DTIフォン-FCへDTIフォン-Cへ
DTIフォン-FC
お申し込みへ
サービス案内へ
料金へ
ご利用ガイドへ
注意事項へ
FAQへ
通話明細確認へ
「DTIフォン-FC」と「DTIフォン-C」は、2018年6月29日をもってサービスの新規受付を停止いたしました。
注意事項
■ 通話中の品質について

通話の品質はご利用時のネットワークの状況、宅内の環境に大きく影響を受けます。通話品質が低下する原因として、以下のケースなどがございます。
  • 通話中にインターネットで容量の大きいファイルなどをダウンロード、アップロードした場合
  • 近くで家電製品をご利用の場合
  • インターネット内のトラフィックが極端に増えた場合
  • 近くでISDN回線など他回線からの干渉がある場合
  • 電話機とIP電話対応ADSLモデムまたはIP電話アダプターの距離が離れている場合
■ 「DTIフォン-FC」が使えない場合

「DTIフォン-FC」がご利用いただけない例として、以下のケースなどがございます。この場合、IP電話を経由せず一般加入電話網を利用しての通話となり、ご契約の一般加入電話の通話料金がかかります。
  • サービス提供対象外番号への通話時
  • 障害などが発生した場合
  • IP電話対応ADSLモデムまたはIP電話アダプターの電源が入っていない場合
  • ACR(LCR)機能つき電話機をご利用で、ACR(LCR)機能がONになっている場合
※ NTTなどの一般加入電話の契約がない場合(ADSLタイプ2など)は、一般加入電話網を利用しての通話はできません。
※ 機器の配線や設定方法によって一般加入電話網を利用しての通話ができない場合があります。
誤ダイヤルなどでおかけ直しされる際には、3秒ほど受話器を置いた後に、再ダイヤルしてください。受話器を置かれてすぐにダイヤルしますと、一般加入電話回線で発信することがあります。IP電話対応機器のマニュアル等をよくお読みの上、ご利用ください。
■ ご利用できない電話番号について

下記の通話はサービス提供対象外となり、お客様がすでに加入されている通信事業者のサービスで発信されます。その際の通話料金は、該当通信事業者から請求されます。
  • 110・119などの「1」から始まる3桁の特別番号への通話(184、186を除く)
  • 0120・0570・0990などで始まる番号への通話
  • ポケベル(020)への通話
  • 衛星電話
  • 0081・0082・#9110などへの通話
  • 相手先電話番号の前に「0009」(フレッツサービスをご利用の場合は「0000」)をダイヤルすることによる、強制的な一般加入電話網経由での通話
■ ACR(LCR)電話機をご利用の方

ACR(LCR)機能つき電話機をご利用の場合、ACR(LCR)機能がONになっていると「DTIフォン-FC」をご利用いただくことができません。「DTIフォン-FC」をお使いになる場合は、ACR(LCR)機能をOFFにしてください。

■ FAX送信について

「DTIフォン-FC」サービスでは、FAXの送信が正常に行えない場合がございます。正常に送信を行えない場合には、電話番号の先頭に「0009」(フレッツサービスをご利用の場合は「0000」)をつけて、ご契約の一般加入電話から発信してください。通話にはご契約の一般加入電話の通話料金がかかります。

■ プッシュ信号を使う場合

「DTIフォン-FC」ではプッシュ音(DTMF)が正確に届かない場合があります。チケット予約等で音声ガイダンスを利用する場合は、プッシュ音を確実に入力するために、電話番号の先頭に「0009」(フレッツサービスをご利用の場合は「0000」)をつけてご契約の加入電話から発信してください。通話にはご契約の一般加入電話の通話料金がかかります。

■ 他社050番号へ発信する場合

「DTIフォン-FC」加入者から提携事業者以外の他社050番号へのご利用の際は、相手先の050番号の前に「0009」(フレッツサービスをご利用の場合は「0000」)をつけてダイヤルしてください。通話料金はNTTから請求されます。「DTIフォン-FC」と提携事業者のIP電話サービス加入者の050番号にかける際は、050番号のみをダイヤルしてください。最初に「0009」(フレッツサービスをご利用の場合は「0000」)をつけると、一般加入電話経由での発信となり、無料(有料接続提携IP電話は7.5円(税抜)/3分)でご利用いただくことができませんのでご注意ください。

■ 発信者番号通知について

IP電話経由での発信時に、「DTIフォン-FC」でご利用いただいている050番号が相手先に通知されます。また、「184(番号非通知機能)/186(番号通知機能)」をつけてダイヤルした場合もIP電話経由で発信できます。(「184/186」に続く番号が「DTIフォン-FC」でご利用いただけない番号であった場合は、「0009」+「184/186」+「相手先電話番号」の手順で一般加入電話よりおかけなおしください。フレッツサービスをご利用の場合は「0000」+「184/186」+「相手先電話番号」をダイヤルしてください。) ※ IP電話対応ADSLモデムまたはDTIフォン-FCにてご案内しているIP電話アダプターに備わっている発信者番号通知機能の初期設定は、発信者番号を「通知する」設定となっております。番号を通知したくない場合は、「184+相手先電話番号」の手順でダイヤルするか、アダプターの設定を非通知に切り替えていただく必要がございます。

■ 同一市内へ電話をかける場合

同一市内の一般加入電話へおかけの場合も、市外局番(03等)からダイヤルしてください。ただし、IP電話対応ADSLモデムまたはDTIにてご案内しているIP電話アダプターには、市外局番を事前に登録する機能がございます。この機能をご利用の場合、市外局番をつける必要はありません。くわしい設定方法はIP電話関連設定をご覧ください。

■ 一般加入電話・公衆電話・携帯電話・PHSからの着信について

「DTIフォン-FC」でご利用いただいている050番号へも、NTT固定電話・公衆電話・携帯電話・PHSからの着信が可能です。本サービスご利用に関して、NTT、携帯電話・PHSサービス提供各社およびDTIへのお申し込みや手続きは必要ありません。

■ネットワーク対応ゲームなどの各種ソフトウエアご利用について

個別に設定が必要なものや、ご利用いただけない場合がございます。DTIフォン-FCお申込み前に必ずゲームソフトウエアのメーカーへご相談ください。DTIではソフトウエアの各種設定について、サポートしておりません。

グローバルIPアドレスの割り当てについて
ルーターやその他IP電話対応機器などにグローバルIPアドレスを直接割り当てない接続方式(ブリッジ接続)の場合、DTIフォン-FCはご利用いただけません。ご注意ください。

■ 機能などについて
  • 本サービスはベストエフォート型サービス(サービスの品質保証がない通信ネットワーク、通信サービス)です。利用形態、接続状態などにより通話品質の低下・通話が切断する場合があります。その場合でもベストエフォートの観点により、弊社は一切の責任を負わないものとしますので、あらかじめご了承ください。
  • IP電話対応ADSLモデムまたはIP電話アダプターに複数台の電話機を接続することはできません。
  • 「DTIフォン-FC」をご解約された場合(ひかりone Tタイプ各プランでIP電話アダプターをレンタルにてご利用の場合)は、解約後10日以内にIP電話アダプターをDTI指定先へご返却ください。未返却の場合、滅失、盗難、毀損、損傷の場合、20,000円(税抜)/台をご請求させていただく場合があります。

■ 料金について

DTIフォン-FCのご利用料金(通話料金)は毎月末日締にて計算し、翌月のご契約プラン料金と併せてご請求いたします。なお、一般加入電話回線からの電話網経由にて発生した通話料金は、ご利用の電話会社からご請求となります。

毎月1日から末日までを1料金月として計算します。
※一部の通話料については、請求が遅れる場合があります。