dアニメストア for prime videoとは?本家と何が違ってどんなメリットがあるの?

オっさん

更新日:

本家「dアニメストア」と、この「dアニメストア for prime video」、一体何が違って、どんなことがメリットなのか、この記事で分かりやすく解説していきます。

目次

Amazonプライムで観られるdアニメストア


「dアニメストア for prime video」というのは、amazonプライムビデオ上で「dアニメストアの作品が観れるサービス」です。


アニメだけを見たい人にはオススメできない


まず結論から言うと、「アニメをメインで視聴する・アニメしか観ない」という人にこのサービスはオススメできません。

何故なら、アニメの作品数だけで言えば、「dアニメストア for prime video」よりも本家「dアニメストア」の方が多いからです。


今からアニメを視聴したい人で「dアニメストアにするかamazonプライムにするか…」と悩んでいるなら、圧倒的におススメできるのは本家dアニメストアです。


アマプラの料金が追加でかかる 


「アニメを視聴したい人にオススメできない」理由のもう一つに、amazonプライムの費用がプラスで乗っかってくるというのもあります。


元々amazonプライムのサービス(通販や音楽など)を使っている人が『アニメももうちょっと作品数があったらいいな』と思った時に「dアニメストア for prime video」を契約する分には、支払い方法や契約手続きをもう一度行う面倒もないのでいいかと思いますが、ゼロから悩んでいる、且つアニメをだけたくさん見たいという人は本家dアニメストアと契約する方が良いでしょう。



「dアニメストア」と「dアニメストアfor prime video」の比較


ここまで「アニメだけ観たいなたdアニメストア」と結論を書いていきましたが、では実際に本家dアニメストアとdアニメストア for prime videoで何が違うのか簡単に見ていきましょう。


dアニメストアdアニメストアfor prime video
月額料金440円

440円

(+アマプラ500円)

支払い方法

クレジットカード

ドコモ支払い

dポイント

クレジットカード

携帯決済

Paidy翌月払い

Amazonギフト券

JCBのOki Dokiポイント

作品数約4200本

非公開

(アニメ約1500本)

(アマプラ全体約1万本)

無料期間31日間30日間
視聴デバイス

PC

スマホ・タブレット

スマートテレビ

ストリーミング端末

Fire TV

Android TV 

ドコモテレビターミナル

PC

スマホ・タブレット

スマートテレビ

ストリーミング端末

Blu-Rayプレーヤー

ゲーム機

ダウンロード機能
同時視聴×

ストリーミング:3台

オフライン再生:2台

(計5台同時視聴可能)


おすすめできるタイプの人は?

先述した通り「アニメだけ観る」「映像作品だけ目当て」という人にこのサービスは向かないと思います。


私の場合、VODの中でもamazonプライムを選んでいる理由は「動画を見ない期間があってもメリットがある」からです。

Amazonプライムのサービスで「VOD」というのはその中のサービスの1つでしかなく、他にも色々な特典が付いてきます。


▼プライムビデオ以外の会員特典

送料無料

お急ぎ便・時間指定無料

会員限定のセール

prime musicで音楽が聴ける

Prime Readingで一部の本が無料


なので、「アニメを見るVOD」として二つを比べると、わざわざ「dアニメストア for prime video」にする必要はありません。

素直にdアニメストアに登録した方が良いでしょう。


「dアニメストア for prime video」をおすすめできるユーザーは以下の通り

・既にamazonプライムに登録済みの人

(またはamazonでよく買い物する人)

・VODを使わない期間があったりする人

・アニメ以外も満遍なく見たい人

・家にあるゲーム機を使ってTVで見たい人


Amazonプライムでdアニメを見るメリット


本家とdアニメストア for prime videoの詳しい比較はこちらの記事でまとめました。



この記事では「dアニメストア for prime video」であるメリットを掘り下げていきます。


様々な作品・チャンネルが満遍なく揃っている


Amazonプライムだけでもある程度アニメは見れます。

ただ、見放題対象作品数がアニメだけで見ると少ないことと、見放題作品の入れ替わりが激しいことが、アニメに関わらず「特定のジャンルだけたくさん見たい人」にとってはマイナスとなってしまいます。


「dアニメストア for prime video」はそんな「アニメも他の作品もそれなりに見たい」という人向けの追加サービスです。


わざわざ支払いを分ける必要もなく、amazonプライムで登録した支払い方法のまますぐに契約ができます。

Amazonプライムには他にも同じようなサービスで「NHKオンデマンド」「シネフィルWOWOW」「大阪チャンネル」などもあります。

dアニメストア for prime video_チャンネル

海外ドラマ・映画をもっと見たいと思ったら「STAR EX」、お笑いをもっと見たいと思えば「大阪チャンネル」と、『ちょっと足りないな』と思えば追加で様々な作品に触れることができます。

Amazonプライムで見放題になっている作品で「ちょっと」満足できない人が、そういった追加サービスで登録したり解約したりしながら満遍なくいろんな作品を見ていくことができるのが、このamazonプライムの良いところでしょう。


アマプラで支払いをまとめてできる

上で書いた通り、支払いはamazonプライムの支払い方法でまとめて行います。


「海外作品が強いVOD」「NHKのVOD」「アニメだけのVOD」「お笑いのVOD」と、いろんな強みを持ったVODがありますが、それぞれに契約するのは管理するのも、新たに契約するのも少し面倒です。


Amazonプライムであれば「見たい」と思ったジャンルを簡単にプラス料金で追加することができるので、バラバラに契約するよりもその辺の手間がなくなります。ついでに登録も簡単。

dアニメストア for prime video_登録

同時視聴ができるようになる

先述の比較でも分かる通り、本家dアニメストアでは同時視聴ができませんが、アマプラであれば最大5台まで同時視聴が可能です。

ストリーミングでの同時視聴制限

3台まで
ダウンロードできる端末制限2台まで

家族でアカウント共有することを考えているのであれば、アマプラの方が使い勝手はいいでしょう。


ゲーム機でもテレビ視聴できる

dアニメストアがテレビ視聴に対応しているデバイスは、fire TV stickなどの「各種ストリーミング端末」と「スマートテレビ」です。


詳しくはdアニメストア公式サイトの「dアニメストア対応機種・動作環境」で確認できます。


残念ながらPS3/PS4/PS5、Xboxには対応していないので、テレビでdアニメストアを見る場合は、対応しているデバイスを購入する必要があります。


なので、

「PS3/PS4/PS5、Xboxがある」

「まぁまぁアニメ以外も見る」

という人は、dアニメストアよりもアマプラがオススメです。


分かりにくい解約方法に注意


まず、アプリからでは解約ができないのでブラウザ版のAmazonへ移動します。


dアニメストア for prime video_解約方法1

ブラウザ版の左のメニューバーから「Prime Video」を選択してブラウザ版のプライムビデオページに移動します。

そこからメニューを選択し、「設定」を選択します。


dアニメストア for prime video_解約方法2

「アカウントと設定」の画面になったら下にスクロールし「Prime Videoチャンネルの管理」というリンクをタップ。


dアニメストア for prime video_解約方法3

チャンネルの管理画面に行けたら、下にスクロールすると「登録しているチャンネル」が出てくるので、そこから「登録解除」を選択します。


dアニメストア for prime video_解約方法4

ここを選択すればようやく解約が完了します。

いやそれにしても分かりにくいですね。


まとめ


「アニメしか興味ない」

「同時視聴の必要がない」

「支払い方法に問題がない」

「テレビ視聴も問題ない」


という方は迷わず本家dアニメストアがオススメ。


逆に


「他ジャンルも満遍なく見たい」

「月額の元が取れるほど頻繁に利用しない」

「家にあるゲーム機でテレビ視聴したい」

「クレジット以外の支払い方法が良い」


という方はPrime Videoがオススメです。

※本ページの情報は202102月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サービスサイトにてご確認ください。

執筆
オっさん

火薬とファンタジーと筋肉が好き。趣味はボディメイク。ポケットに無限大な夢を詰め込んで冒険に出かけたい人生だった。アウトラインギリギリをアクロバティックに疾走したい。

VOD・動画配信サービスに関する人気記事