【チェンソーマン】デンジが恋したソ連の刺客『レゼ』正体・目的を解説

オっさん

更新日:

デンジの前に突如現れた謎の美少女〈レゼ〉

彼女について、以下の内容を解説していきます。


・レゼの目的・正体の解説&考察

・ロシア語の歌について

・レゼ編の結末のネタバレ

・再登場した〈レゼ〉の考察

目次




【キャラ解説】レゼのプロフィール

年齢

???

身長

???

出身

ソ連

●レゼの年齢について

悪魔の心臓を埋め込まれた悪魔人間が老いないということはクァンシの様子から推察できる。そのためレゼの年齢は見た目と一致しない

原作時間軸は1997年。『ソ連のモルモット』という言葉からある程度年齢を割り出せそうだが、あの作品の中のソ連は1991年以降も崩壊せずに残っているため、おおよその年齢を割り出すのも難しい。


性格

デンジと出会ったレゼの性格は、デンジを誘惑するために作った人格なので、レゼ本来の性格は分かっていません。


●合理性を捨てた最後

悪魔と手を組んだり、デンジを巧妙に誘惑したり、強かな姿が描かれていましたが、本来の彼女はきっと平穏が欲しかっただけの普通の女の子だったのではないでしょうか。

彼女が何を思って、誰からの依頼で、デンジの心臓を狙っていたのか、それは作中で明言されていません。しかし、最後にデンジに会いに行こうとしたのは「一緒に逃げよう」と言ってくれたデンジと共に逃げる意思が少なからずあったからなのだと思います。


レゼの正体

レゼの正体はデンジと同じ、悪魔の心臓を埋め込まれた『悪魔人間』のボムでした。


●「ボムはソ連の刺客」と公安では結論を出しているが

仮にボムが『ソ連の依頼で動いていた』としても、彼女が『ソ連に所属していた』かどうかは、少し疑問です。


サメの魔人・ビームから「あいつボムだぁぁぁぁ!」と恐れられ

台風の悪魔から「レゼ様」なんて呼ばれてる…。


悪魔からかなり認知されている様子から、どうにも彼女は『人間側』ではなく『悪魔側』に位置しているように感じます。



ソ連のモルモットだった過去

彼女が『ソ連所属ではない』と思うポイントに、彼女の過去も関係してきます。

レゼはソ連で行われた実験の被験者で、戦士として作られた存在でした。


●実験施設を密告したのは誰?

「ソ連にあった実験施設はジャーナリストによって新聞で暴露されている。」

「被験者にされていた子供の写真も公開された。」

と作中で岸辺が話しています。


しかし、ただのジャーナリストが、国の秘匿する実験施設を突き止め、被験者リストまで手に入れられるものでしょうか?どこかに情報提供者がいたとしか思えません。


あくまで憶測でしかありませんが、このジャーナリストに情報を提供したのはレゼだったのではないでしょうか。

施設の情報を盗み、施設を抜け出し、ジャーナリストに情報提供した。悪魔の能力を有するレゼなら、施設を抜け出すのは容易だったでしょう。

そう考えると、レゼはどこにも所属していないフリーの悪魔人間であったと予想できます。


「人の心を持った悪魔人間でありつつ、悪魔側にいる存在」

それがレゼだったのかなと、私は思います。


「見たことがある」当時の写真と変わらぬ姿のレゼ

公安の施設へ襲撃してきたレゼの姿を見て公安デビルハンターの野茂が「あの美女、どこかで見たことないか?……まさかな、そんなわけないか。」と言います。


彼は新聞に載った『ソ連の実験被害者』の写真を覚えていたのでしょう。


しかし、かなり昔の話なのか、当時の写真の姿と今のレゼを結び付けることはできなかったようです。

ついでに言うと、悪魔人間であるレゼは一切老いることもないので、新聞で見た姿と変わらない姿を見て「他人の空似かな?」と思った可能性もありますね。


●レゼさん…あなたいくつ??

(ソ連の実験施設のニュースは)一時期話題になった」

という岸辺のセリフから、新聞でもかなり大々的に載っていた可能性が高いです。話題だったニュースであれば記憶にも残るでしょう。

しかし野茂は「見覚えがあるなぁ」程度でした。なんとなく、ソ連の実験施設が報道されたのはそれなりに昔の話なのかな?という感じがします。

仮に野茂が子供の頃に見たのだとしたら、20年以上は昔の話です。となると、レゼの年齢は…?


レゼの目的とその結果

レゼがもたらしたものは『他国へデンジの存在の曝露』でした。

テレビでデンジが変身して戦う様子が放送され、他国にもデンジの存在が知られてしまいます。

これの何が問題かというと、マキマが作中で言うように「デンジのような悪魔人間は(兵器として)貴重だから」ということでしょう。


レゼはソ連の研究の末作られた悪魔人間でした。

わざわざ研究して作るくらい、人の理性を持ち、悪魔の力を使える人材はとても有用で、国にとっては「自国に居たら心強い、他国に居れば邪魔。よっしゃころそ。」となるわけですね。だから7巻でデンジ宛に殺し屋が国際便で送られてきたのです。


ついでにマキマの正体を知っていたらしいドイツ・アメリカにとって、そんな戦力がマキマの手の内にあることも懸念材料だったのでしょう。


結局何の目的で、誰の指金で動いたのか

レゼ

「デンジ君の心臓もらうね?」


レゼはデンジの心臓を欲しがっていました。

『デンジ殺害』が目的・依頼内容なら、心臓を手に入れる必要はないですよね。

じゃあレゼはどんな目的で、または誰から依頼されてデンジを殺しに来たのでしょうか。


●結論:マキマの正体を知るどこかの国の依頼

「ボムちゃん、仕事は果たしたってワケか…」

「デンジ君が私の手にさえなければいいって事だろうね」

依頼主はソ連かもしれないし、別の国かもしれない。

レゼのマキマを知っているかのような発言と、マキマの発言から匂わされる他国の存在。

マキマは作中で何度も嘘を吐いているので、彼女の発言を真に受けることは出来ませんが、状況的に見て「レゼがどこかの国の指示(依頼)で動いていた」という部分だけは確定要素と考えていいでしょう。


結論に至る推測4つ

推測①ソ連からの依頼

デンジの心臓をとってくるようにソ連から依頼された。

ソ連の悪魔人間を作る実験施設がまだ残っており、チェンソーの悪魔の心臓を使って新しい悪魔人間の兵士を作ろうとしていた可能性。

推測②心臓は依頼とは関係ない

どこかの誰かに『デンジ殺害』を依頼された。心臓の有無は問われなかったので、心臓は自分の強化のために貰おうとした可能性。

推測③実は悪魔からの依頼

闇の悪魔がサンタクロースとの契約で『チェンソーの悪魔の心臓とってこい』したように、悪魔から依頼されていた可能性。

しかし悪魔同士は契約できないので、この可能性は低そうです。

(ただし悪魔人間が悪魔と契約できるかどうかの描写がないため不明)

推測④誰の依頼でもない

個人的な理由で狙った。でもこの可能性はほぼないでしょう。

そうなると『デンジの存在は知ってたのに、マキマの下にいることは知らなかった』という、ちぐはぐな情報しか持っていないことに理由がつきません。

誰かからデンジ殺害を依頼されたからデンジの事は知っていてもマキマの下にいることは知らなかった、と考えた方が自然です。


レゼが歌ったロシア語の歌「ジェーンは教会で眠った」

5巻の43話でレゼが男を絞め殺す時に口ずさんでいた歌が、歌詞とサブタイトルから「ジェーンは教会で眠った」と言われています。


※翻訳は全てGoogle翻訳

День моего свидания с Джейн

(ジェーンとの私のデート)

Все готово

(すべての準備ができています)

Утром мы пойдем в месте в церковь

(朝は教会の場所に行きます)

Мы будем пить кофе и

(コーヒーを飲みます)

После того как мы прогуляемся в парке

(散歩した後公園)

мы поедем в аквариум и увиде любимых Джейн, 

(水族館に行って、愛するジェーンズに会いに行きます。)

дельфинов и пингвинов

(イルカとペンギン)

и ночьюмы будем спать в церкви

(夜は教会で寝ます)

После обеда мы отдохнем

(昼食後は休憩します)


Итак, что мы сделали утром

(それで私たちは朝何をしましたか)

Мы будем говорить об этом пока не вспомним

(覚えるまで話します)

Мы не вспомним

(覚えてない)

и ночьюмы будем спать в церкви

(夜は教会で寝ます)


ツイッターでもっと詳しい翻訳を上げている方がいましたので、そちらも紹介しておきます。


元ネタはなく、オリジナル歌詞

検索してもヒットする歌がないので、これは作者オリジナルの歌詞でしょう。


●ファンの間の元ネタ考察

二人のティータイム:恋人はドクター

〈あらすじ〉

メリー・ジェーンは中学生のころ両親を亡くし、姉のフェリシティと二人、伯父に引き取られて成長した。今、フェリシティは恵まれた美貌を生かし、売れっ子のモデルとして大活躍している。一方平凡な娘メリー・ジェーンは、伯父が遺したコテージで、お菓子を焼き、小さな喫茶店を営み、つつましく生計を立ててきた。彼女はひょんなことから、高名な医師サー・トマスと知り合った。たくましく、しかも深みのある豊かな魅力を持つ大人の男性に恋心を抱き始めていることに、メリー・ジェーンは気がついた。だが、彼を姉のフェリシティに紹介したことから、サー・トマスはすてきな姉にのめり込んでいくようで……。


●サブタイトルの共通点

他にも、レゼ編のサブタイトルにとある共通点を見出した人も。

THE BLUE HEARTS

日本のパンク・ロック・バンド。甲本ヒロト、真島昌利を中心に1985年2月に結成。激しいライヴパフォーマンスが評判を呼び、人気を獲得。87年5月にシングル「リンダ リンダ/僕はここに立っているよ」でメジャー・デビューを果たす。


このロックバンドの曲名や歌詞を彷彿とさせるサブタイトルがレゼ編では3つ登場しています。

レゼ編サブタイトル

43話『ジェーンは教会で眠った』

44話『バンバンバン』

46話『皆殺しのメロディ』


【レゼ編結末についてネタバレ含む項目】

以降、以下のネタバレを含む項目です。

・レゼ編の結末

・ラスボスの正体

・ラスボスの目的

・ポチタの正体


【レゼの死亡理由】なぜマキマに殺されたのか

マキマの計画上、デンジを自分に依存させる必要もあったので、恋心を向けられているレゼの存在は邪魔者でしかなかった…というだけではないでしょう。


●マキマの計画

デンジに普通の幸せを与え、自分に信頼を向けたところに目の前でその信頼を裏切り幸せを奪い、絶望させ、チェンソーマン(ポチタ)を復活させる。


マキマがわざわざ出向いて殺した理由は『チェンソーマンに食われた武器の悪魔の心臓を埋め込まれた悪魔人間の死体』を収集していたことも大きいと思います。


サムライソード・レゼ・クァンシの三人は死体をマキマに回収され、のちに『名前を奪われた人でも悪魔でも魔人でもない存在(武器人間)』として、マキマの手下になって登場します。



【レゼ再登場】洗脳?それとも悪魔?武器人間とは?

10巻でマキマの手下としてサムライソード・レゼ・クァンシが『公安対魔特異5課』として再登場します。


マキマ

「彼らを呼称した名前は貴方(チェンソーマン)に食べられ消えてしまいました。」

「しかし、なぜか彼らの存在は消えなかった。」

「貴方に食べられた数々の名の中で唯一存在が許された者達です。」


悪魔は恐怖の感情から生まれる存在。

しかし、チェンソーマンに食べられてしまうと、その恐怖の感情さえ消されてしまうので、悪魔は地獄で転生することなく、完全に消滅してしまうのです。


ゴキブリの悪魔が食われる

ゴキブリの存在&記憶が消える

ゴキブリの悪魔は生まれない


そんな恐怖の感情を奪われ名前を失いながらも生き残った存在が彼ら『公安対魔特異5課』。便宜上記事では『武器人間』と呼称します。


●武器人間はマキマに操られてる??

※あくまで憶測です


もしマキマに人を生き返らせる能力があるなら、彼らは操られているといってもいいでしょう。


しかし、レゼ・クァンシは確実に殺されています。作中でもデンジが「普通の悪魔なら死んでた!」と言っていたように、悪魔人間でも首を切られたり心臓を貫かれたらさすがに死にます。


生き返らせることができないのであれば、レゼ・クァンシは確実に死んでいるため、再登場した彼らは心臓に埋め込まれていた武器の悪魔本人なのではないでしょうか。


悪魔が人の死体を乗っ取ることで魔人

死んだ悪魔の心臓を

生きた人間に埋め込むと悪魔人間

悪魔人間の人間部分が殺されたら

力関係は悪魔有利に変化する?

肉体の主導権が悪魔に切り替わる?


●じゃぁ人格がそのままなのはなぜ…?

刀の武器人間

「マキマさんは何度も俺たちの命を救ってくれた。」


チェンソーマンに食われ生き残った武器の悪魔がどういう存在になってしまったのかというと、おそらく〈武器の概念〉になってしまったのだと思います。


その〈武器の概念〉は悪魔のように自我や人格はなかったと仮定しましょう。


自我がないから、人間と融合しても魔人になれず、ただ人間に〈武器の概念〉をいいように使われる状態だった。彼らからしたら、自身の能力を奪われたも同然の状態です。

そんな状況から〈元武器の悪魔〉を人間から解放し自我を復活させたのがマキマであるならば、刀の武器人間が言う「マキマさんが俺たちの命を救ってくれた。」という意味もなんとなく分かります。


そして、武器人間たちが元の人間と同じ人格に見えるのは、自我がなかったから宿主の人格を参考に模倣しているからでは?と。子供が親に似るように、一番身近な存在と似た性格になったのだと考えれば、再登場した彼らが以前と変わらない状態だったのも納得できる気がします。


武器人間に関する詳しい考察はこちらの記事


まとめ

レゼが自分の身の安全を捨ててデンジに会いに行ったのに殺されてしまうのがとても悲しい…。

レゼがソ連の刺客なのか、そうじゃなかったのか。

デンジの心臓を欲していたのはなんのため?ただの殺す事の比喩?

すべて憶測の域を出ない話です。

ただ、マキマが嘘つきだということは確かなので、彼女が「ボムはソ連の刺客」と結論を出しているだけで「それほんとぉ…?」つい思ってしまいます。マキマがそう確信する情報はどこから…?



※本ページの情報は202204月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サービスサイトにてご確認ください。

執筆
オっさん

火薬とファンタジーと筋肉が好き。趣味はボディメイク。ポケットに無限大な夢を詰め込んで冒険に出かけたい人生だった。アウトラインギリギリをアクロバティックに疾走したい。

アニメに関する人気記事