【無料視聴】ゲキドルの動画を全話フル視聴できる方法【見逃し配信】

ゲキドル

3

ゲキドルを無料視聴できるおすすめはU-NEXT(ユーネクスト)

ゲキドルを無料視聴できるおすすめの動画配信サービスは間違いなくU-NEXT(ユーネクスト)です。

月額料金2189円(税込)
無料ポイント1,200円分
見放題作品数21万作品以上 ←業界最大!
アニメ作品数4,000作品以上 ←業界最大級!
無料トライアル期間31日間
電子書籍あり

U-NEXT(ユーネクスト)でゲキドルを無料視聴する

U-NEXTの無料トライアルを利用すればゲキドルを最新話まで無料で視聴することが可能です。

ゲキドル以外にも人気の現在放送中のアニメシリーズも全エピソード配信中。U-NEXTだけで関連作品を全て網羅できるので、煩わしさがありません。

さらに、U-NEXTなら原作漫画も電子書籍として販売しているので、無料トライアルでもらえるポイントで購入することもできます。

U-NEXTの電子書籍は常に40%ポイント還元セール中!

3冊購入すると1冊分のポイントが返ってきます!


U-NEXTで「ゲキドル」を無料視聴する

ゲキドルを無料視聴できるおすすめはdアニメストア

ゲキドルを無料視聴できるおすすめの動画配信サービスは間違いなくdアニメストアです。

月額料金440円(税込)
無料ポイントなし
見放題作品数約4,200作品
アニメ作品数約4,200作品
無料トライアル期間31日間
電子書籍なし

dアニメストアでゲキドルを無料視聴する

ゲキドルを無料動画サイトで見るとウィルスの危険がいっぱい

インターネット上にはU-NEXT(ユーネクスト)やdアニメストアなどの動画配信サービス以外にアップロードされたゲキドルの動画が存在しています。

しかし、これらの動画は全て違法にアップロードされた物となり、それらの動画をダウンロードすると法的措置の対象となる場合があります。

令和2年著作権法改正
① リーチサイト対策
【第113条第2項~第4項、第119条第2項第4号・第5号、第120条の2第3号等】
・リーチサイト等を運営する行為等を、刑事罰の対象とする。
・リーチサイト等において侵害コンテンツへのリンクを掲載する行為等を、著作権等を侵害する行為とみなし、民事上・刑事上の責任を問いうるようにする。
(※)侵害コンテンツ:違法にアップロードされた著作物等
(※)リーチサイト:侵害コンテンツへのリンク情報等を集約したウェブサイト
② 侵害コンテンツのダウンロード違法化
【第30条第1項第4号・第2項、第119条第3項第2号・第5項等】
・違法にアップロードされたものだと知りながら侵害コンテンツをダウンロードすることについて、一定の要件の下で私的使用目的であっても違法とし、正規版が有償で提供されているもののダウンロードを継続的に又は反復して行う場合には、刑事罰の対象にもする。
(※)音楽や映像については既に違法化・刑事罰化がされている。

引用:日本著作権教育研究会

また、違法動画サイトにはトロイの木馬などのウイルスが仕掛けられていることもあり、お使いのパソコンやスマートホンが破壊される恐れがあります。

近年では違法動画サイトへのアクセスが制限されたり、著作権保護法が強化されたりと、政府は違法動画への規制を強めています。「ダウンロードをしてないから処罰の対象にはならない」と言い切れない時代になりました。ウイルス感染のリスクも高いので、違法動画サイトで視聴するのは絶対にやめておきましょう。

U-NEXT(ユーネクスト)なら公式に配信されているので安心して視聴することが可能です。安全にゲキドルを視聴したいのであればU-NEXT(ユーネクスト)の無料トライアルを利用しましょう。

U-NEXT(ユーネクスト)でゲキドルを無料視聴する

謎の災害・世界同時都市消失から5年 世界は混乱の中にありながらも、少しずつ復興を遂げようとしていた そんな世界で 3Dホログラムを用いた「シアトリカルマテリアルシステム」を使った演劇 に魅せられ、光り輝くステージを目指す少女たちがいた それぞれの思いを胸に 今、ステージの幕が上がる

公式動画

ゲキドルを無料視聴できるおすすめ動画配信サービス

U-NEXT(ユーネクスト)

月額2,189円(税込)31日間無料

業界No.1の作品数!まさに「ないエンタメがない」!

Amazon Prime Video( アマゾンプライムビデオ)

月額500円(税込)30日間無料

コスパ最強!?料金・作品数・ジャンルのバランスが優れてる!

dアニメストア

月額440円(税込)31日間無料

アニメを見るならdアニメストア!440円で4,200作品が見放題!

ゲキドルの各話詳細

101話 芝居

初めてスーパーマテリアルシアターでいずみの舞台を見たせりあ。その迫力に興奮し、自分も役者として、あのステージに立ちたいと思うようになる。その後、街中で「アリスインシアター」という劇団の案内チラシをもらったせりあは、好奇心も手伝って劇団のある建物を訪れる。

アイドルものは「ラブライブ」くらいしか見てないニワカですが、災害後のディストピア設定とハイテクAI人形らしきSF設定、舞台俳優とアイドルの掛け合わせ…などなど要素が多すぎてかなりごちゃっとした第一話でした。

展開も詰め込みすぎている気がして主人公の起伏の変化にあまりついていけなかった…。

路線が全く見えないアイドルものというのはかなり珍しい気がするので、今後の展開には期待していきたいですね!

202話 欲望という名の劇場

アリスインシアターの団員として迎えられたせりあは、劇場内でシアトリカルマテリアルシステムが作り出した舞台装置の一部だというアクトドールと出会う。まるで生きているようなドールに惹かれていくせりあ。新人として稽古に参加したせりあは、いずみが劇団にいた頃のことを尋ね、あいりの機嫌を損ねてしまう。

2話目はメンバー紹介回のような感じかと思いきや、またもや急展開。

主人公セリアの指導役っぽいあいりが「なんでも聞いて!」って言った後に、あいりちゃんが即効キレるシーンは普通に笑ってしまった笑

セリアが地雷踏んだからなんともいえないんだけど…。

紆余曲折あったあとのステージシーンは、まだまだ見せ場感微妙…。

これから他のキャラも焦点があたっていくと盛り上がる感じになるのかな?

次回はあいりに焦点があたっていきそう。

OPの演出からするとあいりが主人公の相方的存在っぽいな~。

303話 アイリを待ちながら

かつてジュニアアイドルとして際どいこともしていたあいり。当時のファンと対バン会場で遭遇してから、自分が最低なことをしていたと後悔し、稽古に出てこなくなってしまった。自分の演技に不安を覚えていたせりあは、やっぱりあいりがいないとダメなんだと彼女を探しに行く。

アイリの過去がえぐい、えぐすぎる…。

もうちょっとナイーブな伝え方とか描写にしても良かったんじゃ…。

災害後のディストピアだから、現実とは異なるとはいってもほぼ現代と変わらないように見えるし。

不快に感じる人は多そうだなぁ。

やっぱり、主人公セリアとアイリの2軸で物語が進んでいくっぽいですね~。

「ゲキドル」のタイトル回収もされたってことで、次回から本筋にいくのかな?

歌って踊るステージシーンは、テイスト程度で普通のアイドルものとは違った形で進んでいきそう!

404話 バースディ・パーティー

演劇をするアイドル・ゲキドルとしての活動に、活路を見いだしたかをる。1週間に渡る舞台も久々に成功し、気分は上々。次は劇団の代表作とも呼べる『アリスインデッドリースクール』を上演しようと提案する。かつていずみが演じたユウを誰が担当するのかという話になり、あいりはせりあを推薦するが……。

ゲキドルの活動に本腰入れてストーリーが進んでいく…!

と思いきや、ここにきて世界観設定である「世界同時都市消滅」、SF設定っぽいAI人形?「ドール」、セリアとアイリのデート、衝撃的な主人公セリアの過去などが同時進行で描写されてとにかくてんこ盛りな回でした!

前回に続いて登場人物の過去が重い、重すぎる…。

セリアが人の演技を完コピできる理由もそこから来ていたのかと、納得。

「世界同時都市消滅」もストーリーに絡んできて、思っていたよりもがっつり本筋に絡んできそうな予感。

というか、この作品ってまさかの百合ものなの?

そういう路線でも進めていくの?

最後のアイリの嫉妬が完全に昼ドラっぽかったぞ笑

世界観設定の核心部分が明らかになった回だったので、急に面白くなった印象。次回が楽しみ。

505話 桜の園

せりあは5年前の「世界同時都市消失」で、両親と妹を亡くしていた。その事実を忘れていたことにせりあは動揺するも、幼い頃の“夢”を見て落ち着く。我に返ったせりあの前には微笑むドールの姿。せりあは、ふと思いついてドールに妹と同じ「アリス」という名前を付ける。アリスインシアターの稽古は順調に進んでいると思われたが……。

前回、ドールに自分の姉妹の名前「アリス」を付けだしたセリアが引き続きドールとイチャイチャしだす暴走回でしたね笑。

ドールのアリスに感情が芽生えていくっぽい描写が心温まると同時に、セリアと他の人との距離が離れていくのが絶妙にリアル。

アイリが不憫だけど救いがあるのか…期待したい。

4話で出てきたラスボスっぽいプロデューサー・竹崎さんも本編に絡んできましたが、回想でちらっと出てきた影ってもしかして「アリス」?

そしてラストはもうずっとホラー展開笑

いや、普通に怖い。

冒頭と終盤で「アリス」のキャラ違いすぎるでしょ。

見方がもう完全に「青春アイドルもの」ではなくなってますし、ジャンルが何かと言われたら答えられないですがそれはそれで楽しいので、次回も見ます笑

606話 人形の家

アリスをいずみと見間違えて駆け寄ろうとし、階段から落ちてしまったあいり。1か月は舞台に立てなくなったあいりは、せりあに代役を頼む。自分の演技はモノマネだとうなだれるせりあに、あいりは「本物にしてあげる」と意気込み、厳しい稽古を続けていく。そんな舞台をいずみと竹崎が見にやってきて……。

サブタイトル「人形の家」にふさわしくドール「アリス」が完全に暴走状態になってしまう回でした。

また、セリアの本当の過去が明らかになり、これまで自分が姉妹のアリスにこだわっていた理由も明らかになりました。


アイリとのレッスンで、豹変してしまうセリアは本当にアイドルアニメなのか?と思うほど狂気じみていて怖かったです。

ドールのアリスが見せる幻覚で、客席の方が思い思いの映像を浮かべていたのもかなり狂気的でした。


冒頭で竹崎さんが見つけた破壊された人形はラストで転落したものなのか?

破壊されていた人形はアリスなのか?

転落させたのは座長のかをるさんなのか?

謎が謎を呼ぶ展開でした。

座長のかをるさんも謎が深まってきたので、気になってくるところ。

杖の理由が明らかになっていくのが楽しみです。

707話 から騒ぎ

シアトリカルマテリアルシステムの故障により、休演を余儀なくされていたアリスインシアター。再開のめどが立つと、かをるは次作を『降臨武闘少女(バトルガール)』に決め、あいりとせりあをダブル主演に指名する。

ドールが竹崎のもとに…!?

いずみも巻き込んで波乱の予感を感じさせる一話でした。


ドールが壊れた理由はいまだに謎が残っていますが、かをるさんが意味深な離脱をしようとしているのが気になります。

これまでスポットにあたっていなかったアキラとマナミにも年長キャラとしての役割が生きてきそうな予感。


次回はドールに役を奪われたいずみが、セリアとアイリのもとを訪ねたところから進んでいきそう。

ラブラブなセリアとアイリのもとにいずみちゃんが割り込んでくる修羅場展開は、相変わらずぶっこんだ展開にするなぁという感じでした笑

808話 何が彼女をそうさせたか

アリスインシアターからいなくなったドールは、スーパーマテリアルシアター(SMT)の竹崎のもとにいた。竹崎はSMTの次回公演の主役をドールにすると言う。ショックを受けたいずみがあいりの部屋を訪れると...。

かをるさん…!?

かをるさん?かをるさん…!?

なここにきて座長なのかもどうなのかもわからなくなってきた、かをるさん回でした笑


前回気になっていた、セリアとアイリといずみの三角関係はあっさり解決。

このアニメ、展開の解決パターンがワンパターンというか意外と薄味なのは全体的に気になるかも。


ラスボス竹崎さんのいろんな人が楽しめる劇、かをるさんの演者がいてこその劇との演劇対立が激化しますがだからこそ、このアニメは演じる人たち目線でいろんな物語が進んでいっているのかな…?

とも思いました。

生きていないドールが見せる演技が完璧である、という竹崎さんの思想は別に悪ではないとも思います…笑


そして、突然杖を持たずにアリスインを去っていったかをるさん。

もしかして、全世界同時都市消滅の原因に思ったよりがっつり絡んでる人物だったのか!?

という幕引きでした。

急展開過ぎて、えぇ!?となりましたが、とりあえず再登場を待ちましょう!

909話 生ける屍

かをるが姿を消した。すでにアリスインシアターが入る建物の所有権を得ていた竹崎は、出入口を閉鎖し、団員の出入りを禁止。アリスインシアターは休団となってしまう。しかし、晃たちはあきらめていなかった。ほかの劇場を借りるために資金を集めようと、ゲキドル活動を再開。そこにせりあがいずみを連れてやってくる。

前回、動員数3,500人を見事達成したアリスインシアターでしたが、かをるさんの消息が途絶えてしまい結局活動休止状態に。


意気消沈するセリアたちでしたが、いずみの復帰とまことの計らいによってアナログなゲキドルを作り出すことに成功しました。


これまで焦点にあたっていなかったマユリとカズハルがいずみの復帰に複雑な思いを打ち明けるシーンが印象的でしたね。

特にエアーことカズハルが初めて感情をあらわにするところが良かったです。


そして、ラストでは前回かをるさんが向かっていった場所が「グランドマテリアルシステム」であることが竹崎の発言から判明しました。

全世界同時都市消滅はもしかして「シアトリカルマテリアルシステム」と関係している…?

世界中にクレーターができたと思わされているという意味深な発言から、亡くなった人たちももしかしてどこかで生きている…?


演劇と大災害の関係は思ったよりも深いところにありそうですね。

ドール「アリス」も繋がってきそうな予感で主人公の演劇そっちのけで気になる展開でした。笑

1010話 世界の創造とその他の事

真琴の父親が理事長をしていた学校を劇場とし、アリスインシアターは新たなスタートを切った。シアトリカルマテリアルシステムもなく、衣装もセットも手作り。それでも客入りは上々で、次は新作を上演することに。題材は、いずみがかをるの部屋で見つけた「妄想日記」。脚本を担当する愛美は、主人公のミキ役にせりあを推薦する。

かをるさんの部屋から見つかった日記を題材にオリジナル舞台をやることになったアリスインシアター。


「妄想日記」と表されていましたが、実際のところはガチっぽいですね…。

かをるさんは未来人なのか…。


そして竹崎の最愛の人ともかをるさんはつながりがある…?

その辺りはドールが絡んできそうな予感がします。


今回の「妄想日記」を題材にした演目が物語の真相と密接になりそうな予感で楽しみです。

1111話 わたしたち死んだものが目覚めたら

時空を監視し、過去に介入するイノヴェイター。かをるはそれを追跡するゲイザーのひとりだった。「妄想日記」は、かをるの同僚・キョウコが綴ったものだったのだ。そうとは知らないせりあたちは、『クロノゲイザー』の幕を上げる。その頃、竹崎は自分の理想である争いのない世界を実現するべく動いていた。

遂に物語の全容が明らかになりました。


スーパーマテリアルシアター利用した、竹崎の野望はかをるとの約束で解放されるかに見えましたが、ドールに操られてどうなる…?

ドールの目論見があまり見えてきませんが、このまま敵として終わってしまうのか、そうでないのかが来週重要になる気がします。

個人的にはセリアと過ごした時間を思い出して、何とかならないものなのか…。


かをるさん、めちゃくちゃ重要人物だったし普通に戦闘もできるのが少し面白おかしかったです笑

主人公たちの手作り演劇が、かなり置いてきぼりになってきている展開ですが「妄想日記」からつくられたストーリーが来週つながってきそうですね。


次話のサブタイトルが「終わりよければすべてよし」。

タイトル通り、きれいにまとまってくれることを祈ります!

1212話 終わりよければすべてよし

グランドマテリアルシステムが起動すると、人々はヒモのようになって消滅していく。周囲の景色までもが変わり、晃たちが動揺する中、それでも『クロノゲイザー』の舞台を続けていくせりあとあいり、いずみ。一方、意識を取り戻したかをるは、そこでかつて殺したはずの梓と再会する。

ゲキドル完結!


最終話は、世界中の人々が溶けてなくなってしまうという衝撃展開。

ものすごいエヴァみを感じました笑


世界を守ろうとするカヲルさんたちの物語とセリアたちの劇中演目が重なるのは、なかなかエモさありましたね。

台本通りにはいかない、それが演劇であり、現実の面白さという答えとうまくリンクしていたような気がします。

結局ドールに救いがなかったのは個人的に少し残念でしたが笑


災害後の世界観、オーバーテクノロジーの舞台装置、AI的なドールが登場する詰め込み要素満載の設定から、劇を演じるアイドルものというかなり異色の物語でしたが、最後はなんだかんだうまくまとまった感。

ジャンルもキャラがたくさんでてくるアイドル路線から、百合描写やホラーテイストもあって一本のアニメで色んな楽しみ方ができる作品だったと思います。


ラストはループして第一話を彷彿させる粋な演出。

セリアがトラウマを克服したハッピーエンドで良かったんじゃないでしょうか。

いろいろツッコミどころは多い作品でしたが、それも含めて楽しめた作品でした!!!

ありがとう、ゲキドル!!

ゲキドルのキャラ・声優・スタッフ情報

話数全12話
放送期間2021年1月-
制作会社フッズエンタテインメント
監督上田 繁
キャスト(守野せりあ)赤尾ひかる,(各務あいり)持田千妃来,(雛咲いずみ)諏訪彩花,(榊原かをる)花澤香菜,(ドール)M・A・O,(浅葱 晃)山本希望,(藤田愛美)髙野麻美,(山本和春)秋吉あや,(中村繭璃)佐藤亜美菜,(竹崎宏和)鳥海浩輔,(樋口真琴)八島さらら,(日向智子)水橋かおり

ゲキドルの感想

ゲキドル、アイドル系かと思ったらSFや世界観の謎など含めてミステリー要素が多くて面白い…!

キャラ同士の人間関係がリアル!悩みや葛藤が感じられて良い。

ただの青春アイドルものじゃなくて、作中の演劇内容が登場人物の心情を表している演出になってて意外にメッセージ性の強い作品なのかも…!

作中曲がいい!OPもEDも結構変わるから、毎回楽しみ!

もしかしてこの作品って百合ものなの…!?

ゲキドルほっこり回だと思ってたら急にホラー展開笑

こわいけど、おもしろっ!

動画配信サービスを探す

料金形態

ジャンル

3件該当しました

  • dアニメストア

    月額440円(税込)31日間無料
    月額料金440円(税込)同時端末再生1
    無料期間31日間ダウンロード
    強いジャンルアニメ
    月額料金440円(税込)同時端末再生1
    無料期間31日間ダウンロード
    強いジャンルアニメ
  • U-NEXT(ユーネクスト)

    月額2189円(税込)31日間無料
    月額料金2189円(税込)同時端末再生4
    無料期間31日間ダウンロード
    強いジャンル洋画邦画映画国内ドラマ
    月額料金2189円(税込)同時端末再生4
    無料期間31日間ダウンロード
    強いジャンル洋画邦画映画国内ドラマ
  • Amazon Prime Video( アマゾンプライムビデオ)

    月額500円(税込)30日間無料
    月額料金500円(税込)同時端末再生3
    無料期間30日間ダウンロード
    強いジャンル洋画邦画海外ドラマバラエティ
    月額料金500円(税込)同時端末再生3
    無料期間30日間ダウンロード
    強いジャンル洋画邦画海外ドラマバラエティ

「ゲキドル」を無料で視聴するならU-NEXTがおすすめ!

「ゲキドル」以外にも、今なら1カ月無料で21万本以上の作品が見放題!

さらに、600円分のポイント付与で原作漫画も楽しめますよ!


U-NEXTで「ゲキドル」を無料視聴する


「ゲキドル」は2021年1月より放送がスタートした、大人気ほのぼの日常系漫画のアニメ化作品。

ゲキドルは2017年より電撃マオウにて連載中のマンガ作品。大規模な災害が起きた近未来で繰り広げられるSF・アイドル作品です。放送前から数多くのファンから期待の声が上がっています。

※本ページの情報は202102月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サービスサイトにてご確認ください。