利用規約

マカフィーマルチアクセスオプションサービス規約

2017年6月16日
株式会社ドリーム・トレイン・インターネット

第1条 (規約の適用)
当社は、以下の各号に定める規約(以下「本規約」)の定めのとおりオプションサービス規約「マカフィーマルチアクセスオプションサービス規約」(以下、「本オプション規約」といいます。)を定め、本オプション規約によりマカフィーマルチアクセスオプションサービス(以下、「マカフィーマルチアクセスサービス」といいます。)を提供します。
(1) インターネット接続サービス利用規約 第36条
(2) DTI 光 サービス利用規約 第1条3項
(3) DTI SIMサービス利用規約 第16条6項
2 用語の定義及び本オプション規約に記載のない事項は本規約に則るものとし、本オプション規約と本規約が抵触する場合は本オプション規約が優先するものとします。
第2条 (契約の単位)
マカフィーマルチアクセスサービスは第1条各号のオプションサービスとして提供するものであり、インテル株式会社がその販売権利を有する「McAfee Murti Accessソフトウェア」(以下「本ソフトウェア」といいます。)を用いて当社が提供するパソコンやモバイル端末などの精密機械器具のセキュリティ対策サービスです。
2 1つのマカフィーマルチアクセスサービスにより最大3台のデバイス(パソコンやモバイル等を指し利用が可能な種別については別途提示します)にセキュリティ対策ソフトウェアをインストールすることが出来るものとします。
第3条 (サービス内容)
当社は会員に対しマカフィーマルチアクセスサービスを提供するために必要な本ソフトウェアのライセンスを付与します。
2 1つのマカフィーマルチアクセスサービスに対し1つのID(マイアカウント)を発行します。
3 会員はマイアカウントからセキュリティ対策を行うデバイスを管理するものとします。
4 会員は当社が指定するWebサイトから本ソフトウェアをダウンロードし、インストールと必要な設定を自ら行うものとします。
5 会員は本オプション規約とは別に本ソフトウェアのダウンロードおよびインストールについては、本ソフトウェアの権利者であるインテル株式会社が規定する利用規約に同意するものとします。
第4条 (申込みの方法)
マカフィーマルチアクセスサービスの申込みにあたっては、本オプション規約に同意の上、当社所定の手続きに従って行うものとします。
第5条 (申込みの承諾)
当社は、マカフィーマルチアクセスサービスの申込みがあったときは、受け付けた順序に従って承諾します。
2 当社は、前項の規定にかかわらず、次の場合にはその契約の申込みを承諾しないことがあります。
(1) マカフィーマルチアクセスサービスの提供をすることが当社の業務の遂行上又は技術上著しく困難なとき。
(2) マカフィーマルチアクセスサービスの申込みをした者が他の当社サービスの料金又は工事に関する費用等(第35条(債権の譲受け)の規定により譲り受けたものを含みます。以下、「料金等」といいます。)の支払いを現に怠っている、怠るおそれがある又は過去に怠ったことがあるとき。
(3) マカフィーマルチアクセスサービスの申込みをした者が、当社による利用停止又は解約をされたことがあるとき。
(4) マカフィーマルチアクセスサービスの申込みをした者が、申込みにあたり虚偽の届出をしたとき。
(5) マカフィーマルチアクセスサービスの申込みをした者が、制限能力者であって、申込みにあたり法定代理人等の同意を得ていないとき。
(6) マカフィーマルチアクセスサービスの申込みをした者が、接続事業者と契約を締結している者と同一とならないとき又は接続事業者の承諾が得られないとき。
(7) マカフィーマルチアクセスサービスの支払い方法(クレジットカードまたは口座振替)の登録が完了していない、又は当社指定の回収業者の審査の結果が不可であったとき。
(8) その他、当社が申込みを承諾することが不適当と判断したとき。
第6条 (契約の成立)
マカフィーマルチアクセスサービス申込みに対して、当該申込み手続きが完了し、当社が承諾した時点で本契約が成立するものとします。
2 第8条(解約)又は本規約に基づく当社からの契約の解約がない場合、当社は本契約を自動的に更新するものとします。
第7条 (料金)
マカフィーマルチアクセスサービスの料金は別に定めるところによります。
第8条 (解約)
会員は、マカフィーマルチアクセスサービスを解約しようとするときは、あらかじめ当社所定の方法により通知するものとします。
2 当社は、前項において、当月の25日までにその通知を確認できた場合、当月末日をもって解約を行うものとし、26日から末日までにその通知を確認できた場合には、当該通知のあった月の翌月の末日に解約を行うものとします。ただし、当社が別に定める場合においては、この限りではありません。
3 会員は、前項の規定に基づき、当社が解約をした時点において発生している料金等について、本規約に基づき支払うものとします。
第9条 (知的財産権)
本ソフトウェアは著作権法および国際条約の規定により保護されています。そのため、本ソフトウェアに帰属する知的財産権は全て、米国マカフィー・インク、またはその供給業者であるインテル及びその他の企業に帰属します。会員は、本ソフトェアの知的財産権に関する権利が会員に譲渡されるものではなく、本オプション規約及び本ソフトウェアの利用規約等に明示的に規定されていない限り、本ソフトウェアのいかなる権利も会員が取得するものではないことを了承します。会員は本製品および付属文書の全ての複製物に、本ソフトウェアに表示されるものと同じ財産権が表示されることに同意します。
第10条 (禁止行為)
会員はマカフィーマルチアクセスサービスの利用につき以下の行為を行わないものとします。
(1) 有償か無償かを問わず、本ソフトウェアの貸与、サブライセンスの付与、貸出、リース、レンタル、再許諾、再販売
(2) タイムシェアリングシステム、サービス事業等による本製品の使用またはその機能の第三者への供与、本約款により許諾された権利の譲渡
(3) 本ソフトウェアのリバースエンジニアリング、逆コンパイルまたは逆アセンブル(ただし適用ある法令によりかかる制限が明示的に禁止されている場合を除きます)
(4) 全体、部分的を問わず本製品の修正または二次的著作物の作成
(5) 本規約に明示されている場合を除く本ソフトウェアまたは付属文書の複製
(6) 本ソフトウェアの知的財産権表示や商標の削除
第11条 (業務委託先)
当社はマカフィーマルチアクセスサービスの提供に際し、当社の義務の全部または一部を第三者に委託することができるものとします。
第12条 (サービスの中断および中止)
当社は次の場合においてマカフィーマルチアクセスサービスの全てまたは一部の提供を中止することがあります。
(1) 当社または業務委託先等の保守または工事等やむを得ないとき
(2) サービス提供に必要な電気通信サービスが利用出来ない状態にあるとき
(3) サービス用設備の障害、その他やむを得ない事由が生じたとき
(4) 天災、事変その他非常事態が発生し、または発生するおそれがあるとき
第13条 (サービスの終了)
当社は会員に対し1カ月以上前に通知することにより、マカフィーマルチアクセスサービスを終了することができるものとします。この場合、マカフィーマルチアクセスサービスの終了に関して当社は会員その他いかなる者に対しても、一切の責任を負わないものとします。
第14条 (免責事項)
不可抗力やシステム上のトラブル等を起因として、マカフィーマルチアクセスサービスが実施できなかったことにより、会員に生じた不利益、損害について、当社はその責任を負いません。
2 本ソフトウェアについて、米国マカフィー・インクまたはその供給業者は、いかなる場合でも、いかなる種類の結果的、特別的、派生的若しくは間接的な損害、またはビジネス機会の喪失、信用の損失、業務の中断、コンピューターの誤動作、機能障害に関する損害について、契約責任、不法行為責任その他いかなる法的責任をも負うものではありません。たとえ米国マカフィー・インクがこのような損害の可能性について示唆されていた場合であっても、請求に対する米国マカフィー・インクの責任は、いかなる場合でも、価格表記載のマカフィーマルチアクセスサービスの料金を超えることはありません。本条記載の責任の不存在は、米国マカフィー・インクによる不正、またはその故意もしくは過失による死亡または人身障害に対する責任については適用されません。
附 則
この本オプション規約は、2016年10月1日から実施します。
2016年12月16日 一部改訂
2017年6月16日 一部改訂

以上

close