毎日を楽しくする動画に出会える

エンタミート

ディズニーアニメ映画『ピノキオ』を配信している動画配信サービスはここ!無料視聴する方法もご紹介!

おさとう

更新日:2024-5-16

<プロモーション>

「そういえばアニメ映画『ピノキオ』ってちゃんと見たことなかったなあ」

 

2022年9月8日にディズニープラスにて実写映画『ピノキオ』が配信され、このように感じた方も多いのではないでしょうか?

 

かく言う筆者も、本記事執筆にあたって鑑賞するまでは、物語の内容こそ知っていても実際にアニメ映画を見たことはありませんでした。

 

そこで本記事では、ディズニー名作古典アニメーション映画『ピノキオ』を見れる動画配信サービスを、それぞれの特徴を解説しながらご紹介していきます!

 

また、

 

・無料で『ピノキオ』を見れる配信サービスは?

・「『ピノキオ』は怖い」と言われるのはなぜ?

・原作童話とアニメではストーリーが違う?

 

などの疑問にもお答えしていこうと思います!

 

記事後半では、これまでに製作されたディズニー以外の『ピノキオ』作品をいくつかご紹介していますので、ぜひ最後まで読み進めてみてください!

 

年額プランで登録すると2ヶ月分が実質無料!

ディズニーアニメ映画『ピノキオ』が見れる動画配信サービスはここ!

アニメ映画『ピノキオ』を配信中の主な動画配信サービスを、以下の表にまとめました。

動画配信サービス

月額料金

配信状況/レンタル料金

ディズニープラス

月額990円(税込)

見放題

Amazonプライムビデオ

月額600円(税込)

レンタル/400円(税込)

music.jp

月額1,958円(税込)

レンタル/299円(税込)

dTV

月額550円(税込)

レンタル/330円(税込)

TELASA

月額618円(税込)

レンタル/330円(税込)

TSUTAYAディスカス

月額1,026円(税込)

無料

アニメ映画『ピノキオ』は、さまざまな動画配信サービスで配信されています。

 

しかし、これだけ選択肢が多いと、

 

「結局どの動画配信サービスがいいの?」

 

と悩んでしまう方もいるのではないでしょうか?

 

そこで、ここからは上記の中から特におすすめの動画配信サービスをピックアップして、それぞれの特徴をご紹介していきます!

 

 

※過去にはU-NEXTでも配信されていましたが、2023年1月に配信終了しています。

気になる方は以下の記事をチェック!

ディズニープラスならアニメ映画『ピノキオ』が見放題で楽しめる!

ピノキオ_ディズニープラス

 

ディズニープラス概要

月額料金

990円(税込)

無料トライアル

なし

特徴

ディズニー作品が見放題!

おすすめ度

★★★★★

「ディズニー作品が好き!」という方にぜひ利用してほしいのがディズニープラス!

 

ディズニープラスは、ディズニーが運営している公式の動画配信サービスで、2020年6月に日本でのサービスを開始しました。

 

ディズニー作品に限らず、ピクサー作品やマーベル作品などの豊富なコンテンツを楽しめることから、着々とユーザーを増やし続けている今注目の動画配信サービスです。

 

そんなディズニープラスの魅力を詳しくお伝えしていきます!ディズニーファンの方は必見ですよ!

 

ディズニー作品が見放題!実写映画『ピノキオ』も見れる

 

ディズニープラスは、990円(税込)だけで、配信されている全てのディズニー作品を見放題で視聴することができる動画配信サービスです。

 

ディズニー作品は権利の都合上、他の動画配信サービスでは月額料金とは別に追加料金が発生する「レンタル作品」となっていることがほとんど。

 

しかし、ディズニーが公式で運営しているディズニープラスであれば、他ではレンタル扱いになっている作品や配信すらもされていない作品を、見放題で視聴することができます。

 

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズや「フォレスト・ガンプ/一期一会」などで知られるロバート・ゼメキスが監督を務め、人気俳優のトム・ハンクスがゼペット役を演じたことで話題となった実写版『ピノキオ』も見放題で視聴可能です!

 

こちらの記事で詳しく解説しています!/

アニメ版と実写版を見比べてみるという楽しみ方も、見放題なので気兼ねなくできちゃいます!

 

追加課金などを気にせず「好きな時に好きなだけ見れる」というのは嬉しいですよね!

 

ディズニーだけじゃない!6つのブランドが配信中

「ディズニー」と聞くと、『アラジン』や『シンデレラ』などのディズニー作品だけしか視聴できないのかと思ってしまいがちですが、ディズニープラスではその他にも豊富なラインナップから動画を楽しむことが可能です。

 

現在ディズニープラスでは、「ディズニー」「ピクサー」「マーベル」「スターウォーズ」「ナショナルジオグラフィック」「スター」の6つの映像ブランドが配信されています。

 

Disney+(ディズニープラス)6ブランド

ディズニー

お馴染みのミッキーが登場するアニメ作品をはじめ、「アナ雪」「ベイマックス」といった人気作品、実写映画「マレフィセント」「クルエラ」などが視聴可能

ピクサー

「トイ・ストーリー」「ファインディング・ドリー」など人気のCGアニメ作品やそれに付随した短編アニメ作品が豊富

マーベル

「アイアンマン」から始まり、様々なヒーローが世界観を共有しながら今もなお物語が進んでいるMCU作品の映画や、ここだけでしか観られないスピンオフ作品も配信中

スター・ウォーズ

「スター・ウォーズ」作品の公開済み映画はもちろんのこと、スピンオフアニメ「スターウォーズ:ビジョンズ」や実写ドラマ「マンダロリアン」などが視聴可能

ナショナル

ジオグラフィック

自然・科学・文化・歴史など、あらゆる領域の”未知”へ挑み探求するドキュメンタリーコンテンツを配信。知的好奇心を刺激されること間違いなしです。

スター

20世紀スタジオや国内の人気作品などディズニー以外の魅力的なコンテンツが目白押し

2021年10月に新ブランド「スター」が加わったことで、『ボヘミアン・ラプソディー』などで知られる20世紀スタジオ作品や、『ウォーキング・デッド』シリーズなどの人気海外ドラマ、『SPY×FAMILY』『五等分の花嫁』などの国内人気アニメまで楽しめるようになりました。

 

「ディズニー作品を見れるのは魅力的だけど、他にも色々見たいんだよな」

 

と、利用するか悩んでいる方にもおすすめの配信サービスとなっているのです!

 

以下の記事では、ディズニープラスで配信されているおすすめ作品をジャンル&ブランド別にご紹介しているので、気になる方はチェックしてみてください!

 

Amazonプライムビデオでもアニメ映画『ピノキオ』を配信中

Amazonプライムビデオ_トップ

Amazonプライムビデオ概要

月額料金

600円(税込)

無料トライアル

30日間

特徴

Amazonの配送料無料など豊富な特典がある!

おすすめ度

★★★

大手通販サイトAmazonでよくショッピングをする方には、Amazon Prime Video(アマゾンプライムビデオ)がおすすめです。

 

「Amazonプライムビデオ」は、大手通販サイトAmazonが運営するサービス「Amazonプライム」の特典の1つで、月額料金600円(税込)で配信されている動画を視聴することができます。

 

「Amazonプライム」の特典は「Amazonプライムビデオ」の他に、

 

・Amazonで買い物をした際の配送料無料

・音楽聴き放題(Amazon Music)

・Kindle(電子書籍)読み放題(Kindle Unlimited)

・ベビー用おむつとおしりふきの15%割引

 

など、豊富なエンタメや生活に役立つ特典が全部で15個もあります。

 

Amazonプライム公式:会員特典一覧

 

これら全ての特典がたった月額600円(税込)で受けられる「Amazonプライム」は、「コスパ最強サブスク」と言っても過言ではないでしょう!

 

そんな「Amazonプライム」は、30日間無料トライアルを利用できます。

 

こちらの記事でAmazonプライムビデオについて詳しくご紹介していますので、興味がある方はぜひ読んでみてください!

 

music.jpでアニメ映画『ピノキオ』を無料視聴!

https://www.amazon.co.jp/tryassocpiv?&_encoding=UTF8&tag=entmeetoffici-22&linkCode=ur2&linkId=5642d9d3f4e6acb3addbb02e5b3fa508&camp=247&creative=1211

music.jp「1780コース」概要

月額料金

1,958円(税込)

無料トライアル

30日間

特徴

無料おためし期間に1600ポイントもらえる!

おすすめ度

★★★

music.jpの「1780コース」無料おためし期間に付与されるポイントを使うと、映画『ピノキオ』を実質無料で視聴することができます。

 

music.jpとは、新作映画や話題のヒット曲、さらに人気のマンガまで835万点以上も楽しめる、知る人ぞ知る注目の総合エンタメサービスです。

 

選べるコースが4種類あり、コースによって付与されるポイントや月額料金が変わってきます。その中の「1780コース」には30日間の無料おためし期間が用意されており、music.jp内で利用できる1600ポイントが付与されます。

 

music.jpのポイントは、1ポイント=1円として使うことが可能。つまり実質1,600円分のコンテンツを無料で楽しめるということになります!

 

映画『ピノキオ』を見るのに必要なポイントは299ポイント。最初に付与される1600ポイントを使用すれば、映画「ピノキオ」を無料で視聴することができるのです!

 

旧作の動画作品はだいたい299ポイントからレンタル可能なので、映画『ピノキオ』の他に好きな作品を3、4本見ることもできちゃいますね!

 

music.jpの無料おためしについてもっと知りたい方は、より詳しく解説したこちらの記事をぜひチェックしてみてください!

 

TSUTAYAディスカスでアニメ映画『ピノキオ』のDVDを無料レンタルできる!

TSUTAYAディスカス

TSUTAYAディスカス概要

月額料金

1,026円(税込)

無料トライアル

14日間

特徴

「新作」・「準新作」・「旧作」問わず4枚まで借り放題!

おすすめ度

★★★

TSUTAYAディスカスは、これまで紹介してきた動画配信サービスとは違い、月額料金1,026円(税込)でDVD/CDの宅配レンタルができるサービスです。

 

35万作品以上のDVD//Blu-rayと25万作品以上のCDの中から好きな作品を、「新作」・「準新作」「旧作」問わず4枚まで借りることが可能です。

 

TSUTAYAディスカスには返却期限や延滞料金がありません。DVDを見終わったらポストに投函するだけでいいので、店舗に行って作品を探す手間が省け、時間の節約にもなるとても便利なサービスです。

 

そんなTSUTAYAディスカスには、14日間の無料トライアルがあります。

 

無料トライアル期間中は「新作」はレンタル対象外となりますが、アニメ映画『ピノキオ』は「旧作」扱いなので問題なく借りることが可能。もちろん配送料などもかからないので、完全無料でアニメ映画『ピノキオ』を視聴することができますよ!

 

TSUTAYAディスカスについてより詳しく解説した記事があるので、興味のある方はぜひ読んでみてください!

 

 

アニメ映画『ピノキオ』の作品概要

ピノキオ_タイトル画像

アニメ映画『ピノキオ』概要

監督

ベン・シャープスティーン

ハミルトン・ラスク

公開日

1940年2月7日(日本:1952年5月17日)

上映時間

88分

製作

ウォルト・ディズニー

アニメ映画『ピノキオ』は、1940年2月7日にアメリカで公開されたウォルト・ディズニー・プロダクションによる長編アニメーション映画の2作目にあたる作品です。

 

世界初のカラー長編アニメーション映画『白雪姫』が世界中で大ヒットしたことを受け、「再び同じような映画を作ってほしい」という依頼を受けたウォルトがそれを拒否。テイストの異なる冒険物語として製作したのが本作『ピノキオ』でした。

 

原作となったイタリア人作家カルロ・コッローディの童話小説『ピノッキオの冒険』が社会風刺的な作品であったことから、主人公ピノキオの性格をはじめ、さまざまな改変を施して夢のある物語へと仕上げることに成功。

 

公開時が第二次世界大戦中という背景もあり興行的には苦戦したものの、現在では古典アニメーションの傑作として愛され続けています。

 

作中で歌われる『星に願いを(When You Wish Upon a Star)』「第13回アカデミー賞 歌曲賞」を受賞。アメリカン・フィルム・インスティチュートによる、「映画史における偉大な歌100選 第7位」に選ばれるなど、ストーリーだけでなく音楽にも注目して観たい作品となっています。

 

アニメ映画『ピノキオ』のあらすじ

心優しいゼペットは「いつか本物の子供になるように」と願いながら木のあやつり人形を作る。するとなんと願いが叶い、人形に命が吹き込まれる。

“良心”役を務める相棒ジミニー・クリケットと共に、ピノキオは波瀾万丈な冒険に繰り出す。勇敢で正直で思いやりがあれば「本物の子供になれる」と言われたピノキオだが、果たしてその願いはかなうだろうか?

 

アニメ映画『ピノキオ』は、命を与えられた人形のピノキオが本物の人間になるために、相棒のジミニ―・クリケットと共に冒険を通して“勇気”や“思いやり”を学ぶ様子が描かれた作品です。

 

生まれたばかりで世の中のことに対して無知な子供であるピノキオが、悪い大人たちの誘惑に翻弄されながらも成長していく姿、そしてそれを見守るコオロギのジミニーの奮闘にワクワクハラハラさせられる冒険物語となっています!

アニメ映画『ピノキオ』の登場キャラクター

 

アニメ映画『ピノキオ』に登場する主なキャラクターたちをご紹介していきます。

 

ピノキオ

本作の主人公。ゼペットが木で作ったあやつり人形で、ブルー・フェアリーによって命を与えられます。

 

世間知らずで好奇心旺盛な性格をしており、人を疑うことがないのでファウルフェローなど悪い大人に騙されてしまうことも。

 

ゼペットを「お父さん」と呼んで慕い、本当の人間になるために冒険を通して色々なことを学んでいきます。

 

ジミニー・クリケット

本作のもう1人の主人公にして語り部。ゼペットの家に忍び込んだ際に、ブルー・フェアリーにピノキオの“良心”を任されます。

 

忠告や約束を忘れてしまうピノキオに苛立ちながらも、彼を助けたり励ましたりする頼れる存在です。

 

ゼペット

ピノキオの生みの親で心優しいおもちゃ職人。

 

命の宿ったピノキオを人間と同じように学校に通わせることに。しかし、夜になっても帰ってこないピノキオを心配して、雨の中を探し回ります。

 

女神/ブルー・フェアリー

ゼペットの願いを聞き入れ、ピノキオに命を与えた金髪の女神。

 

温厚で優しい性格ですが、ピノキオが嘘を付いたりジミニーが怠けたりした時には厳しい態度で諭します。

 

J・ワシントン・ファウルフェロー(キツネ)

 

詐欺師のキツネ。作中では「正直者のジョン」と名乗っています。

 

学校に向かって歩くピノキオを甘い言葉でそそのかし誘拐するなど、本作における悪役のようなキャラクターです。

 

フィガロ(ネコ)

ゼペットの家に暮らすネコ。

 

体が小さくイタズラ好きな性格をしています。ゼペットのことが大好きで、ゼペットに可愛がられるピノキオにやきもちを焼くことも。

 

実はミニーマウスの飼い猫でもあり、他のディズニー作品にもたびたび登場しています。

 

 

アニメ映画『ピノキオ』は怖い?

アニメ映画『ピノキオ』の評判を調べると、「怖い」という感想が多く見られます。実際、本作を鑑賞した筆者も同様の感想を抱きました。

 

表現はかなりマイルドであるものの、本作では恐ろしい出来事が次から次へと起こります。

 

・ピノキオに対して「文句を言うなら薪にしちまうぞ!」と怒鳴る人形劇の親方

・騙されてロバになってしまう子供たち

・巨大なクジラの胃の中に閉じ込められるピノキオたち

 

など、残酷で暴力的なシーンが多かったです。

 

特に、“プレジャーアイランド(遊園地の島)”に連れて来られた子供たちがロバに変身してしまうシーンはトラウマ級。

 

「ママ!」と泣き叫びながら変身していく子供の姿や、変身してしまい訳が分からずに大暴れしてしまう子供など、可愛らしいアニメ絵柄じゃなかったら見ているのが辛くなるようなシーンとなっていました。

 

小さな子供が見たら泣き出してしまうのではないかと思います。子供と一緒に見ようと考えている方は、怖いシーンだけ目を隠してあげるなどするといいかもしれませんね。

 

 

原作『ピノッキオの冒険』との違い

アニメ映画『ピノキオ』は、前述したとおりイタリア人作家カルロ・コッローディの童話小説『ピノッキオの冒険』を原作としています。

 

原作小説は政治的風刺を含んだダークな作風となっており、ディズニーはアニメ映画にするにあたって、子供にも受け入れられやすいよう細かい内容を改変しました。

 

ディズニー版では、純粋無垢で素直な子供であるピノキオですが、原作小説では大変ないたずらっ子で、怠け癖もある問題児という設定です。

 

また、映画ではキノピオを見守る“良心”として活躍するコオロギのジミニー・クリケットは、原作小説では名前すら用意されておらず、登場してすぐにピノキオに潰されてしまいます。

 

ストーリーの大筋こそ変わりませんが、こうした細かい改変によってマイルドに仕上げたことで、今なおディズニーの名作古典アニメーションとして愛される作品になったと言っても過言ではないでしょう。

 

 

これまでに製作された「ピノキオ」作品

ディズニーが製作した「ピノキオ」作品は、アニメ版(1940年)と実写版(2022年)だけです。

 

しかし、『ピノッキオの冒険』を原作とする映画はこれまでにいくつか製作されてきました。

 

それらをいくつかピックアップして、あらすじなどをご紹介していきます!気になる方はぜひチェックしてみてください!

 

ピノキオ(1996年)

ピノキオ_1996年_タイトル

タイトル

ピノキオ

公開日

1996年7月26日(日本:1996年12月21日)

上映時間

96分

監督

スティーブ・バロン

1996年の実写版「ピノキオ」は、リアルな演出が怖いと有名です。

 

ディズニーアニメ版と比べるとかなりダークな作風で、子供の頃に見てトラウマになったという感想もあるほど。

 

ピノッキオ(2002年)

ピノッキオ_2002年_タイトル

タイトル

ピノッキオ

公開日

2002年10月11日(日本:2003年3月21日)

上映時間

111分

監督

ロベルト・ベニーニ

2002年の実写映画「ピノッキオ」は、公開当時49歳だったロベルト・ベニーニが、可愛らしいピノキオを演じていることから「気味が悪い」と評判の作品です。

 

本作で監督・脚本・主演を務めたロベルト・ベニーニの並々ならぬ情熱が詰まった作品となっています。

 

ほんとうのピノッキオ(2019年)

タイトル

ほんとうのピノッキオ

公開日

2019年12月19日(日本:2021年11月5日)

上映時間

124分

監督

マッテオ・ガローネ

2019年に公開された『ほんとうのピノッキオ』は、美しくも埃を被ったような暗さのある世界観が魅力のダークファンタジー作品です。

 

社会風刺や人生の不条理を織り込んだ、原作に近いストーリーが展開される本作。CGの使用をできるだけ抑え、特殊メイクで作り上げたというキャラクター造形を不気味に感じる方がいるかもしれません。

 

番外編|ピノキオ症候群で話題!韓国ドラマ『ピノキオ』

韓国ドラマ『ピノキオ』は、嘘をつくとしゃっくりが出てしまう“ピノキオ症候群”のヒロイン・イナと、幼い頃に火災事故で家族を失くした主人公・ハミョンが、過去の因縁に翻弄されながらも恋に落ちていく様子を描いた、青春ラブロマンス作品です。

 

2014年から2015年に放送されたドラマで、俳優のイ・ジョンソクと女優のパク・シネが主演を務め高視聴率を記録。日本でもその悲しい恋の物語が人気を集めました。

 

「嘘をつくと鼻が伸びる」という童話になぞらえ、嘘をつくとしゃっくりが出てしまう“ピノキオ症候群”という架空の症状が、物語にユニークな展開をもたらしています。

 

アニメ映画『ピノキオ』配信まとめ

 

今回はディズニー名作古典アニメ映画『ピノキオ』の動画を配信している動画配信サービスと、作品概要をご紹介しました。

 

記事内で紹介したアニメ映画『ピノキオ』を見れるおすすめの動画配信サービスについて、改めてまとめます。

動画配信サービス

配信状況/レンタル料金

特徴

ディズニープラス

990円(税込)

見放題

ディズニー作品が見放題!

Amazonプライムビデオ

月額600円(税込)

レンタル/400円(税込)

特典が豊富!

music.jp

月額1,958円(税込)

レンタル/299円(税込)

ポイントがたくさんもらえる!

TSUTAYAディスカス

月額1,026円(税込)

無料

「新作」・「準新作」・「旧作」問わず4枚までレンタル可能!

記事内でご紹介した動画配信サービスは、どれもおすすめです!

 

動画配信サービスは、それぞれ強みとなる特徴が異なります。その中から自分に合ったサービスを見つけ出すためには「作品数」「料金の安さ」など、ご自身が配信サービスに何を求めるのかをあらかじめはっきりとさせておくといいでしょう。

 

また、ほとんどの配信サービスに無料トライアル期間がありますので、実際にサービスを試してみることで自分に合ったサービスに出会うことができると思いますよ。

 

年額プランで登録すると2ヶ月分が実質無料!

※本ページの情報は2024年5月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サービスサイトにてご確認ください。

この記事についているカテゴリー

執筆

おさとう

純文学・詩・エッセイなどを好み、深夜に散歩することを日々のささやかな楽しみとする20代。スマホのロック画面は『ナイト・オン・ザ・プラネット』のウィノナ・ライダー。読者の皆さんが新たな気付きを得られる記事を目指して書きます。

映画に関する人気記事