マニュアル

クラウドサービスServersMan@VPSテクノロジーで世界を変えるためのプラットフォーム

ServersMan@VPS マニュアル/基本の設定と使い方(ServersMan)

ServersMan Admin Toolバージョンアップ手順(CentOS版)

ServersManのバージョンアップを行うことにより、Apacheをデフォルトの状態より変更しても、ServersMan Admin Toolの利用が可能となります。

OS更新日時
最新バージョン情報
各種内容
CentOS
32bit版/64bit版
2011/09/29
Version 2.0
ファイル名
smadmin-2.0-001.i386.rpm
ハッシュ値
7adafb272b77902d4b3f73fc4162cdf2
wget
http://vpsrepo.ub-freebit.net/smadmin/smadmin-2.0-001.i386.rpm
【ご注意】
バージョンアップ後は、ServersMan Admin Toolの利用ポート番号が"9510"番になります。
"9510"番ポートを閉じている場合は、ポートの開放を行ってください。
1sshで仮想マシンにログイン

仮想マシンへsshでログインします。
※これ以降の操作はroot権限にて実行してください。

sshログイン方法については、エンジニアセットをご利用の場合はこちら、その他のパッケージをご利用の場合はこちらをご参照ください。

2バージョン確認

"rpm"コマンドにて、現在のバージョンを確認します。

※"Version"が上部表内の「最新バージョン情報」と同一バージョンの場合は、以後の作業は不要です。  バージョンが異なる場合のみ、「3.」以降の作業を実施してください。

※PerfectPlanをご利用の場合は、パッケージ名は"smadmin-p"となります。

[root@vps ~]# rpm -qi smadmin
Name : smadmin          Relocations: (not relocatable)
Version: ●●             Vendor: (none)
Release : 003             Build Date: 2010年04月26日 20時
Install Date: 2010年04月27日 10時47分26秒        Build Host: raddev-cent5.FreeBit.NET
Group : Applications/System             Source RPM: smadmin-1.0-003.src.rpm
Size : 114202             License: Commercial
Signature : (none)
Summary : smadmin serversman admin tool
Description :
serversman administrator tool program.
3ダウンロード

"wget"コマンドにて、新バージョン用のモジュールをダウンロードします。

[root@vps ~]# wget (上部表内のwget:のURLを入力)
--2011-09-16 13:27:23-- http://vpsrepo.ub-freebit.net/smadmin/smadmin-2.0-001.i386.rpm
Resolving vpsrepo.ub-freebit.net... 182.163.83.220
Connecting to vpsrepo.ub-freebit.net|182.163.83.220|:80... connected.
HTTP request sent, awaiting response... 200 OK
Length: 238977 (233K) [application/x-rpm]
Saving to: `smadmin-2.0-001.i386.rpm'

100%[=================================================================>]
238,977 519K/s in 0.4s

2011-09-16 13:27:23 (519 KB/s) - `smadmin-2.0-001.i386.rpm' saved [238977/238977]
4モジュールの確認

"md5sum"コマンドにて、正式なServersManファイルか確認します。
コマンド実行後、上部表内の「ハッシュ値:」の数値と一致することを確認して下さい。

[root@vps ~]# md5sum (上部表内の最新ファイル名) (実行すると上部表内の最新ファイルのハッシュ値&ファイル名が結果として表示されます。) 
5アンインストール

"rpm"コマンドにて、現行バージョンのアンインストールを行います。アンインストール完了後、再度バージョン確認を行い、「package smadmin is not installed」や「パッケージ smadmin はインストールされていません。」と表示されれば正常にアンインストールが完了しています。

※PerfectPlanをご利用の場合は、パッケージ名は"smadmin-p"となります。

[root@vps ~]# rpm -e smadmin

[root@vps ~]# rpm -qi smadmin
package smadmin is not installed
パッケージ smadmin はインストールされていません。
6インストール

"rpm"コマンドにて、新しいモジュールのインストールを行います。

[root@vps ~]# rpm -ivh smadmin-2.0-001.i386.rpm
準備中...    ########################################### [100%]
1:smadmin    ########################################### [100%]
[root@vps ~]#
7バージョン確認

再度"rpm"コマンドにて、バージョン確認を行い上部表内の最新バージョンと一致するバージョン一致することを確認してください。

[root@vps ~]# rpm -qi smadmin
Name : smadmin             Relocations: (not relocatable)
Version : ●●              Vendor: (none)
Release : 001             Build Date: 2011年08月30日 17時19分40秒
Install Date: 2011年09月12日 16時27分55秒     Build Host: raddev-cent5.FreeBit.NET
Group : Applications/System             Source RPM: smadmin-2.0-001.src.rpm
Size : 386305             License: Commercial
Signature : (none)
Summary : smadmin serversman admin tool v2
Description :
serversman administrator tool program.
8起動確認

最新バージョンであることを確認後、ServersManを起動します。

[root@vps ~]# /etc/init.d/smadmd start
Starting smadmd: [ OK ]

起動後、いままで通りの方法でご利用が可能です。
※ご利用方法などについての詳細は、こちらをご参照ください。

ServersMan@VPS Perfectプラン紹介

お申し込みお申し込み
これからDTIを
ご利用いただくお客様
DTIをご利用中のお客様管理画面ログインもこちらから!
ServersMan@VPS
Perfectプラン紹介
ServersMan@VPS Perfectプラン紹介

お問い合わせお問い合わせ
これからDTIを
ご利用いただくお客様
DTIをご利用中のお客様

MyDTIログイン後、[各種お問い合わせ]よりServersMan@VPSに関するお問い合わせを選択

最新掲載情報最新掲載情報
クラウドWatch ServersMan@VPS Perfectその使い勝手を検証!

◆INTERNET Watch
[2012/10/23]
ServersMan@VPSが定例アップデート、セットパッケージがCentOS 6.3に対応

※ 一度に5契約以上の契約を希望される場合、こちらよりお問い合わせください。