DTI Tips Station

知らないと損をする? 回線業者とプロバイダーの見直しをすべきタイミング!

知らないと損をする? 回線業者とプロバイダーの見直しをすべきタイミング!

自宅でインターネットを利用するために契約している回線業者とプロバイダー。どちらも普段はあまり気にせず、見直しを考えることは少ないかもしれません。今回は回線業者とプロバイダーを見直すべきタイミングについてご紹介します。

回線業者、プロバイダーとの契約更新時に見直す

自宅でインターネットを利用しているのなら回線業者とプロバイダーという2つの業者と契約をしているはずです。回線業者とは電話回線、光回線、ケーブルテレビなどの回線を提供している業者で、NTT東日本、NTT西日本がその代表です。一方、プロバイダーはその回線を利用して各端末をインターネットに接続するためのサービスを提供しており、よく「インターネット接続業者」と説明されます。

この2つの業者との契約は、割引キャンペーンなどを利用して加入した場合は「2年縛り」「3年縛り」などの契約になっていることがあります。その場合、更新月以外で解約をすると1,000~10,000円程度の違約金が発生することがあります。もしもそういった状況であれば、契約更新時が乗り換えるタイミングのひとつと言えるでしょう。

引っ越しをする際に見直す

引っ越しの際は、これまで使っていた回線業者とプロバイダーに住所変更の届けを出さなければなりません。もちろん、回線業者とプロバイダーのサービスが引っ越し先の地域で使えるかを確認しておく必要もあります。

そういった手続きや工事をするくらいなら一旦、どちらか一方の業者、または両業者と解約して、引っ越し先では新しい回線業者やプロバイダーと契約しようと考える人も少なくないようです。確かに乗り換えるタイミングのひとつと言えるでしょう。

また、引っ越し先が両業者のサービス対応エリアから外れていたため乗り換えたり、マンションなどの「インターネット環境完備物件」に引っ越すので、それに従って乗り換えたりするという人もいます。

いずれにしろ引っ越し時は、多くの人が回線業者とプロバイダーをどうするか頭を悩ませることになります。引っ越しは業者を見直すよい機会と捉え、最適な方法を考えてみましょう。

パソコンやタブレットを新たに購入したタイミングで見直す

これまでデスクトップパソコンを使っていて、新しくデスクトップパソコンを買い直したという人なら、インターネット環境はそのままでもかまわないでしょう。しかし、ノートパソコン、タブレット、最近人気のタブレットPCなどを購入したという人は、インターネット環境について見直してみたほうがよいかもしれません。

インターネット環境を見直すべきか否かを判断するポイントは、購入した端末をどんなシーンで利用するかです。外出先でインターネットに接続して利用する機会が増えそうなら、モバイルWi-Fiルーターを利用するという方法もあります。

モバイルWi-Fiルーターは動画を見るのにも申し分のない通信速度で、家の中でも外出先でもインターネットへ接続が可能です。工事や配線も特に必要ありません。モバイルWi-Fiルーターひとつで、パソコンやタブレット、スマートフォンをいつでもどこでもインターネットに接続できます。

そのため、引っ越しが多い人の場合は、モバイルWi-Fiルーターに乗り換えるというケースも考えられます。

回線業者を変えるか、プロバイダーを変えるか、モバイルルータと固定回線を組み合わせるか、両方を変えるか、そのままにしておくか、この記事を参考に現状と環境の変化などを考慮し、最適な選択をしてください。

2016年8月更新

close
このエントリーをはてなブックマークに追加