毎日を楽しくする動画に出会える

エンタミート

【5分で解決】dTVの画質変更方法や特徴を知っておこう|画質が悪い時の対処法

すずき

更新日:2021-2-5

<プロモーション>

dTVは、月額550円(税込)で約12万作品が楽しめる動画配信サービスです。

そんなdTVの画質が気になる方もいるのではないでしょうか。

 

「dTVの画質がどのくらいなのか気になる」

「dTVの画質設定方法が知りたい!」

「dTVの画質が悪いときの対処法はあるの?

 

上記の疑問を解決していきます。

dTVの画質の特徴や、他社との比較などもご紹介していきますので、最後までご覧ください。

dTVの画質は実際のところ良い?悪い?

※dTVは2022年3月31日をもってサービスを終了しました。

dTVの画質が実際に良いのか悪いのか気になりますよね。

 

はっきりと言ってdTVの画質は、ずば抜けて良いとは言えません。

しかし安定したインターネット環境のもとで視聴すれば、dTVの中の「最高画質」で視聴することができますよ。

 

それでは早速、他社の動画配信サービスと比較していきましょう。

 

 

月額(税込)

対応画質

作品数

ダウンロード

dTV

550円

SD・HD・4K

12万本以上

U-NEXT

2,189円

フルHD

24万本以上

Netflix

990~1,980円

SD・HD・4K

非公開

Hulu

1,026円

SD・ハーフHD

・HD・フルHD

10万本以上

Amazon Prime

600

SD・HD・フルHD・4K

非公開

FODプレミアム

976円

SD・HD

5万本以上

 

dTVは、最高画質が4Kであることから、他社と比較しても引けを取りません。

しかし、dTVの4K対応作品はかなり少ない上に対応デバイスでなければ視聴することができないので、

最高画質はHDと思っていたほうが良いかもしれません。

 

特段画質が良いとは言えませんが、月額料金が低価格である点と作品数の多さを考えると、dTVはかなりおすすめの動画配信サービスです。

 

実際に私もdTVに登録していますが、今のところ画質が悪いと感じたことはありません。

 

dTVの画質について知っておこう

dTVの画質について知っておくべき点をご紹介していきます。

dTVの画質には、他の動画配信サービスとは異なる特徴があるので、確認しておきましょう。

 

画質は「標準画質(ふつう)」「高画質(きれい)」「最高画質(すごくきれい)」「HD」「4K」

dTVには、5種類の画質があります。

 

・標準画質(ふつう)

「高画質」で再生しても映像が止まってしまう場合に最適な画質
 

・高画質(きれい)

3G回線での利用に最適な画質
 

・最高画質(すごくきれい)

Wi-Fiや携帯電話各社のLTE回線での利用に最適な画質
 

・HD

TVなどの大画面での再生に適した高品質な画質
 

・4K

ブルーレイの4倍と言われている画質

 

4Kにも対応していますが対応作品は本当にごく一部です。

4K対応作品はこちらからご確認いただけます。

 

4K対応作品の確認はこちらから⇒

 

4K対応作品が現段階で非常に少ないので、今後に期待しておきましょう。

 

dTVでは視聴する「通信環境」「デバイス」「作品」によって画質が変わる

dTVの画質は、視聴する通信環境・デバイス・作品によって変わります。

 

ほとんどのデバイスは、HD画質対応ですが機種によっては対応しておらず、HD画質で視聴することができません。

 

HD対応機種についてはこちらからご確認ください。

 

確認はこちら⇒

 

また、4K対応作品を見たい場合にも、視聴するデバイスが4K対応機種なのかを確認する必要があります。

 

4K作品がお目当てでdTVに登録する場合は、まずご自身のデバイスが対応しているのかをチェックしてください。

 

確認はこちら⇒

 

dTVアプリ以外では画質変更ができない

 

dTVはアプリ以外で変更できない画像

 

dTVは、スマートフォン/タブレット、PC、テレビなどで視聴することができます。

しかし、画質を変更できるのはdTVアプリをインストールできるスマートフォン/タブレットに限ります。

 

それ以外では、通信環境に合わせた最適な画質で再生されるため画質を変更することができません。

 

視聴する場所の通信環境が悪い場合は、低画質で再生されてしまいます。

 

dTVアプリで画質を設定する方法

それでは早速、dTVアプリで画質を設定する方法をご紹介していきます。

スマートフォン/タブレットからストリーミング再生の場合と、ダウンロードする場合の2つをご紹介します。

 

ストリーミングの場合

まずは、視聴したい作品を開きます。

dTV画質設定方法画像①

 

右上に設定ボタンがあるのでタップしてください。

dTV画質設定方法画像②

 

上記の画面が表示されるので、お好みの画質を選んでタップします。

ストリーミング再生時の画質変更はこれで完了です。

 

ダウンロードの場合

ストリーミングの時と同様、視聴したい作品を開きます。

dTV画質設定方法画像③

 

中央付近に「ダウンロード」のボタンがあるので、タップしてください。

dTV画質設定方法画像④

 

画質を選択してタップをすると、選んだ画質でダウンロードが開始されます。

 

また、この画面でダウンロードに必要なデータ容量も知ることができるので、ご自身の使用するデバイスの容量を確認してダウンロードしてくださいね。

 

画質が悪い時の対処法

dTV画質が悪い時の対処法画像

 

dTVの画質が悪いと感じた時、試してみてほしい対処法をまとめてみました。

 

画質を変更して視聴してみる

dTVを視聴している際、画質は初期設定の「自動」になっていませんか。

スマートフォンやタブレットの場合は、視聴する画質を変更することができます。

「最高画質」に変更して、視聴してみましょう。

 

インターネット環境を見直す

dTVの画質が悪いと感じたときのほとんどが「通信速度が遅いこと」が原因です。

今一度ご自身の使用しているインターネット環境を見直してみましょう。

モバイル回線の場合


・通信速度制限になっていないか確認する

・Wi-Fiに接続して視聴する

Wi-Fiの場合


・Wi-FIに近い場所で視聴してみる

・固定回線が「ADSL」の場合、「光回線」に乗り換える

・ルーターを再起動する

 

今一度ご自身の使用しているインターネット環境を見直してみましょう。

 

ダウンロードして視聴する

dTVには、ダウンロード機能が搭載されています。

あらかじめ視聴したい作品を「最大画質」でダウンロードし、再生時に通信を行えばその後は、インターネット環境を気にせず視聴することができます。

 

ダウンロード方法は、こちらの記事で解説していますので、詳しく知りたいという方はチェックしてみてくださいね。

 

 

混雑する時間帯を避ける

画質が悪いと感じる原因として、時間帯が影響しているとも考えられます。

通学・通勤などの利用者が多い時間帯は、インターネット回線やサーバーが混雑してしまいます。

 

利用者が多い時間帯を避けて視聴すると、案外綺麗な画質で視聴できることも・・・!

一度試してみてくださいね。

 

まとめ 

※dTVは2022年3月31日をもってサービスを終了しました。

今回はdTVの画質についてと画質の変更をご紹介しました。

注意しなければならないポイントは、

 

・スマートフォン/タブレットでしか画像を変更できない

・4K対応作品はごく一部だということ

・dTVの画質は他の動画配信サービスと比べて平均的

 

スマートフォン/タブレット以外では、視聴する通信環境に合わせた最適な画質で再生されるので、画質を変更することはできません。ご注意ください。

 

そして、dTVの画質は他の動画配信サービスと比較して平均的です。

 

ですが、月額料金が安い点や作品数が多いといった魅力があるため、おすすめできる動画配信サービスと言えます。

まだdTVに登録したことのないという方は、31日間無料トライアルをすることができますので、ぜひ試してみてください!

 

 

【関連記事】

※本作品の配信情報は2022年12月14日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。

 

※本ページの情報は2021年2月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サービスサイトにてご確認ください。

この記事についているカテゴリー

この記事についているタグ

執筆

すずき

海外ドラマ・お散歩・犬が好きです。「ウォーキングデッド」や「ストレンジャーシングス」にドはまりして、7回は観ました。皆さまのお役に立てる情報を届けられるよう、日々勉強中です!よろしくお願いします!

VOD・動画配信サービスに関する人気記事