DTI Tips Station

SIMカードを入れ替える際に知っておくべきこと

SIMカードを入れ替える際に知っておくべきこと

格安SIMカードを利用する場合、オンラインで購入し、送られてきたSIMカードを自分で端末に入れ替えなければならないケースがほとんどです。大手携帯キャリアであれば店員さんにやってもらうようなことを自分で行うわけですが、やり方さえわかっていればそれほど難しい作業ではありません。

ここではSIMカード入れ替えの際に知っておくべきポイントについて解説します。

SIMカードはどの端末でも使える?

格安SIMカードを購入する際、気になるのはSIMカードがどの端末でも使えるのかということです。まず、端末自体にSIMロックがかかっている場合は端末と同じ携帯キャリアのSIMカードでなければ使えません。

では、SIMフリーの端末であれば大丈夫かというと、SIMカードにはサイズの違いがあり、大きいほうから、標準SIM(mini SIM)、Micro SIM、Nano SIMの3種類がありますので、端末がどのSIMに対応しているのかを確認しておく必要があります。

SIMカードに記録されるデータって?

ところでSIMカードにはどんなデータが記録されているのでしょうか。SIMカードを手に取って裏返してみると、接触式のICが埋め込まれています。この中には、IMSI(International Mobile Subscriber Identity)と呼ばれる固有番号が、契約者の電話番号と結びついて記録されています。

SIMとはSubscriber(回線)、Identity(識別)、Module(モジュール)の略で、SIMカードは文字どおり回線の契約者を識別するためのカードというわけです。

なお、格安SIMカードの場合は、データ通信専用のSIMカード、データ通信+SMS(ショートメッセージ)対応のSIMカード、さらに音声通話もできるSIMカードがあります。音声通話対応のSIMカードであれば基本的にSMSには対応しています。

一方、アプリや写真、音楽などのデータはスマートフォンおよび携帯電話本体内の内部ストレージと呼ばれる記憶装置に保存されています。Android端末の場合は、データによってはSDカードにも記録できます。

SIMカードを取り出すとき、入れるときの注意点

iPhoneからSIMカードを取り出すには、iPhoneに同梱されている「SIM取り出しツール」を使います。なければクリップで代用も可能です。

SIM取り出しツールの先端を本体サイドにある穴に差し込んで押し込むとポンっとSIMトレイを抜き出せます。Android端末は端末の裏ブタを外して電池パックを取り外すとSIMトレイを入れるスロットがあるタイプ、本体サイドに挿入口があるタイプなどがあります。

SIMカードを端末に入れるときはカードの向きに気をつけましょう。また、小さいので落としたり飛ばしたりしないように注意が必要です。広いテーブルの上などで作業してください。

SIMカードを使用するために必要な設定

格安SIMカードを端末に装着したら、APN(アクセスポイント名)設定を行う必要があります。APNとは簡単にいえばインターネットに接続するための接続先のことです。

設定方法はSIMカードに付属しているマニュアルなどに書いてあり、それほど難しいものではありません。Android端末の場合は、「設定」→「モバイルネットワーク」→「アクセスポイント名」に進み、「新しいAPN」をタップ、ここでSIMカード付属のマニュアルに従って、アクセスポイント名、認証ID、パスワード、認証方式などを入力します。

iPhoneの場合は手動ではなく、「APN構成プロファイル」を使用するのが一般的です。まずWi-Fiでインターネットに接続し、専用ページからプロファイルをダウンロードしてインストールします。その後、「設定」→「モバイルデータ通信」と進み、「LTE回線を使用」をオンにすれば設定完了です。

SIMカードはあまり頻繁に抜き差しするようには作られていないので、乱暴に扱うことは禁物です。ここで解説した内容を参考にしつつ、入れ替えを行う際は慎重にしましょう。

2016年10月更新

close
このエントリーをはてなブックマークに追加