利用規約

容量チャージオプションサービス規約

2016年5月1日
株式会社ドリーム・トレイン・インターネット

第1条(規約の適用)
当社は、「容量チャージオプションサービス規約」(以下、「本オプション規約」といいます。)を定め、本オプション規約により容量チャージオプションサービス(以下、「チャージサービス」といいます。)を提供します。
2 用語の定義および本オプション規約に記載のない事項はDTI SIMサービス利用規約(以下「本規約」)に則るものとし、本オプション規約と本規約が抵触する場合は本オプション規約が優先するものとします。
第2条(契約の単位)
チャージサービスは、DTI SIMサービスのオプションサービスとして提供するものであり、当社が指定するデータ容量を一単位としてプラン毎に毎月付与されるデータ通信容量(以下、「データ容量」といいます)に追加してデータ通信サービスを利用できる権利を付与するものです。
2 当社は会員に対し購入額に応じた、データ容量を付与するものとし、購入したデータ容量毎に、チャージサービスの個別契約が成立するものとします。
第3条(サービス内容)
利用者はチャージサービスの利用を希望する場合、当社指定の方法により、データ容量を購入するものとします。データ容量および金額は第4条(料金)のとおりです。
2 購入されたデータ容量には有効期限があります。有効期限は購入の月の当月の末日までとします。ただし、本規約第33条の定めに基づき上限容量を算出した結果、繰り越すデータ容量が上限容量に満たない場合、上限容量に達するまで、購入したデータ容量を翌月に繰り越すこととします。この場合、当該翌月においては、本項に基づいて繰り越したデータ容量が優先して消費されるものとします。
3 購入されたデータ容量の代金を返金することはできません。また購入を取り消すこともできません。
4 複数の個別契約がある場合、SIMカード毎にデータ容量を購入するものとし、購入したデータ容量を複数の本契約の間で共有することは出来ないものとします。
5 利用者がデータ容量を購入した後、SIMカードの交換に際して、会員に割り当てられた電話番号が変更された場合(プラン変更(2)に伴いSIMカードの交換をした場合を含みます。例:データプランから音声プランへの変更等)、購入したデータ容量を新しいSIMカードに引き継ぐことは出来ません。
6 会員がDTI SIMサービス契約を解約した場合、または当社が本規約第13条に基づきDTI SIMサービス契約を解約した場合、未使用のデータ容量の権利は失効するものとします。
第4条(料金)
チャージサービスにおけるデータ量に応じた料金は別に定めるとおりとします。
第5条 (免責事項)
不可抗力やシステム上のトラブル等を起因として、本サービスが実施できなかったことにより、会員に生じた不利益、損害について、当社はその責任を負いません。
附 則
この利用規約は、2016年5月1日から実施します。

以上

close