DTI Tips Station

モバイルWi-Fiルーターとは? そのメリットと使い方をご紹介

モバイルWi-Fiルーターとは? そのメリットと使い方をご紹介

スマートフォンやタブレット、ノートパソコンなどと一緒に「モバイルWi-Fiルーター」を持ち歩いて、外でもWi-Fiを使ってインターネットを利用している方が増えています。モバイルWi-Fiルーターとはどんなものなのか、どんなメリットがあって、どうやって使えばいいのか、気になっている方もいるでしょう。今回はモバイルWi-Fiルーターに関する基礎知識を解説します。

モバイルWi-Fiルーターとは?

モバイルWi-Fiルーターとは、インターネットに接続するために使う小型で軽量な通信端末のことです。単にモバイルルーターと呼ばれることもあります。

パソコン、スマートフォン、タブレット、ゲーム機などのWi-Fi接続機能を持つ端末(Wi-Fiデバイス)をモバイルWi-Fiルーターと接続することで、室内外でインターネットを利用できます。

モバイルWi-Fiルーターは、モバイルWi-Fiルーターサービスを提供している通信会社などが販売しています。ただし、その通信会社と新規回線契約を結べば、端末価格は実質無料になるケースも多くあります。

au、ドコモ、ソフトバンクの3大キャリアはそれぞれでモバイルWi-Fiルーターを提供しています。

UQコミュニケーションズが提供している「UQ WiMAX」もモバイルWi-Fiルーターです。WiMAXの場合は、家でも外でも利用可能なモバイルタイプから、自宅にて据え置きで使うことを想定したホームルータータイプまで、各種のWi-Fiルーターをそろえています。

ほかにもワイモバイルの「ポケットWiFi」や、格安SIMで使えるSIMフリーモバイルルーターも、モバイルWi-Fiルーターの一種です。

モバイルWi-Fiルーターのメリット


モバイルWi-Fiルーターは何が便利なのでしょうか。モバイルWi-Fiルーターを利用することで得られるメリットを3つ挙げてみます。

時間と場所を選ばずインターネットに接続できる

モバイルWi-Fiルーターがあれば、自宅でも外出先でも時間と場所を選ばず、インターネットに接続できるようになります。モバイルWi-Fiルーターはスマートフォンと同じか小さいくらいの大きさなので、バッグやポケットに入れて手軽に持ち運べます。

モバイルWi-Fiルーターは、電車での移動中や地下では電波が入りにくいと言われていた時期がありました。しかし、サービスを提供している通信会社の対応エリアにもよりますが、最近は都市部であれば電車内や地下でも使用できることが多くなっています。

複数の端末をインターネットに接続できる

モバイルWi-Fiルーターは、機種にもよりますが、通常は端末を10台程度同時接続できる仕様になっています。同時に接続する台数が増えればその分速度は遅くなりますが、それも数値上のことで、実際に体感できるほどではないでしょう。動画を見ていたとしても、再生に支障をきたすほど速度が遅くなることはそれほど多くないはずです。

複数の端末を同時接続できると、たとえば自宅でパソコンとスマートフォン、ゲーム機などいくつもの端末で同時にインターネットを利用したいときに便利です。ちなみにWiMAX 2+のホームルーターである「Speed Wi-Fi HOME L02」の場合は、計42台(LANポート×2台、2.4GHz×20台、5GHz×20台)の端末を同時接続できます。

Speed Wi-Fi HOME L02の詳細はこちら

スマートフォンのデータ通信量を節約できる

スマートフォンでもインターネットはできるのに、なぜモバイルWi-Fiルーターを使うのか……と疑問に思う方もいるかもしれません。確かにそのとおりなのですが、スマートフォンを使って通常のモバイル回線で動画などを見ていると、データ通信量を一気に消費してしまいます。目安としては、一般的なネット動画を約120分見るとデータ通信量が1GBに達すると言われています。

スマートフォンでは、契約の際に選択した「1ヶ月で使えるデータ通信量」を超えるとデータ通信制限を受けることになります。モバイルWi-Fiルーターにもデータ通信制限はありますが、スマートフォンと併せて利用すれば使える月間データ通信量を増やすことができます。

またWiMAX 2+では、データ通信制限のないギガ放題プラン(ただし、混雑回避のため3日間で10GBを消費すると速度制限がかかる)が用意されています。データ通信量を気にせず使えれば、スマートフォンの契約を最も安い通信プランに切り換えるなどして節約することもできます。

モバイルWi-Fiルーターの選び方

モバイルWi-Fiルーターを選ぶ際は、まず「どの通信会社が提供するどんなプランのモバイルWi-Fiルーターサービスを選ぶのか」を決めるのが先決です。

比較するときにポイントとなるのは、通信速度、1ヶ月に使用できるデータ通信量と速度制限の内容、対応エリア、費用、契約期間と解約金などです。これらを比較し、利用する時間や場所、普段使用するデータ通信量など、自分のライフスタイルに合っているかどうかを検討しましょう。

これらの条件で絞り込んだら、その会社が提供しているモバイルWi-Fiルーター=端末を見てみましょう。端末によって対応している最大速度、連続通信時間、バッテリー容量、最大接続可能数などが異なります。それらのスペックも比較検討してみてください。

モバイルWi-Fiルーターの使い方

モバイルWi-Fiルーターの使い方はごく簡単です。大まかな方法を、3ステップで解説します。

充電をする

モバイルWi-Fiルーターを、付属のACアダプターやクレードル、USBケーブルなどを使って充電します。なお、充電しながら使用するのはバッテリーの寿命を縮める可能性があると言われています。

電源を入れる

充電が終わったらモバイルWi-Fiルーターの電源を入れます。ほとんどの機種は電源ボタンを長押し(または長スライド)すると電源が入ります。

SSIDとパスワードを設定

スマートフォンやパソコンでモバイルWi-FiルーターのSSID(ネットワーク)を探します。iPhoneの場合は「設定」⇒「Wi-Fi」と進んでネットワークを選択します。するとパスワードの入力を求められるので、間違えないように入力すれば接続完了となります。

モバイルWi-Fiルーターは自宅に光回線などを引く場合と違って、工事不要ですぐに使えるのも魅力です。とくに一人暮らしで家でも外でもWi-Fiを使いたい方にはモバイルWi-Fiルーターはおすすめです。検討の際の参考にしてください。

【番外編】モバイルWi-FiルーターならWiMAX 2+がお得!

モバイルWi-Fiルーターの購入を実際に検討される方におすすめなのが、月額費用が安く特典も多い「DTI WiMAX 2+」です。

DTI WiMAX 2+の魅力は大きく分けると5つあります。

・DTI WiMAX 2+の魅力1 動画をサクサク鑑賞できる

DTI WiMAX 2+の通信速度は下り最大440Mbpsなので、動画をサクサク鑑賞することができます。また、重いデータも高速でダウンロード可能です。
※混雑回避のための速度制限(3日間で10GB利用時)があります。

・DTI WiMAX 2+の魅力2 面倒な設置作業は必要なし

配達時間が選べ、自宅で利用する場合も工事や配線作業は必要ありません。届いたその日から、自宅でも外出先でも、すぐにインターネットを利用できます。

・DTI WiMAX 2+の魅力3 通信費の節約につながる

本来、回線利用料とWi-Fi機器の使用料は別々に発生しますが、DTI WiMAX 2+であれば、お支払いはDTI WiMAX 2+の月額基本料金のみなので、費用を抑えることができます。また、毎月固定の月額基本料金のためお支払いもわかりやすいです。

・DTI WiMAX 2+の魅力4 キャッシュバックキャンペーン中

NTTグループカードに新規入会し、DTIご利用料金をお支払いいただくと、毎月500円×12カ月間、最大6,000円がクレジットカードご利用代金よりキャッシュバックされます。
※本特典は、予告なく変更または終了する場合があります

・DTI WiMAX 2+の魅力5 お得な特典が満載

DTI WiMAX 2+ に申し込みDTI会員になると、全国の宿泊施設やレジャー施設やスポーツクラブ、インテリアの購入、レストランや居酒屋の飲食などが特別優待価格で利用できます。


wimax2+

※2019年2月27日段階の情報です

最新記事

おすすめ記事

おすすめサービス

close
このエントリーをはてなブックマークに追加