DTI Tips Station

1GB(ギガバイト)で何時間動画を観られるの?

1GB(ギガバイト)で何時間動画を観られるの?

携帯キャリアとの契約では、データ通信量の1ヵ月の上限を3GB、5GB、7GBなどと設定することになります。最近では20GBや50GBなどという大容量データプランも登場しています。これだけ大容量のデータプランが登場した背景には、外出先でYouTubeやビデオ通話、映画・動画配信サービスなどを利用する携帯ユーザーが増えているということでしょう。

では仮に1GBのデータ通信量が使用できるとして、その1GBで何時間くらい動画を観られるのでしょうか。ここでは目安となるデータをご紹介するとともに、データ通信量を気にせずに動画を観る方法についても解説します。

GB(ギガバイト)とは?

コンピュータなどで使われるデジタルデータの量(サイズ)を表す単位に「B(バイト)」があります。ギガバイトは、約10億(10の9乗)バイトのことで、「GB」という記号で表されます。

ちなみに小さいほうから、B(バイト)、KB(キロバイト)、MB(メガバイト)、GB(ギガバイト)、TB(テラバイト)と続きます。パソコンやテレビ録画用のハードディスクなどは、最近は1TB以上のものが主流になっています。

動画を何分観ることができる? 1GBでできること

1GBのデータ通信量で動画は何分観られるのか、ケース別にみてみましょう。

動画は約120分

一般的な動画なら約120分(2時間)観られる、というのが目安です。

YouTubeの場合、設定で720p(高画質)の場合は約90分(1.5時間)、480p(中画質)の場合は約120分(2時間)、360p(中画質)の場合は約180分(3時間)の視聴が可能です。

映画・動画配信サービスの場合は、最近はスマートフォンやタブレットなどのモバイル端末向けのアプリを使えばデータ通信量が抑えめになるよう調整されています。そのため1GBで3時間程度観られるというケースが多いようです。

LINEのビデオ通話は180分

LINEでビデオ通話をした場合、180分(3時間)程度で1GBに達します。音声通話のみの場合は1GBで約2,000分(約33時間)話すことができます。

FaceTimeは約400分

iPhoneのFaceTimeでビデオ通話をすると1分間で約2.5MB、1時間で約150MBのデータ通信量を消費すると言われています。1GBに達するまでは約400分(約6.6時間)話すことができます。音声通話のみの場合は約2,030分(約34時間)話すことができます。

スマートフォンでデータ通信量を確認する方法

しかしこれらはあくまでも目安です。利用する際のバージョンなどによっても異なってくるでしょう。実際のデータ通信料は、以下の方法で確認できます。
iPhoneでは、設定から「モバイル通信」を選ぶと、「モバイルデータ通信」の「現在までの合計」でこれまでの累計データ通信量が確認できます。さらにその下を見ていくと、どのアプリがどの程度のデータ量を消費しているかがわかります。

Androidでは、設定から「データ使用量」を選ぶと、「使用量」としてその月のデータ通信量が表示されています。さらに「モバイルデータ使用量」をタップすると、アプリごとのデータ使用量も表示されます。

動画を観るだけではなく、意外なアプリが多くのデータを使用していることもあるので、データ通信量を節約したいなら、通信量の多いアプリやモバイル通信の利用を控えることを検討すべきかもしれません。

データ通信量を気にせず動画を観る方法

では、データ通信量を気にせずに外出先などで動画を観るにはどうすればいいのでしょうか。現在、考えられるのは次のような方法です。

格安SIMの使い放題プランを利用する

大手キャリアで契約するよりも安く使える格安SIMには、容量無制限の使い放題プランを提供する会社もあります。データ通信が無制限で使えるとなれば、動画を観るほか、テザリングにも利用したいという方もいるでしょう。高速データ通信対応、データ通信のみ使い放題プランなら月額2,000~2,500円程度で利用できます。

大手キャリアの大容量プランを利用する

大手3キャリアでは20GB月額6,000円、30GB月額8,000円といったプランを用意しています。使用料金がかかること、モバイルWi-Fiルーターに比べ、使用可能容量が少ないことが注意点です。

映画(動画)はWi-Fiに接続した状態で事前にダウンロードする

映画・動画配信サービスを利用するなら、自宅のWi-Fiに接続した状態で観たい動画をスマートフォンの内部ストレージにダウンロードしておけばデータ通信量を消費することはありません。外出先で観る際には認証通信などが発生することもありますが、必要となる通信量はわずかですみます。

モバイルWi-Fiルーターを活用する

モバイルWi-Fiルーターを契約して使用すれば、スマートフォン単体で使用する場合と比べて高速・大容量のデータ通信を利用できます。通信量無制限プランもあり、料金は3,000円程度からとなっています。ただし、無制限であっても「3日間3GB」などの制限があり、完全に動画見放題というわけではありません。しかし、制限を超えることはほとんどないでしょう。

外出先などで動画を観ようとすると、多くのデータ通信量を消費することになります。動画をよく観るという方は、モバイルWi-Fiルーターなどを活用してデータ通信量を気にせず、ストレスフリーで楽しむ方法を検討してみてはいかがでしょうか。

【番外編】モバイルWi-Fi ルーターならWiMAX 2+がお得

モバイルWi-Fiルーターでおすすめなのが、月額費用が安く特典も多い「DTI WiMAX 2+」がおすすめです。

DTI WiMAX 2+の魅力は大きく分けると5つあります。

・DTI WiMAX 2+の魅力1 動画をサクサク鑑賞できる

DTI WiMAX 2+の通信速度は下り最大440Mbpsなので、動画をサクサク鑑賞することができます。また、重いデータも高速でダウンロード可能です。

※ 混雑回避のための速度制限(3日間で10GB利用時)があります。

・DTI WiMAX 2+の魅力2 面倒な設置作業は必要なし

配達時間が選べ、自宅で利用する場合も工事や配線作業は必要ありません。届いたその日から、自宅でも外出先でも、すぐにインターネットを利用できます。

・DTI WiMAX 2+の魅力3 通信費の節約につながる

本来、回線利用料とWi-Fi機器の使用料は別々に発生しますが、DTI WiMAX 2+であれば、お支払いはDTI WiMAX 2+の月額基本料金のみ。毎月固定の月額基本料金のためお支払いもわかりやすく、費用も抑えることができます。

・DTI WiMAX 2+の魅力4 キャッシュバックキャンペーン中

NTTグループカードに新規入会し、DTIご利用料金をお支払いいただくと、毎月500円×12カ月間、最大6,000円がクレジットカードご利用代金よりキャッシュバックされます。
※本特典は、予告なく変更または終了する場合があります

・DTI WiMAX 2+の魅力5 お得な特典が満載

DTI WiMAX 2+ に申し込みDTI会員になると、全国の宿泊施設やレジャー施設やスポーツクラブ、インテリアの購入、レストランや居酒屋の飲食などが特別優待価格で利用できます。


wimax2+

※2019年2月14日段階の情報です

最新記事

おすすめ記事

おすすめサービス

close
このエントリーをはてなブックマークに追加