DTI dream.jp 安心のインターネットプロバイダー

DTI Tips Station

モデムとルーターって何が違う? インターネット接続の基礎をわかりやすく解説

モデムとルーターって何が違う? インターネット接続の基礎をわかりやすく解説

自宅でインターネットを利用しているけれど、モデムとルーター、2つの装置の違いがよくわからないという方もいるのではないでしょうか。どちらもインターネットを利用するときに使うものですが、片方は欠かせないもので、もう片方は目的によっては必要なものです。両者の違いについてしっかりと理解しておきましょう。

モデムとは?

モデムとは、パソコンが理解できるデジタル信号と電話回線などのアナログ信号とを、相互に変換するための装置です。

もともとモデムは電話回線によるダイヤルアップ接続で使用されていました。パソコンと電話回線を使ってインターネットに接続するために欠かせない装置でした。

当時のモデムにはモジュラージャックのコネクタがあり、モジュラーケーブルで電話回線と接続できました。その後、ADSL回線を利用するためのADSLモデムが登場して普及しましたが、ADSLも電話回線を使ってインターネットに接続するので基本的な仕組みはよく似ています。

ADSLモデムの外観は四角い箱型が多く、表側には回線信号や接続確立などの状態を示すランプが並び、裏側にはモジュラージャックのコネクタが備わっています。壁のモジュラージャック(電話回線)とモデムをモジュラーケーブルで接続し、電話機とも同じくモジュラーケーブルで接続できます(もしくは、ADSLスプリッターと呼ばれる機器を使って電話回線をモデム用と電話用とで分けて接続する方式もあります)。このことにより、電話回線を使ってパソコンでインターネットをすることも、電話機で電話をかけることもできます。

ほかにはケーブルテレビ(CATV)回線用のモデムもあり、こちらは電話回線ではなくケーブルテレビ回線とパソコンを接続する装置となっています。

では、光回線の場合はどうでしょうか。光回線はアナログ信号ではなく光信号なのでモデムは使いません。代わりにONU(光回線の終端装置)と呼ばれる装置を使用します。役割はモデムと似ていて、デジタル信号と光信号を相互変換します。そのため、ONUのことをモデムと呼ぶ人もいます。

なお、ONUについての詳しい説明は こちら をご覧ください。

ルーターとは?

モデムもONUも信号を変換する装置です。これらの装置には、パソコンは基本的に1台のみを繋ぐことができます。

しかし、今やパソコンを複数台持っている方は珍しくありません。ゲーム機やテレビをインターネットに接続している方も多くいます。Wi-Fiを使ってスマートフォンやタブレット、携帯ゲーム機をインターネットに繋いでいる方はもっと多いでしょう。

そんなときに必要になるのがルーターです。ルーターは異なるネットワークを接続するための装置で、LANとWANを繋ぐと、LAN側の複数の端末がインターネットに接続できるようになります。(この場合のLANは宅内のネットワークを指します)。

ルーターにはさまざまなデザインのものがありますが、基本的に外観はモデムと似ています。表側にはランプが並び、裏側を見るとLANポート(LANケーブルの差込口)が複数並んでいます。「WAN」と書いてある差込口はLANケーブルでモデムやONUと接続します。

ADSLが普及し始めた頃はルーターと言えば有線接続のみで使うタイプしかありませんでした。しかし光回線が当たり前となった現在は、無線接続、つまりWi-Fiを使う方が増えたため、有線も無線も使えるWi-Fiルーター(無線LANルーター)が主流となっています。さらに、最近では安定性と速度に優れた「光回線+IPoE」という通信方式が普及してきています。そのため、今、ルーターを新しく用意するならIPoE対応のルーターを選ぶのがおすすめです。

IPv6についての詳しい説明はこちら

モデムとルーターの違いとは?

モデムはデジタル信号とアナログ信号を相互変換するための装置です。光回線の場合はデジタル信号と光信号を相互変換する役割をONUという装置が担っています。そのモデムとLANケーブルで接続し、複数の端末を同時にインターネットに接続させるための装置がルーターです。

モデムとルーターの違いがおわかりいただけたでしょうか?

ただ、現在はモデムやONUとルーターの両方の機能を持つ一体型の製品も登場しています。ルーター機能内蔵モデムやルーター機能内蔵ONUがあれば、複数台の端末を使うためにルーターを用意する必要はなくなります。

ハブとは?

複数台の端末を繋げることを考えたことのある方なら、ハブ(スイッチングハブ)と呼ばれる機器があることをご存知かもしれません。ハブを使うとルーターに接続できる端末数を増やすことができます。

ただし、ハブは単にLAN配線を分岐して増やすだけの機器です。いわばコンセントの数が足りないときに使うテーブルタップのようなものです。ルーターのように複数の端末を繋いで同時にインターネットに接続するための機能はありません。そのため、ハブをモデムやONUに直接繋いでも複数の端末で同時にインターネットを利用することはできません。しかし、ルーターにハブを繋げば、同時にインターネットに接続できる端末の数を増やすことができます。

モデムとルーターの入手方法

モデム・ONUはNTT東日本・NTT西日本(サービス名:フレッツ光)などの回線事業者からレンタルするのが一般的です。モデムのレンタルは基本的に有料、ONUは無料でレンタルできますが、ルーター機能が付加されている場合は専用プランの契約が必要か別料金が発生することが一般的です。

ルーターは、モデムやONUにルーター機能が内蔵されている一体型なら基本的に必要ありません。しかし一体型ではない場合や、より高性能なルーターが欲しいときは市販の製品を購入してモデムやONUと接続して使うことになります。また、ルーターもプロバイダーなどからレンタルされた製品を使うこともできます。その場合は有料であることが多いでしょう。

DTI with ドコモ光ならIPoE接続対応の最新鋭ルーターが無料

最新鋭のルーターを利用したい方に朗報です。ドコモ光というサービスをご存知でしょうか? 国内で550万回線を突破している光ファイバー回線対応のインターネット接続サービスで、IPv6対応の最新鋭ルーターが無料で使えます。また、ほかにもさまざまなメリットがあるので、下記にまとめました。ぜひ、チェックしてみてください。

IPoE対応の高性能ルーターがずっと無料

あらためてお伝えしますが、ドコモ光の回線スピードとそれを活かすIPoE接続対応の高性能ルーターがずっと無料で使えます。また、通常の光回線サービスですとルーターが付属していない、もしくは付いていたとしても光回線が開通した後に送られてきます。しかし、光回線の開通前にIPoE接続対応の高性能ルーターが用意されます。もちろん、IPv4にしか対応していないWebサイトにも接続できます。

ドコモユーザーなら毎月最大2,251円も通信費がお得に

また、ドコモのスマホ回線を契約している方は毎月最大2,251円も通信費用を抑えることが可能です。

最大15,000円のキャッシュバック特典+新規お申し込みでdポイントを10,000pt贈呈

さらに、最大15,000円のキャッシュバック特典があり、新規でお申し込みの方には10,000pt、転用でお申し込みの方には5,000ptのdポイント(期間・用途限定)を進呈いたします。

新規工事料も無料

そして、新規工事料が無料になる特典もあります。この機会にぜひ一度、特典内容をご確認ください。

DTI ドコモ光

ドコモユーザーではない方はauセット割があるDTI光もおすすめです

ドコモユーザーではない方には、auセット割も利用できる DTI光 もおすすめです。DTI光の主なメリットは次の4点です。

auユーザー、DTI SIMユーザー、東京ガスユーザーだけの割引あり

ほかサービスとのセットで、各種割引が受けられます。DTI光とauのスマートフォンなどを同時利用する場合は毎月最大で1,200円の割引(auセット割)、DTI光と格安SIMカードサービス「DTI SIM」をまとめて契約して同時利用する場合は毎月150円割引(SIMセット割)、DTI光と東京ガスのガス・電気セット割を同時利用する場合は毎月最大250円割引(東京ガストリプル割)となります。

もちろんIPv6(IPoE)接続サービス対応

DTI光ではIPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続方式による「IPv6(IPoE)接続サービス」を利用可能です。従来の接続方式による光回線を使っていて、速度が遅い、繋がりにくい時間帯があると感じている人でも、DTI光に切り替えることで安定性と速度が向上することが期待できます。

最低利用期間なし&違約金なし

また、DTI光には「2年以上利用すること」などといった契約期間の制限はありません。そのため、いわゆる「2年縛り」と呼ばれるような、特定の期間中に契約解除しないと違約金がかかるといったこともありませんし、自動更新されることもありません。いつでも違約金なしで解約できます。

キャッシュバック特典、工事費無料特典、DTI 会員様限定特典など特典も満載

さらには、特典として、工事費実質無料となる最大19,000円のキャッシュバックが受けられます。また、現在ADSL回線をご利用中の方なら工事費&開通月の月額料金無料、さらにDTI会員限定の国内のホテル・旅館の宿泊代、レジャー施設、飲食店、映画チケットなどが割引になるサービスも受けられます。

DTI 光

※ DTI with ドコモ光、DTI光の各種特典内容は予告なく終了または内容を変更させていただく場合がございます
※「フレッツ」およびその他「フレッツ」関連の名称はNTT東日本およびNTT西日本の登録商標です
※「Wi-Fi」は、Wi-Fi Allianceの登録商標です
※「ドコモ」は、日本電信電話株式会社の登録商標です

最新記事

おすすめ記事

おすすめサービス