DTI Tips Station

Wi-Fiの通信が遅くなるさまざまな原因と対処法

Wi-Fiの通信が遅くなるさまざまな原因と対処法

Wi-Fiの速度が遅い、途切れがちになる……という経験をした方は多いのではないでしょうか。ここでは、そんなときに考えられる原因と、解決法をご紹介します。

Wi-Fiってそもそも何?

Wi-Fi(ワイファイ)とは、パソコンやスマートフォンなどの端末機器を無線でLANなどのネットワークに接続するための技術のことです。「無線LAN」という言葉もありますが、Wi-Fiはこの無線LANの規格のひとつなので、ほぼ同じものと捉えてよいでしょう。

Wi-Fiを利用するには、Wi-Fiルーターを使います。ルーターには据え置きタイプと、モバイルタイプ(持ち運べるタイプのこと)があります。インターネット回線とWi-Fiルーターをつなぐことにより、Wi-Fiルーターの電波が届く範囲内はパソコン、スマートフォン、タブレットなどを使って無線でインターネットが使えるようになります。

Wi-Fiの接続が遅いときに考えられる原因は?

Wi-Fiの接続が遅いとき、考えられる原因には以下のものがあります。

・ルーターとの距離が遠い、障害物がある

ルーターと端末の距離が離れすぎていると、電波が届きづらくなります。障害物の問題もあり、ドアを開けるか閉めるかだけでも届きやすさが変わるケースもあります。特に、コンクリートや鉄は電波を遮りやすいのでおぼえておきましょう。

・回線につながっている端末が多すぎる

ルーターに同時に接続できる台数には制限があります。通常は据え置きタイプなら10台以上、モバイルタイプなら5~10台程度までは大丈夫ですが、パソコンやスマートフォン、タブレット、ゲーム機など、家族でたくさんの端末で同時接続しているときは注意してください。お店のWi-Fiでも同じ理由で回線が込み合って、つながりにくい状況になることがあります。

・電波干渉が起きている

電子レンジやコードレス電話を使っていると、電波干渉が起きることがあります。これは、これらの家電が、Wi-Fiと同じ2.4GHz帯の周波数帯域の電波を発し、Wi-Fiに干渉するためです。同様に、近隣の家で2.4GHz帯のWi-Fiを使用していると、やはり電波干渉が発生して接続が不安定になりがちになります。

・ファイアウォールの設定によるもの

セキュリティソフトあるいはWindowsなどのOSに備わっている、外部との通信を監視して、許可していない通信を遮断する機能がファイアウォールです。Wi-Fiルーターで接続しようとするとこの機能が働き、インターネットに接続できないなどの障害が発生することがあります。

・ルーターまたは端末に不調がある

これは、ルーターに不具合が発生しているケースです。真夏などはルーターが熱暴走してうまく動作しないことがあります。また、ルーターではなくスマートフォンやタブレットなど、Wi-Fiにつなげている端末側に不調があるケースも考えられます。

Wi-Fiが遅い際の対処法は?

では、Wi-Fiが遅いときにはどんな対処をすればよいのか、原因ごとの対処法をお伝えします。

・距離が遠い、障害物があるときは中継機を検討

ルーターを端末の近くに置いて使用することが一番の解決法ですが、それが難しいときはWi-Fi中継機を導入する方法があります。必ず電波が届くようになるとは限りませんが、中継機を設置する場所を変えてみるなど、条件によってはよくつながるようになります。

・多くの端末で接続するときはアクセスポイントを変える

ひとつのルーターでも、複数のアクセスポイントを使えることがあります。異なるSSID(アクセスポイントに接続する際に必要なID)が使えるかどうかを確認し、端末が多すぎるときは複数のアクセスポイントを使い分けてみましょう。

・電波干渉対策には2.4GHz以外のチャンネルを使う

Wi-Fiで使用されるスタンダードな周波数帯は2.4GHz帯なので、これを5GHz帯に変えると電波干渉が起きづらくなります。チャンネルを変える方法は、お持ちのWi-Fiのマニュアルなどを確認してみてください。

・ファイアウォールを無効化するか「例外ルール」に設定する

セキュリティソフトを切るとWi-Fi接続が安定するようなら、原因はファイアウォールにありそうです。セキュリティソフトでは、ファイアウォール機能を無効化したり、例外ルールを設定したりすることができます。Windowsにもファイアウォールの設定があり、コントロールパネルの「セキュリティ」から「Windowsファイアウォール」へと進むと設定ができます(Windows7の場合)。

・ルーター再起動、ファームウェアのアップデートを試す

ルーターの不具合が疑わしいときは、ルーターの電源を切り、しばらく時間を置いてから電源を入れ直すなど、マニュアルに書いてある方法で再起動してみましょう。ルーターの不具合は、この再起動で直ることが多いのでぜひ試してみてください。

また、不具合はルーターのファームウェアをアップデートすることで解消されることもあります。一方、スマートフォン側に問題があるときは、スマートフォンのリセットも有効です。メモリの不安定が解消されるなどして、Wi-Fiとの接続が安定するようになることがあります。

今回は、Wi-Fiが遅くなる原因と対処法について紹介しました。Wi-Fiが遅いな……と感じたら、上述したように一つひとつチェックしてみることをおすすめします。

【番外編】そもそも!Wi-Fiルーターのスペックは大丈夫?

そもそもですが、ご自宅のWi-Fiルーターは古くなっていませんか?Wi-Fiルーターのスペックで注目すべきポイントは大きく分けて3つあります。

  • 通信規格は高速通信に対応しているか?
  • 最大通信速度は高速か?
  • ルーターのアンテナ性能(電波強度)は十分か?

特にWi-Fi環境の改善が目的で新たに光回線を開通したとしても、ルーターのスペックが低ければ光回線のメリットを活かしきれません。Wi-Fi環境を整える上でルーターのスペックはとても重要でしょう。

新たに光回線の開通を検討している方に朗報!

ドコモ光というサービスをご存知でしょうか?国内で400万回線を突破しているはドコモ光の特徴は安定したドコモ光の回線スピードと、それを活かす最新鋭のルーターがずっと無料で使えることです。通常の光回線サービスですとルーターが付属していない、もしくは付いていたとしても光回線が開通した後にルーターが送られてきます。光回線の開通前に最新鋭のルーターを用意してくれるのは、現在※全国でDTI with ドコモ光だけです。
※2018年3月12日段階の情報です

さらに、ドコモのスマホ回線を契約している方は毎月最大2,251円も通信費用を抑えることが可能です。また、ドコモ光では、工事費最大18,000円が無料になるキャンペーンもあわせて実施中です。期間限定のキャンペーンですので、この機会に是非一度、キャンペーン内容をご確認ください。

DTI ドコモ光

【番外編2】外出先でも高速回線で動画などを鑑賞したい方におすすめのモバイルルーター

先ほどもお伝えしましたが、自宅だけではなく、外出先でもインターネットを利用したい方にはモバイルタイプのWi-Fiルーターが必要です。おすすめは月額費用が安く、特典も多いDTI WiMAX 2+です。

DTI WiMAX 2+の魅力は大きく分けると5つあります。

・DTI WiMAX 2+の魅力1 動画がサクサク鑑賞できる

DTI WiMAX 2+の通信速度は下り最大440Mbpsなので、動画もサクサク鑑賞することができます。また、重いデータも高速でダウンロード可能です。

・DTI WiMAX 2+の魅力2 面倒な設置作業は必要なし

配達時間が選べ、工事や配線作業ももちろん必要ありません。届いたその日から、自宅でも外出先でも、すぐにインターネットを利用できます。

・DTI WiMAX 2+の魅力3 通信費の節約につながる

本来、回線利用料とWi-Fi機器の使用料は別々に発生しますが、DTI WiMAX 2+であれば、お支払いはDTI WiMAX 2+の月額基本料金のみ。毎月固定の月額基本料金のためお支払いもわかりやすく、費用も抑えることができます。

・DTI WiMAX 2+の魅力4 キャッシュバックキャンペーン中

NTTグループカードに新規入会し、DTIご利用料金をお支払いいただくと、毎月500円×12カ月間、最大6,000円がクレジットカードご利用代金よりキャッシュバックされます。

・DTI WiMAX 2+の魅力5 お得な特典が満載

DTI WiMAX 2+ に申し込みDTI会員になると、全国の宿泊施設やレジャー施設やスポーツクラブ、インテリアの購入、レストランや居酒屋の飲食などが特別優待価格で利用できます。

キャッシュバックキャンペーンは期間限定のキャンペーンとなるので、この機会に是非一度、キャンペーン内容をご確認ください。


wimax2+

※2018年6月27日段階の情報です

2018年7月更新

最新記事

おすすめ記事

おすすめサービス