DTI dream.jp 安心のインターネットプロバイダー

DTI Tips Station

インターネット回線の基本知識!光回線とADSL回線の違いは一体何?

インターネット回線の基本知識!光回線とADSL回線の違いは一体何?

光回線とADSL、各回線の違いはどんなところにあるのでしょうか。何となくぼんやりと速度が違うのだろうと思ってはいても、具体的にどれほどの差があるのかは知らないという人も少なくないはずです。ここでは光回線とADSLの違いと、それぞれの回線がどんな人に向いているかということについて考察してみます。

通信の速度・安定性が違う

光回線とADSLを比べたとき、最も顕著な違いとして挙げられるのが速度です。回線の種類にもよりますが、ADSLの最大速度は下り50.5Mbps、上り12.5Mbpsで、光回線は下り上りとも1Gbpsとされています。

※Mbpsとは、1秒間に送ることができるデータの量をあらわしていて、1Mbpsだと1秒間に日本語を約6万5千文字送ることができます。「下り」とはインターネットの情報をパソコンに表示させる際の速度をあらわし、「上り」とはメールなど、パソコンからインターネットへ情報を送る際の速度のことを言います。また、1,024 Mbps=1Gbpsとなります

また、各回線は通信の安定性でも違いがあります。ADSLは基地局からの距離により通信速度が影響を受けやすい回線と言えます。外部からノイズの影響を受けやすく、距離が長くなると特に高周波帯域の伝達が困難になる傾向にあります。基地局からの距離が2.5kmを超えると極端に通信速度が落ちるとも言われ、時折途切れるなどの障害も発生しやすくなります。

一方、光回線は光の特性を利用する伝送方式のため電磁波の影響をほとんど受けず、安定性の高い通信状態が持続します。加えて光による伝達は伝送損失が発生しにくく、長距離であってもデータを容易に送れます。

また、光回線の中でも、特にIPv6という新しいバージョンのIPを用いた「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6」という接続方式を利用すれば、より回線が安定し、速度が向上する可能性があります。

IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6では、従来のIPv4 PPPoE方式と違い、インターネット接続においてボトルネックとなる「網終端装置」を経由する必要がありません。そのため混雑を回避でき、光回線本来の快適な通信環境を利用できます。

DTIのプロバイダーサービスでは、このIPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続方式による「IPv6(IPoE)接続サービス」を無料で提供しています。詳しくは以下をご覧ください。

IPv6、「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6」についての詳しい説明はこちら
自分の住んでいる場所のIPv6接続サービスの通信速度を確認してみる

近年のインターネット利用に必要な通信速度は?

パソコンで動画サービスを利用し、HD画質で視聴をするために必要な通信速度は約3.5Mbpsと言われています。ということはADSLでも十分に視聴可能……ということになりますが、最大速度と実際の速度は異なります。基地局との距離によって接続が安定しない可能性も考えると、万全の環境とは言えないかもしれません。

基地局との距離が4km以上あると回線速度が100kbps以下になることもあり得ます。また、ADSLは下り速度より上り速度が遅いため、動画などをよくアップロードするという人は留意しておく必要があるでしょう。

しかし、動画の視聴以上に回線が問題になるのはネットゲームをする場合です。ネットゲームでは速度より回線状態の安定性が求められます。ちょっとしたことで遅延が発生したり、サーバーから落とされたりすることがあるとイライラしてゲームどころではないかもしれません。ネットゲームをするのであれば、安定性のある光回線を選んでおくべきでしょう。もちろん、「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6」対応の光回線であれば、より回線が安定し、ストレスなく動画やゲームを楽しめるのでおすすめです。

ADSLなら低料金でインターネットが利用できる

ただ、ADSLには光回線に比べて低料金でインターネットを利用できるというメリットがあります。月々の利用料はADSLが2,000~5,000円程度、光回線は3,000~7,000円程度です。

光回線はプロバイダーの利用料を合わせると、月に5,000円以上かかっている場合もあるのではないでしょうか。また、光回線は基本的にケーブルの引き込み工事が必要ですが、ADSLは電話回線を利用するため大きな工事は必要なく、その分、初期費用も安くなります。申し込みから開通までの期間も2週間程度と短いのも魅力です。

基地局から2km以内なら、ADSLでも速度、安定性ともそれほど不満なく使用できるはずです。ネットゲームをしない人、オンラインでの動画や音楽の視聴を頻繁にしない人にはADSLで十分かもしれません。また、光回線の工事ができないケースもありますし、ADSLは決して悪い選択ではないということは付け加えておきます。

ただし、NTT東日本・西日本はADSLの新規申し込み受付を2016年6月で終了しました。またADSLのサービス自体も2023年1月31日に停止することが決まっています(「フレッツ光」が提供されていないエリアは対象外となり、新規申し込み含め継続して利用できる予定です)。

現在契約しているADSLはしばらく利用できますが、サービス停止となる前までには、光回線もしくはその他の回線への切り替えをしなければなりません。

2023年1月31日近くになると受付が混雑する可能性があるので、早めの対応をしておいた方がよいでしょう。もしも光回線とADSLで迷っているのなら、こうした現状と将来性についても考慮したほうがよいかもしれません。

DTI光ならIPoE接続対応の光回線をお得に利用できます

DTIでは、auセット割などの割引が利用でき、しかも最低利用期間の縛りや解約時の違約金が無い※安心・おトクな光コラボ「DTI 光」をご提供しています。DTI 光の主なメリットは次の4点です。
※開通月は解約手続きができません。開通月翌月での解約をご希望の場合、当月の利用料金が発生いたします。

auユーザー、DTI SIMユーザーだけの割引あり

DTI 光なら、ほかサービスとのセットで各種割引が受けられます。DTI光とauのスマートフォンなどを同時利用する場合は毎月最大で1,320円(税込)の割引(auセット割)、DTI光と格安SIMカードサービス「DTI SIM」をまとめて契約して同時利用する場合は毎月165円(税込)割引(SIMセット割)となります。

もちろんIPv6(IPoE)接続サービス対応

DTI光ではIPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続方式による「IPv6(IPoE)接続サービス」を利用可能です。従来の接続方式の光回線を使っていて、速度が遅い、繋がりにくい時間帯があると感じている方でも、DTI光に切り替えることで安定性と速度が向上することが期待できます。

最低利用期間なし&違約金なし

また、DTI光には「2年以上利用すること」などといった契約期間の制限はありません。そのため、いわゆる「2年縛り」と呼ばれるような、特定の期間中に契約解除しないと違約金がかかるといったこともありませんし、自動更新されることもありません。いつでも違約金なしで解約できます。
※開通月は解約手続きができません。開通月翌月での解約をご希望の場合、当月の利用料金が発生いたします。

キャッシュバック特典、工事費無料特典、DTI 会員様限定特典など特典も満載

さらには、特典として最大19,000円のキャッシュバックが受けられます。また、現在ADSL回線をご利用中の方なら工事費&開通月の月額料金無料、さらにDTI会員限定の国内のホテル・旅館の宿泊代、レジャー施設、飲食店、映画チケットなどが割引になるサービスも受けられます。

とりあえず特典の内容を確認してみる
どれくらい料金がお得になるかシミュレーションをしてみる

DTI 光

※ DTI光の各種特典内容は予告なく終了または内容を変更させていただく場合がございます

最新記事

おすすめ記事

おすすめサービス

close
このエントリーをはてなブックマークに追加