1. お役立ち情報
  2. WiMAXの賢い使い方
ここでは、WiMAX 2+の賢い使い方をいくつかご紹介させていただきます。
DTI WiMAX 2+ ギガ放題プラン (3年)をご利用いただくと、月間のデータ通信量を気にすることなくWiMAX 2+をご利用いただけます。※1
ここ近年、スマートフォンでの動画閲覧など、大きなデータのやりとりが多くなり、スマートフォンの契約通信キャリアのデータプランではデータ容量が不足したり、大容量のデータパック利用により、月額料金の負担が大きくなりがちです。
そこで、WiMAX 2+をこのように使ってみてはいかがでしょうか。

  • 賢い使い方①
  • スマホの大容量データ通信には、モバイルルータタイプWiMAX 2+

  • 容量を気にせず、快適なデータ通信が可能

    WiMAX 2+をうまく使えば、スマートフォンの月額料金を抑えることができます。 携帯通信キャリアのデータパックはパケットの容量が限られているため、大容量のデータパックを利用すると月額料金が上がってしまいます。
    外出先で容量の大きなデータ通信をする時にWiMAX 2+を使用すれば、お手持ちのスマートフォンのデータパック容量を圧迫せずにデータ通信ができるため、大容量のデータパックへの加入は不要になります。

    安い料金で利用が可能

    DTI WiMAX 2+ ギガ放題プラン (3年)」は、1カ月目~2カ月目まではなんと0円!3カ月目は2,590円(税別)、4カ月目以降は3,760円(税別)で、データ通信量を気にすることなくご利用いただける大変お得なWiMAX 2+のプランです。※1
    もうおわかりいただけると思いますが、スマートフォンで加入されているデータパックの容量を下げ、下がった料金でWiMAX 2+を持つだけで、データ通信量も気にする必要が無くなります。しかも、PCやゲームなど複数台の同時接続が可能のため、スマートフォン以外のWi-Fi機器も楽しめます。ご家族でご利用することももちろん可能です。

  • WiMAXでスマホを使う人
  • WiMAX 2+の端末はコンパクトで軽い

    「スマホとWiMAX 2+の2台を持ち歩くの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、WiMAX 2+の端末はとてもコンパクト。
    WiMAX 2+の最新型端末「Speed Wi-Fi NEXT W05」は重量で約131gと、とても軽いので普段の持ち歩きにも大変便利です。

    このように、データ通信にWiMAX 2+を使う事でデータ通信量の心配がなくなります。しかも複数台のWi-Fi機器でのご利用が可能に。
    これって、かなり賢いWiMAX 2+の使い方だと思いませんか?

  • WiMAX Speed Wi-Fi NEXT W05
    WiMAX Speed Wi-Fi NEXT WX05
※1 混雑回避のための速度制限(3日間で10GB利用時)があります。
※1 ご利用開始月と翌月分の月額基本料金が無料となる特典です。ご利用開始月の月額基本料金は日割り計算となります。都合により、本特典を変更または終了する場合があります。

  • 賢い使い方②
  • 自宅のインターネットには、ホームルータータイプWiMAX 2+

  • 自宅のネット環境作りも簡単にセッティングが可能

    WiMAX 2+をうまく使えば、自宅のネット回線の手間が一発で解決できます。 最近では、自宅に電話回線を引かず、電話はスマホで という方が増えてきていますが、インターネットをする為だけに光回線を引き、プロバイダー契約をしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
    新規でインターネットの利用環境を整えるには、色々な手間がかかります。回線工事の手配、プロバイダーの契約、ルーターのセッティングなど・・・。回線や機械に詳しく無い方にとってはかなりのストレスがかかってしまう作業です。
    しかし、WiMAX 2+ならとても簡単にインターネットの利用環境を整える事ができます。※2
    WiMAX 2+にはホームルータータイプの「Speed Wi-Fi HOME L01s」という機器があります。受信速度が最大440Mbps ※3 の超高速受信なので、快適にインターネットをご利用頂けます。

  • WiMAX Speed Wi-Fi HOME L01s
    WiMAX Speed Wi-Fi HOME L01s

有線LAN接続や無線接続最大42台も同時に可能

WiMAX 2+ならではのWi-Fi通信はもちろん、有線LANポートが2つ付いているのでLANケーブルを使って直接パソコンに繋ぐ事もできます。 そしてこの「Speed Wi-Fi HOME L01s」、最大同時接続数が42台まで可能なので、自宅のパソコン、スマホ、タブレット、ゲーム、テレビなど、とにかくWi-Fi対応機器ならなんでも、全部同時に接続できます。しかもWiMAX 2+なら回線工事もプロバイダー契約も不要!お手元に機器が届いたら電源を入れるだけでお使いいただけるので、回線や機械が苦手な方でも簡単にインターネット環境を作れます。 WiMAX 2+にはこのような賢い使い方もあるんですよ!

※2 提供エリアは、「サービスエリアマップ」および「ピンポイントエリア判定」でご確認ください。また、サービスエリア内でも、電波状況によりご利用いただけない場合があります。
※3 下り最大440Mbpsは全国へ拡大中です。上記の速度はシステム上の下り最大速度であり、ご利用機器や提供エリアの対応状況により、下り最大220Mbpsまたは110Mbpsとなります。440Mbps対応地域の詳細はサービスエリアマップを参照ください。機種別対応速度についてはページ下部の機種一覧または、こちらを参照ください。

  • 賢い使い方③
  • ビジネスシーンにも、WiMAX 2+が大活躍

WiMAX 2+はビジネスシーンでも活躍できる優れものです。
最近では移動中や外出先でパソコンを使用したり、客先でタブレットを使用したりなど、ビジネスシーンでのインターネット需要が高くなってきています。会社貸与のスマートフォンや、個人のスマートフォンのテザリング機能を使って通信する手段もありますが、データパックの容量を圧迫してしまったり、テザリングオプションに加入しなけばならないなど、費用も手間もかかってしまいます。 →そこで、WiMAX 2+の便利な使い方をご紹介!

  • 利用シーン1
    営業スタッフ用にモバイルWi-Fiタイプの
    WiMAX 2+を数台用意しておく

    外出時にモバイルWi-FiタイプのWiMAX 2+を持ち歩けば、外出時のパソコン使用やタブレットを使ってのお客様へのプレゼンも容易に行えます。今までの「外だからパソコンやタブレットは使えない」という状況が一転し、仕事の効率アップに繋がります。 また、最近では移動時にスマートフォンを使い、地図アプリや経路検索サイトなども多用するので、そのデータ通信にもWiMAX 2+を使う事ができます。

  • WiMAX Speed Wi-Fi NEXT WX04
    WiMAX Speed Wi-Fi NEXT WX04
  • 利用シーン2
    来客のお客様が使用するゲスト用Wi-Fiに
    WiMAX 2+を使う

    最近では、会社に訪れたお客様がWi-Fi通信をするために、ゲスト用のWi-Fi電波を用意する会社が増えています。お客様から提案を受ける際、紙の資料ではなくタブレットを使った提案などが多くなっていますが、会社にゲスト用のWi-Fi環境があると訪問してくださったお客様に非常に喜ばれます。 そこで、WiMAX 2+のホームルータータイプ「Speed Wi-Fi HOME L01s」を1台会社に用意しておけば、お客様にご利用していただくゲストWi-Fi用回線としてご利用いただけます。

    このように、WiMAX 2+はビジネスシーンでも大変便利にお使いいただけます。

  • ゲスト用Wi-FiにWiMAXを使う