DTI Tips Station

実はとても大切な制度のユニバーサルサービスとは?

ユニバーサルサービス制度、ユニバーサルサービス料って何?

ユニバーサルサービスという言葉をご存知でしょうか。電話を利用しているのであればほとんどの人が、毎月わずかな額ですが、このユニバーサルサービスを利用するために、ユニバーサルサービス料という利用料を支払っています。

では、それは具体的にどのようなもので、なぜ支払う必要があるのでしょうか。今回はユニバーサルサービス、ユニバーサルサービス制度、ユニバーサルサービス料について解説していきます。

ユニバーサルサービス制度とは

日本では固定電話、公衆電話、緊急通報(110番や119番など)は、国民生活に不可欠なサービスとして日本全国あらゆるところで提供されるべきと法律で定められています。この3つの電話サービスのことをユニバーサルサービスといいます。そしてユニバーサルサービス制度とは、このユニバーサルサービスを提供するための費用を電話会社それぞれで応分に負担しようという制度のことです。

ユニバーサルサービス料とは

では各電話会社はどのようにしてその費用を捻出しているのでしょうか。ほとんどの電話会社では、その費用は利用者が支払う「ユニバーサルサービス料」でまかなっています。

利用者が各電話会社へ支払うユニバーサルサービス料は、ユニバーサルサービス支援機関である社団法人電気通信事業者協会(TCA)が半年に1回、見直しを行い、どの利用者に対しても同じ料金が課されるようになっています。

2012年7月~2014年12月までのユニバーサルサービス料は1電話番号あたり3円/月、2015年1月以降は1電話番号あたり2円/月でした。2016年7月には料金改定があり、1電話番号あたり3円/月になります。

なぜユニバーサルサービス制度が必要なのか?

ユニバーサルサービスは、電気通信事業法第7条によって電気通信役務であると定義されています。

もともとは固定電話事業を行っているNTT東日本とNTT西日本にその役務を果たすことが義務づけられていたのですが、1990年代後半からはNTTだけではユニバーサルサービスを維持するのが難しくなりました。他事業者の参入によって競争が激しくなり、マーケットがNTTだけのものではなくなったためです。

結果、ユニバーサルサービスが確保できない恐れが出てきました。そこで2002年に、NTT回線に接続するNTT以外の電話会社もユニバーサルサービスを維持するためのコストを負担する仕組み=ユニバーサルサービス制度が作られ、2006年から稼働したのです。

なお、各電話会社が利用者からユニバーサルサービス料として徴収したお金は、基礎的電気通信役務支援機関に納められ、その後、NTTに交付されます。

以上がユニバーサルサービス制度、ユニバーサルサービス料の概要です。ごく簡単にいえば、全国の人たちが固定電話、公衆電話、緊急通報が利用できるようにするために、携帯電話を含む電話を使用している人々が毎月ユニバーサルサービス料を支払っていると考えれば、理解しやすいのではないでしょうか。

2016年6月更新

close
このエントリーをはてなブックマークに追加