マニュアル

クラウドサービスServersMan@VPSテクノロジーで世界を変えるためのプラットフォーム

ServersMan@VPS マニュアル/各種オプションの設定、利用方法

Linux専用クライアント インストール方法(CentOS)

CentOS での新規インストール、ServersMan@Diskとのマウント方法

ServersMan@Diskをご利用のお客様
OS更新日時
バージョン情報
各種内容
CentOS 5
32bit版
2014/11/5
Version1.2-22
File:
smdisk-1.2-22.i386.centos5.tar.gz
MD5:
702de6d014fb59d91c55b3826c370167
wget:
http://serversman.com/win/bin/smdisk-1.2-22.i386.centos5.tar.gz
CentOS 5
64bit版
2014/11/5
Version1.2-22
File:
smdisk-1.2-22.x86_64.centos5.tar.gz
MD5:
404aa2eab0d9509f1ed814081ee6c8bb
wget:
http://serversman.com/win/bin/smdisk-1.2-22.x86_64.centos5.tar.gz
CentOS 6
32bit版
2014/11/5
Version1.2-22
File:
smdisk-1.2-22.i386.centos6.tar.gz
MD5:
 
c7b453ad07f1e34c7b32a313ad8f2e12
wget:
http://serversman.com/win/bin/smdisk-1.2-22.i386.centos6.tar.gz
CentOS 6
64bit版
2014/11/5
Version1.2-22
File:
smdisk-1.2-22.x86_64.centos6.tar.gz
MD5:
e4e824459f789ff240507b2bb722fcde
wget:
http://serversman.com/win/bin/smdisk-1.2-22.x86_64.centos6.tar.gz
ServersMan@VPS と ServersMan@Diskをご利用のお客様
OS更新日時
バージョン情報
各種内容
CentOS 5
32bit版
2014/11/5
Version1.2-22
File:
smdisk-1.2-22.i386.centos5.tar.gz
MD5:
702de6d014fb59d91c55b3826c370167
wget:
http://vpsrepo.ub-freebit.net/smdisk/smdisk-1.2-22.i386.centos5.tar.gz
CentOS 5
64bit版
2014/11/5
Version1.2-22
File:
smdisk-1.2-22.x86_64.centos5.tar.gz
MD5:
404aa2eab0d9509f1ed814081ee6c8bb
wget:
http://vpsrepo.ub-freebit.net/smdisk/smdisk-1.2-22.x86_64.centos5.tar.gz
CentOS 6
32bit版
2014/11/5
Version1.2-22
File:
smdisk-1.2-22.i386.centos6.tar.gz
MD5:
c7b453ad07f1e34c7b32a313ad8f2e12
wget:
http://vpsrepo.ub-freebit.net/smdisk/smdisk-1.2-22.i386.centos6.tar.gz
CentOS 6
64bit版
2014/11/5
Version1.2-22
File:
smdisk-1.2-22.x86_64.centos6.tar.gz
MD5:
e4e824459f789ff240507b2bb722fcde
wget:
http://vpsrepo.ub-freebit.net/smdisk/smdisk-1.2-22.x86_64.centos6.tar.gz

※下記マニュアルはCentos32bit版のマニュアルとなります。
64bit版をご利用の場合は、モジュール名などを上記【CentOS 64bit版】の内容へとご変更ください。

1sshで仮想マシンにログイン

仮想マシンへsshでログインします。
※これ以降の操作はroot権限にて実行してください。

sshログイン方法については、エンジニアセットをご利用の場合はこちら、その他のパッケージをご利用の場合はこちらをご参照ください。

2確認

マウント機能設定には、/dev/fuse デバイスファイルが必要となります。"ls"コマンドを実行後、

・「そのようなファイルやディレクトリはありません」や、「cannot access~」と表示された場合、fuseデバイスファイルを作成する必要があります、そのまま「3.」へお進みください。

・"/dev/fuse" と表示される場合、すでにfuseデバイスの利用環境が整っておりますので、「4.」へお進みください。

[root@dti ~]# ls /dev/fuse
ls: /dev/fuse: そのようなファイルやディレクトリはありません
ls: cannot access /dev/fuse: No such file or directory

[root@dti ~]# ls /dev/fuse
/dev/fuse
3fuseデバイスの作成

マウント機能の設定に必要な/dev/fuse デバイスファイルを作成します。

[root@dti ~]# mknod /dev/fuse c 10 229
[root@dti ~]#
【注意点】
作成後は、一度CentOSサーバーを再起動し、再びssh接続を行ってから、「4.」以降を設定します。
4ダウンロード

"wget"コマンドにて、モジュールセットをダウンロードします。

[root@dti ~]# wget (wget用URL)
5確認

"md5sum"コマンドにて、正式なファイルか確認します。
コマンド実行後、一番上の表の「ハッシュ値:」の数値と一致することを確認して下さい。

[root@dti ~]# md5sum (File名)
(実行すると上部表内の最新ファイルのハッシュ値&ファイル名が結果として表示されます。)
6解凍

「4.」にてダウロードしたモジュールセットを"tar"コマンドにて解凍します。

[root@dti ~]# tar zxvf (File名)
smdisk-1.2-10.i386.centos/
smdisk-1.2-10.i386.centos/fuse-libs-2.7.4-8.el5.i386.rpm
smdisk-1.2-10.i386.centos/fuse-2.7.4-8.el5.i386.rpm
smdisk-1.2-10.i386.centos/smdisk-1.2-10.i386.rpm

[root@dti ~]#
7インストール

"rpm"コマンドにて、解凍した[6]の赤枠内の各モジュールをインストールします。

[root@dti ~]# rpm -ivh smdisk-1.2-10.i386.centos/fuse-2.7.4-8.el5.i386.rpm (例)
Preparing... ########################################### [100%]
1:smdisk ########################################### [100%]

[root@dti ~]# rpm -ivh smdisk-1.2-10.i386.centos/fuse-libs-2.7.4-8.el5.i386.rpm (例)
Preparing... ########################################### [100%]
1:smdisk ########################################### [100%]

[root@dti ~]# rpm -ivh smdisk-1.2-10.i386.centos/smdisk-1.2-10.i386.rpm (例)
Preparing... ########################################### [100%]
1:smdisk ########################################### [100%]
8マウントポイント作成

"mkdir"コマンドにて、マウントポイントを作成します。 作成するディレクトリ名は任意です(ここではsmdiskを作成)

[root@dti ~]# mkdir /mnt/smdisk
[root@dti ~]#
9fstabファイルを編集

"vi" コマンドにて、fstabファイルを編集し、記載内容を保存します。

【注意点】
・ fstab内に既になにかしらの記述がある場合は、その記述以降の行から登録します。
・ "username="には、ServersMan@Diskでご利用のアカウントを入力します。
・ "password="には、ServersMan@Diskでご利用のパスワードを入力します。
・ "ope_src=" は、ServersMan@DiskのWindowsクライアント/Webクライアントの「操作端末」として表示されます。複数の端末でご利用いただく場合などにご利用いただきます。 任意で設定いただくか、ホスト名を入力してください。
[root@dti ~]# vi /etc/fstab

none /dev/pts devpts rw 0 0
none /dev/pts devpts rw,gid=5,mode=620 0 0
none /dev/shm tmpfs defaults 0 0
/usr/sbin/smdisk /mnt/smdisk fuse allow_other,umask=0000,username=(ServersMan@Disk用アカウント),password=(ServersMan@Disk用パスワード),ope_src=(ホスト名、または任意) 0 0
10マウント

"mount"コマンドにて、マウントポイントへマウントします。

[root@vps ~]# mount /mnt/smdisk
mount succeeded
【注意点】
"mount"実行後、
-------------------------------------------------------------------------------------------
mount failed: Permission denied
-------------------------------------------------------------------------------------------
上記エラーが表示される場合は、「9.」で登録したメールアドレスとパスワード間違いの可能性があります。再度/etc/fstab の登録内容の確認をお願いします。
11設定結果を確認

"df -h"コマンドにて、マウント設定結果を確認します。

[root@dti~]# df -h
Filesystem Size Used Avail Use% Mounted on
/dev/simfs 46G 719M 46G 2% /
/dev/fuse 10G 5.7G 4.4G 57% /mnt/smdisk

※マウントを解除する場合
マウントを解除する場合は、下記のコマンド実行後、"df -h"コマンドにて、解除結果の確認をお願いします。

[root@dti ~]# umount /mnt/smdisk
[root@dti ~]# df -h
Filesystem Size Used Avail Use% Mounted on
/dev/simfs 46G 719M 46G 2% /
[root@dti ~]#

ServersMan@VPS Perfectプラン紹介

お申し込みお申し込み
これからDTIを
ご利用いただくお客様
DTIをご利用中のお客様管理画面ログインもこちらから!
ServersMan@VPS
Perfectプラン紹介
ServersMan@VPS Perfectプラン紹介

お問い合わせお問い合わせ
これからDTIを
ご利用いただくお客様
DTIをご利用中のお客様

MyDTIログイン後、[各種お問い合わせ]よりServersMan@VPSに関するお問い合わせを選択

最新掲載情報最新掲載情報
クラウドWatch ServersMan@VPS Perfectその使い勝手を検証!

◆INTERNET Watch
[2012/10/23]
ServersMan@VPSが定例アップデート、セットパッケージがCentOS 6.3に対応

※ 一度に5契約以上の契約を希望される場合、こちらよりお問い合わせください。