【チェンソーマン】人と共に生きた『天使の悪魔』彼の苦悩とその最後を解説

オっさん

更新日:

早川アキのバディとして登場した『天使の悪魔』。彼の能力や過去など、基本情報を解説します。


・能力などの基礎情報

・早川アキとの関係

・過去と結末

・名前の由来


なお、その過程で物語のラスボスについて触れるので、ネタバレが気になる方は注意

目次

【キャラ解説】天使の悪魔の基礎情報

名前

エンジェル

性別

???

身長

155cmくらい

能力

触れた生物の寿命を奪う

奪った寿命で武器を生成

その他

早川アキのバディ

人間は苦しんで死ねばいいと思っている


性格

「人間は苦しんで死ぬべき」と口にしていた天使の悪魔だが、その行動はとても人間を苦しめたい悪魔の行動とは思えない。

致命傷の民間女性を労ったり、寿命を奪わないように人との接触を拒んだり、誰かを傷つけることに消極的だったり…言葉とは裏腹にとても人間に寄り添った考えを持った悪魔であることが作中の描写でわかる。

自分の能力になにか思うところがあるのか、寿命を奪う能力を積極的に使おうとせず、寿命武器を使う際にも「ごめん皆…使わせてもらうよ」と、自分が殺した人間を気遣う様子を見せている。


能力

触れた生物の寿命を吸い取り、その吸い取った寿命を材料に特殊な武器を生成する。

天使が生成した武器は、実体のない悪魔(ゴーストなど)にも有効なダメージを与えるということで、公安で重宝されていた。早川アキが使っている武器も、天使の悪魔が作った物である。


性別

「天使」という特性を考えれば、彼は「生殖機能を持っていない=無性」であると思われる。

聖書における天使には「性生活がない」とされており、外見的特徴として性別が与えられることはあっても、生殖機能としての性別は持つことがないようだ。


早川アキの新しいバディとして登場

サムライソードの襲撃で早川アキのバディである姫野が殉職し、次のバディとして抜擢されたのが天使の悪魔だった。



早川アキとの関係と変化

「悪魔嫌い」の早川アキと「人間嫌い」の天使の悪魔は最初あまり噛み合わなかった。

犬猿の仲とまではいかないものの、銃の悪魔討伐に参加するため功績を上げたい早川アキと、あまりやる気のない天使の悪魔との相性は微妙なように思えた。


●なんだかんだ優しい早川アキ

「ハンカチない?」と聞いた天使の悪魔にハンカチを渡したり、

パトロール中にアイスを食べたいという天使の悪魔に付き合ってあげたり、

台風の悪魔に飛ばされそうな天使の悪魔を寿命が減ることを厭わず素手で掴んで助けたり、

公安の殺処分が待っている天使の悪魔に延命方法を提示したり…


「お前とはフリでも仲良くなれない」と言いつつ、お人好しな面を隠せない早川アキ。


●絆される天使の悪魔

「人間は苦しんで死ねばいいと思ってる」と悪魔らしい発言をする天使の悪魔。

戦いや仕事に対して消極的で、働くくらいなら死ぬとまで言い、早川アキの説得(脅し)は右から左、馬の耳に念仏。


そんな天使の悪魔だったが、早川アキが寿命が減ることを厭わず素手で助けたことをきっかけに、天使の悪魔の様子は少し変わってくる。


マキマからの指示を無視して殺しの仕事に早川アキを連れて来なかったり、

特異課に所属する悪魔の秘密を教えたり、

早川アキが死ぬ未来を回避するため自ら協力を申し出たり、


結局、早川アキと天使の悪魔は「似た者同士」だったのだろう。


天使の悪魔の過去

天使の悪魔は公安に所属する前、とある海辺の少数民族の集落で暮らしていた。

そこの集落で天使の悪魔は言葉を教えてもらい、家を作ってもらい、海の泳ぎ方を教えてもらい、そして一人の女性に恋をした。


しかしそんな穏やかな生活もマキマが現れたことで一変する。


「自分の力は死を呼ぶから使いたくない」と嫌がる天使の悪魔に、マキマはその能力を使えと命令。そしてマキマの能力により操られた天使の悪魔は、大切だった集落の人々を殺してしまう

このときの記憶はマキマによって思い出さないように操られていたが、思い出せないながらも、彼は自分の能力に忌避感を持っていた。


天使の悪魔が「戦いに積極的じゃない」のも「能力を使いたがらない」のも「生きることに消極的」なのも、この思い出せなかったこの記憶があったからだった。


天使の悪魔は死亡していない?

天使の悪魔が死亡した描写はありませんが、作者曰く「殺した」とのこと。

上記のものは『ジャンプフェスタ2021』で行われたインタビューでの発言です。


マキマに再度支配され操られる

自身のバディである早川アキが近いうちに死んでしまうと知った天使の悪魔は、「マキマならなにか解決方法がわかるかも」と、早川アキと共にマキマのもとへ相談しに行った。


そこでマキマの本性(マキマは支配の悪魔)を見た天使の悪魔は、自身がマキマに操られていたこと、マキマが自分にした仕打ちを思い出す。


すべてを思い出し、マキマに対抗しようとした天使の悪魔だったが、その攻撃がマキマに届くことはなかった。

天使の悪魔はマキマの命令で「すべてをマキマに捧げる」と強制され、以降天使の悪魔はマキマの操り人形と化してしまった。


●『命』を含めた全てを捧げる

明確な死の描写がどこだったかというと、おそらくこの「全てを捧げる」という部分ではないでしょうか。

たぶん…この時点ではまだ天使の悪魔は死亡していませんが、捧げられた命はマキマの手にありました。

だから、天使の悪魔が完全に死亡したのは『マキマが死んだとき』だったのではないでしょうか。



どうして「天使」が「悪魔」なのか?名前の由来は?

「命を奪う者への恐れ」から生まれたのが、天使の悪魔でしょう。

個人的に、天使の悪魔と聞いて真っ先に思い浮かんだのは「パトラッシュ」の最後ですね。



きっとイメージするものが違ったとしても、天使の悪魔の能力からイメージする天使像ってこんな感じではないでしょうか。

「人を天に導く=死を与える」というイメージから、天使の悪魔は作られているのではないでしょうか。だから彼の能力は「寿命を奪う」ものであり「命を奪う武器を作る」のだと思います。


●因みに…

本来『天使』というのは「神の使い・伝令」という役割を持ったヒエラルキー最下位の天使。つまり神の使いっぱしりで、役職名すら付かないレベルの存在ということですね。

彼らの仕事は、個人に祝福を与えたり、悪事を働かないように監視したりすることであり、神学において『天使』という存在が人間に直接死を与えることはありません。

しかし、この「神の使い・伝令」という役割が転じて「死を告げるもの」というイメージが後付されたのが、『チェンソーマン』の天使の悪魔なのでしょう。


余談:天使の名前の悪魔たちと天使の階級

『チェンソーマン』には天使の名前を名乗る悪魔が8体登場しています。

階位

天使の名称

チェンソーマン


上位

熾天使:セラフィム

智天使:ケルービーム

座天使:ガルガリン

セラフィム

ビーム

ガルガリ


中位

主天使:ドミニオン

力天使:ヴァーチャー

能天使:パワー

ドミニオン

ヴァーチェ

パワー


下位

権天使:プリンシパリティ

大天使:アークエンジェル

天使:エンジェル

プリシン

未登場

エンジェル


この天使の階級と『チェンソーマン』における悪魔の強さが関係しているのかは定かではありません。


ただ、チェンソーの悪魔を信仰する悪魔たちが、こぞって天使の名前を自称するのは、なにか彼らなりの意味があったのかもしれないですね。



【みんなの声優予想】天使の悪魔の声優は?

声優

出演キャラ例

村瀬歩

姫野かのん(アイドルマスター)

南健次郎(ユーリ!!! on ICE)

アレン(D.Gray-man)

内田真礼

ノーマン(約束のネバーランド)

黒羽亜夜子(魔法科高校の劣等生)

西野理佐(ダイヤのA)

石田彰

渚カヲル(エヴァンゲリオン)

桂小太郎(銀魂)

草摩晶(フルーツバスケット)

梶裕貴

メリオダス(七つの大罪)

エレン(進撃の巨人)

アリババ(マギ)

伊瀬茉莉也

キルア(HUNTER×HUNTER)

レグ(メイドインアビス)

煉󠄁獄杏寿郎幼少期(鬼滅の刃)


まとめ

折角バディである早川アキへの態度も軟化して、早川アキを想って行動したのに、そのすべてが裏目に出てしまっているのが、なんだかやるせないですね。


※本ページの情報は202207月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サービスサイトにてご確認ください。

執筆
オっさん

火薬とファンタジーと筋肉が好き。趣味はボディメイク。ポケットに無限大な夢を詰め込んで冒険に出かけたい人生だった。アウトラインギリギリをアクロバティックに疾走したい。

アニメに関する人気記事