マニュアル

クラウドサービスServersMan@VPS Entry/Standard/Proテクノロジーで世界を変えるためのプラットフォーム

ServersMan@VPS Entry/Standard/Proプラン マニュアル/スタートアップ~まずはじめに~

root権限で仮想マシンへログインする

1SSHクライアントの準備

sshとは、離れている別のコンピュータにログインしたり、遠隔地のマシンにてコマンドを操作したり、他のマシンへファイルをコピーしたりすることができるプログラムです。ネットワーク上を流れるデータは暗号化されており、インターネット経由でも安全に利用することができます。よく利用されるsshクライアントアプリケーションは以下のものです。

TeraTerm : ダウンロードサイトはこちら
PuTTY : ダウンロードサイトはこちら

2仮想マシンのIPアドレス入力(※TeraTermを利用した場合にて記載)

「ホスト」には、VPSサーバのIPアドレス(IPv4)を入力してください。VPSサーバのIPアドレス(IPv4)は、申し込み完了時のメールに記載されております。

VPSサーバのIPアドレス入力 VPSサーバのIPアドレス入力

※SSH用ポート番号は、ServersMan@VPS用に変更しております。
お申し込み完了後にメールにてご案内しております、[ご契約内容]をご確認ください。

3仮想マシンのアカウント情報入力

ユーザ名とパスフレーズ(パスワード)を入力してください。 これは申し込み完了時のメールに記載されている項目だと以下になります。
エンジニアセットをご利用のお客様は、ユーザ名に「admin」とご入力ください。

VPSサーバのアカウント情報入力 VPSサーバのアカウント情報入力
4仮想マシンの操作

下記のように画面が表示されたら、正常に仮想マシンにログインができております。ここからの操作についてはお客様次第となるため、root権限にてどうぞご自由に操作ください。

VPSサーバの操作

ServersMan@VPS Perfectプラン紹介

お申し込みお申し込み
これからDTIを
ご利用いただくお客様
DTIをご利用中のお客様管理画面ログインもこちらから!
ServersMan@VPS
Perfectプラン紹介
ServersMan@VPS Perfectプラン紹介

お問い合わせお問い合わせ
これからDTIを
ご利用いただくお客様
DTIをご利用中のお客様

MyDTIログイン後、[各種お問い合わせ]よりServersMan@VPSに関するお問い合わせを選択

最新掲載情報最新掲載情報
クラウドWatch ServersMan@VPS Perfectその使い勝手を検証!

◆INTERNET Watch
[2012/10/23]
ServersMan@VPSが定例アップデート、セットパッケージがCentOS 6.3に対応

※ 一度に5契約以上の契約を希望される場合、こちらよりお問い合わせください。
close
このエントリーをはてなブックマークに追加