【最新版】未見の方だけ読んでほしい!スターウォーズを見る順番や初心者にありがちな誤った見方を解説!

クマミ

更新日:

スターウォーズを見たことのないあなたは、この言葉を聞いてどんなことを思い浮かべますか?


「なんかずっとやってる長いシリーズ。追いつくの大変そう…」


「ファンが熱狂的過ぎてついていけなそう…」


こんなイメージがないでしょうか。

筆者が今まで出会ったスターウォーズ未鑑賞の人も見てこなかった理由がコレでした。


でも、スターウォーズは面白いんです…!

伝えたい…この面白さを…!


というわけで今回は初心者に超優しいスターウォーズ入門編

スターウォーズをまだ見たことのない方に向けて、


「スターウォーズは何から見たらいいの?」


「スターウォーズってどう面白いの?」


「作品が多いって聞くから見続けられなさそう…」


といった疑問や悩みを解消できる記事をお届けしたいと思います。

全部追いかけるのは無理!といった方でも安心してください!


本当は全部見てほしい筆者が私情を宇宙空間にかなぐり捨て、スターウォーズを見てない方が無理なく楽しめる見方と順番をいくつか紹介します!


先に簡単に説明すると、スター・ウォーズ作品は自分のニーズに合わせて見始めることができます!


●スターウォーズのイロハが知りたい人向けな基本6作品の視聴順番


●話題の最新スピンオフ作品「マンダロリアン」からスターウォーズにハマる


●気合を入れて一気にスターウォーズ全11映画を楽しむおすすめの順番


スター・ウォーズ作品を視聴したい方にオススメな動画配信サービスはDisney+(ディズニープラス)。

今回の記事で紹介する順番作品全てを月額990円(税込み)のDisney+に加入するだけで、視聴できちゃいます!


自分に合った見方を見つけてスターウォーズの世界を楽しんじゃいましょう~!


スターウォーズ作品を見放題で視聴

目次

現在判明しているスター・ウォーズシリーズ作品一覧



スターウォーズは言わずと知れたSF映画の金字塔。

40年以上もの間人々を魅了し続ける映画シリーズといっても過言ではありません。


生みの親のジョージ・ルーカス監督の構想では3部構成の9作品とされており、ナンバリングタイトルはそれぞれ、


・旧三部作【オリジン】(エピソード4~6にあたる作品)

・新三部作【プリクエル】(エピソード1~3にあたる作品)

・続三部作【シークエル】(エピソード7~9にあたる作品)


と呼ばれています。

その他にもスピンオフ映画やアニメシリーズなど派生作品も多く存在するスターウォーズですが、9作品目に位置する「エピソード9/スカイウォーカーの夜明け」が2019年12月に公開され物語に一旦幕が下りました。(ルーカス監督の初期構想のものとは異なりますが長くなるので割愛)


しかしそんなスターウォーズに更なる転機が!

ディズニーが運営している動画配信サービス、Disney+(ディズニープラス)からスピンオフドラマシリーズ「マンダロリアン」が配信開始され、今後も続々とスターウォーズのドラマ作品が展開されていくようです。


さらに2023年に新作映画の公開が発表され、40年以上前に初公開されたスターウォーズシリーズはまだまだその世界観に拡がりを見せています。


ここで一旦、これまでの制作された作品と今後公開・配信が正式に発表されているスターウォーズ作品を時系列別に分けた図で確認してみましょう!(公開・配信がまだされていない作品は現時点で判明している情報をもとにした推測のものもあります)


スターウォーズ時系列順作品一覧

さてこの図を見て皆さんこう思ったのではないでしょうか…?


「作品数多いし、めっちゃごちゃごちゃしてね!?」


正にその通り!

前述のとおり9作品から成り立っているのに加えて、様々な時間軸でスピンオフが続々と展開されているのもあって作品数はかなり多くなってしまっています…。


この図だけ見ると、未見の方は「あっ、一見さんお断りなのね~」と思ってしまうのも無理ないな…と感じます。


初心者にありがちなスター・ウォーズの視聴失敗談


挫折談

早速スター・ウォーズを見るのが億劫な情報をお届けしてしまいましたがここから初心者が陥りがちなスター・ウォーズにハマれない事例をあげていきたいと思います。


見る前に視聴失敗談を知っておけば、

この後紹介する挫折しない視聴順番でより自分に合った見方を選択できるので参考にしてください!


とにかく長い!作品数が多すぎる


先ほどの図でも紹介しましたが、スター・ウォーズはとにかく作品数が多いシリーズ。

昨今は映画シリーズだけでなく、派生したドラマ作品やアニメなども豊富になってきているので余計多く感じてしまいます…。


全部を見ないと内容理解できないんじゃ…。

と不安に思ってしまう方もいると思いますが、そんなことありません!

どの作品も1作品としてクオリティが高く楽しめるのがスター・ウォーズの魅力。

記事の最後にはそれぞれの作品の特徴をネタバレなしで紹介していますので、あなた自身が気になったシリーズだけ見てみても楽しめるハズですよ!


時系列がややこしすぎてどれから見たらいいかわからない


複雑な時系列によって物語られるのもスター・ウォーズの特徴。

「エピソード+数字」の名前が付く本編のナンバリングタイトルはそれぞれ公開順とナンバーがリンクしないことが時系列をよりややこしくしています。

例えばスター・ウォーズ最初の公開作品はエピソード4となっており、そもそも途中のストーリーから始まった物語となっています。


また、それぞれのエピソードの間には空白の期間が存在しており、作品と作品のつながりによってはかなりの時間が経過してしまっているものもあります。

あれ…前作子供だった主人公がいきなり成長して大人になってる…話飛ばしてない?となることも。


作中経過時間の例

そういった空白の期間を補完するようにスピンオフなどの派生作品が作られているので、新作なのに一昔前の時代が描かれるなんてこともしばしば。


これらの理由からスター・ウォーズに関して時系列で見る順番を考えるのは、初心者にとっては至難の業でしょう。

一旦時系列は忘れて、3話で完結する章が3つスピンオフ映画スピンオフドラマ作品があるという三点を押さえておけばとりあえずは大丈夫です!


簡易版種類別スターウォーズ作品一覧

公開間隔がかなり空いているので映像の劣化が気になってしまう


公開作品の間隔は見る人によってはネックになる部分です。

何度も言っていますがスター・ウォーズは初期公開作品から40年以上も歴史のあるロングセラーもの。

歴史があるというのは聞こえがいい部分もありますが、その分初期は昔の映画です。


スターウォーズナンバリングタイトルの公開順と公開年

エピソード4/新たなる希望

1978年

エピソード5/帝国の逆襲

1980年

エピソード6/ジェダイの帰還

1983年

エピソード1/ファントム・メナス

1999年

エピソード2/クローンの攻撃

2002年

エピソード3/シスの復讐

2005年

エピソード7/フォースの覚醒

2015年

エピソード8/最後のジェダイ

2017年

エピソード9/スカイウォーカーの夜明け

2019年


現在DVDや動画配信サービスで見れるスター・ウォーズの初期三部作(旧三部作)は当時公開していたものを1997年に再編集させた「特別編」が一般的になっており、一部cg技術が取り入れられ画面の色合いなども現代の映画よりになっています。


それでも当時の映像を使ったものになりますので、昔の映画を見慣れていない方にとっては当時ならではの演出が見づらく古臭いと感じてしまうこともあるかと思います。


そういった方には最新作からスターウォーズを楽しむ視聴方法を紹介していますので、次項の【いち早く最新作を楽しみたい方向け】をご覧ください!


熱狂的なファンのせいでハードルが上がりすぎている


スター・ウォーズに限らずすべてのコンテンツに言えることですが、熱狂的なファンがいることでハードルが高くなってしまうのは初心者あるあるではないでしょうか。


「見てみたけど、マニアックな部分の話についていけなそう…」

「あんまり裏設定とかは気にしてないし…」


そういったことが気になって手をつけないのはもったいない!

知人にオススメされたから、自発的に見てみようと思ったから。

理由は様々あると思いますがせっかく興味を持ったのであれば、肩の力を抜いて自分ならではの楽しみ方に重点をおいてみましょう!


初心者が本当に楽しめるスター・ウォーズを見る順番3選


スター・ウォーズビギナーの方にありがちな挫折してしまうポイントを紹介していきました。

それではここから、挫折しない初心者のためだけのスターウォーズ視聴順番を紹介していきたいと思います!


紹介する3つの視聴順番は、初心者でも無理なくスターウォーズを楽しみながら完走できるように意識したものになっています。


それぞれどんな人に向いてるかなども合わせて解説していますので、これなら見れそう!というものを見つけてみてください!


スター・ウォーズ作品を見るならDisney +(ディズニープラス)


ディズニープラスイメージ画像

ちなみに、スター・ウォーズを視聴する際はディズニープラスがおすすめです!

現在公開されている全スターウォーズ映画作品が視聴可能な他、アニメシリーズやディズニープラスでしか見られないオリジナルドラマが月額990円(税込み)で見放題!


ディズニープラスで鑑賞可能なスターウォーズ作品画像

その他にも他動画配信サービスでは視聴できないディズニー関連作品がもりだくさんでお得に贅沢できちゃいます。

気になった方はぜひ登録してみてくださいね!


スターウォーズ作品を見放題で視聴



【基本を押さえたい方向け】オリジナル&プリクエルを織り混ぜるエモーショナル型(総合おすすめ度☆☆☆☆☆)


【基本を押さえたい方向け】スターウォーズ視聴順番

エピソード4/新たなる希望

エピソード5/帝国の逆襲

エピソード1/ファントム・メナス

エピソード2/クローンの攻撃

エピソード3/シスの復讐

エピソード6/ジェダイの帰還

見やすさ★★★
世界観の把握★★★★
総合おすすめ度★★★★★

スター・ウォーズの基本を押さえたい方は、旧三部作(オリジナル)と新三部作(プリクエル)を混ぜた視聴順番がおすすめです。


ナンバリングタイトルの順番が4→5→1→2→3→6と歪に感じますが、間に旧三部作より以前の時系列の話である新三部作のストーリーを知ることによって、エピソード6/ジェダイの帰還で迎える結末により深みを感じることができる視聴順番となっています。

イメージ的には、最終章のエピソード6に入る前に過去回想が入る感じです!


基本を押さえたい方向け視聴順番のイメージ

旧三部作での主人公ルーク・スカイウォーカー新三部作での主人公でありルークの父親であるアナキン・スカイウォーカー。

親と子の数奇な運命を同時に追うことで、スター・ウォーズの世界観と面白さを味わうことができるのが特徴です。


また、旧三部作より映像技術が発展している新三部作を挟むことで映像の劣化が気になってしまう人でも見やすい構成となっています。

とはいっても新三部作は今よりも昔の時代の映画なのでCG技術の劣化などはネックになってしまうかもしれません。

全体的には、昔の映画を見るのが気にならない人向けの順番となっています。


この順番で楽しめた方には、エピソード6に続く続三部作(7、8、9)をそのまま見てもらっても綺麗に話がつながるので、「まず、スター・ウォーズのイロハとは何ぞや!?」を知りたい初心者の方には迷ったらコレ!な視聴順番となっています!


【基本を押さえたい方向け】がオススメな人

✓ スター・ウォーズの物語構造を知りたい

✓ とりあえずスター・ウォーズ作品に触れてみたい

✓ 昔の映画を見ることにあまり抵抗がない


基本作品を視聴して脱・スター・ウォーズビギナー


【いち早く最新作を楽しみたい方向け】マンダロリアンを見てスター・ウォーズの世界観を知ろう!(総合おすすめ度☆☆☆☆)


【いち早く最新作を楽しみたい方向け】スターウォーズ視聴順番

【全8話】マンダロリアン(シーズン1)

見やすさ★★★★★
世界観の把握★★★
総合おすすめ度★★★★

「まとめて映画を何本も見る時間がない…」

という方におすすめなのが、2020年よりディズニープラスで配信開始された最新スピンオフ作品「マンダロリアン」。

見てほしいのは「マンダロリアン(シーズン1)」全8話だけ!

映画ではなくドラマシリーズなので1話あたり平均40分ほどで見切れる上、ほとんどが1話完結の物語。

時間がないあなたでも無理なく見進められるハズ。


「スピンオフだから、本編と関係ないしマニア向けの作品なんじゃないの…?」

という声が聞こえてきそうですが、それは大きな間違い!


本編のナンバリングタイトル(エピソード+数字がついた作品)では、主にジェダイと呼ばれる主人公側の目線でその世界観が描かれていましたが、今作品ではこれまで本編で多くは語られてこなかった新たな価値観を持つ登場人物の目線から物語が描かれています。


しかし、未知の星々を巡る冒険感やそれを乗り越えるための宇宙船、メカニックな武器は健在。

全く新しいスター・ウォーズを描きながらも、正にスター・ウォーズな素晴らしい矛盾を引き起こしている作品が「マンダロリアン」です。

ファンの方も「え!?こんなスター・ウォーズの描かれ方ってあったんだ!?」と新鮮な気持ちで見れるので、同じように初心者にもおすすめできる作品になっています。


また、物語の随所に散りばめられた謎は本編への導線にもなっているので、マンダロリアンにハマった方は「えー!これが本編の物語なの!?絶対面白いじゃん!」と気になること間違いなし!


最新作「マンダロリアン」を視聴した場合のイメージ

マンダロリアンは現在シーズン2まで配信されており、シーズン3は今後配信されていく予定です。

シーズン1を見終えてスター・ウォーズにハマるのも良し、そのままシーズン2を見進めても良し、スター・ウォーズの世界観を知ることができて良しな一石何鳥もある贅沢なスタートダッシュ作品。


未だスターウォーズを見ていない人たちが、この作品から入り始められるというのは正直羨ましい!

記事最後の項目、作品紹介欄ではマンダロリアンの作品紹介もしているので、気になった人はぜひそちらも読んでみてください!


【いち早く最新作を楽しみたい方向け】がオススメな人

✓ まとめて作品を見る時間がない

✓ 昔の映像を見ることに慣れていない

✓ 短時間でスター・ウォーズの世界観を把握したい


新入門作品「マンダロリアン」でスター・ウォーズの世界観を楽しむ


【上級者向け】スター・ウォーズ映画を完全網羅(総合おすすめ度☆☆☆)


【上級者向け】スターウォーズ視聴順番

エピソード4/新たなる希望

エピソード5/帝国の逆襲

エピソード6/ジェダイの帰還

エピソード1/ファントム・メナス

エピソード2/クローンの攻撃

エピソード3/シスの復讐

ローグ・ワン(スピンオフ作品)

ハン・ソロ(スピンオフ作品)

エピソード7/フォースの覚醒

エピソード8/最後のジェダイ

エピソード9/スカイウォーカーの夜明け

見やすさ★★
世界観の把握★★★★★
総合おすすめ度★★★

最後に紹介するのは、スターウォーズにどっぷりつかりたいあなたに向けた視聴順番です。


前項までの2つは見やすさ重視で紹介しましたが、こちらは現在公開されているスター・ウォーズ映画をいかに綺麗な流れで見れるかを意識して構成してみました。


ほとんど公開順に近い形ですがスピンオフ作品はエピソード7~9の間に公開されたものなので、その前にまとめて見てもらう順番にしています。

エピソード7にも登場する人気キャラ、ハン・ソロの単体映画をその前に見てもらうことで、より歴戦の英雄に感情移入ができるつくりになっているハズ。


視聴作品数が多いため、紹介した他2つの視聴順番よりも時間がかかりますがその分視聴後の達成感はかなり大きくなっています。

最終ナンバリングタイトル、エピソード9/スカイウォーカーの夜明けは「色んなことがあったよなぁ…」と間違いなく感慨深い気持ちで鑑賞できることでしょう。


スターウォーズ全映画作品を視聴した場合のイメージ図

「スター・ウォーズを見てきてなかった!今こそスター・ウォーズにじっくりハマってやるぞ!」

と意気込んでいる方がいましたら、ぜひこの順番で鑑賞してみてください!


フォースと共にあらんことを…!

【上級者向け】がオススメな人

✓ どうせ見るならがっつり全作品見てみたい

✓ 作品を追っていくことが億劫にならない

✓ 見終えた後の達成感を味わいたい


スター・ウォーズ全映画作品をじっくり楽しむ


スター・ウォーズは面白い!なぜ愛されるのか理由を簡単に解説!


オススメ視聴順番を知っていただけたでしょうか?

ここからは「スターウォーズって何が面白いの?」がわかるようにザックリスター・ウォーズの魅力を紹介していきたいと思います!


スターウォーズ作品を見放題で視聴


そもそもスター・ウォーズってどんなお話?


まず気になるのは「スター・ウォーズってどんな話…?」というところでしょう。

超簡潔にいうと…「遠い昔 はるかかなたの銀河系で…」繰り広げられる宇宙を舞台にした冒険活劇です!


スターウォーズオープニングクレジットのイメージ画像

ナンバリングタイトルでは、毎度上の画面の後に誰もが知っているオープニング曲と共にタイトルとプロローグが流れます。

スター・ウォーズならではの演出なので見るたびにテンション上がること間違いなし!


広大な宇宙を舞台に惑星を冒険していく物語は、砂の惑星、氷の惑星などの特徴的な星から荒廃したディストピアな街、発達した未来空間のような街まで縦横無尽に駆け巡ります。

それぞれの星に生息している生き物は、独自の文化や言葉を持って生活していることも作中で垣間見れます。


今度はどんなところに行ってどんなキャラクターがいるんだろう…?

視聴していくたびに他作品へのワクワクが増していくのは唯一無二の面白さです!


魅力的な登場人物たちがストーリーを彩る


宇宙空間を駆け巡る登場人物にも注目。

個性的なキャラクターはどれも魅力的です。


旧三部作では「インディ・ジョーンズ」シリーズでおなじみのハリソン・フォード、新三部作では「レオン」や「ブラック・スワン」で高い演技力を発揮するナタリー・ポートマン

続三部作では、「沈黙ーサイレンスー」「ブラック・クランズマン」など確かな表現力でメッセージ性の強い意欲作品に次々と出演しているアダム・ドライバーなど。


全ての章で実力派の俳優がスター・ウォーズの世界観で個性的な登場人物を演じています。


当時のハリソン・フォードとレイア役キャリー・フィッシャー




また、豪華俳優陣と共に冒険をともにするドロイド(ロボット)のC-3PO(シースリーピーオー)R2-D2(アールツーディーツー)、独特な存在感を放つヨーダなどスター・ウォーズを代表するアイコニックな存在も魅力的。


スター・ウォーズの名コメディコンビ。

謎のドロイド言語でしゃべるR2-D2がなんとも言えぬ愛らしさ!


メロンパンのようなシワのヨーダ。飄々としていますが実は歴代最強の実力を持っています!


豪華キャストと近未来のドロイド、独特なクリーチャーたちが混在するスター・ウォーズは正にニューグローバル!


スターウォーズ作品を見放題で視聴


その後のサブカルチャーに多大な影響を与えた設定やガジェットたち


スター・ウォーズで欠かせないのが、物語に登場する独自の設定やガジェット武器たちです!


スター・ウォーズを見たことのない人も知っている光る刃ライトセーバー


ライトセーバーを使いこなす善のジェダイと悪のシスと呼ばれる者たちは、物体を手を使わずに動かしたり死者とコミュニケーションをとることができるフォースという超能力のようなものを身に着けています。

フォースに導かれるものは、それぞれが背負った宿命と向き合うために戦うという構造もアツい。


銃の軌道すら見切ってしまうジェダイの剣劇アクションは必見です!


また、銀河を駆け回る主人公たちの宇宙船「ミレニアム・ファルコン」「Xウイング」などクールな戦闘機のドッグファイトも手に汗握ります。




パイロットの戦闘服の汚れや、船内にある小物などの細かい装飾もスター・ウォーズガジェット達の魅力。

近未来的なSF設定で、こういった生活感のある表現は公開当初画期的だったのだとか。




物語の大筋からガジェットの細部まで。

スター・ウォーズ公開から今にいたるまで、影響を受けたアーティストは数多く存在します。


SFホラーの金字塔「エイリアン」を作ったリドリー・スコット監督は今作品にスター・ウォーズが影響を与えているとインタビューで語っています。


また、「タイタニック」や「アバター」など数多くの大ヒット映画を世に送り出してきたジェームズ・キャメロン監督はスター・ウォーズを見たことで当時やっていたトラック運転手を辞めて映画界に足を運んだというインタビューも。


最早、スター・ウォーズが公開されなかったらそれ以降の多くの作品は存在しなかったといっても過言ではありません。


映画界から一つの文化を作り上げたのがスター・ウォーズなのです!


スターウォーズ作品を見放題で視聴


【ネタバレなし】スター・ウォーズ作品のあらすじを相関図を用いて一挙紹介!


各スター・ウォーズ作品の特徴とあらすじをネタバレなしで紹介していきます。

気になったシリーズや作品があったらそこから見始めるのもOK!


どんなストーリーなのか、参考にしてみてください!


旧三部作(オリジナル・トリロジー)


記念すべきスター・ウォーズ最初期作品が旧三部作(オリジナル・トリロジー)

1978年に公開された「エピソード4/新たなる希望」~1983年公開「エピソード6/ジェダイの帰還」で構成されています。


今日に至るまでのスター・ウォーズの始まりといっても過言ではありません。


物語は、凶悪な銀河帝国が宇宙を支配する時代。

自由を手に入れるため行動をする反乱軍が劣勢を強いられながらも悪戦苦闘する姿が描かれていく物語となっています。



主人公のルーク・スカイウォーカーは貧困の絶えない惑星でくすぶっている青年。

そんな彼が、様々な運命に引き寄せられ一人前の戦士に成長してく姿は誰にとっても共感できる最高の主人公と言えるでしょう。



また、主人公ルークのまわりを固めるアウトローなハン・ソロ、姫のイメージを覆す強く気高いレイア、毛むくじゃらのチューバッカや個性的なドロイドなど魅力的なキャラクターが物語を彩ります。



銀河帝国を取り仕切るダース・ベイダーというキャラクターは、海外エンパイア誌による最高の悪役キャラクターランキング1位に輝いたこともある超有名ヴィラン。

甲冑を身にまとい独特の呼吸音を発しながら、ルークたちを追い詰めていきます。



兎にも角にもスター・ウォーズの原点!

魅力いっぱいの宇宙を冒険するルークたちと共にスター・ウォーズの世界へ出かけましょう!


スターウォーズ旧三部作を見放題で視聴


スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望


エピソード4の映画ポスター

エピソード4/新たなる希望 あらすじ

銀河帝国が支配する宇宙。

抵抗勢力である反乱同盟軍は、帝国軍の機密情報を知り反撃のチャンスを伺っていた。

機密情報を持つレイアは帝国軍の追手に捕らえられる間際、情報をR2-D2とC-3PO二体のドロイドに託す。

逃亡した二体のドロイドは不時着した砂の惑星タトゥイーンで、機密情報を届ける人物オビ=ワン・ケノービを探し始めた。

そんな時出会ったタトゥイーンの青年、ルーク・スカイウォーカーに導かれ二体のドロイドはオビ=ワンとの接触に成功。

レイアが帝国軍に囚われていること知ったオビ=ワンは救出作戦を計画する。

一度も星を出たことのないルークは、この救出作戦に参加することを決意。

画して、ルークの壮大な宇宙の命運をかけた冒険が始まるのだった…。


「エピソード4/新たなる希望」を視聴


スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲


エピソード5の映画ポスター

エピソード5/帝国の逆襲 あらすじ

エピソード4の戦いから3年…。

前作で帝国軍に打撃を与えた反乱同盟軍であったが、それは帝国軍の反撃を触発してしまっていた。

ルークやレイア、ハンソロたち同盟軍は氷の惑星・ホスに秘密基地を移し身を隠していたが、帝国軍の調査ドロイドによってホスにある基地が暴かれてしまう。

抗戦する反乱軍だが、帝国軍の圧倒的な物量攻撃によって撤退を余儀なくされる。

ハンソロとチューバッカはレイアとC-3POを乗せミレニアムファルコンでホスを脱出するが、帝国軍の部隊に追われることとなる。

ルークはオビ=ワンからのメッセージを受け取り、フォースの力を学ぶためにヨーダと呼ばれる人物を尋ねることに。

それぞれ別れた道を進むことになるルークたち。

彼らの行きつく先には衝撃的な結末が待ち受けていた…。


「エピソード5/帝国の逆襲」を視聴


スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還


エピソード6の映画ポスター

エピソード6/ジェダイの帰還 あらすじ

前作帝国の逆襲から1年。

帝国軍は惑星を破壊できる要塞兵器デス・スター2の建設を急いでいた。

恐るべき兵器の完成を防ぐために戦力を揃えたい反乱軍のレイアたちは捕らえられたハンソロを救出するために惑星タトゥイーンを根城にする犯罪組織の王ジャバ・ザ・ハットのもとに潜入。

しかし、潜入がバレたレイアたちは窮地に追い込まれる。

そこに現れたのは、修行を積み成長したルークであった。

レイアとハンソロの奪還に成功し再び出揃った反乱軍メンバー。

デス・スター2の破壊を目的に森の惑星エンドアで最後の戦いに挑む。

三度相まみえるルークとダース・ベイダー。

因縁の戦いに終止符を打つのはどちらか…。


「エピソード6/ジェダイの帰還」を視聴


新三部作(プリクエル・トリロジー)


1999年~2005年に公開された新三部作(プリクエル・トリロジー)

新とは言っても、それ以前に公開されていた旧三部作より前の時系列の物語になります。


時は、共和国が銀河の政治を担いそれをジェダイが守護していた時代。

長きに渡り保たれていた平和にジェダイと対をなす闇・シスの魔の手が迫ってくるというストーリーです。



旧三部作の主人公ルークの父親・アナキン・スカイウォーカーが物語の中心人物として登場。



ルークの師匠でもあったオビ=ワンも登場し、アナキンとオビ=ワンのジェダイ視点から共和国の崩壊と銀河帝国設立の背景が明かされます。



旧三部作では絶滅危惧種のような扱いを受けていたジェダイですが、本作ではアナキン、オビ=ワン以外にも多数のジェダイが登場。

お馴染みのライトセーバーを使ったアクションにさらに磨きがかかり、迫力のあるバトルシーンが目白押しなのが特徴の章です。



スターウォーズ新三部作作を見放題で視聴


スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス


エピソード1の映画ポスター

エピソード1/ファントム・メナス あらすじ

銀河共和国に反感を持つ通商連合は、緑と水の豊富な惑星ナブーを見せしめに攻撃を仕掛けようとしていた。

この紛争を止めるために派遣された二人のジェダイ、クワイ=ガン・ジンとオビ=ワン・ケノービは通称連合の攻撃に合いながらもナブーのアミダラ女王とその侍女たちを救出することに成功する。

しかし、逃亡中に受けた宇宙船のダメージからジェダイの首都である惑星コルサントまでたどり着けないと判断したクワイ=ガンたちは、道すがらにある惑星タトゥイーンに船の修理のため降り立った。

奴隷制が横行する貧困な惑星で、一行は奴隷の子供アナキン・スカイウォーカーと出会う。

アナキンはジェダイの伝説における「予言の子」の可能性を秘めた強いフォースの持つものであった…。


「エピソード1/ファントム・メナス」を視聴


スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃


エピソード2映画ポスター

エピソード2/クローンの攻撃 あらすじ

エピソード1から約10年後。

パドメ・アミダラ女王が何者かに襲撃される暗殺未遂事件が起こる。

このことを受けたジェダイ評議会は、パドメの知人であるオビ=ワンに護衛を依頼。

オビ=ワンのパダワン(弟子)となりジェダイナイトとして成長したアナキンもパドメと再会する。

二人のジェダイの活躍によりパドメ暗殺を企てていた犯人を捕らえることに成功するが、捕らえた暗殺者は別の刺客によって殺されてしまう。

パドメの護衛と刺客の正体をつかむため、アナキンとオビ=ワンは別々に行動をし始める。

パドメ護衛のために同行するアナキン。

同じ時間を共にする二人は次第に惹かれあっていくが、ジェダイには特定の人を愛することが禁じられていた。

一方で、刺客の手がかりをつかんだオビ=ワンは惑星カミーラに向かう。

そこで見つけたのは、極秘裏に生産されていた大量のクローン兵たちであった…。


「エピソード2/クローンの攻撃」を視聴


スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐


シスの復讐映画ポスター

エピソード3/シスの復讐 あらすじ

前作クローンの攻撃により勃発したクローン戦争から約3年。

戦争は依然として続いている中、共和国元老院最高議長パルパティーンが対立する分離主義勢力によって誘拐されてしまった。


アナキンとオビ=ワンは救出に向かう中でドゥークー伯爵と相まみえるが、クローン戦争で力をつけたアナキンとオビ=ワンは伯爵を退け、無事パルパティーン議長救出に成功。

分離主義勢力は勢いを失い、長きにわたる戦争に終結の兆しが見えていた。


任務に成功したアナキンは、パドメから妊娠した報告を受ける。

喜ぶアナキンであったが、出産でパドメが死んでしまう予知夢をみてしまい悩まされることになってしまう。


オビ=ワンは敵残存兵力がいる惑星ウータパウへ向かっていった。

信頼できる師匠がいないアナキンは、次第にジェダイ評議会に不信感を抱き始める。


予知夢の苦悩とジェダイへの不信感を募らせるアナキンであったが、そこに手を差し伸べる意外な人物が現れる…。


「エピソード3/シスの復讐」を視聴


続三部作(シークエル・トリロジー)


ナンバリングタイトル最新章。

エピソード6/ジェダイの帰還でルークたちがもたらした結末のその後が描かれるシリーズになります。


続三部作の相関図

これまでの章では、主にスカイウォーカー家を主軸とした物語が展開されていきましたが、今作の主人公レイはラストネームを持たない謎に包まれた人物。



新たなシス、ファースト・オーダーによって再び銀河の平和が脅かされていく中、レイは運命に誘われるように物語の渦中に引き寄せられていきます。

彼女はいったい何者なのか?


今作では、新たな登場人物として元ストーム・トルーパーのフィンや体のボールを転がして進む可愛いドロイドBB-8などスター・ウォーズに今までいなかった個性的なキャラが登場。




敵側ファースト・オーダーには甲冑を身にまとった男、カイロ・レンがダース・ベイダーの意思を受け継ぎ宇宙の支配をもくろんでいます。



また、旧三部作で活躍したお馴染みのハン・ソロやレイア、チューバッカも再登場!


オールキャストそろい踏みの新たなスター・ウォーズ。

これまでの全てを内包して迎える結末は…?

予測不能な怒涛の展開が楽しめる新たな三部作です!


スターウォーズ続三部作を見放題で視聴


スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒


エピソード7の映画ポスター

エピソード7/フォースの覚醒 あらすじ

エピソード6/ジェダイの帰還から約30年後。

帝国の残党からファースト・オーダーが生まれ、銀河支配のために再度動き出す。

レイア率いる新共和国はこれに対抗するためにレジスタンスを組織し、再び銀河は対立を繰り広げていた。


平和を護るジェダイ、ルーク・スカイウォーカーは突然姿を消してしまいどちらの組織もが消息を追っている中、レジスタンスがルークの所在を知る人物からデータを入手。

惑星ジャクーでデータを受け取ったレジスタンスパイロット、ポー・ダメロンは情報を聞きつけたファースト・オーダーの猛攻撃に遭い捕らえられるが、寸前に相棒のドロイドBB-8にデータを託し逃亡させる。


逃げ延びたBB-8は道中でゴミ漁りで生活している女性レイと出会い行動を共にすることに。


一方、捕らえられたポー・ダメロンは元ストーム・トルーパーのフィンに救出され二人で宇宙船からの脱出を試みる。

ファースト・オーダーからの攻撃を受けた二人は道別れて、ジャクーに不時着。


不時着したフィンは街でレイとBB-8に遭遇するが、BB-8がデータを持っていることを知ったファースト・オーダーの攻撃に遭い共に逃げることに。


戦闘機で攻撃を繰り広げるファースト・オーダーに対抗するため、街の外れにある宇宙船に乗り込む一行。

それは数々の冒険を駆け抜けてきたミレニアム・ファルコンであった…。


「エピソード7/フォースの覚醒」を視聴


スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイ


最後のジェダイ映画ポスター

エピソード8/最後のジェダイ あらすじ

エピソード7の戦いによってファースト・オーダーはレジスタンスの本拠地である惑星ディカーに攻撃を仕掛けていた。


多大な犠牲を払いながらもハイパースペースへ逃げ延びることに成功したレイアたちレジスタンスであったが、ファースト・オーダーの新技術によってワープした場所を特定される。


逃げ込む場所を特定されたレジスタンスの宇宙船はジリジリとファースト・オーダー軍に追い詰められていた…。


一方、レイはファルコン号に乗り惑星オク=トーでルーク・スカイウォーカーと出会うが彼は差し出された自らのライトセーバーを押しのけてしまう。

レジスタンスの助けになることを願うレイであったが、ルークはここで一人死ぬのを待つ運命だという考えを頑なに変えなかった。


「ジェダイの滅びる時が来たのだ」と語るルークの真意とは…。


「エピソード8/最後のジェダイ」を視聴


スター・ウォーズ エピソード9/スカイウォーカーの夜明け


エピソード9の映画ポスター

エピソード9/スカイウォーカーの夜明け あらすじ

ファースト・オーダーの最高指導者となったカイロ・レンは、ウェイファウンダーと呼ばれるシス古来のナビゲーターを使い、宇宙の未知領域である惑星エクセゴルにたどり着く。


そこでは、ある人物が宇宙船スター・デストロイヤー1船ごとに惑星を破壊できる兵器を搭載した大艦隊、ファイナル・オーダーを従えていた。

ある人物は、レイを始末することでカイロ・レンにファイナル・オーダーを差し伸べると約束する。

全宇宙の支配をもくろむカイロ・レンはレイに激しい怒りを燃やすのだった。


一方、レイアとフォースの修行に励むレイはファースト・オーダーのスパイから情報を得たフィンたちによってファイナルオーダーの存在を知らされる。

稼働し始めるファイナル・オーダーを防ぐために、カイロ・レンが持っているものとは別のもう一つのウェイ・ファンウンダーを探すために動き出した。


砂漠の惑星パサーナに向かったレイたちは、フォースの動きを感じ取ったカイロ・レンとレン騎士団に遭遇。

追い詰められたレイはカイロ・レンとフォースで交戦するが、その強すぎるフォースで仲間を傷つけてしまう。

フォースに恐れ抱き始めたレイは、自身の重大なルーツを知ることになる…。


「エピソード9/スカイウォーカーの夜明け」を視聴


まだ見ぬ三部作も…?(エピソード10~?)


エピソード8/最後のジェダイを担当したライアン・ジョンソン監督プロデュースによるさらなる三部作も進行中とのこと。


まだまだ明確な情報がない段階ですが、新作ドラマシリーズなどスター・ウォーズニュースに事欠かない時代となった今、その流れでさらなる本編が制作決定となると今まで以上の盛り上がりを見せるのではないでしょうか?


まだまだ制作決定!という段階ではないので、その間にスター・ウォーズ作品にハマりこんでリアルタイムで続編を見れるという楽しみに期待しましょう!


スピンオフ映画作品


ナンバリングタイトルはフォースを駆使するジェダイたちを主軸に物語が展開されていきますが、スピンオフ映画ではフォースなどの超次元的な能力はなく一般の兵士などにスポットがあたる傾向があります。


ジェダイ以外の人物にスポットを当てても話が成り立ってしまうスター・ウォーズ世界の奥深さ。

スピンオフ作品では一歩踏み込んだ面白さが味わえます!


ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー


ローグワン映画ポスター

エピソード4/新たなる希望の冒頭シーンにつながるスピンオフ映画第一弾!


これまで明かされていなかった名もなき反乱軍メンバーの奮闘が描かれていきます。

公開当時のキャッチコピー「泣ける、スターウォーズ」が話題になりました。


ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー あらすじ

銀河帝国軍は、惑星を破壊する威力を持つ要塞兵器デス・スターを完成させる。

しかし、デス・スターの開発に携わったゲイレン・アーソは長年帝国軍に恨みを持っており、その復讐の機会を伺っていた。

デス・スターに関する重要機密事項を反乱軍であるボーディーに託す。


ボーディーはゲイレンと旧知の仲である戦士ソウ・ゲレラへこの重要機密情報を届けるが、長年の戦いによる疲弊は疑心暗鬼を生みボーディーを拘束してしまう。


デス・スターの機密情報を知った反乱軍は、ボーディーの解放をするためにソウと面識のあるゲイレンの娘、ジン・アーソを派遣。

反乱軍のスパイ、キャシアン・アンドーと共にソウの住む惑星ジェダに到着したジンたちはソウを説得しホーディーが持つ情報を知る。


それは、デス・スターの開発に携わるフリをしつつゲイレンは要塞兵器に致命的な弱点を仕込んでいたことだった。

そして弱点がわかるデス・スターの設計図は惑星スカリフにあることをジンたちは知る。


時同じくして、帝国軍のクレニック長官はジェダへデス・スターが放つスーパーレーザーの発射準備に取り掛かっていた。


果たして、ジンたちはデス・スター破壊のための設計図を手に入れることができるのか…。



「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」を視聴


ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー


ハンソロ映画ポスター

スターウォーズ屈指の人気キャラ、ハン・ソロの若き日が物語られるスピンオフ作品。

ハン・ソロがミレニアムファルコンを手に入れるまでの過程や相棒のチューバッカとの出会いなど。

銀河のアウトローハン・ソロの誕生が描かれるファン歓喜の内容となっています。


若きハン・ソロを演じたのはコーエン兄弟監督作品「ヘイル、シーザー!」にも出演しているオールデン・エアエンライク。

ハリソン・フォードが演じていたハン・ソロそっくりのニヒルな笑顔が癖になります!


ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー あらすじ

銀河帝国が支配する時代。

惑星コレリアに住む青年ハンは、犯罪組織が蔓延するこの星を抜け出すために帝国軍の交通網で賄賂を利用して抜け出そうと企てる。

幼馴染であるキーラもこれに乗り、ハンと行動を共にするがハンのみが出国ゲートを通過できたのであった。


ハンはパイロットになって必ずキーラを救いに戻ることを決意。

帝国軍のパイロット志望に志願する。

家族のいなかったハンは、帝国軍の受付によってソロの名を与えられた。

帝国軍の兵士となり3年の月日が流れたハン・ソロは、未だ自由になれていない自分に焦りを感じていた。

そこにトバイアス・ベケットと名乗るギャングたちが現れる。


ベケットたちは帝国軍の扮装をしておりそれに気づいたハン・ソロは、ベケットに同行することを決めるが軽くあしらわれ帝国軍の独房に入れられてしまう。


そこには同じく捕らえられたウーキー族、チューバッカの姿があった…。



「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」を視聴


ローグ・スコードロン【2023年12月公開予定】



現在公開が決定している中でのスター・ウォーズ映画最新作。

監督は「ワンダーウーマン」で一躍話題となった女性監督、パティ・ジェンキンスです。


今作は続三部作以降の時系列で新世代の主人公たちが活躍する戦闘機ものになるそう。

監督のパティ・ジェンキンスの父親は優秀なパイロットであるそうで、戦闘機ものにおける意気込みは十分とインタビューで語っていました。


作品内容はまだまだ謎が多くあります。

今後の情報解禁に期待しましょう!


タイカ・ワイティティ監督スピンオフ作品


マーベル映画「マイティ・ソー バトルロイヤル」やアカデミー賞受賞作品「ジョジョ・ラビット」を手がけたタイカ・ワイティティ監督がスター・ウォーズ作品を手がけることが決定しています。


先行して「ローグ・スコードロン」が公開されるようなので、まだまだ先になりそうですがスター・ウォーズの世界観にタイカ・ワイティティ監督のオフビートな掛け合いとユーモラスな作風がどんな形でマッチするのか、これもめちゃくちゃ楽しみです!


アニメシリーズ


スター・ウォーズにはアニメシリーズも展開されています。

それぞれの作品ではエピソードごとの空白の帰還を補完するように作られており、スター・ウォーズの世界観をより深く楽しめるような内容になっています。


実写ではない分より大味のあるアクションが楽しめますが、様々な設定が本編の出来事につながってくる物語構成となっていることと、シーズン2以上続く長編ばかりなので初心者にオススメできるとは言えません。


よりスター・ウォーズに興味が出てきた!という人は見てみてはいかがでしょうか。


スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ


クローンウォーズイメージ画像

本編であるエピソード2/クローンの攻撃によって勃発したクローン戦争。

続くエピソード3ではその戦争も終局に向かっているところから始まっていきましたが、そのクローン戦争では一体どんなことがあったのか?が描かれるのがクローン・ウォーズです。


新三部作お馴染みのアナキン、オビ=ワンといった主要メンバーからヨーダ、メイス・ウィンドウなどのジェダイと分離主義勢力側のシス、ドゥークー伯爵やエピソード3から登場するグリーヴァスとの激しい戦いが展開されていきます。


また、本編には登場しなかった強力なフォースを持ったシスキャラクターや今後実写ドラマ化が決定しているアナキンのパダワン、アソーカなどアニメオリジナルの魅力的なキャラクター達が物語を彩ります。


「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」を見放題で視聴


スター・ウォーズ 反乱者たち


反乱者たちイメージ画像

反乱者たちは、エピソード3からエピソード4までの空白の時間軸に描かれる3Dアニメーションシリーズ。


銀河帝国によって宇宙を支配されている時代に主人公エズラ・ブリッジャーとジェダイの生き残りケイナン・ジャラスを中心に帝国に立ち向かう反乱同盟軍が結成されていく様子が描かれていきます。


前項で紹介したクローン・ウォーズの設定なども引き継がれ、新三部作と旧三部作をつなぐ作品となっています。


「スター・ウォーズ 反乱者たち」を見放題で視聴


スター・ウォーズ レジスタンス


レジスタンスイメージ画像

アニメシリーズで唯一2Dで作成されたアニメーションシリーズ、レジスタンス。


エピソード7/フォースの覚醒のストーリーの6ヶ月前から物語はスタートし、続三部作(7~9)のエピソードを補完するテレビシリーズとして放送されました。


レイアによって設立されたレジスタンス軍の若きパイロット、カズーダ・ジオノを主人公に勢力を拡大するファースト・オーダーに立ち向かっていきます。


本編にも登場するレジスタンス軍のレイアやポー・ダメロン、BB-8やファースト・オーダーのキャプテン・ファズマなども登場し、続三部作の要素がふんだんに盛り込まれた作品となっています。


「スター・ウォーズ レジスタンス」を見放題で視聴


Disney+(ディズニープラス)オリジナル作品


ディズニープラスでしか見れないオリジナルドラマ作品は現在判明しているだけでも10作品ほど!

好評のマンダロリアンはシーズン3の制作が決まっているので、今後配信される作品も評判によってはさらに増えていくことでしょう。


マンダロリアン【シーズン3制作中】



スター・ウォーズに新たな旋風を巻き起こしたシリーズ初のスピンオフドラマ作品。

エピソード6/ジェダイの帰還後の世界を生き抜く孤高のハンターマンダロリアンが描かれます。


マンダロリアンとは、戦士集団のこと。

ベスカー鋼と呼ばれる硬度の高い鎧をまとった姿はブラスターなどを跳ね返し、ライトセーバーの攻撃にも耐え抜く優れた耐久性を持っています。


その高い戦闘技術を駆使して傭兵や賞金稼ぎを家業としているものが存在しており、それぞれが順ずる教義を護りながら生活しています。


今作に登場するマンダロリアン、マンドーは孤高の賞金稼ぎ。

幼いころにドロイドに襲われるところをマンダロリアンに命を救われてから、彼らの教義である「人前では顔を見せない」を厳粛に護りながら数多の賞金首を仕留めてきた凄腕です。



主人公が全く顔を見せないというのが何とも奇妙ですが、だんだんとマンドーの感情が仮面越しに見えてくるようになってくるのが不思議。

また、口数の少ないハードボイルドを思わせる性格はめちゃくちゃクールでかっこいい!


そんなマンドーはザ・チャイルドとの出会いをきっかけに様々な星々を冒険することになります。

この子がヨーダに似てるんですが、めちゃくちゃかわいいのです!



マンドーとザ・チャイルドの二人は冒険を通して様々なキャラクターに出会いながら、絆を深めていきます。

孤高の賞金稼ぎマンドーが、いつしかザ・チャイルドを親目線で見ている姿には共感すること間違いなし!


マンダロリアン あらすじ

エピソード6/ジェダイの帰還の結末により、銀河帝国の支配は終わりを告げた。

全宇宙は帝国から新共和国への移行が進む混沌とした時代を極める。


賞金稼ぎのマンドーはそんな時代でも変わらず惑星ネヴァロでギルドの依頼をこなしていた。

ある日、マンドーは多額のベスカー鋼がもらえる依頼をギルドから受ける。

依頼内容は、帝国軍の残党にある人物を引き渡すことであった。


目的地の惑星で標的との接触に成功するマンドーであったが、その標的とは幼児同然の奇妙な生物、ザ・チャイルドであった。


マンドーは一度は標的を引き渡すも、帝国軍に侵入しザ・チャイルドを救出する。

ギルドの掟を破ったマンドーと標的であったザ・チャイルドはネヴァロのギルドリーダー、カルガが率いる賞金稼ぎたちと帝国軍に追われるハメとなる。


居場所をなくした二人は、星々を漂流し始めた…。



マンダロリアン相関図

「マンダロリアン」を見放題で視聴


スター・ウォーズ:バッド・バッチ【2021年5月4日~配信中】



アニメシリーズである「クローン・ウォーズ ファイナルシーズン」にて登場した突然変異の遺伝子を持つ個性的なエリートクローン部隊、バッド・バッチ。


クローン戦争が終結した彼らに待ち受ける新たな物語が展開されていきます。

クローン・ウォーズ同様の3DCGで描かれる本作は、クローン・ウォーズの時系列を含んだ正当なスピンオフ作品と言えるでしょう。


現在ディズニープラスで大好評配信中です!


スター・ウォーズ:ビジョンズ【2021年9月22日(水)~配信予定】



なんとスター・ウォーズの物語が日本のアニメ制作会社によって作られることが決定!


オムニバス形式で配信される全9話の物語は、

●神風動画

●キネマシトラス

●サイエンスSARU

●ジェノスタジオ

●スタジオコロリド

●トリガー

●プロダクションI.G.

と名だたる制作会社がそれぞれ担当しているようです!


日本のアニメーション技術と、スター・ウォーズの融合…。

全く予想がつきませんがどんな作品に仕上がっているのか期待大です!


ビジョンズは2021年9月22日~配信開始予定。


ザ・ブック・オブ・ボバ・フェット【2021年12月配信予定】



マンダロリアンシーズン2のエンドクレジットでサプライズお披露目となったボバ・フェット単独ドラマ作品。


旧三部作でカルト的な人気を誇るボバ・フェットが満を持してドラマシリーズに登場です。


マンダロリアンシーズン2で一足先に大活躍したボバ・フェット。


ジャバの宮殿に座した彼が起こす物語は悪か善か…?

予想の全くつかないストーリーに今からワクワクが止まりません!


2021年12月配信開始とのアナウンスが流れていますので、続報を今しばらく待ちましょう!


スター・ウォーズ:アンドー【2022年配信予定】



スピンオフ映画「ローグ・ワン」で活躍した反乱軍パイロット、キャシアン・アンドーの単独ドラマは2022年配信予定。


ローグ・ワンの主人公、ジン・アーソに出会う以前のストーリーが展開されていくようです。

帝国の機密情報を巡ってアウトローな活躍が見れそうな予感。


スター・ウォーズ:オビ=ワン・ケノービ【配信時期未定】



なんと!オビ=ワン・ケノービの単独ドラマ作品も配信が決定!

もちろん演じるのは新三部作でオビ=ワンを演じたユアン・マクレガーです。


エピソード3/シスの復讐から10年後を舞台に描かれるとの情報もあり、エピソード4に登場したオビ=ワンを演じたアレックス・ギネスに年齢が近づいたユアン・マクレガーのオビ=ワンが見れるのはファン歓喜!


スター・ウォーズ:レンジャーズ・オブ・ザ・ニュー・リパブリック【企画停止】



マンダロリアンの時間軸で描かれる新共和国の物語と発表されていましたが、現段階で企画は停止状態となってしまっています。


明確な理由は明らかにされてはいませんが、マンダロリアンにも登場したキャラ・デューンがメインキャラとして描かれるストーリーだったのでキャラ役のジーナ・カラーノが解雇されたことが原因であると推測されています。


スター・ウォーズ:アソーカ【配信時期未定】



アニメクローン・ウォーズでの人気キャラアソーカは、マンダロリアンシーズン2にて初の実写版で登場しました。


そんな彼女の実写ドラマが配信決定!


白いライトセーバーを持つアソーカがどのような活躍をするのかが楽しみです。


ランド【配信時期未定】


エピソード5/帝国の逆襲から反乱軍メンバーに加入した歴戦の勇者、ランド・カルリジアンの単独ドラマが配信決定。


気になる時系列ですが、ランドは旧三部作から演じているビリー・ディー・ウィリアムズとスピンオフ映画「ハン・ソロ」にて登場した若きランド(演者:ドナルド・グローヴァー)どちらになるかはまだ不明。


悪友でもあるハン・ソロも登場したらゲキアツですね!


アコライト【配信時期未定】


長きに渡って描かれてきたスター・ウォーズの時間軸ですが、それは氷山の一角。

これまで描かれてこなかった200年前の時間軸のストーリーが展開される物語になるそうです。


ジェダイ黄金期の時代で繰り広げられるストーリーはまさかのミステリー・スリラー。

いったいどんな話になるのか、想像もつきませんがスター・ウォーズ作品に新たな風を吹かせるような予感!


ドロイド・ストーリー【配信時期未定】


スター・ウォーズの名コンビと言えるR2-D2とC-3PO。

彼ら二体のドロイドによるアニメ作品の配信もあります。

時系列は未定ですが、新たなヒーローの壮大な冒険を案内するストーリーになる模様。


これまで、脇役を貫き通してきた名コンビ視点で描かれる一風変わったスター・ウォーズ作品になりそうです!


初心者向けスター・ウォーズ視聴順番まとめ


スターウォーズの視聴順番について解説していきました。

最後に記事をまとめていきたいと思います。


スター・ウォーズ基本概要

●40年以上愛される世界最高峰の映画シリーズ


●壮大な宇宙を駆け巡る冒険活劇


●ライトセーバーやフォースなど魅力的な武器や設定が盛りだくさん


●今後もドラマ作品や映画作品の公開が予定されており、まだまだスター・ウォーズの世界観は拡がりをみせる



基本を押さえたい方向け視聴順番

エピソード4/新たなる希望

エピソード5/帝国の逆襲

エピソード1/ファントム・メナス

エピソード2/クローンの攻撃

エピソード3/シスの復讐

エピソード6/ジェダイの帰還



最新作からスターウォーズを楽しみたい方向け視聴順番

【全8話】マンダロリアン(シーズン1)~


映画全作品をじっくり鑑賞したい方向け視聴順番

エピソード4/新たなる希望

エピソード5/帝国の逆襲

エピソード6/ジェダイの帰還

エピソード1/ファントム・メナス

エピソード2/クローンの攻撃

エピソード3/シスの復讐

ローグ・ワン(スピンオフ作品)

ハン・ソロ(スピンオフ作品)

エピソード7/フォースの覚醒

エピソード8/最後のジェダイ

エピソード9/スカイウォーカーの夜明け



ナンバリングタイトルにひと段落付き、新作ドラマが展開された昨今。

これは逆にスター・ウォーズに新たに入り込みやすい期間なのかもしれません!


興味が出てきた人はぜひご覧くださいね!


ディズニープラスでスターウォーズ作品を一気見!


※本ページの情報は202108月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サービスサイトにてご確認ください。

執筆
クマミ

トイストーリーと共に育ち、大人になってしまった人。 好きな映画はガーディアンズ・オブ・ギャラクシーです。 おいしいウィスキーを飲みながらオシャレな映画が見たいこの頃。 皆さんが作品を見たくなるような記事を書くため精進中!

映画に関する人気記事