DTI Tips Station

接続方式で異なるIPv6のメリットとデメリット

接続方式で異なるIPv6のメリットとデメリット

次世代ネットワークのカギとなる技術として知られるIPv6。インターネットを使う上で、IPv6を活用するとどのようなメリットが得られ、またどんなデメリットがあるのでしょうか。IPv6のメリットとデメリットについて解説します。

IPv6とは?

IPv6はIPv4に代わる新しいバージョンのIPです。1990年代後半から広く普及してきたIPv4に代わり、今後主流になっていく次世代のプロトコルと言われています。

IP(インターネットプロトコル)とは、インターネットに接続されたコンピュータ同士がデータをやりとりするためにデータ通信の方法を定めた作法(お約束)のことです。よく耳にする「IPアドレス」はインターネットに接続されたコンピュータを識別するための固有の番号で、IPを使って通信を行うために必要な「住所」のことだと考えればわかりやすいでしょう。

これまで主流だったIPv4にはアドレスの数が少ないという問題がありました。IPv4はIPアドレスを32ビットで表現するため、2の32乗=約43億個のIPアドレスが使用できる計算になります。しかし、インターネットの急速な普及により、これだけではIPアドレスが枯渇してしまうという事態が予測されるようになりました。そうした状況を背景に登場したのがIPv6です。

IPv6についての詳しい説明はこちら

IPv6のメリット

IPv6のメリットには次のようなものがあります。

IPアドレスが無限に管理可能

IPv6ではIPアドレスを128ビットのデータとして表現します。そのためアドレス総数は3.4×10の38乗個、つまり約340澗(かん)個となります。これは事実上無限と言える数です。

IPv6によってIPアドレス枯渇の問題が解消されるばかりでなく、今後、IoT(モノのインターネット)が普及してさまざまなモノがIP通信を行ったとしても、十分に数が足りると言われています。

セキュリティを実装しやすい

IPv6ではIPSecの利用が推奨(should)されています。IPSecを用いれば、暗号化をサポートしていないトランスポート層やアプリケーションを用いていてもIPパケットのデータが暗号化されます。

IPv6のセキュリティの高さはIPv4と同等ですが、IPSecの利用によって改ざんや傍受のリスクが軽減化されます。

IPv6のデメリット

IPv6のデメリットは、そのままではIPv4のIPアドレスに対して相互に通信できないことです。しかし、現在ではトンネル技術、変換技術、組み合わせによる運用でIPv4/IPv6の共存が可能です。これらを活用すれば、IPv6環境下においてもIPv4通信が可能となります。

現在、プロバイダーの多くが採用している変換技術があります。IPv4 over IPv6と表記されることが多く、この変換技術の方式にはMAP-E、DS-Liteなどがあります。これらの変換技術、方式に対応したプロバイダーを利用することでIPv6通信しかできない(IPv4通信ができない)というデメリットは解消されるでしょう。

IPv4 over IPv6についての詳しい説明はこちら

IPoEとは?

IPoEは、NTT東西のNGN網(次世代ネットワーク)など事業者側のネットワークと直接接続してIP通信を行う通信方式です。企業内のLANなどと同じ仕組みなので、PPPoEのように接続用のユーザー名(ID)とパスワードを必要としません。そのためIPoEは「ネイティブ接続方式」とよく呼ばれます。一方のPPPoEは「トンネル接続方式」と呼ばれます。

これまで主流だったPPPoE接続方式は、もともと電話回線を経由してダイヤルアップ接続していたときのPPP方式を応用した接続方式です。

これに対し、IPoEは企業内のLANなどと同じ仕組みです。PPPoEのように接続用のユーザー名(ID)とパスワードを必要としません。そのためIPoEは「ネイティブ接続方式」とよく呼ばれます。

IPoEのメリット

IPoEのメリットには次のようなものがあります。

速度が安定

IPoEでは、PPPoEとは異なる次世代ネットワークと通信設備を経由してインターネットに接続します。そのため混雑しがちなPPPoEネットワークを避けられ、安定した速度を確保できます。いわば渋滞しがちな道路ではない、高速道路のような別の道路を使って通信ができるようなものです。

また、IPoEはIPv6でしか使用できません。そのため「IPv6 IPoE」を利用すればより安定した速度でインターネットが利用できることが期待できます。

ルーターを設定する必要がない

IPoE接続ではルーターに対してID・パスワードなどを設定する必要がありません。インターネットの使用を開始する際にアカウント登録やパスワード入力などの作業をすることなく、またそれらの管理をすることもなくすぐにインターネットを使えるので、利用者にとってわかりやすく便利な接続方法だと言えます。

IPv6のメリットとデメリットをおわかりいただけたでしょうか。速度の安定などを求めるならIPv6 IPoEの利用を検討してみてください。

IPv6 IPoE を検討している方に朗報!

ドコモ光というサービスをご存知でしょうか?国内で500万回線を突破している光ファイバー回線対応インターネット接続サービス・ドコモ光の特徴は、安定したドコモ光の回線スピードとそれを活かす最新鋭のルーターがずっと無料で使えることです。通常の光回線サービスですとルーターが付属していない、もしくは付いていたとしても光回線が開通した後にルーターが送られてきます。光回線の開通前に最新鋭のルーターを用意してくれるのは、現在※全国でDTI with ドコモ光だけです。そしてこのIPoE方式での接続をサポートしているプロバイダー・DTIが提供する最新鋭のルーターの接続方式は、もちろんIPv6 IPoE! 光回線が持つ本来の回線速度を引き出しやすくなります。そして、IPv4にしか対応していないWebサイトにも接続可能です。

さらに、ドコモのスマホ回線を契約している方は毎月最大2,251円も通信費用を抑えることが可能です。また、ドコモ光では、15,000円のキャッシュバック特典や、工事費最大18,000円が無料になる特典もございます。この機会に是非一度、特典内容をご確認ください。


DTI ドコモ光

※2019年3月15日段階の情報です

最新記事

おすすめ記事

おすすめサービス

close
このエントリーをはてなブックマークに追加