マニュアル

クラウドサービスServersMan@VPSテクノロジーで世界を変えるためのプラットフォーム

ServersMan@VPS マニュアル/各種オプションの設定、利用方法

データセンター間バックアップ(CentOS 32bit版)

OS更新日時
バージョン情報
各種内容
CentOS
32bit版
2012/2/15 ファイル名:
vpssync-1.1_centos_i386.tar.gz
ハッシュ値:
491b283966ba477c9713e8e0ddd2c35c
wget:
http://vpsrepo.ub-freebit.net/vpssync/vpssync-1.1_centos_i386.tar.gz
ご注意
・下記マニュアルは、CentOS32bit版の内容となります。
・ご利用前に「データセンター間バックアップ機能事前準備(全OS共通)」を実行して下さい
・1以降の操作は「バックアップ元の仮想マシン」にて行なってください
1sshで仮想マシンにログイン

仮想マシンへsshでログインします。
※これ以降の操作はroot権限にて実行してください。

sshログイン方法については、エンジニアセットをご利用の場合はこちら、その他のパッケージをご利用の場合はこちらをご参照ください。

2バージョン確認

"md5sum"コマンドを使用し、現在ご利用中のファイル情報を確認します。
表示される文字列が下記表内と異なる場合や、該当ディレクトリが存在しない場合は、続けて「3.」以降の手順を実施ください。

全て同じ文字列が表示される場合は、現在ご利用のファイルは最新のものでございますので、以降の手順は必要ありません。

番号 ファイル名 md5sum値
vpscset 6b42a0860d892ed71c533a2a29735b33
vpsdbc 2b366c5a86ae0fa1e1a53ba2b1c899f6
vpsrrun 2c6718aa98b6d2163ff259d0dee32eea
vpssync 0c0e3cec55a624ca2c219947cdd90b87
[root@dti ~]# md5sum /usr/local/vpssync/vpscset
(上記表内①のmd5sum値)  /usr/local/vpssync/vpscset

[root@dti ~]# md5sum /usr/local/vpssync/vpsdbc
(上記表内②のmd5sum値)  /usr/local/vpssync/vpsdbc

[root@dti ~]# md5sum /usr/local/vpssync/vpsrrun
(上記表内③のmd5sum値)  /usr/local/vpssync/vpsrrun

[root@dti ~]# md5sum /usr/local/vpssync/vpssync
(上記表内④のmd5sum値)  /usr/local/vpssync/vpssync
3モジュールセットのダウンロード

"wget"コマンドにて、モジュールセットをダウンロードします。

[root@dti ~]# wget (本項目 最上段の表内のwget用URL)
--2012-03-02 16:16:45-- http://vpsrepo.ub-freebit.net/vpssync/vpssync-*.*_centos_i***.tar.gz
Resolving vpsrepo.ub-freebit.net... 182.163.**.***
Connecting to vpsrepo.ub-freebit.net|182.163.**.***|:80... connected.
HTTP request sent, awaiting response... 200 OK
Length: 1120763 (1.1M) [application/x-gzip]
Saving to: `vpssync-*.*_centos_i***.tar.gz'

100%[=========================================================================
=======================================>] 1,120,763 102K/s in 11s

2012-03-02 16:16:56 (98.5 KB/s) - `vpssync-*.*_centos_i***.tar.gz' saved [1120763/1120763]
[root@dti ~]#
4"md5sum"コマンドにて、正式なファイルか確認します。

コマンド実行後、本項目 最上段の表内の「ハッシュ値:」と一致することを確認して下さい。

[root@dti ~]#md5sum (wgetでダウンロードしたファイル名)
(本項目 最上段の表内のハッシュ値) vpssync-*.*_centos_i***.tar.gz

※文字列が異なる場合は、アップデートを中止し、MyDTI>[各種お問い合わせ]>[ServersMan@VPSの設定や利用方法に関するお問い合わせ]よりサポートまでお問い合わせください。

5モジュールセットの解凍

「3.」にてダウンロードしたモジュールセットを"tar"コマンドにて解凍します。

[root@dti ~]# tar zxvf (wgetでダウンロードしたファイル名)
vpssync-*.*_centos_i***/
vpssync-*.*_centos_i***/expect-*.**.*-*.*.i***.rpm
vpssync-*.*_centos_i***/vpssync/
vpssync-*.*_centos_i***/vpssync/vpssync
vpssync-*.*_centos_i***/vpssync/vpscset
vpssync-*.*_centos_i***/vpssync/vpsdbc
vpssync-*.*_centos_i***/vpssync/vpsrrun
vpssync-*.*_centos_i***/tcl-*.*.**-*.el*.i***.rpm
6移動

"cd"コマンドにて、解凍/展開後のディレクトリへ移動します。

※プロンプト部分が変わったことをご確認ください。

[root@dti ~]# cd (「5.」にて解凍/展開されたディレクトリ名)
[root@dti vpssync-*.*_centos_i***]#
7インストール

"rpm"コマンドにて、モジュールのインストールを行います。

※ディレクトリ内の.rpmファイルを全てインストールします。

[root@dti vpssync-*.*_centos_i***]# rpm -ivh *.rpm
Preparing... ########################################### [100%]
package expect-*.**.*-*.*.i***is already installed
[root@dti vpssync-*.*_centos_i***]#
8アプリケーションディレクトリ作成

アプリケーション設置用のディレクトリを作成します。

[root@dti vpssync-*.*_centos_i***]# mkdir /usr/local/vpssync/
[root@dti vpssync-*.*_centos_i***]#
9アプリケーション設置

アプリケーション設置用のディレクトリにアプリケーションをコピーします。

[root@dti vpssync-*.*_centos_i***]#  cp vpssync/* /usr/local/vpssync/
[root@dti vpssync-*.*_centos_i***]#
10権限設定

アプリケーション設定ディレクトリに実行権限を追加します。

[root@dti vpssync-*.*_centos_i***]# chmod +x /usr/local/vpssync/
[root@dti vpssync-*.*_centos_i***]#

ServersMan@VPS Perfectプラン紹介

お申し込みお申し込み
これからDTIを
ご利用いただくお客様
DTIをご利用中のお客様管理画面ログインもこちらから!
ServersMan@VPS
Perfectプラン紹介
ServersMan@VPS Perfectプラン紹介

お問い合わせお問い合わせ
これからDTIを
ご利用いただくお客様
DTIをご利用中のお客様

MyDTIログイン後、[各種お問い合わせ]よりServersMan@VPSに関するお問い合わせを選択

最新掲載情報最新掲載情報
クラウドWatch ServersMan@VPS Perfectその使い勝手を検証!

◆INTERNET Watch
[2012/10/23]
ServersMan@VPSが定例アップデート、セットパッケージがCentOS 6.3に対応

※ 一度に5契約以上の契約を希望される場合、こちらよりお問い合わせください。