毎日を楽しくする動画に出会える

エンタミート

ディズニーアニメ映画『ダンボ』のフル動画を無料で配信中の動画配信サービスを紹介!「ピンクの象」や“ダンボ”の由来も解説!

おさとう

更新日:2024-7-8

<プロモーション>

1941年に公開された、ディズニー4作目となる長編アニメーション作品『ダンボ』。

 

「耳が大きいゾウのことは知っているけど、映画を見たことはないなあ」という方も多いのではないでしょうか?

 

2019年にティム・バートン監督によって実写化されたことで、『ダンボ』は再び注目を集めました。

 

そこで本記事では、ディズニー名作アニメ映画『ダンボ』を見れる動画配信サービスを、それぞれの特徴を解説しながらご紹介していきます!

 

また、

 

・無料で『ダンボ』を見れる配信サービスは?

・そもそも『ダンボ』ってどんな物語?

・「ピンクの象」って何のこと?

・“ダンボ”の意味や由来は?

 

などの疑問にもお答えしていこうと思います!ぜひ最後まで読み進めてみてください!

 

年額プランで登録すると2ヶ月分が実質無料!

ディズニーアニメ映画『ダンボ』をフル視聴できる動画配信サービスはここ!

 

アニメ映画『ダンボ』を配信中の主な動画配信サービスを以下の表にまとめました!

動画配信サービス

月額料金

配信状況/レンタル料金

ディズニープラス

スタンダードプラン(月額):990円(税込)

見放題

Amazonプライムビデオ

月額600円(税込)

レンタル/400円(税込)

music.jp

月額1,958円(税込)

レンタル/299円(税込)

dTV

月額550円(税込)

レンタル/330円(税込)

TELASA

月額618円(税込)

レンタル/330円(税込)

GYAO!ストア

都度課金制

レンタル/299円(税込)

TSUTAYAディスカス

月額2,052円(税込)

旧作レンタル無料

アニメ映画『ダンボ』は、さまざまな動画配信サービスで配信されています。

 

しかし、これだけ選択肢が多いと、

 

「結局どの動画配信サービスを選んだらいいか分からない」

 

と悩んでしまう方もいるのではないでしょうか?

 

そこで、上記の中から特におすすめの動画配信サービスをピックアップして、それぞれの特徴をご紹介していこうと思います!

 

結論を先に言うと、ディズニー作品が好き!という方なら、月額料金990円(税込)でディズニー作品が見放題で視聴できるディズニープラスがおすすめ!

 

ディズニーも好きだけど他にも色々見たい!という方には、見放題作品数国内NO.1のU-NEXTがおすすめですよ!

 

 

※過去にはU-NEXTでも配信されていましたが、2023年1月に配信終了しています。

気になる方は以下の記事をチェック!

dailymotionなどで動画を違法ダウンロードして視聴するのは危険!

 

以前は、dailymotionやpandoraなどの動画サイトにアニメ映画『ダンボ』の動画が違法にアップロードされていました。しかし、現在はそのほとんどが取り締まられています。

 

仮にアップロードされた動画があったとしても、それらは全て違法にアップロードされたものです。それらの動画をダウンロードすると法的措置の対象となる場合があります。

令和2年著作権法改正

① リーチサイト対策

【第113条第2項~第4項、第119条第2項第4号・第5号、第120条の2第3号等】

・リーチサイト等を運営する行為等を、刑事罰の対象とする。

・リーチサイト等において侵害コンテンツへのリンクを掲載する行為等を、著作権等を侵害する行為とみなし、民事上・刑事上の責任を問いうるようにする。

(※)侵害コンテンツ:違法にアップロードされた著作物等

(※)リーチサイト:侵害コンテンツへのリンク情報等を集約したウェブサイト

② 侵害コンテンツのダウンロード違法化

【第30条第1項第4号・第2項、第119条第3項第2号・第5項等】

・違法にアップロードされたものだと知りながら侵害コンテンツをダウンロードすることについて、一定の要件の下で私的使用目的であっても違法とし、正規版が有償で提供されているもののダウンロードを継続的に又は反復して行う場合には、刑事罰の対象にもする。

(※)音楽や映像については既に違法化・刑事罰化がされている。


引用:日本著作権教育研究会

また、違法動画サイトには悪質なウイルスが仕掛けられていることもあり、お使いのパソコンやスマートフォンが破壊される恐れがあります。

 

近年では違法動画サイトへのアクセスが制限されたり、著作権保護法が強化されたりと、政府は違法動画への規制を強めています。「ダウンロードをしてないから処罰の対象にはならない」と言い切れない時代になりました。

 

ウイルス感染のリスクも高いので、違法動画サイトで視聴するのは絶対にやめておきましょう。

 

アニメ映画『ダンボ』を視聴する際は、ぜひ上記の表にある動画配信サービスを利用してくださいね!

 

 

 

ディズニープラスならアニメ映画『ダンボ』が見放題で楽しめる!

ダンボ_ディズニープラス

ディズニープラス概要

月額料金

990円(税込)

無料トライアル

なし

特徴

ディズニー作品が見放題!

おすすめ度

★★★★★

「ディズニー作品が好き!」という方にぜひ利用してほしいのがDisney+(ディズニープラス)です!

 

ディズニープラスは、ディズニーが運営している公式の動画配信サービスで、2020年6月に日本でのサービスを開始しました。

 

ディズニー作品に限らず、ピクサー作品やマーベル作品などの豊富なコンテンツを楽しめることから、着々とユーザーを増やし続けている今注目の動画配信サービスとなっています。

 

そんなディズニープラスの魅力を詳しくお伝えしていきます!ディズニーファンの方は必見ですよ!

 

配信作品が全て見放題!実写版『ダンボ』も見れる!

ディズニープラスは、月額料金990円(税込)だけで、配信されている全てのディズニー作品を見放題で視聴することができる動画配信サービスです。

 

ディズニー作品は権利の都合上、他の動画配信サービスでは月額料金とは別に追加料金が発生する「レンタル作品」となっていることがほとんど。

 

しかし、ディズニーが公式で運営しているディズニープラスであれば、他ではレンタル扱いになっている作品や配信すらもされていない作品を、見放題で視聴することができます。

 

『シザーハンズ』や『チャーリーとチョコレート工場』、『アリス・イン・ワンダーランド』などで知られる鬼才ティム・バートンが監督を務めたことでも注目された、2019年公開の実写版『ダンボ』も見放題で見ることが可能です。

実写版『ダンボ』はオリジナルの脚本で製作され、ストーリーがアニメ版から大幅に変更されました。しかし、アニメ版に登場するキャラクターがちらっと登場するなど、アニメ版のファンにとって嬉しい演出が散りばめられた作品となっています。

 

実写版『ダンボ』について詳しく解説した記事もあるので、気になる方はぜひチェックしてみてください!

また、ディズニープラスでは「ディズニー」だけでなく、「ピクサー」「マーベル」「スター・ウォーズ」「ナショナルジオグラフィック」「スター」と、計6つの映像ブランドが配信されています。

 

ファンから根強い支持を得ているマーベル作品やスター・ウォーズ作品、国内人気アニメ作品、海外ドラマ作品などが、ディズニープラスなら見放題で楽しむことができちゃいます!

 

「ディズニー作品を見れるのは魅力的だけど、他にも色々見たいんだよな」

 

と悩んでいる方にもおすすめの配信サービスとなっているのです!

 

以下の記事では、ディズニープラスで配信されているおすすめ作品をジャンル&ブランド別にご紹介しているので、気になる方はチェックしてみてください!

 

『ダンボ』が好きな人におすすめしたいディズニープラス配信作品!

 

アニメ映画『ダンボ』が好きという方におすすめしたい、ディズニープラスで配信中の作品を3つご紹介していきます。

 

『ライオンキング』

ライオンキング_ディズニープラス

1994年に公開された映画『ライオンキング』は、動物たちの王国「プライド・ランド」を治めるライオンの王ムファサの息子シンバを主人公とする物語です。

 

ムファサの弟スカーの策略によって王国を追放されたシンバは、イボイノシシのプンバァやミーアキャットのティモンと出会い、成長していきます。やがて自身の使命に目覚めたシンバは、スカーとの対決に臨むことに……。

 

本作は、約8億6千万ドルという興行収入を記録し、ディズニースタジオアニメ作品史上4番目、アニメ映画史上では11番目にヒットした作品となっています(出典:Box Office Mojo)。

 

 

『わんわん物語』

わんわん物語_ディズニープラス

1955年に公開された映画『わんわん物語』は、可愛がられて育った犬のレディが、自由奔放な野良犬のトランプと出会い、スリル満点の冒険を繰り広げる物語です。

 

犬の可愛らしさを存分に味わえるのに加え、原題の「Lady and the Tramp(お嬢様と浮浪者)」からも分かるように、身分違いの恋を扱ったラブロマンス作品としても秀逸な本作。

 

イギリスのTotal Film誌による「映画史に残る最高のキスシーン50」で、第8位に選ばれたレディとトランプがスパゲッティを食べている時に偶然キスをするシーンは胸キュン必至となっていますよ!

 

 

『バンビ』

バンビ_ディズニープラス

1942年に公開された映画『バンビ』は、森の王子として生まれた鹿のバンビが、仲間の動物たちと喜びや悲しみを分かち合いながら成長していく物語です。

 

森の動物たちはもちろんのこと、四季折々の豊かな自然が生き生きと描かれています。

 

動物たちの和気あいあいとした雰囲気を楽しめる一方で、人間たちが登場することで一気に不穏な展開となっていくストーリーが見どころです。

 

 

コスパ最強サブスク!Amazonプライムビデオで『ダンボ』を視聴!

Amazonプライムビデオ_トップ

Amazonプライムビデオ概要

月額料金

600円(税込)

無料トライアル

30日間

特徴

Amazonの配送料無料など豊富な特典がある!

おすすめ度

★★★

大手通販サイトAmazonでよくショッピングをする方には、Amazon Prime Video(アマゾンプライムビデオ)がおすすめです。

 

「Amazonプライムビデオ」は、大手通販サイトAmazonが運営するサービス「Amazonプライム」の特典の1つで、月額料金600円(税込)で配信されている動画を視聴することができます。

 

「Amazonプライム」の特典は「Amazonプライムビデオ」の他に、

 

・Amazonで買い物をした際の配送料無料

・音楽聴き放題(Amazon Music)

・Kindle(電子書籍)読み放題(Kindle Unlimited)

・ベビー用おむつとおしりふきの15%割引

 

など、豊富なエンタメや生活に役立つ特典が全部で15個もあります。

Amazonプライム公式:会員特典一覧

 

これら全ての特典がたった月額600円(税込)で受けられる「Amazonプライム」は、「コスパ最強サブスク」と言っても過言ではないでしょう!

 

そんな「Amazonプライム」は、30日間無料トライアルを利用できます。

 

こちらの記事でAmazonプライムビデオについて詳しくご紹介していますので、興味がある方はぜひチェックしてみてください!

 

dポイントが使える!dTVでお得に『ダンボ』を視聴!

dTV_トップ

dTV概要

月額料金

550円(税込)

無料トライアル

31日間

特徴

配信本数が多い!dポイントが使える!

おすすめ度

★★★

低価格で幅広いコンテンツを楽しみたいという方には、dTVがおすすめです!

 

dTVの最大の特徴は、月額料金550円(税込)という低価格で約12万本の作品が配信されていること!

 

月額料金

配信作品数

dTV

550円(税込)

12万本

Amazonプライムビデオ

600円(税込)

5万本(推定)

U-NEXT

2189円(税込)

27万本

同価格帯のAmazonプライムビデオと比較すると、倍以上の数の作品が配信されています。この価格帯でこれだけの作品を視聴できるのはdTVだけでしょう!

 

「ドコモ回線を契約していないから、dTVに登録できない」

 

と、よく誤解されてしまうのですが、ドコモ回線を契約をしていなくても「dアカウント」を発行することで誰でもdTVに登録することが可能です。

 

また、「dアカウント」を発行したらぜひ活用していきたいのが「dポイント」!

 

dポイントは、コンビニやドラッグストアなどでのお買い物や、dTVの月額料金の支払いでポイントを貯めることができ、商品を購入する際や、dTVで映像作品をレンタルする際に使用することができます。

 

アニメ映画『ダンボ』もdポイントを使用して見ることが可能なので、普段dポイントを貯めている人ならお得に視聴することができますよ。

 

以下の記事ではdTVについて詳しく解説しています。気になった方はチェックしてみてください!

 

1600ポイントもらえる!music.jpで『ダンボ』を無料視聴!

music.jp_トップ

music.jp「1780コース」概要

月額料金

1,958円(税込)

無料トライアル

30日間

特徴

無料おためし期間に1600ポイントもらえる!

おすすめ度

★★★

music.jpの「1780コース」無料おためし期間に付与されるポイントを使うと、アニメ映画『ダンボ』を実質無料で視聴することができます。

 

music.jpとは、新作映画や話題のヒット曲、さらに人気のマンガまで835万点以上も楽しめる、知る人ぞ知る注目の総合エンタメサービスです。

 

選べるコースが4種類あり、コースによって付与されるポイントや月額料金が変わってきます。その中の「1780コース」には30日間の無料おためし期間が用意されており、music.jp内で利用できる1600ポイントが付与されます。

 

music.jpのポイントは、1ポイント=1円として使うことが可能。つまり実質1,600円分のコンテンツを無料で楽しめるということになります!

 

アニメ映画『ダンボ』を見るのに必要なポイントは299ポイント。最初に付与される1600ポイントを使用すれば、アニメ映画『ダンボ』を無料で視聴することができるのです!

 

旧作の動画作品はだいたい299ポイントからレンタル可能なので、アニメ映画『ダンボ』の他に好きな作品を3、4本見ることもできちゃいますね!

 

music.jpの無料おためしについてもっと知りたい方は、より詳しく解説したこちらの記事をぜひチェックしてみてください!

 

旧作は借り放題!TSUTAYAディスカスで『ダンボ』のDVDを無料レンタル!

TSUTAYAディスカス_トップ

TSUTAYAディスカス概要

月額料金

2,200円(税込)

無料トライアル

30日間

特徴

「新作」・「準新作」・「旧作」問わずは毎月8枚まで借り放題!

おすすめ度

★★★

TSUTAYAディスカスは、月額料金2,200円(税込)でDVD/CDの宅配レンタルができるサービスです。

 

35万作品以上のDVD//Blu-rayと25万作品以上のCDの中から好きな作品を、4枚まで借りることが可能です。

 

TSUTAYAディスカスには返却期限や延滞料金がありません。DVDを見終わったらポストに投函するだけでいいので、店舗に行って作品を探す手間が省け、時間の節約にもなるとても便利なサービスです。

 

そんなTSUTAYAディスカスには、30日間の無料トライアルがあります。

 

無料トライアル期間中は「新作」はレンタル対象外となりますが、アニメ映画『ダンボ』は「旧作」扱いなので問題なく借りることが可能。もちろん配送料などもかからないので、完全無料でアニメ映画『ダンボ』を視聴することができますよ!

 

TSUTAYAディスカスについてより詳しく解説した記事があるので、興味のある方はぜひ読んでみてください!

 

アニメ映画『ダンボ』作品概要

ダンボ_タイトル_ディズニープラス

アニメ映画『ダンボ』概要

監督

ベン・シャープスティーン

公開日

1941年10月23日(日本:1954年3月12日)

上映時間

64分

製作

ウォルト・ディズニー

アニメ映画『ダンボ』は、1941年10月23日にアメリカで公開されたディズニー長編アニメーション作品です。日本では1954年に『空飛ぶゾウ ダンボ』というタイトルで公開されています。

 

実は本作は、ディズニーを経営難から救った“救世主”的作品でもあります。

 

『白雪姫』の大ヒットで勢いを得たディズニーは、約260万ドルという巨額をつぎ込み『ピノキオ』を製作。さらに、約228万ドルを掛け史上初となるステレオ音声作品『ファンタジア』を製作します。

 

しかし、この2作品が興行的に失敗したことでディズニーは経営難に陥ってしまいました。その危機を救ったのが低予算で製作された映画『ダンボ』でした。

 

約1年という短い製作期間に加え、約81万ドルという低予算で製作された『ダンボ』は約1600万ドルの興行収入を収める大ヒットを記録。財政的に追い込まれていたディズニーは危機を脱しました。

 

ディズニーが今の形で存在しているのは、『ダンボ』のおかげと言っても過言ではないかもしれませんね!

 

アニメ映画『ダンボ』のあらすじ

映画『ダンボ』あらすじ

サーカス団のゾウ・ジャンボのもとに、コウノトリが赤ちゃんを運んできました。ジャンボは運ばれてきた子ゾウを可愛がります。しかし、その子ゾウは他のゾウに比べて大きな耳をしていたため、“ダンボ”と呼ばれ仲間外れにされていました。
 

ある日、サーカスを訪れた子供たちがダンボの大きな耳をからかいました。そのことに怒ったジャンボは暴れ、檻に囚われてしまいます。


ジャンボと離ればなれになってしまったダンボが悲しみに暮れていると、ネズミのティモシーが現れてダンボを勇気づけてくれました。


ダンボはティモシーと協力して、サーカスのスターになることを目指し始めるのでした…。

アニメ映画『ダンボ』は、他のゾウより大きな耳をもつダンボが、ネズミのティモシーと共にサーカスのスターを目指して頑張る様子を描いた物語となっています。

 

ティモシーとの友情や母からの愛情を受け取り、ありのままの自分を信じて頑張るダンボ。そのひたむきな姿を思わず応援してしまう心温まる作品です。

 

身体的特徴を原因とした「差別」や「いじめ」、「コンプレックス」を扱った作品でもあり、子供が見て楽しむのはもちろんのこと、大人が見ても充分に考えさせられる内容となっています。

 

アニメ映画『ダンボ』の登場キャラクター

アニメ映画『ダンボ』の主な登場キャラクターをご紹介します。

 

ダンボ

ダンボ_キャラクター画像

本作の主人公。生まれつき大きな耳をしています。耳は地面を擦るほど大きく、ときに自分の足で耳を踏んでしまい転んでしまうことも。

 

母親と離ればなれになり落ち込んでいたときに、ネズミのティモシーに励まされ元気を取り戻していきます。

 

ティモシー

ティモシー_キャラクター画像

落ち込んでいるダンボを励ます心優しいネズミ。他のゾウや人間たちがしたダンボへの仕打ちを知り、ダンボをサーカスのスターにすることで彼らを見返す計画を立てます。

 

自分よりも体の大きなカラスや、ダンボを馬鹿にした他のゾウに立ち向かっていくなど、勇敢な性格の持ち主です。

 

ジャンボ(ダンボのお母さん)

ジャンボ_キャラクター画像

ダンボの母親。ダンボに深い愛情を注ぎ、他のゾウたちがダンボの耳を馬鹿にするのを気にも留めません。

 

サーカスを訪れた子供たちがダンボをからかったことに怒り、暴れてしまったために鎖につながれ、檻に閉じ込められてしまいました。

 

 

アニメ映画『ダンボ』に関する疑問を解説!

ここからはアニメ映画『ダンボ』について、

 

・必ずと言っていいほど話題にあがる「ピンクの象」はどのくらい怖いのか?

・「ダンボ」とはどんな意味なのか?

 

という疑問にお答えしていこうと思います!

 

ピンクの象が怖い?トラウマシーン?

ダンボ_ピンクの像

アニメ映画『ダンボ』を見たことがない方も、「ピンクの象」は聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

作中、ダンボとティモシーは誤ってお酒を飲んでしまいます。そこで2人が見る幻覚を映したのがいわゆる「ピンクの象」のシーンです。

 

ピンクや緑、赤などカラフルな色をした複数の象が、ミュージカルの曲調に合わせて縦横無尽に歩き出したかと思うと、突然奇怪な動きのダンスを始めます。さらに、体が変形しラクダのような姿になったかと思えば、分裂、合体を繰り返し、大きな黒い瞳でこちらを覗いてくるのです。

 

このサイケデリックで奇々怪々な映像が、作品を鑑賞した多くの人にトラウマを与え、今なお「ディズニー映画の怖いシーン」として語られています。

 

実際に本記事を執筆するにあたって作品を鑑賞した筆者は、不気味ではあるもののトラウマになる程のものではないかなと感じました。しかし、小学校低学年くらいまでの子供が見たら、確かに怖いと感じるかもしれません。

 

小さな子供とは一緒に鑑賞してあげるなどしてあげたほうがいいでしょう。

 

ダンボの意味や由来は?

会話するダンボとティモシー

「ダンボ(dumbo)」を辞書で調べると「バカ」「ドジ」「ノロマ」などの意味が出てきます。ですが、この単語は元々英語の語彙としてあったわけではありません。

 

「dumbo」は、「頭の悪い」や「口がきけない」という意味の「dumb(ダム)」と、ダンボの母親の名前「Jumbo(ジャンボ)」を掛け合わせた造語です。

 

これが映画のヒットによって定着し、今では「バカ」や「ノロマ」などを意味する単語として辞書に載るまでになりました。

 

あまりよくない意味ではあるものの、実際のアメリカでは軽口のような感覚で友人などに使うことが多いそうですよ。

 

 

アニメ映画『ダンボ』が見れる動画配信サービスまとめ

今回は、ディズニー名作アニメーション映画『ダンボ』が見れる動画配信サービスについてご紹介しました。

 

最後に、本記事でご紹介した動画配信サービスの特徴をまとめます。

動画配信サービス

配信状況/レンタル料金

特徴

ディズニープラス

月額990円(税込)

見放題

ディズニー作品が見放題!

Amazonプライムビデオ

月額600円(税込)

レンタル/400円(税込)

特典が豊富!

dTV

月額550円(税込)

レンタル/330円(税込)

dポイントを使用してお得に映画を見れる!

music.jp

月額1,958円(税込)

レンタル/299円(税込)

ポイントがたくさんもらえる!

TSUTAYAディスカス

月額2,200円(税込)

旧作レンタル無料

他VODではなかなか視聴できないディズニー・ジブリ作品も充実!

2019年にはティム・バートン監督によって実写化もされている名作『ダンボ』。誰もが知る可愛らしいゾウのキャラクターからは想像できない、社会問題を反映した重厚なストーリーは大人が見ても充分に楽しめる作品です。

 

ぜひ、本記事でご紹介した動画配信サービスを利用して、『ダンボ』を鑑賞してみてください!

 

年額プランで登録すると2ヶ月分が実質無料!

※本ページの情報は2024年7月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サービスサイトにてご確認ください。

この記事についているカテゴリー

執筆

おさとう

純文学・詩・エッセイなどを好み、深夜に散歩することを日々のささやかな楽しみとする20代。スマホのロック画面は『ナイト・オン・ザ・プラネット』のウィノナ・ライダー。読者の皆さんが新たな気付きを得られる記事を目指して書きます。

映画に関する人気記事