攻殻機動隊はどの順番で見るべき?あらすじなどをご紹介!

エンタミート編集部

更新日:

攻殻機動隊は、士郎正宗氏が手掛けた漫画が原作のアニメです。“電脳化”“義体”など、後のSF作品に大きな影響を与えた設定を盛り込んでおり、まさにSF作品のパイオニア的な作品となっています。


攻殻機動隊は漫画を原作に、映画やアニメ、ゲームなど多岐にわたるメディア展開をしており、それら全てを追いかけるのは至難の業でしょう。


中でも有名なアニメ版は、時代を越えてとても多く制作されています。そのため、攻殻機動隊という作品に興味を持ったとしてもどの順番で見れば良いのかイマイチ分からないと感じてしまう人は少なくありません。


そこで今回は、アニメの攻殻機動隊を見る順番や魅力的なキャラクター、攻殻機動隊を見ることができるサイトについて解説していきます。攻殻機動隊を見てみたいという人は、ぜひ目を通してみてください。

目次

アニメ・攻殻機動隊を見る順番は?どれから見るべき?



アニメの攻殻機動隊は、いくつか作品が作られています。これから、見始める場合、どれから見るべきか迷ってしまうでしょう。そこで最初に、どの作品から見るのがおすすめなのか、見る順番について解説していきます。


攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX


攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEXは、テレビアニメシリーズの第1弾として放送された作品です。攻殻機動隊で初めてアニメ化されたシリーズということもあり、最初に見るのがおすすめです。攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX The Laughing Manは、このシリーズを160分にまとめた総集編なので、とりあえず内容を把握したいならそちらを見てみるのも良いでしょう。


1話で完結する物語で構成されていますが、最終的にとある事件につながっていきます。全て見終えた時にそのつながりに気が付くはずです。


攻殻機動隊がどのような時代背景の作品か、どのような登場人物がいるのか、どのようなテーマが根底にあるのかといったことを理解しやすい作品でもあります。そのため、これから攻殻機動隊を見ようと思っている人でも世界に入り込みやすくなっています。このアニメからファンになったという人もたくさんいる作品です。


攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG


攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIGは、テレビアニメシリーズの第2弾として放送された作品です。攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEXの続編でもあるため、2番目の視聴をおすすめします。第1弾のテレビアニメとは違う事件を巡ったエピソードが展開され、攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX Individual Elevenという名の総集編が制作されています。


登場人物や設定もつながりがあるため、攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEXの後に見ると話が分かりやすいはずです。しかし、第1弾を見てイマイチだと感じたならこちらの作品から見てみるのも良いでしょう。


攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society


攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Societyは、テレビアニメシリーズの第3弾として放送された作品です。攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIGから2年経った世界が舞台になっています。第1弾、第2弾のテレビアニメとのつながりはりますが、この作品は1本の長編作品です。


はじめは劇場版の予定で制作されていたため、長編作品になったのだと考えられます。テレビで放送された後、攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3Dという劇場版は放映されました。


第2弾のアニメの結末が物語に大きく関わります。そのため、攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIGを見て鑑賞するようにしましょう。


h3:GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊


GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊は、攻殻機動隊で初めて映像化された作品です。テレビアニメシリーズを全ても終わり、設定を把握できたら見ておきたい作品だと言えるでしょう。監督は、傑作アニメ「うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー」や「機動警察パトレイバーシリーズ」に携わった押井守氏です。


原作である漫画のエピソードが基になっていて、テレビアニメシリーズよりも厳かな雰囲気の作品になっています。日本国内はもちろんですが、海外でも人気が高い作品です。SF作品の側面が強く、少し難しいと感じてしまう可能性もあるので、気になる人はアニメシリーズを見てからの視聴するのがおすすめです。


実は先ほど紹介したアニメ版「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」はこの映画版とはパラレル世界の作品。「GHOST IN THE SHELL」のラストで草薙素子はある選択をするのですが、“もしも草薙素子の選択が違ったら”を描いたのがテレビアニメ版「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」になります。


イノセンス


イノセンスは、タイトルに攻殻機動隊という言葉は入っていませんが、GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊の続編にあたる作品となっています。監督は押井守氏です。これより前の作品は主人公が草薙素子でしたが、こちらの作品は仲間であるバトーが主人公として活躍します。


GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊もかなり独特な世界観でしたが、それよりも癖が強くなっています。そのため、見る人を選ぶ作品でもあるのです。しかし、他にはない映像演出や音楽と街の様子が生み出す雰囲気は攻殻機動隊のアニメの中でも屈指のものだと言えるでしょう。


攻殻機動隊 ARISE


攻殻機動隊 ARISEは、劇場版を見終えた人におすすめの作品です。


・攻殻機動隊ARISE border:1 Ghost Pain

・攻殻機動隊ARISE border:2 Ghost Whispers

・攻殻機動隊ARISE border:3 Ghost Tear

・攻殻機動隊ARISE border:4 Ghost Stands Alone


上記の劇場版4作品からなるシリーズです。この4作品に2つのエピソードを追加したテレビ放送版(攻殻機動隊 ARISE ALTERNATIVE ARCHITECTURE)もあります。


ARISEはこれまでのシリーズのキャストや登場人物、監督を一新した新シリーズ。草薙素子の過去を焦点に展開していくので、攻殻機動隊シリーズの中で最も時系列が古い作品でもあります。


攻殻機動隊 新劇場版


攻殻機動隊 新劇場版は、攻殻機動隊 ARISEシリーズに準じた世界観や物語の作品です。そのため、攻殻機動隊 ARISEシリーズを見てからの方がより世界観に没入しやすくなるでしょう。


攻殻機動隊 SAC_2045


攻殻機動隊 SAC_2045は、攻殻機動隊シリーズの最新作にあたる作品です。これまでの作品から時間が経過した2045年が舞台になっています。キャラクターデザインは一新されていて、これまでの作品と比べると洗練された印象に仕上がっています。


S.A.C.シリーズを手掛けた監督や声優が集結している作品なので、S.A.C.シリーズの1つに位置づけられる作品だと言えるでしょう。


時系列でストーリーを追っていきたい場合は?


攻殻機動隊はシリーズがたくさんあるため、どこから見たらいいのか迷ってしまう人も少なくありません。中には作品順ではなく、時系列順で見たいと思う人もいるでしょう。そのような場合は、以下の順番で鑑賞するのはおすすめです。


ARISE時系列(本編開始前)

攻殻機動隊ARISE border:1 Ghost Pain

攻殻機動隊ARISE border:2 Ghost Whispers

攻殻機動隊ARISE border:3 Ghost Tear

攻殻機動隊ARISE border:4 Ghost Stands Alone

攻殻機動隊 新劇場版

GITS時系列(本編)

GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊

イノセンス

SAC時系列(分岐世界)

攻殻機動隊 Stand Alone Complex

攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG

攻殻機動隊 Solid State Society

攻殻機動隊 S.A.C The Laughing Man

攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG Individual Eleven

攻殻機動隊 SAC_2045


アニメ・攻殻機動隊の魅力的なキャラクターも要チェック!


アニメ版の攻殻機動隊には魅力的なキャラクターがたくさん登場します。続いては、登場する魅力的なキャラクターをご紹介します。


草薙素子(CV:田中敦子)


草薙素子は、攻殻機動隊の主人公です。完全義体のサイボーグで、冷静に物事を考えることができます。判断力や統率力に優れた一級の指揮官でもあります。


それだけではなく、ハッカースキルにも富んでいて、超ウィザード級と称されるほどです。仲間からはとても信頼されていて、少佐と呼ばれています。公安9課を去った後は、傭兵部隊を率いて活動しています。


草薙素子の声優は、田中敦子さんです。マウスプロモーションに所属していて、『機動戦士Vガンダム』のユカ・マイラスや『名探偵コナン』の領域外の妹(メアリー・世良)、『アイドルマスター シンデレラガールズ』の美城常務など役を務めてきた実績を持っています。


バトー(CV:大塚明夫)


バトーは、“眠らない眼”という異名を持つ、義眼の元レンジャー部隊員です。身体はほとんど義体化しています。戦闘経験がかなり豊富で、草薙素子たちと戦場で対面したことがあります。


公安9課では、草薙素子の右腕として舞台を支えていた人物です。タチコマたちからもかなり慕われています。

バトーの声優は、大塚明夫さんです。マウスプロモーションに所属していて、『魔法騎士レイアース』の空神ウィンダムや『明日のナージャ』のホセ・ロドリゲス、『PSYCHO-PASS サイコパス 3』の廿六木天馬などの役を務めてきた実績を持っているのです。その他にも、Sound Horizonの音楽作品でナレーションやキャラクターボイスも務めています。


トグサ(CV:山寺宏一)


トグサは、もともと警視庁の特捜刑事をしていて、電脳化はされていますが身体はほとんど生身です。草薙素子の後任となって公安9課の体調を務めたこともありました。リボルバーを愛用しています。


妻子持ちでしたが、何らかの理由が合って離婚しています。そして民間警備会社で働いています。


トグサの声優は、山寺宏一さんです。アクロスエンタテインメントに所属していて、『それいけ!アンパンマン』のめいけんチーズや『宇宙戦艦ヤマト2199』のアベルト・デスラー、『ポケットモンスター』のミュウなどの役を務めてきた実績を持っています。


荒巻大輔(CV: 阪脩)


荒巻大輔は、課長と呼ばれている人物で、元公安9課のトップを担っていました。草薙素子たちが公安9課を去ってから第一線を退きましたが、公安部の顧問として活躍しています。


荒巻大輔の声優は、阪脩さんです。青二プロダクションに所属していて、『カードキャプターさくら』の雨宮真嬉や『ブラック・ジャック』の本間丈太郎、『ソードアート・オンライン Extra Edition』のリヴァイアサン、『名探偵コナン から紅の恋歌』の阿知波研介などの役を務めてきた実績を持っています。


イシカワ(CV: 仲野裕)


イシカワは、ハッキングやネット解析を得意としていますが、ウィルスやワクチンの作成も行っています。実行部隊のバックアップをしているため、まさに縁の下の力持ちと言える存在です。傭兵部隊では、草薙素子たちと行動しています。


イシカワの声優は、仲野裕さんです。懸樋プロダクションに所属していて、『交響詩篇エウレカセブン』のユカタン、『NARUTO -ナルト-』の海鮮アガリ、『つくもがみ貸します』の月夜見などの役を務めてきた実績を持っています。


サイトー(CV: 大川透)


サイトーは、もともとエース・スナイパーでした。左眼には狙撃支援システム・タカの目が組み込まれているため、長距離の狙撃も得意としていました。狙撃支援システム・タカの目は、衛星とリンクしているシステムです。


サイトーの声優は、大川透さんです。マウスプロモーションに所属していて、『超ロボット生命体トランスフォーマー マイクロン伝説』のコンボイや『鋼の錬金術師』のロイ・マスタング、『ソードアート・オンライン』のヒースクリフなどの役を務めてきた実績を持っています。


パズ(CV: 小野塚貴志)


パズは、内偵調査を得意とする人物です。周りを欺く能力にも長けているため、内偵調査を任させることが多くなっています。ナイフなどを使った近接格闘術も得意です。


パズの声優は、小野塚貴志さんです。マウスプロモーションに所属していて、『ネオ アンジェリーク Abyss -Second Age-』のガウスや『ハイキュー!!』の茂庭要、『進撃の巨人』のロイなどの役を務めてきた実績を持っています。


h3:ボーマ(CV: 山口太郎)


ボーマは、元特殊部隊員の1人です。軍隊に所属していた時代には、爆発物を使った特殊工作などを行っていました。電子戦やネットの捜査能力にも長けています。


ボーマの声優は、山口太郎さんです。青二プロダクションに所属していて、『BLEACH』の雀部長次郎や『おとめ妖怪 ざくろ』のうん様、『転生したらスライムだった件 転スラ日記』のゲルドなどの役を務めてきた実績を持っています。


プロト(CV:杉山大)


プロトは、タチコマの整備や臨時の鞄持ちを担当するなどしていました。人間のように孤独感を覚えたり、重圧を感じたりするため、人間だと勘違いしてしまう人もいます。


プロトの声優は、杉山大さんです。アクセントに所属していて、『交響詩篇エウレカセブン』のガリバーや『薄桜鬼』の流浪人、『うたわれるもの 偽りの仮面』のマロロなどの役を務めてきた実績を持っています。


オペレーター(CV:林田篤子、大野エリ)


オペレーターは、S.A.C.シリーズに出てくるガイノイドです。人間のような一面も見せてくれます。柔軟に考えることが難しいため、質問によってはフリーズしてしまうこともあります。


オペレーター林田篤子さんと大野エリさんです。林田篤子さんは、攻殻機動隊シリーズにのみ出演しています。大野エリさんはリベルタに所属していて、『R.O.D -THE TV-』のアナウンサーや『ルパン三世 天使の策略 ~夢のカケラは殺しの香り~』のブラッディエンジェルス兵などの役を務めてきた実績を持っています。


タチコマ(CV:玉川砂記子)


タチコマは、公安9課で運用されていた多脚思考戦車です。草薙素子たちが所属していた傭兵部隊でも運用されている戦車になります。熱光学迷彩などが装備されているため、あらゆる局面で隊員をサポートできるような存在です。


タチコマの声優は、玉川砂記子さんです。シグマ・セブンに所属していて、『南の虹のルーシー』のクララ・ポップルや『創聖のアクエリオン』のソフィア・ブラン、『名探偵コナン エピソード“ONE” 小さくなった名探偵』の宮野明美などの役を務めてきた実績を持っています。


江崎プリン(CV:潘めぐみ)


江崎プリンは、SAC_2045の登場キャラクターです。新生公安9課でタチコマのメンテナンスなどを行っているスタッフです。15歳でMITに編入するという天才な少女として描かれており、バトーに対しては他の人とは違う特別な想いを抱いています。


江崎プリンの声優は、潘めぐみさんです。アトミックモンキーに所属していて、『ちはやふる』の花野菫や『ハピネスチャージプリキュア!』の白雪ひめ(キュアプリンセス)、『デジモンアドベンチャー:』の高石タケルなどの役を務めてきた実績を持っています。


スタンダード(CV:津田健次郎)


スタンダードは、江崎プリンと同じくSAC_2045の登場キャラクターです。草薙素子が率いる傭兵部隊に入隊した新人です。明るい性格ではありますが、間抜けな部分も垣間見ることができるため、面白い人という扱いを受けています。


スタンダードの声優は、津田健次郎さんです。アンドステアに所属していて、『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』の海馬瀬人や『TIGER&BUNNY』のファイヤーエンブレム(ネイサン・シーモア)、『転生したらスライムだった件 転スラ日記』のベスターなどの役を務めてきた実績を持っています。


アニメ・攻殻機動隊はどこで見られるの?


いくつものシリーズとしてアニメ化されている攻殻機動隊をどこで見ることができるのか気になるという人もいるでしょう。そこで最後に、アニメ・攻殻機動隊はどこで見られるのかという点について解説していきます。


アニメ・攻殻機動隊シリーズは、U-NEXTやバンダイチャンネル、Amazonプライムビデオ、Netflixなどで見ることができます。この中で一番おすすめなのは「Netflix」です。


Netflixなら追加料金なしで攻殻機動隊シリーズ全て視聴できる上、シリーズ最新作である「攻殻機動隊 sac_2045」を唯一配信している動画配信サービスだからです。


この「攻殻機動隊 sac_2045」はまだまだ広がりをみせており、続編の制作が決まっています。新たに始まった攻殻機動隊シリーズを追うのであれば、Netflix一択になります。


Netflixの加入はこちら


■関連記事


アニメ・攻殻機動隊を見る順番に関するまとめ


士郎正宗氏が手掛けた漫画が原作のアニメである攻殻機動隊は、複数の作品があります。シリーズ化されているとどれから見れば良いのか悩んでしまうものです。


もし、どの順番で見るべきなのか悩んだら、今回紹介した順番で見てみると良いでしょう。そうすることで、世界観やキャラクターについて理解を深めやすくなります。


Netflixの加入はこちら


※本ページの情報は202108月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サービスサイトにてご確認ください。

執筆
エンタミート編集部

アニメに関する人気記事