鬼滅の刃に登場する柱の1人!伊黒小芭内とはいったいどのような人物なのか?

エンタミート編集部

更新日:

伊黒小芭内は、鬼滅の刃に登場する柱の1人です。「蛇柱」の称号を持っています。初めて登場したのは柱合裁判のシーンでした。


アニメではまだそこまで活躍する姿が見られていませんが、マンガでは様々な場面で活躍しています。今回は、そんな伊黒さんのプロフィールや性格、強さ、過去、甘露寺蜜璃との関係、最期の迎え方について解説していきます。


伊黒さんがどのようなキャラクターなのか知りたい人はぜひ目を通してみてください。


■鬼滅の刃シリーズを無料で視聴したいならU-NEXTがおすすめ!


U-NEXTの無料トライアルを活用すれば31日間完全に無料で「鬼滅の刃」を楽しむことができます!

その他にも

・U-NEXTなら業界最大4,000作品以上のアニメが見放題

・もちろん最新アニメも全話無料視聴可能

・無料トライアル参加で600円分のポイントがもらえるから漫画ももらえる

鬼滅の刃の一期はもちろん原作漫画も配信しているので、遊郭編に備えた予習にはピッタリですよ!


もちろん10月から放送されるテレビ版「無限列車編」も12月から放送される「遊郭編」もU-NEXTなら無料で視聴できます!


U-NEXT鬼滅の刃配信一覧

U-NEXTを無料で利用する手順

①下記のボタンからU-NEXTの31日週間無料体験に登録

②U-NEXT内で見たい作品の名前を検索

③検索でヒットした作品を選択し、視聴する


U-NEXTで鬼滅の刃シリーズを無料で楽しむ!

目次

伊黒小芭内の読み方は?年齢や誕生日などの基本的プロフィールを紹介

伊黒小芭内キャラクター

伊黒小芭内という名前、読み方が分からない人も多いのではないでしょうか? この名前は、“いぐろ おばない”と読みます。はじめに、伊黒さんの年齢や誕生日などの基本的プロフィールからみていきましょう。


伊黒小芭内の基本的プロフィール


伊黒さんは、9月15日生まれの21歳です。身長は162cm、体重は53kgとなっています。出身地は、東京府 八丈島 八丈富士(西山)です。


見た目は、染色体異常によって発現するオッドアイが特徴的です。左目は青緑、右目は黄色の瞳を持っています。右目は生まれつき弱視でほぼ見えていなかったとされているため、左目の青緑が本来の目の色ではないかと考えられています。


鬼殺隊のメンバーが着用する隊服の上にはボーダーの羽織を身に付けているのも特徴の1つです。羽織は白と黒となっていますが、デジタル版ジャンプで公開されたフルカラー版の初期設定では薄紫と黒の羽織を身に付けていました。


好きなものはとろろ昆布で、趣味は俳句や川柳、飴細工の制作過程をずっと眺めることです。アニメでは鈴村健一さんが声優を務めています。


声優は鈴村健一さん。

鈴村さんは銀魂の沖田総悟役、FGOのDr.ロマンなど幅広い世代から人気のある声優です。



伊黒小芭内の誕生日は9月15日!公式サイトで記念イラストも!


誕生日である9月15日には、公式サイトで記念のイラストが公開されました。Ufotableの描き下ろしミニキャライラストは、とても可愛らしいとSNSなどでも話題になっていたので、目にした人も多いのではないでしょうか。


伊黒小芭内誕生日イラスト

ファンからは不器用で恋に一途でかっこいいと人気!


伊黒さんは、好きな人に対して一途な一面を見せます。一途な伊黒さんがかっこいいとファンからの人気が高まっているのです。ネチネチした性格に描かれることが多かったのですが、甘露寺さんに対して優しい一面を見せたことから、女性ファンからの人気が急上昇しました。






U-NEXTで鬼滅の刃シリーズを無料で楽しむ!

伊黒小芭内(いぐろおばない)の性格は陰湿で悪い?


伊黒さんはどちらかというと、陰湿な印象を持たれるような描写が多くなっています。そのため、性格が悪いように感じる人も中に入るでしょう。続いては、伊黒さんの性格について深堀りしていくことにしましょう。


人を信用しない疑い深い性格


伊黒さんは、人を信用しない疑い深い性格のキャラクターとして描かれています。周りの言葉に対して「信用しない」と幾度なく言い放つほどの猜疑心の持ち主です。柱合会議でも産屋敷 耀哉(通称:お館様)が「炭治郎と禰豆子を容認しているから皆にも認めてほしい」と話した際、「信用しない、信用しない、そもそも鬼は大嫌いだ」と強く否定していました。


まるで蛇のようにネチネチと小言を言う


まるで蛇のようにネチネチと小言を言うのも、伊黒さんの特徴的なポイントの1つです。遊郭編では左目と左手を負傷してしまった宇随天元に対してねぎらいの言葉をかけずに、「褒めてやってもいい。左手と左目を失ってどうするつもりだ。たかが上弦の陸との戦いで。復帰までどれくらいかかるその間の穴埋めは誰がやるんだ。」と責め立てていました。しかしその性格は悪いことばかりではなく、最悪の事態が起こることを想定した判断が下せる判断力にもつながっているのはメリットだと言えます。



実は仲間思いで情に厚い一面を持つ


人を信用せず、ネチネチと小言を言う伊黒さんですが、実は仲間思いで情に厚い一面も持ち合わせています。無限城編では前線に立って敵を一掃したり、戦いの後は仲間を気遣ったりしている様子が描かれています。


終盤では鬼舞辻無残の攻撃から竈門炭治郎を守り大怪我を負うシーンがありました。この時、炭治郎が「俺を庇ったせいで!」と言うと、「違う!もっと前にやられた。」と庇います。さりげなく炭治郎のせいではないと伝えるあたりに、仲間を想う優しさがにじみ出ています。


U-NEXTで鬼滅の刃シリーズを無料で楽しむ!

蛇柱として伊黒小芭内の強さはどれくらい?


伊黒さんは、鬼殺隊の中でも最上級の剣士である柱の1人です。このことから、かなりの実力者であることは間違いありません。続いては、その強さがどのくらいなのかみていきましょう。


「蛇の呼吸」は「水の呼吸」から派生した呼吸法


伊黒さんは、水の呼吸から派生した蛇の呼吸の使い手です。蛇の呼吸の特徴や術についてご紹介します。


【蛇の呼吸とは】


蛇の呼吸は、水の呼吸から派生したものです。伊黒さんが使う呼吸を使うため、蛇柱と呼ばれています。呼吸は、炎・岩・雷・水の5つが基本となっていますが、蛇の呼吸のように派生したものもあるので、種類は5つだけというわけではありません。


そんな蛇の呼吸は、柔軟性があって蛇のようにうねる太刀筋が特徴的です。普通では考えられないような変則的な斬撃を繰り出すこともできるため。敵を翻弄させます。


【蛇の呼吸の型・術】


・蛇の呼吸 壱ノ型 委蛇斬り(いちのかた いだぎり)


壱ノ型 委蛇斬りは、太刀筋が予測できないような軌道を描き、相手を惑わします。蛇のうねりと自分の周りに円形の軌跡を描く斬撃で間合いを詰めていきます。これは、産屋敷家にやってきた無惨に対する総攻撃を行った時、無限城で珠世が作った鬼を人間に戻す薬から復活を遂げた無惨に攻撃する時に使われました。


・蛇の呼吸 弐ノ型 挟頭の毒牙(にのかた きょうずのどくが)


蛇の呼吸 弐ノ型 挟頭の毒牙は、かなり強い闘気とともに敵の死角を狙って斬りつける技です。無限城で鳴女と戦った時に使いましたが、血気術で強制移動させられたことにより攻撃は外れてしまいました。


・蛇の呼吸 参ノ型 塒締め(さんのかた とぐろじめ)


蛇の呼吸 参ノ型 塒締めは、その名の通り蛇のとぐろで締め付けるような攻撃をします。攻撃は色々な角度から鬼に襲い掛かるのが特徴です。無惨との戦いで初登場した型です。


無惨戦で伊黒さんは、赫刀を顕現させています。そのため、塒締めで出てきた蛇も少し赤くなっていました。赫刀の技になるため、無惨が回復するまでに時間がかかっていました。


・蛇の呼吸 肆ノ型 頸蛇双生(しのかた けいじゅそうせい)


蛇の呼吸 肆ノ型 頸蛇双生は、2匹の蛇が絡み合うように見えて、軌道が読みづらくなります。攻撃を避けるのもかなり難しいです。


・蛇の呼吸 伍ノ型 蜿蜿長蛇(ごのかた えんえんちょうだ)


蛇の呼吸 伍ノ型 蜿蜿長蛇は、複数の鬼を一度で仕留められる強力な技です。蜿蜿長蛇は、うねうねと長く続くものを例えた言葉です。下弦の鬼と同じくらいの力を持つ鬼を簡単に倒していたのがこの技なので、かなり強力な技であることは作中でも描かれています。


伍ノ型 蜿蜿長蛇は伊黒さんの必殺技と言っても過言ではないでしょう。もちろんどの技も決まればかなり強力なので、柱の1人であることに誰もが納得できるはずです。


日輪刀は蛇のように波うつ特殊な形状


伊黒さんが使っている日輪刀は、他の隊士が使う刀とは違う風貌をしています。うねうねとした形状になっているのです。その見た目から、西洋の刀・フランベルジュかと思われていたのですが、れっきとした日本刀です。


詳細は、マンガの22巻で判明しています。刀鍛冶の里の長である鉄地河原鉄珍の息子・願鉄作によって作られた刀です。鞘は革製で力がそこまで強くない磁石で軽く止めて包み込むように納刀されます。


鬼殺隊が使っている日輪刀は、それぞれの能力に合わせた形をしています。つまり、うねうねとした形が蛇の呼吸の力を発揮するには最も理想的だったため、そのような形になったのです。


飼い蛇の「鏑丸」思わぬ強さ


伊黒さんが飼っている蛇・鏑丸は、思わぬ強さを見せてくれます。鏑丸は常に伊黒さんの首元にいます。種類は明かされていないのですが、その見た目からアルビノのアオダイショウではないかという考察が有力です。


伊黒さんが住んでいた屋敷に忍び込んできたことを切っ掛けに仲良くなりました。その後は、親友のような存在となり、唯一信じられる存在でもありました。美女を前にするとデレデレするといったように、頭の良さも垣間見えます。


一見するとただ懐いているだけに見えるかもしれませんが、実はしっかりとした役割も持っています。伊黒さんの右目として危険が忍び寄った場合などは警告していたのです。蛇は皮膚感覚がとても鋭いため、嘴平伊之助の漆ノ型 空間識覚を常に使っているような状態で、空気のちょっとした振動なども敏感に察知します。


非常に優れた感覚を持っているため、物語の終盤では無惨の動きを見切れるほどでした。相手の動きを察知して伊黒さんに伝える連携プレイは見事なものです。


無惨との決戦で飼い主の伊黒さんは致命傷を受けて息絶えてしまいました。しかし鏑丸は生き延びており、視力が弱った栗花落カナヲに引き渡されています。本編以降は、カナヲと共に行動しています。


U-NEXTで鬼滅の刃シリーズを無料で楽しむ!

伊黒小芭内の悲しき過去|どうして口元を隠しているのか?


伊黒さんはどうして口元を隠しているのか気になるという人もいるでしょう。その秘密は、彼の過去に隠されています。その悲しく壮絶な過去について解説していきます。


蛇鬼に支配されている女系の一族に産まれる


伊黒さんは、蛇鬼に支配されている女系の一族に産まれました。赤ちゃんを鬼の生贄にして生計を立てていたのです。生贄と言うと、鬼に喰わせることを意味しますが、伊黒家では鬼と人間が共存していました。


鬼と共存し、赤ちゃんを喰うことを条件として鬼が他の人間を殺し、金品を盗むというやり方で生計を立てていました。伊黒さんは12歳まで軟禁施設で生活していて、その期間はどちらかというと裕福で、豪華な食事を与えられるという生活を送っていたのです。12歳になって軟禁施設から出ると、下半身が蛇のような鬼を目の当たりにします。


その時、自分が豪華な食事を与えられていたのは鬼に喰わせるためだったのだと気付きます。


鬼に気に入られ口を裂かれる


伊黒さんは、伊黒家における370年ぶりの男だったこと、オッドアイだったことから、鬼から非常に気に入られました。そのため、すぐに喰われることはなく生かされたのです。活かされたのは幸運でしたが鬼は、「口の形を自分と揃える」と言い放って口を切り裂きました。


口からあふれ出る血は盃に溜められて飲むことになりました。鬼に喰われるなら苦痛は一瞬でしょうが、麻酔など無しで口を割かれた痛みは想像を絶するものだと考えられます。


鏑丸と一緒に脱走を図る


本来であれば生贄として鬼に喰われる予定でしたが、生かされることになりました。逃げださないように再度軟禁されました。逃げ出すために簪を使って木でできた格子をすり減らすといった無謀な計画も実行しますが、いつ気付かれるかと神経を張り巡らせながら作業をしなければいけないのは心身ともに大きな負担になります。


そんな時に鏑丸と出会います。そして、格子を地道にすり減らし続けた結果、屋敷から逃げ出しました。しかし、まだ12歳の子どもだったためすぐに蛇鬼に追いつかれてしまいます。


蛇鬼に捕まってしまうかとおもわれましたが、炎柱・煉獄槇寿郎によって助けられました。煉獄槇寿郎は、煉獄杏寿郎の父親です。槇寿郎の計らいによって屋敷で生き残っていたいとこに会えたのですが、「あなたが逃げたせいで50人みんな殺されたわ。あんたが殺したのよ。生贄のくせに。おとなしく喰われときゃ良かったのに!!」と言い放たれ、伊黒さんを余計に苦しめる結果になってしまいました。


この経験から、伊黒さんは自分の中に流れている血が汚いものと考えるようになります。罪なき人々を殺めて手に入れた金品で生活をしていた伊黒さんは自身の血を「汚い血」「一度死んで肉体ごと取り替えなければ君(甘露寺蜜璃)の傍らにいることすら憚られる」と称しています。


そのような過去から、伊黒さんは思い出さないようにするために口元を隠していたと考えられます。また、大好きな相手である甘露寺さんに汚い家系によってつけられた傷を見せたくないという心理も働いていたのでしょう。つまり、伊黒さんは鬼殺隊に入ってからも過去に縛られ、苦しい思いをしていたと言えます。


鬼に襲われた人を助けた時に感謝され、なんとなく自分自身が「いいもの」になれたような気がしたこともあったと言います。しかし、「恨みがましい目をした50人の腐った手」が伊黒さんの体を掴んで離さないという妄想が消えることはなかったのです。伊黒さんの過去を知るとトラウマのようになってしまうのは頷けますし、その環境がどれほど辛い物だったのか想像して胸が苦しくなってしまう人もいるでしょう。


U-NEXTで鬼滅の刃シリーズを無料で楽しむ!

甘露寺蜜璃との関係は?どうして彼女には優しいのか?


伊黒さんは、甘露寺さんに対して優しく接していました。その理由とは一体何だったのでしょうか?


伊黒小芭内は甘露寺蜜璃に一目ぼれしていた


伊黒さんが甘露寺さんに一目ぼれしていたことは、公式ファンブックで明かされています。「可愛すぎて度肝を抜かれたそうです。」と公式ファンブックにあるため、一目惚れしたことはほぼ間違いなしでしょう。甘露寺さんに対しては丁寧な口調で話していて、一途な様子がうかがえます。


アニメではまだその様子を見る事が出来ませんがマンガでは、甘露寺さんへの気持ちが明らかになるような描写もあります。伊黒さんが炭治郎に修業を付けた時は、「甘露寺からお前の話は聞いた。随分と楽しそうな稽古をつけてもらったようだな。」とか「じゃあな、さっさと死ね、ゴミカス。馴れ馴れしく甘露寺と喋るな。」と言い、嫉妬している様子を見せています。このことからも、甘露寺さんに対してかなり強い気持ちを持っていることが分かるでしょう。


鬼滅の刃ファンの間では、この2人を“おばみつ”と呼ぶケースが多く見られます。公式ファンブックの甘露寺さんに対する「柱の中で気になる人は?」という質問に「しのぶも含め全員気になっていますが、特に伊黒さんと食事や文通する時が楽しいようです。」と作者が回答していることから、両想いではありますが恋人ではないと考えられます。


文通するほどの仲なのに告白できない伊黒小芭内


伊黒さんは甘露寺さんに対して恋心を抱いていました。しかし、「今度は必ず君に好きだと伝える。」というセリフがあることから、気持ちを伝えていなかったことが分かります。告白できなかったのは、自分が忌まわしい一族の元に生まれたことや自分のせいで一族がたくさん死んでしまったこと、顔に忌まわしい傷跡があることなどが理由だと考えられます。


自分は汚れた存在だから、甘露寺さんにはふさわしくないと考えたのです。そのため、生まれ変わった世界で甘露寺さんに告白することを決意したのでしょう。生まれ変わった世界では鬼がいなく、誰もが平和に暮らせる世界を願ったのも甘露寺さんと幸せになりたいという気持ちがあったからではないかと考察できます。


U-NEXTで鬼滅の刃シリーズを無料で楽しむ!

蛇柱としての壮絶な最期


蛇柱として伊黒さんは壮絶な最期を迎えます。どのような最期を迎えたのかみていきましょう。


視力を失いながら無惨と壮絶な戦いを繰り広げる


伊黒さんが最期を迎えたという直接的な描写は作中にはありません。しかし、マンガの203話で鬼にされて精神の世界でもがいている炭治郎の背中を押す柱たちの中に伊黒さんの手が登場しています。そのため、無惨との最終決戦で命を落としたのではないかと考えられます。

伊黒さんは無惨との闘いで全身重症を負ったにも関わらず、最後まで意識を失うことなく戦い続けます。体を刀にして無惨に頭から突っ込んだり、衝撃波で飛ばされたりとダメージの大きい攻撃を受け、視力はもちろん頭蓋骨も負傷してしまいます。体がボロボロになるまで諦めずに戦い抜いた伊黒さんの死は本当に残念です。


伊黒小芭内と甘露寺蜜璃は抱き合いながら死を迎える


伊黒さんと甘露寺さんは、どちらも無惨との最終決戦で命を落としてしまいます。そんな2人が抱き合って死を迎える様子は涙なしでは見ることができないシーンとして有名です。


無惨を倒した後、ボロボロになった伊黒さんは倒れている甘露寺さんの元に駆け寄ります。甘露寺さんは「体が全然痛くない。」と自分自身の死を告げ、それに対して伊黒さんは「俺ももうすぐ死ぬだろう、君は独りじゃない。」と伝えます。「伊黒さんには死んでほしくない。私はあまり役に立たなかった。ごめんね。」と謝罪しながら泣きじゃくる甘露寺さんに対して「そんなことはない。」と2人が出会った時のことを伊黒さんは話すのです。


2人が初めて会った日のことを甘露寺さんは、「伊黒さん、お館様のお屋敷で迷っていた私を助けてくれた。」と言います。伊黒さんは、「違う、逆だ。あの日会った君があまりにも普通の女の子だったから俺は救われたんだ。ささいなことではしゃいで、鈴を転がすように笑い、柱になるまで苦しい試練もあっただろうにそれを少しも感じさせない。君と話しているととても楽しい。まるで自分も普通の青年になれたようで幸せだった。他の皆もきっと同じだったよ。底抜けに明るく優しい君はたくさんの人の心をも救済してる。胸を張れ。俺が誰にも文句は言わせない。」と甘露寺さんに対して感じていた気持ちを素直に伝えました。


それを聞いた甘露寺さんは、「わああん、嬉しいよぉ。わたしっ…私、伊黒さんが好き。伊黒さんと食べるご飯が一番美味しいの。だって伊黒さん、すごく優しい目で私のこと見ててくれるんだもん。伊黒さん伊黒さん、お願い生まれ変われたらまた人間に生まれ変われたら。私のことお嫁さんにしてくれる?」と尋ねます。そしてそれに伊黒さんは、「勿論だ。君が俺でいいと言ってくれるなら。絶対に君を幸せにする。今度こそ死なせない。必ず守る…」と伝えるのでした。


U-NEXTで鬼滅の刃シリーズを無料で楽しむ!

現代編では甘露寺蜜璃と結ばれる?


無惨との最終決戦はとても壮絶な物で、黒死牟との戦いもかなり厳しかったのですがそれ以上でした。無惨の強さを目の当たりにして重傷を負ってしまった甘露寺さんを伊黒さんは離脱させようとしますが、「まだ戦える。」と食い下がります。もう戦うのが難しい状態だった甘露寺さんに「もういい。十分やった。」と伝え、伊黒さんは戦いに戻っていきます。


その様子を見た甘露寺さんは「待って、もう誰にも死んでほしくない。」と叫ぶのです。その叫びを聞きながら「鬼がこの世に存在しなければ、一体どれだけの人が死なずに済んだだろうか。もし君と何気ない日常で出会うことができていたらどんなに良かっただろう。」と伊黒さんは心の中でつぶやきます。このつぶやきが現代編への伏線になっています。


現代編では、現代編で転生者として登場しています。夫婦として登場しているため、“もし君と何気ない日常で出会うことができていたらどんなに良かっただろう”という願いが叶ったと考えられるでしょう。デカ盛りで有名な定食屋を営んでいて、夫は黒髪・オッドアイ・マスク姿、妻はピンクと緑のグラデーションヘアーで当時の2人そっくりな見た目です。


このことから、現代編では最後に交わした会話が実現した幸せな世界だと言えるでしょう。


伊黒小芭内のプロフィールまとめ


蛇柱の称号を持つ伊黒さんは、アニメではまだそこまで活躍するシーンがありません。しかしマンガでは、様々な場面で活躍している様子が描かれています。オッドアイと口元を隠している姿が印象的なキャラクターです。


普段はネチネチしているためあまり性格が良いとは思えないキャラクターですが、好きな人に対しては一途なので女性ファンからの人気が高くなっています。また、仲間思いの一面もあり、戦いの中で仲間を気遣ったり、仲間に対して優しい声をかけたりするシーンもありました。


伊黒さんが使っているのは蛇の呼吸です。蛇の呼吸は、水の呼吸から派生したもので強力な技が多く、上弦や下弦との戦い、無惨との戦いでも活躍を見せました。


そんな伊黒さんは辛い過去を持つ人物として描かれています。蛇鬼の生贄になるために育てられて口元を切られたり、逃げたことでいとこから罵られたりした経験がトラウマになっていたのです。その過去を忘れるために伊黒さんは口元を隠すような姿をしているのでしょう。


鬼殺隊に入ってからは甘露寺さんに恋をしますが、自分自身が汚い存在だと考えて想いを伝えられないまま最期を迎えます。最後の時に甘露寺さんとお互いの想いを伝えあい、現代編では夫婦として生活しています。


伊黒さんの活躍は、アニメではまだあまり見られません。しかし、マンガの続きがアニメ化されれば、その様子を見られるはずです。U-NEXTでの続編配信を期待して待ちましょう。


U-NEXTで鬼滅の刃シリーズを無料で楽しむ!

■鬼滅の刃関連記事


※本ページの情報は202111月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サービスサイトにてご確認ください。

執筆
エンタミート編集部

アニメに関する人気記事