DTI Tips Station

選ぶ前に知っておきたいWi-Fiルーターの種類

選ぶ前に知っておきたいWi-Fiルータの種類

今や多くの方がWi-Fiルーターを自宅に設置し、ノートパソコンやスマートフォンなどの端末と接続してインターネットを利用しています。しかし、実際にはWi-Fiルーターとはどんなものなのか、どんな種類を選べばよいのかよくわからない……という方のために、今回はWi-Fiルーターの規格や種類などについて解説します。

Wi-Fiルーターってどんなもの?

Wi-Fiルーター(無線LANルーター)とは、Wi-Fi(無線の電波)でノートパソコンやスマートフォン、ポータブルゲーム機など、無線LAN機能付きの端末をインターネットに接続するための機械です。通常、複数の端末を同時接続する機能も備えています。

自宅やオフィスで使用する場合には、インターネット回線(モデム)とWi-FiルーターをLANケーブルでつなげば、Wi-Fiを使ってノートパソコンやスマートフォンなどの端末からインターネットを利用できるようになります。

スマートフォンなら、携帯電話の回線を使ってインターネットを利用できますが、Wi-Fiを使ったほうがパケット通信料を気にせず、しかもWi-Fi規格によっては高速でインターネットを使えます。ちなみに、キャリアと契約をしていないSIMカードなしのスマートフォンでも、Wi-Fiルーターを使えばインターネットにつなげられます。

Wi-Fiルーターの規格と周波数帯とは

Wi-Fiルーターは周波数の帯域と特徴の違いによって、次の5つの規格が使われています。最近のWi-Fiルーターは、複数の規格が採用されているケースが多いです。

・11b(IEEE802.11b)

スピードが遅くて電波干渉にも弱いのですが、壁などの障害物には強く、伝送距離も比較的長い規格です。通信速度(最大)は11Mbps。周波数帯は2.4GHz。

・11g(IEEE802.11g)

11bと互換性があり、対応機器が多い規格です。大容量データのやり取りもスムーズ。通信速度(最大)は54Mbps。周波数帯は2.4GHz。

・11a(IEEE802.11a)

高速で電波干渉が少なく、安定性のある規格です。通信速度は54Mbps。周波数帯は5.2GHz。

・11n(IEEE802.11n)

11gや11aよりもさらに高速で安定性のある規格です。ハイビジョンの動画を楽しむことも可能。通信速度は300Mbps、450Mbps、600Mbps。周波数帯は2.4GHzと5GHz。

・11ac(IEEE802.11ac)

2014年1月に正式に制定された最新のWi-Fi規格です。離れた場所でも高速通信ができるのが特徴。通信速度は867Mbpsで、iPhone6をはじめ対応機種も徐々に増えています。周波数帯は5GHz帯です。

なお、周波数帯の2.4GHz帯はスタンダードな周波数帯ですが、電子レンジやコードレス電話、Bluetoothなどにも利用されており、電波同士が干渉して通信が不安定になることがあります。5GHz帯は端末が対応していれば、干渉が少なく快適につながります。

Wi-Fiルーターは2種類ある

また、Wi-Fiルーターには、自宅やオフィスで使用する「据え置きタイプ」のほかに、バッテリー内蔵で外出先へ持ち運んで使える「モバイルタイプ」があります。

据え置きタイプは、モバイルタイプに比べて性能が高いことが多く、同時に接続できる台数もモバイルタイプよりも多いというメリットがある一方で、持ち運びが難しいというデメリットがあります。

モバイルルーターは、3Gや4G(LTE)などのモバイル回線(携帯電話の回線)と、Wi-Fi(無線LAN)という2つの通信機能を備えています。インターネットにはモバイル回線で接続し、スマートフォンなどの端末機器とはWi-Fiで接続します。

つまり、モバイル回線の電波が届く範囲であれば、家でも外でも、スマートフォンやタブレットなどでWi-Fiを使えるわけです。もちろん、1台で複数台の端末と同時接続できる(台数には制限があります)ので、仕事や旅行先でWi-Fiを使いたいという方にとっては、非常に便利な機器です。

Wi-Fiルーターを選ぶときは、以上のポイントを押さえておけば、自分に適したものを見付けられるでしょう。もし、光回線をはじめ高速なインターネット回線を利用しているのなら、Wi-Fiルーターもスピードの速いものを選ぶほうがよく、外でもWi-Fiを使いたいなら、モバイルルーターが便利でしょう。Wi-Fiルーターを選ぶときは、今回の記事をぜひ参考にしてください。

2016年1月更新

close
このエントリーをはてなブックマークに追加