マニュアル

クラウドサービスServersMan@VPS Entry/Standard/Proテクノロジーで世界を変えるためのプラットフォーム

ServersMan@VPS Entry/Standard/Proプラン マニュアル/基本の設定と使い方(ServersMan)

ServersManインストール方法(CentOS 32bit、64bit版)

OS更新日時
バージョン情報
各種内容
CentOS
32bit/64bit版
2012/2/6
Ver.1.0-009
ファイル名:
serversman-1.0-009.i386.rpm
ハッシュ値:
687ab563061ad2aec6776329496de368
wget:
http://vpsrepo.ub-freebit.net/serversman/serversman-1.0-009.i386.rpm
1sshで仮想マシンにログイン

仮想マシンへsshでログインします。
※これ以降の操作はroot権限にて実行してください。

sshログイン方法については、エンジニアセットをご利用の場合はこちら、その他のパッケージをご利用の場合はこちらをご参照ください。

2ServersManの最新ファイルを取得

wgetコマンドにて、ServersManの最新ファイルを取得します。
wget用のURLは本項目 最上段の表内をご確認ください。

※保存先ディレクトリは任意です。wgetコマンドを実行前に、希望ディレクトリへ移動してください。

[root@vps]# wget (本項目最上段の表内のwget用URL)
3ServersManファイルの確認

md5sumコマンドにて、正式なServersManファイルか確認します。
コマンド実行後、本項目 最上段の表内の"ハッシュ値"と同じ文字列が表示されることをご確認ください。

[root@vps]# md5sum  (wgetでダウンロードしたファイル名)
(本項目 最上段の表内のハッシュ値) serversman-*.*-***.i386.rpm

※文字列が異なる場合は、インストールを中止し、MyDTI>[各種お問い合わせ]>[ServersMan@VPSの設定や利用方法に関するお問い合わせ]よりサポートまでお問い合わせください。

4ServersManのインストール

rpmコマンドにて、ServersManファイルをインストールします。

[root@vps]# rpm -ivh (wgetでダウンロードしたファイル名)
準備中...   ########################################### [100%]
1:serversman   ########################################### [100%]
5バージョン確認

再度"rpm"コマンドにて、バージョン確認を行い上部表内の最新バージョンと一致するバージョン一致することを確認してください。

[root@vps ~]# rpm -qa|grep serversman
serversman-最新のバージョン
6ファイルの削除

インストール完了後、ServersManファイルを削除します。

[root@vps]# rm (wgetでダウンロードしたファイル名)
7再起動

ServersManの再起動後、インストールが完了します。
再起動手順がご不明な方は、こちらよりご確認ください。

ServersMan@VPS Perfectプラン紹介

お申し込みお申し込み
これからDTIを
ご利用いただくお客様
DTIをご利用中のお客様管理画面ログインもこちらから!
ServersMan@VPS
Perfectプラン紹介
ServersMan@VPS Perfectプラン紹介

お問い合わせお問い合わせ
これからDTIを
ご利用いただくお客様
DTIをご利用中のお客様

MyDTIログイン後、[各種お問い合わせ]よりServersMan@VPSに関するお問い合わせを選択

最新掲載情報最新掲載情報
クラウドWatch ServersMan@VPS Perfectその使い勝手を検証!

◆INTERNET Watch
[2012/10/23]
ServersMan@VPSが定例アップデート、セットパッケージがCentOS 6.3に対応

※ 一度に5契約以上の契約を希望される場合、こちらよりお問い合わせください。
close
このエントリーをはてなブックマークに追加