DTI Tips Station

引越しの際、インターネットの手続きはどんなことが必要

引越しの際、インターネットの手続きはどんなことが必要

引越しにあたり、電力会社や水道局に連絡するのに比べて、少し面倒に感じてしまうのがインターネット関連の手続きです。契約先が複数にわたる場合があるというのと、引越し先で引き続き同じ事業者を利用するのか、新規で契約するのかといった違いも出てきます。
そこで今回は、引越しの際、インターネットの手続きにはどんなことが必要か、継続利用、解約・変更の場合など、パターン別にその流れを解説します。

同じ回線・プロバイダを継続して利用する場合

引越し先となる新住所でも同じインターネットの回線、プロバイダを続けて利用する場合には、以下のような流れで手続きを行います。

現プロバイダが新住所に対応しているかを確認

まず、同じ回線、プロバイダがそもそも利用できるかどうか確かめないといけません。契約先のプロバイダに電話するか、公式サイトの問い合わせフォームから連絡してみましょう。新住所を伝え、利用可能かどうかを確認します。
インターネットの契約は、光コラボなどのように回線とプロバイダが一本化されていない場合、回線事業者とプロバイダそれぞれとの契約となっています。プロバイダが回線事業者への連絡まで行ってくれるのかも確認しておきましょう。

現プロバイダへ引越しする旨を連絡

継続しての利用が可能とわかったら、正式に引越し(移転)の連絡を入れましょう。電話や公式サイトのフォームから、新しい住所と移転の希望日を伝えます。
レンタルしている機器は、一度返却して、新しい機器を使用するケースもあります。また、新住所の場所、家の形態によって適用されるプランが異なる場合もあります。細かい点も含め、不明な点はよく確認しておきましょう。

現在の回線・プロバイダを解約する場合

現在の回線事業者やプロバイダと解約して、新しい回線事業者やプロバイダに変更したい場合の流れも紹介します。

違約金がかかるのかをチェック

解約にあたって、タイミングによっては違約金がかかる場合があります。その金額と、違約金がかかる期間を確かめます。もう少し待てば違約金がかからなくなるというタイミングであれば、月額利用料と違約金とを比べてみるなどし、解約日を改めて見直してみても良いでしょう。

プロバイダに解約の旨を連絡する

電話や公式サイトのフォームから、プロバイダに解約の連絡をします。解約にあたってはレンタル機器の返却が必要になる場合もあります。しなくてはいけない手続き、返さなくてはいけないものについて、きちんと確認しましょう。回線事業者へも別途解約の連絡が必要な場合もあります。

解約して新規の回線・プロバイダと契約するメリット

継続利用よりも、解約してから新規の回線・プロバイダにする方が多少面倒ではありますが、以下のようなメリットもあります。

料金が安くなる可能性がある

新規申し込みに伴う特典が利用できます。また、最近では携帯電話のキャリアが光回線のサービスを提供している場合もあり、自身のキャリアと同じ事業者のサービスを選択すれば、携帯電話の料金も合わせて割引になるといったメリットも得られます。

接続スピードが高速になる可能性がある

回線やプロバイダによって、インターネットの接続スピードには違いがあります。これまで通信速度に不満を持っていたら、解消するチャンスです。

そのほか節約に関するサービスを受けられる可能性がある

インターネット回線利用料やプロバイダ料金の他にも、関連サービスの割引などお得になる特典を各社提供しています。また、一定期間の利用で現金やポイントのキャッシュバックといった特典も受けられるケースがあるでしょう。

引越しの際、回線業者にはいつ連絡すればよい?

継続利用、解約、新規契約いずれの場合も、各社に1ヶ月前には連絡をしましょう。特に新規契約で工事が必要になる場合は工事日の予約なども必要になるので、早めにしておくべきです。場合によっては回線が利用できないことがわかるなど、契約する事業者やプランの見直しを迫られる可能性もあります。

光回線ならDTI with ドコモ光がおすすめ

引越しで新しい回線、プロバイダにするならDTI with ドコモ光」がおすすめです。国内で500万回線を突破しているドコモ光の特徴は、安定したドコモ光の回線スピードと、それを活かす最新鋭のルーターがずっと無料で使えることです。通常の光回線サービスですとルーターが付属していない、もしくは付いていたとしても光回線が開通した後にルーターが送られてきます。光回線の開通前に最新鋭のルーターを用意してくれるのは、現在※全国でDTI with ドコモ光だけです。

さらに、ドコモのスマホ回線を契約している方は毎月最大3,500円も通信費用を抑えることが可能です。また、ドコモ光では、工事費最大18,000円が無料になるキャンペーンもあわせて実施中です。期間限定のキャンペーンですので、この機会に是非一度、キャンペーン内容をご確認ください。

“DTI

引越しは、インターネットの回線、プロバイダ見直しの絶好の機会です。ただでさえ忙しい引越し時期ではあっても、見直しによって大きなメリットが得られる可能性もあるので、きちんと時間をとって見直してみてください。
その上で、各社の手続き方法を詳細に確認し、利用できない期間や余計な料金が発生してしまわないよう、早め早めにインターネット関連の各手続きを済ませていきましょう。

※2018年8月21日段階の情報です

最新記事

おすすめ記事

おすすめサービス

close
このエントリーをはてなブックマークに追加