DTI dream.jp 安心のインターネットプロバイダー

DTI Tips Station

WiMAXがつながらない! 接続できない! 不具合の原因と解決策

WiMAXがつながらない! 接続できない! 不具合の原因と解決策

WiMAXでは専用のモバイルWi-Fiルーターを使うことで、室内外で高速通信によるインターネットを楽しむことができます。工事なしですぐに使えてルーターの持ち運びができ、モバイル回線としては通信速度が非常に速いのがWiMAXのよいところです。

そんな便利なWiMAXですが、ときにはインターネットにつながらない・接続できないというトラブルが発生することもあります。そんなときには何が原因なのかを突き止めて解決策を講じる必要があります。

今回はWiMAXがつながらないなどのトラブルが起きたときの原因を特定する方法、また、その解決策を解説します。

  1. WiMAXがつながらない原因1:ルーター・デバイスの不具合
  2. WiMAXがつながらない原因2:ネットワーク名やパスワードの入力ミス
  3. WiMAXがつながらない原因3:速度制限がかかっている
  4. WiMAXがつながらない原因4:ノーマルモード・エコモードになっている
  5. WiMAXがつながらない原因5:ルーターの通信性能が低い
  6. WiMAXがつながらない原因6:旧WiMAX回線になっている
  7. WiMAXがつながらない原因7:回線に障害が出ている
  8. WiMAXがつながらない原因8:回線が混雑している
  9. WiMAXがつながらない原因9:ルーターとデバイスの間に障害物がある
  10. WiMAXがつながらない原因10:電波干渉を受けている
  11. WiMAXがつながらない原因11:電波の受信感度が悪い
  12. WiMAXがつながらない原因12:エリアの電波状況が悪い
  13. まとめ
  14. 【番外編】ルーターの通信性能が高い「DTI WiMAX 2+」でお得なキャンペーンを実施中!
  15. 【番外編】IPv6(IPoE)対応の光回線ならDTI光がおすすめです

WiMAXがつながらない原因1:ルーター・デバイスの不具合

ルーター・デバイスの不具合が原因でWiMAXがつながらないことがあります。

原因を特定する方法:なし

原因を特定する方法は特にありません。

解決策:ルーター・デバイスを再起動してみる

WiMAXルーター、もしくはスマートフォン、パソコンなどのデバイスが原因かもしれないと思ったときは、ひとまずそれらの機器を再起動してみましょう。

ルーターの再起動は、本体の電源を長押しして電源をいったん切り、再度電源を入れることで行えます。もしくは本体メニューの設定から再起動できる機種もあります。マニュアルを確認してみてください。

スマートフォンやパソコンなどのデバイスも、いったん電源を切って再起動すると改善することがあります。

原因がわからなくても再起動すればつながるようになることも多いので、少し前までつながっていたのになぜか接続できなくなったというときは、まずこの方法を試してみましょう。

WiMAXがつながらない原因2:ネットワーク名やパスワードの入力ミス

ルーターのネットワーク名やパスワードが正しく入力されていないと、インターネットにつながりません。これは最も基本的なことですが、ごくまれに何らかの原因でネットワーク名やパスワードがリセットされてつながらなくなっているケースもあります。

原因を特定する方法:ルーターに書かれているネットワーク名やパスワードを確認する

ルーターに書かれているネットワーク名やパスワードを目視で確認し、正確に入力されているかを確認しましょう。

解決策:ネットワーク名やパスワードを入力しなおす

スマートフォンなら、Wi-Fiの設定を開いてWiMAXのモバイルWi-Fiルーターのネットワーク名(SSID)を選び、パスワード(パスコード、暗号化キー)を正しく入力してください。小文字と大文字、数字の0と大文字のOなど間違いやすい言葉には特に注意が必要です。
パソコンの場合も、Windows (R)なら「ネットワークとインターネット」内のWi-Fiの設定から同様の操作が行なえます。

ネットワーク名とパスワードは、ルーター本体のホーム画面の「情報」を選択し、「Wi-Fi設定」と進むと確認できるはずです。詳しいやり方はルーターのマニュアルを確認してください。

なお、ネットワーク名とパスワードは自分で変更することもできます。変更したネットワーク名やパスワードがわからなくなった場合は、ルーターとパソコンをUSB接続し、ネットワークを初期化する方法があります。

WiMAXがつながらない原因3:速度制限がかかっている

契約プランが「通常プラン(プラン名はプロバイダーにより異なる)」の場合は月間7GBのデータ通信量を超えるとその時点から当月末までの通信速度が最大128kbpsに制限されます。かなり低速になり、動画の再生などもスムーズにできなくなるので、つながらないと感じるほど極端に遅くなった場合はこの速度制限に引っ掛かっている可能性があります。

原因を特定する方法:契約しているプランと現在のデータ通信量を確認する

契約しているプランの内容を確認し、現在のデータ通信量が、プランで定められている通信量を上回っていないかを確認しましょう。現在の通信量は、ルーターの通信量カウンターか、カウンターが付いていない場合は、プロバイダーのマイページなどで確認しましょう。

解決策1:速度制限が解除されるまで待つ

通常プランで月間7GBのデータ通信量を超えた場合の速度制限は、翌月の1日まで解除されません。キャリアの速度制限のように追加料金を支払って解除することもできないので、解除されるまで待つしかありません。

解決策2:予防のために速度制限がかかりにくい契約プランに変更する

通常プランより、ギガ放題プランを選んだほうが速度制限はかかりにくくなります。「ギガ放題プラン」には月間のデータ通信量の制限はありません。

3日間のデータ通信量が10GBを超えたときは、翌日18時頃から翌々日2時頃までの間、おおむね1Mbpsに制限がかかりますが、10GBは高画質(YouTubeの720p)で動画を15時間くらい見られるほどの通信量です。

また、たとえ速度制限がかかったとしてもおおむね1Mbpsでの通信が可能なので、速度制限中でも中画質の動画ならさほど問題なく楽しめます。

ただし、ギガ放題プランでもau 4G LTE回線を使用できる「ハイスピードプラスエリアモード」をオプションで追加している場合は以下の点に注意しましょう。

  • ハイスピードプラスエリアモードを一度適用すると、その月はギガ放題プランであっても、月間の通信量の上限が7GBになります
  • ハイスピードプラスエリアモード適用後、通信量が7GBを超えると、WiMAX 2+の通常モード(ハイスピードモード)も、ハイスピードプラスエリアモードも速度制限の対象になります

WiMAXがつながらない原因4:ノーマルモード・エコモードになっている

WiMAXルーターには機種により、ハイパフォーマンスモードとノーマルモード、エコモードなどが選べます。この中で最も高速通信を行えるのはハイパフォーマンスモードです。

エコモードはパフォーマンスをセーブしてバッテリーの持ちを長くするモード、ノーマルモードはハイパフォーマンスモードとエコモードの中間を意味するモードです。

エコモードだとつながらない、あるいはつながりにくいと感じることがあるかもしれません。

原因を特定する方法:ルーターの通信モード設定を確認する

ルーターに表示されている通信モードを確認しましょう。

解決策:ルーターの通信モードをハイパフォーマンスモードに変更する

ハイパフォーマンスモードに変更しましょう。

ちなみに、モバイルWi-Fiルーターではなく、室内のみでの使用を想定した据え置き型のホームルーターを使っている場合は、バッテリーではなく室内のコンセントからの電力供給ができるため、常にハイパフォーマンスモードで通信できます。

WiMAXがつながらない原因5:ルーターの通信性能が低い

ルーターは機種によって通信性能は異なります。ハイパフォーマンスモードでどれくらいの時間通信が可能なのかも違ってきます。

原因を特定する方法:ルーターの通信性能を確認する

プロバイダーのホームページなどで、ルーターの通信性能を確認しましょう。

解決策:ルーターを機種変更する

現在のルーターの通信性能に不満がある場合はほかのルーターの性能と比較して、機種変更することも考えてみましょう。

WiMAXがつながらない原因6:旧WiMAX回線になっている

WiMAXのサービスは現在、「WiMAX 2+」という回線を使うかたちで提供されています。その前は「WiMAX」という回線が使われていました。

簡単に経緯を説明すると、2009年にUQコミュニケーションズ株式会社が最初にサービス開始したのがWiMAX回線です。このときの通信速度は最大40Mbpsでした。UQコミュニケーションズはKDDIグループの電気通信事業者です。

その後、2013年からWiMAX 2+回線によるサービスが始まりました。WiMAX 2+の最大速度は下り440Mbpsと格段に速くなっています。

WiMAX 2+回線を使ったサービスは現在、UQコミュニケーションズまたはMVNOと呼ばれる同社の回線を借り受けている通信事業者が提供しています。

そして2020年現在、旧WiMAX回線はすでに提供が終了(停波)しています。したがって、現在は旧WiMAX対応ルーターを使用することはできません。

原因を特定する方法:ルーターの接続可能な回線を確認する

プロバイダーのホームページなどで、ルーターがWiMAX 2+回線に対応している機種かを確認しましょう。

解決策:WiMAX 2+回線対応のルーターに変更する

使用しているルーターが旧WiMAX回線にしか対応していない場合は、WiMAX 2+回線に対応しているルーターに変更しましょう。ルーターの機種よっては、設定を変えるだけでWiMAX2+回線を利用できるケースもあります。

WiMAXがつながらない原因7:回線に障害が出ている

いわゆる通信障害が発生しているケースです。多くの場合、通信障害は一部のエリアのみで発生します。

原因を特定する方法:プロバイダーやUQ WiMAX(UQコミュニケーションズ)のHPで確認

プロバイダー、もしくはUQコミュニケーションズのHPで通信障害の情報を確認しましょう。サポートセンターに問い合わせるという方法もあります。

解決策:通信障害の復旧まで待つ

通信障害が発生しているようであれば復旧するまで待ちましょう。

WiMAXがつながらない原因8:回線が混雑している

自宅でインターネットをしていて、夜になるとつながらない場合は、通信障害ではなく、回線が混雑しているのかもしれません。

原因を特定する方法:つながらない場所・時間帯を確認する

自宅でインターネットをしていて、つながらない時間が夜の場合は回線が混雑している可能性があります。

解決策:IPv6(IPoE)接続サービス対応の光回線を活用する

もし自宅に光回線のインターネット環境がある場合は、WiMAXからIPv6(IPoE)接続サービス対応の光回線に切り替えるとつながりやすくなる可能性があります。

IPv6(IPoE)接続サービスは、回線が混雑しやすいポイントを回避してインターネット接続を行う新しい接続サービスです。通信環境にもよりますが、IPv6(IPoE)接続サービスを活用すると劇的につながりやすく、速くなることが期待できます。

IPv6について詳しく知りたい方はこちらのページ「IPv6とは?」をご覧ください。

WiMAXがつながらない原因9:ルーターとデバイスの間に障害物がある

自宅で使っているときなど、ルーターとデバイスの間に壁やドアなどの障害物があると、Wi-Fiの電波が遮られてつながりにくくなるケースがあります。

原因を特定する方法:ルーターとデバイスの間に障害物がないかを確認する

目視でルーターとデバイスの間に障害物がないかを確認しましょう。

解決策:ルーターの位置を変更する

基本的に、ルーターはスマートフォンやパソコンの近くに置いて使うことが推奨されています。ルーターを各デバイスから遠い場所に設置し、その間に障害物がある場合は、近くに移動しましょう。

WiMAXがつながらない原因10:電波干渉を受けている

ルーターが電子機器の電波干渉を受けることで、つながらないことがあります。

電波干渉を引き起こす電子機器には、電子レンジ、コードレス電話機、スマートスピーカーなどがあります。これらの機器は2.4GHzの電磁波を出していることが多く、ルーターが使用している周波数と重なると電波がぶつかり合って速度の低下などが起きてしまいます。

原因を特定する方法:ルーターとデバイスの間に電子機器がないかを確認する

目視でルーターとデバイスの間に電子機器がないかを確認しましょう。もし、電子機器があり、実際に電子機器を使用している時に通信が途切れる場合、電波干渉が起きている可能性が高いです。

解決策1:電子機器とルーターの距離を離す

解決策としてはルーターと電子機器の距離を離すという方法があります。

解決策2:5GHzに切り替える

デバイス側で使用する周波数を変更することも効果的です。デバイスのWi-Fi接続電波を確認して2.4GHzで使用しているなら、5GHzに切り替えてみてください。

WiMAXがつながらない原因11:電波の受信感度が悪い

電波の受信感度が悪いとつながらない、つながりにくくなることがあります。

原因を特定する方法:電波の受信感度を確認する

ルーターの画面に表示されるアンテナの数などを調べて、電波の受信感度を確認しましょう。

解決策1:USBケーブルで接続する

WiMAXルーターはWi-Fiによる無線接続だけではなく、USBケーブルを使った有線接続も可能です。有線のほうがWi-Fiによる接続よりも、受信感度の安定感が増すので、パソコンなどUSBポートがあるデバイスを使う場合は試してみましょう。その際、USBケーブルは充電専用ではなく、データ通信が行えるものを用意してください。

解決策2:クレードルを使う

クレードルとは、ルーターを置いて充電したり有線接続したりできる機能を持ったスタンド型の拡張機器です。

クレードルを使うとLANケーブルで有線接続ができるようになります。そのためパソコンなどをUSBケーブルではなくLANケーブルで有線接続したい場合に便利です。

また、Wi-Fiを使う場合も、クレードルにはアンテナが付いているため、通信エリアが広くなることが期待できます。さらに充電もできるので、クレードルは買っておいて損のない機器だといえます。クレードルはルーター機種により使用できる機種とできない機種があるので事前に確認しておきましょう。

解決策3:自作のパラボラアンテナを使う

クレードルを使う方法と少し似ていますが、自作のパラボラアンテナを使ってルーターの感度を上げるという方法もあります。

パラボラアンテナを自分で作るなんて無理だと思われる方もいるかと思いますが、実は小さいボウルとスタンドを組み合わせるだけなので、誰でも簡単に作ることができます。販売されているような立派なものではありませんが、ユーザーの中にはこの方法で実際に接続が安定したり速度が上がったりしたという報告をしている方が多くいます。インターネットで「WiMAX パラボラアンテナ」で検索してみれば、作り方もすぐにわかります。

解決策4:接続機器数を減らす

ルーター1台に対して、パソコン、複数台のスマートフォン、ゲーム機など多数の接続機器があり、同時にそれらを使っていると接続が不安定になることがあります。ルーターの端末接続可能台数は最大16台など、機種によって決まっています。あまりに多くのデバイスを接続して使っているという場合は接続台数を減らしてください。

WiMAXがつながらない原因12:エリアの電波状況が悪い

エリアの電波状況が悪いことが原因でWiMAXがつながらないことがあります。

原因を特定する方法:ピンポイントエリア判定を行う

UQコミュニケーションズでは、サイトでWiMAX 2+ピンポイントエリア判定というサービスを行っています。

これは自宅やオフィスなどの住所を入力すると「○」「△」「×」で電波状況の目安を表示するサービスで、契約前でも確認することができます。もちろん、すでに契約していて、特定の住所の電波状況を知りたいときにも利用できます。

解決策:au 4G LTE回線を利用する

ピンポイントエリア判定で「△」「×」が出ている場所で通信したい場合には、前述したオプションで「au 4G LTE回線」を使う方法があります。au 4G LTE回線は800MHz帯という低い周波数帯を使用しています。

そのためWiMAX 2+と比べて通信速度はやや落ちるものの、カバーエリアが広く、ビルなどの遮蔽物があっても電波が届きやすいという特徴を持っています。

ただ、これも上記で触れていますが、ハイスピードプラスエリアモードでau 4G LTE回線を利用する場合は、通信量に関して注意が必要です。

まとめ

WiMAXがつながらない・接続できない・安定しない場合は上記の方法を試してみましょう。

それでも改善されない場合、WiMAX回線では限界がある可能性が高いので、思い切って光回線を引く選択肢も視野に入れた方が良いかもしれません。

IPv6(IPoE)接続サービス対応の光回線なら、「最低利用期間なし」かつ「違約金なし」で、ほかにもさまざまなメリットがあるDTI光がおすすめです。

【番外編】ルーターの通信性能が高い「DTI WiMAX 2+」でお得なキャンペーンを実施中!

au 4G LTE回線が利用可能で、通信性能も高いモバイルルーターを利用できるWiMAX 2+をお探しなら、DTI WiMAX 2+がおすすめです。DTI WiMAX 2+の魅力は大きくわけると5つあります。

・DTI WiMAX 2+の魅力1 動画をサクサク鑑賞できる

DTI WiMAX 2+の通信速度は下り最大440Mbpsなので、動画をサクサク鑑賞することができます。また、重いデータも高速でダウンロード可能です。
※混雑回避のための速度制限(3日間で10GB利用時)があります。

・DTI WiMAX 2+の魅力2 面倒な設置作業は必要なし

配達時間が選べ、自宅で利用する場合も工事や配線作業は必要ありません。届いたその日から、自宅でも外出先でも、すぐにインターネットを利用できます。

・DTI WiMAX 2+の魅力3 通信費の節約につながる

本来、回線利用料とWi-Fi機器の使用料は別々に発生しますが、DTI WiMAX 2+であれば、お支払いはDTI WiMAX 2+の月額基本料金のみなので、費用を抑えることができます。また、毎月固定の月額基本料金のためお支払いもわかりやすいです。

・DTI WiMAX 2+の魅力4 キャッシュバックキャンペーン中

NTTグループカードに新規入会し、DTIご利用料金をお支払いいただくと、毎月500円×12カ月間、最大6,000円がクレジットカードご利用代金よりキャッシュバックされます。
※本特典は、予告なく変更または終了する場合があります

・DTI WiMAX 2+の魅力5 お得な特典が満載

DTI WiMAX 2+ に申し込みDTI会員になると、全国の宿泊施設やレジャー施設やスポーツクラブ、インテリアの購入、レストランや居酒屋の飲食などが特別優待価格で利用できます。

wimax2+

【番外編】IPv6(IPoE)対応の光回線ならDTI光がおすすめです

DTIでは、auセット割などの割引が利用でき、しかも最低利用期間の縛りや解約時の違約金が無い※安心・おトクな光コラボ「DTI 光」をご提供しています。DTI 光の主なメリットは次の4点です。
※開通月は解約手続きができません。開通月翌月での解約をご希望の場合、当月の利用料金が発生いたします。

auユーザー、DTI SIMユーザーだけの割引あり

DTI 光なら、ほかサービスとのセットで各種割引が受けられます。DTI光とauのスマートフォンなどを同時利用する場合は毎月最大で1,320円(税込)の割引(auセット割)、DTI光と格安SIMカードサービス「DTI SIM」をまとめて契約して同時利用する場合は毎月165円(税込)割引(SIMセット割)となります。

もちろんIPv6(IPoE)接続サービス対応

DTI光ではIPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続方式による「IPv6(IPoE)接続サービス」を利用可能です。従来の接続方式の光回線を使っていて、速度が遅い、繋がりにくい時間帯があると感じている方でも、DTI光に切り替えることで安定性と速度が向上することが期待できます。

最低利用期間なし&違約金なし

また、DTI光には「2年以上利用すること」などといった契約期間の制限はありません。そのため、いわゆる「2年縛り」と呼ばれるような、特定の期間中に契約解除しないと違約金がかかるといったこともありませんし、自動更新されることもありません。いつでも違約金なしで解約できます。
※開通月は解約手続きができません。開通月翌月での解約をご希望の場合、当月の利用料金が発生いたします。

キャッシュバック特典、工事費無料特典、DTI 会員様限定特典など特典も満載

さらには、特典として最大19,000円のキャッシュバックが受けられます。また、現在ADSL回線をご利用中の方なら工事費&開通月の月額料金無料、さらにDTI会員限定の国内のホテル・旅館の宿泊代、レジャー施設、飲食店、映画チケットなどが割引になるサービスも受けられます。

DTI 光

※ DTI WiMAX 2+、DTI光の各種特典内容は予告なく終了または内容を変更させていただく場合がございます
※「NTT」は、日本電信電話株式会社の登録商標です
※「Wi-Fi」は、Wi-Fi Allianceの登録商標です
※「WiMAX」は、WiMAXフォーラムの商標または登録商標です
※「Windows (R)」は、米国Microsoft Corporation.の米国およびその他の国における商標または登録商標です
※「YouTube」、「YouTube」ロゴはGoogle LLCの商標または登録商標です
※その他、記載されている会社名、製品名およびロゴは、各社の商標または登録商標です

最新記事

おすすめ記事

おすすめサービス