DTI Tips Station

格安SIM、格安スマホのメリット、デメリット。それでも格安SIMをすすめる理由。

格安SIM、格安スマホのメリット、デメリット。それでも格安SIMをすすめる理由。

格安SIM(あるいは格安スマホ)には、メリットもあればデメリットもあります。メリット、デメリットは、どちらも格安SIMの特徴そのものにも直結しています。その中身をよく理解し、納得してから格安SIMを導入して、後から「こんなはずでは……」と思うことのないようにしてください。ではまず、メリットから順に解説していきましょう。

格安SIMのメリット

最大のメリットはなんと言っても安さ!

格安SIMのメリットMVNO各社が提供している格安SIMの最大の魅力は料金が安いことです。現在、スマホを使っている人なら月々の携帯代は6,000円、7,000円は当たり前、本体価格も割賦で支払っている場合には1万円を超えるという人も少なくないはずです。しかし格安SIMでは月々1,000円台、もしくはもっと安い金額で運用することが可能です。

それでは、具体例を見てみましょう。
「DTI SIM」では事務手数料(登録手数料)が3,000円。月額基本料金は、1GBで600円/月、5GBで1,220円/月、10GBで2,200円/月という、料金プランを提供しています。
1GB、5GBというのは月ごとの上限データ通信量で、1GBでは物足りない方もいるでしょうが、5GBあれば多くの方が許容できる範囲内でしょう。
月に6,000~7,000円、またはそれ以上の金額を支払っていた人にとっては、格安SIMの安さは十分すぎるメリットと言えるでしょう。

シンプルな料金体系も見逃せない

格安SIMでは、料金体系がシンプルなこともポイントです。NTTドコモ、au、ソフトバンクモバイルなどの大手キャリアの料金プランは複雑すぎて難しいと感じる人も多いはず。「○○オプション」や「○○割」と名前のついた制度が適用されていることはわかっても、それで結局どれくらい得をしているのかよくわからないという人もいるでしょう。

しかし、格安SIMのために用意されているのは、一目見れば理解できるようなプランばかりです。まず上限データ通信量の容量ごとに「データプラン」などと呼ばれるプランがあります。
前述の「DTI SIM」であれば、1GBで600円/月です。他は会社により、データプランにプラスしてSMSが使えるプラン、音声通話もできるプラン、格安スマホがセットされたプランなどがあります。
いずれにしろ、最初にプランを決めれば「毎月○○円」という定額になっていて、あとは通話料などが加算されるだけです。これなら自分の使い方に合ったプランも簡単に選べるはずです。

2年縛りなどの契約を気にせず利用できる

大手キャリアでは多くの場合、「2年縛り」と呼ばれるような契約をし、契約を更新する月に解約や他社への乗り換えをしないと違約金を支払うことになってしまいます。
該当月に申し出をしなければ契約は自動更新され、その後2年間はまた違約金がかかる仕組みです。一方、格安SIMの場合、プランによっては違約金自体がなかったり、最低利用期間を過ぎれば解約しても違約金が発生しなかったりします。そのため、格安SIMではもっと安くて自分に合うプランが見つかれば、気軽にそちらに乗り換えることができます。

格安SIMのデメリット

さて、ここからはデメリットを見てみましょう。

通話料金が割高

格安SIMのデメリット大手キャリアでは、同じキャリア同士なら通話料金無料の時間帯があったり、家族間通話が無料だったりというサービスがあります。固定の月額料金で通話し放題のカケホーダイといったサービスも魅力的です。
格安SIMではこうした通話サービスはまだポピュラーではありません。通話料金は20円/30秒が基本で、スマホでよく電話をかけるという人にとってはデメリットになります。
むしろ、格安SIMでは通話はオプション扱いと考えた方がわかりやすいでしょう。データ通信オンリーのプランもあり、2台目のタブレットやスマホをデータ通信のみで使う場合や、通話はLINEなどの無料通話アプリを使うという人であれば、これでもいいということになるはずです。

キャリアメールやキャリアのサービスが使えない

格安SIMではキャリアメールが使えません。キャリアメールは、ドコモは「~@docomo.ne.jp」、auは「~@ezweb.ne.jp」、ソフトバンクは「~@softbank.ne.jp」というアドレスのメールのことで、これが使えないと絶対に困るという人は格安SIMは選択肢から外さざるを得ません。
これはドコモのネットワークを借り受けているMVNOの格安SIMでも同じことです。キャリアメールの代わりはGmailやYahoo!メールを使う人が多く、iPhoneを使っていて「~@icloud.com」「~@me.com」というメールアドレスを所持している人はこちらも使用できます。

また、格安SIMではLINEの年齢認証ができません。LINEの年齢認証は各キャリアのユーザーページ(My SoftBank、auお客様サポート、My docomo)経由でしか行えないためで、年齢認証ができないと、LINEのID検索が使えません。それを除けばLINEは通常どおり利用することができます。同様に、格安SIMではキャリア決済サービスなどのキャリアが提供するサービスも使えなくなります。

上限データ容量が少ない

最初の方でも触れましたが、格安SIMではプランによって月ごとの上限データ通信量が決められています。例えば1ヵ月7GBのプランであれば、それを超えると速度制限がかかることになります。
普段から動画などをよく見ていて7GBでも足りないという人の場合には、格安SIMでもそれ以上のプランを選ぶ必要があります。格安SIMで多いのは3GB~5GBのプランなので、この時点でやや選択肢は狭いと言えるかもしれません。なお、「DTI SIM」では10GBで2,200円/月というプランがあり、これなら余裕を持って使えるでしょう。

逆に、上限データ通信量は少なくてもOKという人であれば、1GBプランなどを選んで低料金で運用できます。主に自宅や職場においてWi-Fiで使用するという人なら、あえて小容量プランをチョイスする方法もあるでしょう。

MNPで申し込むと数日間使えない……かも

今使っている電話番号をそのままにして乗り換えるMNPは、格安SIMでも利用できます。しかし、大手キャリアの場合のように、ショップで手続きをして即日使えるようになるとは限らないので注意してください。特に格安SIMをネットで購入する場合には、以前の回線が停止して格安SIMが自宅に届くまで数日かかるので、その間は電話が使えなくなります。もしもMNPですぐに契約したい時には、最近は店頭で契約できる格安SIMもあるのでそちらを利用するという手もあります。

SMSは必要なの?

格安SIMではSMS(Short Message Service)はオプションで使用できるようになります。SMSは、メアドがわからなくても電話番号がわかる相手とならメッセージのやりとりができるのが便利で、LINEやモバゲーのユーザー登録認証にも使用することがあります。
そしてSMSの“効用”はそれだけではありません。これは端末によっても異なるのですが、SMS機能がないと音声用の回線が認識されないために、端末が「電波がちゃんとつかめてない」と判断して電波を探し続けることがあります。するとバッテリーがみるみるうちに消費されてしまう「セルスタンバイ問題」が生じてしまうのです。
SMS機能を付加すればこの問題は解決します。ただその分、料金は月150円程度高くなり、またSMSを使えば従量制で利用料がかかります。格安SIMを契約する時はとりあえずSMSを付けておくと上記の問題は回避できますが、SMSを使い過ぎると料金がかさむので注意が必要です。

それでも格安SIMをすすめる理由

それでも格安SIMをすすめる理由

以上、格安SIM、格安スマホのメリットとデメリットがおわかりいただけたでしょうか。格安SIM、格安スマホを使うなら自分の用途に本当にマッチングするのか、メリットを生かせて、デメリットには目をつむれるかどうかをよく考えなくてはなりません。ただ、それでも格安SIMをすすめる理由があります。
デメリットとしては、通話料が高かったり、キャリアメールが使えなかったり、データ使用量が限られていることが挙げられますが、それぞれのデメリットはある程度回避できる状況にあるからです。通話よりもSNSを利用する、連絡方法もキャリアメールからLINEに切り替えている、データ容量に関しても自宅でWi-Fiを利用するといった使い方をしている方も多いでしょう。デメリットの完全なる回避ではないかもしれませんが、それ以上に、月額の費用を数千円も削減できる格安SIMの費用的なメリットの方が魅力的だと言えるのではないでしょうか。
すべての方に格安SIMが最適とは言いませんが、再度、メリットやデメリットを考えてみてはいかがでしょうか。

2015年10月更新

※「DTI SIM 10GBプラン」は、2016年5月25日に「DTI SIM ネットつかい放題プラン」にリニューアルをいたしまして、データ容量の上限がない使い放題のプランになりました。

close
このエントリーをはてなブックマークに追加