DTI dream.jp 安心のインターネットプロバイダー

DTI Tips Station

接続方式で異なるIPv6のメリットとデメリット

接続方式で異なるIPv6のメリットとデメリット

次世代ネットワークのカギとなる技術として知られるIPv6。インターネットを使う上で、IPv6を活用するとどのようなメリットが得られ、またどんなデメリットがあるのでしょうか。IPv6のメリットとデメリットについて解説します。

IPv6とは?

IPv6はIPv4に代わる新しいバージョンのIPです。1990年代後半から広く普及してきたIPv4に代わり、今後主流になっていく次世代のプロトコルと言われています。

IP(インターネットプロトコル)とは、インターネットに接続されたコンピュータ同士がデータをやりとりするためにデータ通信の方法を定めた作法(お約束)のことです。よく耳にする「IPアドレス」はインターネットに接続されたコンピュータを識別するための固有の番号で、IPを使って通信を行うために必要な「住所」のことだと考えればわかりやすいでしょう。

これまで主流だったIPv4にはアドレスの数が少ないという問題がありました。IPv4はIPアドレスを32ビットで表現するため、2の32乗=約43億個のIPアドレスが使用できる計算になります。しかし、インターネットの急速な普及により、これだけではIPアドレスが枯渇してしまうという事態が予測されるようになりました。そうした状況を背景に登場したのがIPv6です。

IPv6についての詳しい説明はこちら

IPv6のメリット

IPv6のメリットには次のようなものがあります。

IPアドレスが無限に管理可能

IPv6ではIPアドレスを128ビットのデータとして表現します。そのためアドレス総数は3.4×10の38乗個、つまり約340澗(かん)個となります。これは事実上無限と言える数です。

IPv6によってIPアドレス枯渇の問題が解消されるばかりでなく、今後、IoT(モノのインターネット)が普及してさまざまなモノがIP通信を行ったとしても、十分に数が足りると言われています。

セキュリティを実装しやすい

IPv6ではIPSecの利用が推奨(should)されています。IPSecを用いれば、暗号化をサポートしていないトランスポート層やアプリケーションを用いていてもIPパケットのデータが暗号化されます。

IPv6のセキュリティの高さはIPv4と同等ですが、IPSecの利用によって改ざんや傍受のリスクが軽減化されます。

IPv6のデメリット

IPv6のデメリットは、そのままではIPv4のIPアドレスに対して相互に通信できないことです。しかし、現在ではトンネル技術、変換技術、組み合わせによる運用でIPv4/IPv6の共存が可能です。これらを活用すれば、IPv6環境下においてもIPv4通信が可能となります。

現在、プロバイダーの多くが採用している変換技術があります。IPv4 over IPv6と表記されることが多く、この変換技術の方式にはMAP-E、DS-Liteなどがあります。これらの変換技術、方式に対応したプロバイダーを利用することでIPv6通信しかできない(IPv4通信ができない)というデメリットは解消されるでしょう。

IPv4 over IPv6についての詳しい説明はこちら

IPoEとは?

IPoEは、NTT東西のNGN網(次世代ネットワーク)など事業者側のネットワークと直接接続してIP通信を行う通信方式です。企業内のLANなどと同じ仕組みなので、PPPoEのように接続用のユーザー名(ID)とパスワードを必要としません。そのためIPoEは「ネイティブ接続方式」とよく呼ばれます。一方のPPPoEは「トンネル接続方式」と呼ばれます。

これまで主流だったPPPoE接続方式は、もともと電話回線を経由してダイヤルアップ接続していたときのPPP方式を応用した接続方式です。

これに対し、IPoEは企業内のLANなどと同じ仕組みです。PPPoEのように接続用のユーザー名(ID)とパスワードを必要としません。そのためIPoEは「ネイティブ接続方式」とよく呼ばれます。

IPoEのメリット

IPoEのメリットには次のようなものがあります。

速度が安定

IPoEでは、PPPoEとは異なる次世代ネットワークと通信設備を経由してインターネットに接続します。そのため混雑しがちなPPPoEネットワークを避けられ、安定した速度を確保できます。いわば渋滞しがちな道路ではない、高速道路のような別の道路を使って通信ができるようなものです。

また、IPoEはIPv6でしか使用できません。そのため「IPv6 IPoE」を利用すればより安定した速度でインターネットが利用できることが期待できます。

ルーターを設定する必要がない

IPoE接続ではルーターに対してID・パスワードなどを設定する必要がありません。インターネットの使用を開始する際にアカウント登録やパスワード入力などの作業をすることなく、またそれらの管理をすることもなくすぐにインターネットを使えるので、利用者にとってわかりやすく便利な接続方法だと言えます。

IPv6のメリットとデメリットをおわかりいただけたでしょうか。速度の安定などを求めるならIPv6 IPoEの利用を検討してみてください。

IPv6 IPoE を検討している方に朗報!

DTIでは、auセット割などの割引が利用でき、しかも最低利用期間の縛りや解約時の違約金が無い※安心・おトクな光コラボ「DTI 光」をご提供しています。DTI 光の主なメリットは次の4点です。
※開通月は解約手続きができません。開通月翌月での解約をご希望の場合、当月の利用料金が発生いたします。

auユーザー、DTI SIMユーザーだけの割引あり

DTI 光なら、ほかサービスとのセットで各種割引が受けられます。DTI光とauのスマートフォンなどを同時利用する場合は毎月最大で1,320円(税込)の割引(auセット割)、DTI光と格安SIMカードサービス「DTI SIM」をまとめて契約して同時利用する場合は毎月165円(税込)割引(SIMセット割)となります。

もちろんIPv6(IPoE)接続サービス対応

DTI光ではIPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続方式による「IPv6(IPoE)接続サービス」を利用可能です。従来の接続方式の光回線を使っていて、速度が遅い、繋がりにくい時間帯があると感じている方でも、DTI光に切り替えることで安定性と速度が向上することが期待できます。

最低利用期間なし&違約金なし

また、DTI光には「2年以上利用すること」などといった契約期間の制限はありません。そのため、いわゆる「2年縛り」と呼ばれるような、特定の期間中に契約解除しないと違約金がかかるといったこともありませんし、自動更新されることもありません。いつでも違約金なしで解約できます。
※開通月は解約手続きができません。開通月翌月での解約をご希望の場合、当月の利用料金が発生いたします。

キャッシュバック特典、工事費無料特典、DTI 会員様限定特典など特典も満載

さらには、特典として最大19,000円のキャッシュバックが受けられます。また、現在ADSL回線をご利用中の方なら工事費&開通月の月額料金無料、さらにDTI会員限定の国内のホテル・旅館の宿泊代、レジャー施設、飲食店、映画チケットなどが割引になるサービスも受けられます。

とりあえず特典の内容を確認してみる
どれくらい料金がお得になるかシミュレーションをしてみる

DTI 光

最新記事

おすすめ記事

おすすめサービス

close
このエントリーをはてなブックマークに追加