マニュアル

クラウドサービスServersMan@VPS Entry/Standard/Proテクノロジーで世界を変えるためのプラットフォーム

ServersMan@VPS Entry/Standard/Proプラン マニュアル/その他

PPPデバイスの有効化

1sshで仮想マシンにログイン

仮想マシンへsshでログインします。
※これ以降の操作はroot権限にて実行してください。

2ファイルの作成

下記のコマンドにて、PPPデバイスファイルを作成します。

[root@vps ~]# mknod --mode 600 /dev/ppp c 108 0
[root@vps ~]#
3確認

下記のコマンドにて、該当のファイルが正常に作成されているか確認します。
※「そのようなファイルやディレクトリがありません」という内容のエラーが表示される場合は、今一度、ファイルの作成をお試しください。

[root@vps ~]# ls /dev/ppp
/dev/ppp
[root@vps ~]#

正常に作成されていれば、PPPデバイスの利用準備完了となります。
ご利用のアプリケーションをお試しください。

2014年2月25日以前からご利用いただいているお客様につきましては、仮想マシンの再起動後にご利用になれます。
2014年2月26日以降に初期化やOS変更を行った場合は再起動は不要です。

ServersMan@VPS Perfectプラン紹介

お申し込みお申し込み
これからDTIを
ご利用いただくお客様
DTIをご利用中のお客様管理画面ログインもこちらから!
ServersMan@VPS
Perfectプラン紹介
ServersMan@VPS Perfectプラン紹介

お問い合わせお問い合わせ
これからDTIを
ご利用いただくお客様
DTIをご利用中のお客様

MyDTIログイン後、[各種お問い合わせ]よりServersMan@VPSに関するお問い合わせを選択

最新掲載情報最新掲載情報
クラウドWatch ServersMan@VPS Perfectその使い勝手を検証!

◆INTERNET Watch
[2012/10/23]
ServersMan@VPSが定例アップデート、セットパッケージがCentOS 6.3に対応

※ 一度に5契約以上の契約を希望される場合、こちらよりお問い合わせください。
close
このエントリーをはてなブックマークに追加