DTI dream.jp 安心のインターネットプロバイダー

マニュアル

クラウドサービスServersMan@VPS Perfectテクノロジーで世界を変えるためのプラットフォーム

ServersMan@VPS Perfect マニュアル/ServersManご利用方法

ServersManインストール手順(CentOS 32bit・64bit版)

OS CentOS 32bit/64bit版
更新日時
バージョン情報
2011/09/29 Version 2.0
各種内容 ファイル名:
sm-full-p_centos.tar.gz
ハッシュ値 :
b60af8ea8ac354e46f4b72e3156233c9
wget :
http://vpsrepo.ub-freebit.net/serversman-p/sm-full-p_centos.tar.gz
ご利用前提条件
・FireWallの設定で、9510番ポートが許可されている。
・SELINUXが無効にされている。
1sudoでroot権限を利用

ssh接続か、コンソールにてアクセスを行い、"sudo su -"コマンドにて、root権限へ昇格します。

[admin@vps ~]$ sudo su -
[sudo] password for admin : (初期パスワードを入力)
[root@vps ~]#
2パッケージファイルをダウンロード

"wget"コマンドにて、ServersManのパッケージファイルをダウンロード

[root@vps ~]# wget (上部表内のwget:のURLを入力)
(表示結果を記載予定)
3パッケージファイルの確認

"md5sum"コマンドにて、正式なServersManファイルか確認します。
コマンド実行後、一番上の表にあります「ハッシュ値:」の数値と一致することを確認して下さい。

[root@vps ~]# md5sum (上部表内の最新ファイル名)
(実行すると上部表内の最新ファイルのハッシュ値&ファイル名が結果として表示されます。) 

※英数字が異なる場合は、アップデートを中止し、こちらよりサポートまでお問い合わせください。

4解凍

"tar"コマンドにて、パッケージファイルを解凍します。

[root@vps ~]# tar zxvf (wgetでダウンロードしたパッケージファイル名)
sm-full-p_centos/
sm-full-p_centos/smadmin-2.0-001.i386.rpm
sm-full-p_centos/serversman-1.0-007.i386.rpm
sm-full-p_centos/perl-CGI-Session-4.42-1.el5.rf.noarch.rpm
5パッケージをインストール

"cd"コマンドにて、ディレクトリを移動後、"rpm"コマンドにてそれぞれのパッケージをインストールします。
※下記画像のファイル名は、一例です。ファイル名は「5.」にて解凍されたパッケージをそれぞれ指定します。

[root@vps ~]# cd sm-full-p_centos

[root@vps sm-full-p_centos]# rpm -ivh perl-CGI-Session-4.42-1.el5.rf.noarch.rpm
warning: perl-CGI-Session-4.42-1.el5.rf.noarch.rpm: Header V3 DSA signature: NOKEY, key ID 6b8d79e6
Preparing... ########################################### [100%]
1:perl-CGI-Session ########################################### [100%]

[root@vps sm-full-p_centos]# rpm -ivh serversman-1.0-007.i386.rpm
Preparing... ########################################### [100%]
1:serversman ########################################### [ 100%]

[root@vps sm-full-p_centos]# rpm -ivh smadmin-2.0-001.i386.rpm
Preparing... ########################################### [100%]
1:smadmin-p ########################################### [ 100%]
6削除

"cd"コマンドにて、ディレクトリを移動した後、"rm"コマンドにてパッケージを削除します。

[root@vps sm-full-p_centos]# cd ../
[root@vps ~]# rm -fr sm-full-p_centos sm-full-p_centos.tar.gz
7SELINUXの無効化

"vi"コマンドにて、/etc/selinux/configファイルの編集、保存します。

[root@vps ~]# vi /etc/selinux/config
#SELINUX=enforcing
SELINUX=disabled
8起動

ServersMan Admin Toolを起動します。

[root@vps ~]# /etc/init.d/smadmd start
Starting smadmd:                [ OK ]
9ServersManの利用方法

ServersManの利用方法についてはこちら

2011年7月1日までにお申し込みのお客様
お手数ではございますが、コントロールパネルユーザーID/PWにつきましてはサポートまでお問い合わせください。
>>お問い合わせはこちら

ServersMan@VPS Perfectプラン紹介

Desktop Data CenterDesktop Data Center
ServersMan@VPS
Perfectプラン紹介
ServersMan@VPS Perfectプラン紹介

お問い合わせお問い合わせ
これからDTIを
ご利用いただくお客様
DTIをご利用中のお客様

MyDTIログイン後、[各種お問い合わせ]よりServersMan@VPSに関するお問い合わせを選択

最新掲載情報最新掲載情報
クラウドWatch ServersMan@VPS Perfectその使い勝手を検証!

◆INTERNET Watch
[2012/10/23]
ServersMan@VPSが定例アップデート、セットパッケージがCentOS 6.3に対応