支払いもわかりやすく、費用も抑えることができます。

・DTI WiMAX 2+の魅力4 キャッシュバックキャンペーン中

NTTグループカードに新規入会し、DTIご利用料金をお支払いいただくと、毎月500円×12カ月間、最大6,000円がクレジットカードご利用代金よりキャッシュバックされます。

・DTI WiMAX 2+の魅力5 お得な特典が満載

DTI WiMAX 2+ に申し込みDTI会員になると、全国の宿泊施設やレジャー施設やスポーツクラブ、インテリアの購入、レストランや居酒屋の飲食などが特別優待価格で利用できます。

キャッシュバックキャンペーンは期間限定のキャンペーンとなるので、この機会に是非一度、キャンペーン内容をご確認ください。


wimax2+

【番外編2】光回線ならDTI with ドコモ光がおすすめ

光回線なら「 DTI with ドコモ光」がおすすめです。国内で500万回線を突破しているドコモ光の特徴は、安定したドコモ光の回線スピードと、それを活かす最新鋭のルーターがずっと無料で使えることです。通常の光回線サービスですとルーターが付属していない、もしくは付いていたとしても光回線が開通した後にルーターが送られてきます。光回線の開通前に最新鋭のルーターを用意してくれるのは、現在※全国でDTI with ドコモ光だけです。

スタッフが自宅まで訪問し、機器の設置や設定を行うサポートも提供しています。

さらに、ドコモのスマホ回線を契約している方は毎月最大3,500円も通信費用を抑えることが可能です。また、ドコモ光では、工事費最大18,000円が無料になるキャンペーンもあわせて実施中です。期間限定のキャンペーンですので、この機会に是非一度、キャンペーン内容をご確認ください。

“DTI

※2018年8月21日段階の情報です

最新記事

おすすめ記事

おすすめサービス

close
このエントリーをはてなブックマークに追加