DTI Tips Station

今さら聞けない!Wi-FiとBluetoothの違いを知ろう!

今さら聞けない!Wi-FiとBluetoothの違いを知ろう!

Wi-FiとBluetooth……どちらも無線で使用するものだということは知っている人も多いでしょう。では、両者には具体的にどんな違いがあるのかはご存知でしょうか。今回はWi-FiとBluetoothの違いとそれぞれの特徴について解説します。

Wi-Fiとは?

Wi-Fiとは無線LANの規格のひとつである「IEEE 802.11」という通信規格を使用している機器であることを示すブランド名です。Wi-Fi対応機器同士であればメーカーや製品の違いを気にすることなく通信が可能です。

代表的なWi-Fi対応機器には自宅で使うWi-Fiルーターがあり、これを利用すればWi-Fi対応のノートパソコンやスマートフォン、タブレットをインターネットに接続できます。また、最近では外出先で使えるモバイルWi-Fiルーターも注目を集めています。

Bluetoothとは?

BluetoothもWi-Fiと同じように無線規格のひとつです。「IEEE 802.15.1」というのがその通信規格名です。50~100メートル程度の無線通信を想定して作られたWi-Fiとは違い、Bluetoothは数メートルから10メートル程度の近距離無線通信を想定して作られた規格です。最近ではスマートフォンやタブレットの多くにBluetooth機能が備わっており、Bluetooth対応のイヤホン、スピーカー、キーボードなどを利用できます。

テザリングを行う際のWi-FiとBluetoothの違い

最近のスマートフォンにはテザリングという機能が備わっています。テザリングとはスマートフォンをアクセスポイント(無線LANの親機)として使用することで、ノートパソコンやタブレット、ゲーム機器などをインターネットに接続する方法のことです。

このテザリングを行う際、スマートフォンとそのほかの各端末を接続するためにWi-FiかBluetooth、もしくはUSBを使います。各機器を利用したテザリングの特徴は以下の通りです。

・Wi-Fiを利用したテザリング

Wi-Fiは最も多くの機種が対応しており、通信速度はまずまず高速で、安定した通信ができます。ただしスマートフォンのバッテリー消費量が大きいというデメリットがあります

・Bluetoothを利用したテザリング

通信速度は遅く、やや不安定です。また、スマートフォンとパソコンなどが近くにある必要があります。ただし、少ない電力で長時間利用できるというメリットがあります

・USBを利用したテザリング

最も高速で安定した通信が可能ですが、有線で接続する必要があります

同じ無線規格でも、Wi-FiとBluetoothはこのテザリングに象徴されるように、通信可能距離だけでなく、通信速度とその安定性、さらには消費電力にも違いがあります。

以上のように、Wi-FiとBluetoothにはそれぞれ似たところと異なるところがあります。違いや特徴を理解して、2つの無線規格を上手に使い分けましょう。

2016年4月更新

close
このエントリーをはてなブックマークに追加